返信ありがとう 英語 メール。 ビジネスメールで使える!お礼の文例10選

【初級編】覚えておきたいビジネス英文メールテンプレート|アデコの派遣

返信ありがとう 英語 メール

件名 「初めまして」を意味する「Introduction」を用いることが一般的です。 必ず自分の名前や紹介してくれた人の名前、会社名などを続けて、「Introduction」のみの件名とならないように注意しましょう。 Introduction - Hanako Tanaka 初めまして タナカ ハナコです Introduction - Hanako Tanaka in Sales 初めまして 営業部タナカ ハナコです An introduction by Shota Kimura キムラ ショウタからの紹介 入社挨拶のメールにする場合は、部署名もあるといいでしょう。 また、誰かからの紹介で挨拶をする場合は、紹介してくれた人の名前を件名に入れるケースもあります。 書き出し 初めてメールを送ったり返信したりする場合は、「突然のメールで、たいへん恐縮です」のような書き出しで始めます。 I truly apologize for this sudden e-mail. 突然のメールでたいへん申し訳ございません。 Thank you very much for your time reading this message. メールをお読み頂きまして誠にありがとうございます。 何度かメールのやりとりがある場合は、日本語のビジネスメールのように「お世話になっております」のような文言を入れたい方もいるでしょう。 しかし、これは日本独特の文化であるため、基本的には入れなくても問題ありません。 それでも何か一言添えたい場合は、次のようなフレーズが一般的です。 Thank you always for your ongoing support. いつもありがとうございます。 Thank you for your patronage. お世話になっております。 ただし、堅苦しい印象を与えてしまうため、仲の良い取引先などにはこのような文言を入れることは避けたほうがいいでしょう。 本文 ここでは、取引きが成立した相手へ、挨拶のメールを送る場合のフレーズ例をご紹介します。 Thank you for your contract. この度は、ご契約ありがとうございます。 I am here to say hello to Mr. It will be my pleasure to be a partner whom you can trust. 今後、信頼のおけるパートナーとしてお付き合いいただけましたら幸いです。 I would like to ask your continuous support. どうぞよろしくお願い申し上げます。 依頼のメールの場合 サンプルや見積書の送付、支払いのお願いなど、何かを依頼するビジネスメールを送るシーンも多いはずです。 英語で依頼のメールを作成するポイントを見ていきましょう。 書き出し 件名と同様に、書き出しも「Thank you for~」で始めるケースが多いです。 Thank you for your e-mail. ご連絡いただき、ありがとうございます。 Thank you for your time at the last meeting. 先日の打ち合わせでは、ありがとうございました。 Thank you very much for visiting our company. 弊社をご訪問してくださりありがとうございました。 簡潔にお礼を述べてから、「その後、いかがでしょうか?」という検討を催促するニュアンスのフレーズ「I would like to know your opinion(あなたのご意見を知りたいです)」を添えてもいいでしょう。 本文 ここでは、取引成立のお礼を伝える場合の例文を見ていきましょう。 Thank you very much for extending the opportunity for us to do business with you. この度は、弊社に取引きの機会をいただきありがとうございます。 We are very pleased that we were able to complete the deal. 取引きが成立し、大変うれしく思います。 We would like to express our gratitude for your accepting our proposal. 私どもの提案をお受けいただき、ありがとうございます。 We succeeded in trading with Mr. 謝罪のメールの場合 欠陥商品や納期の遅延、返信が遅くなったなど、お詫びの気持ちを伝えるメールを作成するシーンも少なくありません。 英語で謝罪のメールを作成するポイントを見ていきましょう。 本文 ここでは、商品やサービスへのクレームに対する謝罪の例文を見ていきましょう。 I am so sorry about the dent of package of our products. 弊社の製品のパッケージがへこんでいたとのこと、大変失礼いたしました。 We apologize if we did not meet your expectations. お客様のご期待に添えず、申し訳ございませんでした。 I am sorry again of our customer service staff. カスタマーセンターの失礼な対応、重ねてお詫び申し上げます。 I think the staff in customer service was not used to his work and I will give him further education. カスタマーセンターの者も不慣れなため、今後ますますの教育を徹底いたします。 There may arise unexpected problems. 予想外のことも起きてしまう場合がございます。 確認や質問のメールの場合 打ち合わせのスケジュールや商品に関することなど、確認・質問をメールで行うケースも多いでしょう。 ここでは、確認や質問に関する英文メールを作成するポイントを見ていきましょう。 本文 ここでは、懇親会などを開催するにあたって、相手の予定を確認する場合の例文を見ていきましょう。 Please let us know whether you can attend the sales meeting. 営業ミーティングに出席できそうか、お知らせください。 結びのフレーズ メール本文の後に添える、結びのフレーズをご紹介します。 いきなり本文を終えず、結びの一言を添えることで、フォーマルでビジネスメールらしい文面にすることができるでしょう。 If you have any questions, please feel free to contact us. 何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。 I'm looking forward to hearing from you. (返信がほしいときに)ご連絡お待ちしています。 We really appreciate your prompt reply. できるだけ早めにご返信くさい。 Please say hello to Mr. Please take care of yourself. ご自愛ください。 敬具のフレーズ 最後に、メールの本文の後に結びの挨拶として用いる敬具のフレーズをご紹介します。 敬具にもいくつか種類がありますので、相手やシーンに合わせて使い分けましょう。 Sincerely ビジネスシーンで最もよく使われるフレーズで、「心から」という意味があります。 「sincerely」の後に自分のフルネームを添えたり、「yours sincerely」または「sincerely yours」としたりすることで、より丁寧な印象になります。 Regards 「sincerely」よりカジュアルな場合には、「regards」を用います。 「敬意を込めて」という意味があり、より親しい間柄で使われます。 「best regards」や「kind regards」などと表現することで、あなたのことを想っているという意味が強まるため、ビジネスシーンでも使える表現のひとつです。 ほかにも、「cordially」や「respectfully」などがビジネスシーンでは使われます。 1つだけを何度も使うのではなく、メールごとに異なる単語を用いてみてはいかがでしょうか。 英語でビジネスメールを書くときの注意事項 英語でビジネスメールを作成する際は、言い回しや表現方法、返信するタイミングなど、いくつか注意すべきポイントがあります。 言い回しや表現方法 ここでは、日本人が特に注意したい、英語の言い回しや表現方法の注意点をご紹介します。 Pleaseの使い方 日本人は、何か依頼するときに「Please」をつければ、丁寧な表現にすることができると思いがちです。 しかし、どのようなフレーズにも「Please」をつければいい、というわけではありません。 「Please」の命令文では、相手によっては上から目線に感じてしまうこともあるため、失礼な言い回しになってしまう可能性があるのです。 何かをお願いしたい場合は、丁寧な言い回しである「Would you~? 」や「I wonder if you could~」などが適切です。 性別に中立的な単語を用いる 女性の社会進出に伴って、「看護婦」が「看護師」になるなど、性別を限定した役職の言い方を避ける傾向となってきました。 特に、欧米ではこの傾向が強く、差別に敏感な人も少なくありません。 普段のコミュニケーションはもちろん、メールでも、性別に中立な表現を心掛けることが大切です。 言い換えるべき単語例としては、次のようなものがあります。 忙しくてスケジュールの確認など、詳しい返答をすぐにすることが難しい場合は、メールを確認した旨と、詳しい連絡をいつごろまでにするか、ということを書いて返信します。

次の

返信をありがとございますって英語でなんて言うの?

返信ありがとう 英語 メール

記事の目次• お礼の基本編 まずはビジネスの様々なシーンで使える英語表現から見ていきましょう! Thank you very much. とても感謝しています。 この英語フレーズに関しては、解説は必要ないかもしれませんね。 Thank you again. (重ねてお礼申し上げます。 ) I would like to thank you. 感謝の気持ちを述べさせてください。 I would like to express my gratitude. 感謝の気持ちを述べさせて頂きます。 We would like to express our gratitude. (感謝の気持ちを述べさせて頂きます。 ) より気持ちを強調したい場合はこちら! I would like to express my deepest gratitude. (感謝の気持ちを述べさせて頂きます。 ) I would like to convey my sincere gratitude. (感謝の気持ちを述べさせて頂きます。 ) I do appreciate it. とても感謝しています。 例えばこんな使い方! Thank you for your help. I do appreciate it. (お助け頂きまして、ありがとうございます。 とても感謝しております。 (とても感謝しています。 ) I am very thankful. とても感謝しています。 ビジネスメールの世界では、省略英語はあまり適切とされていないことがあります。 I appreciate your kind hospitality. (温かくおもてなし頂きまして、誠にありがとうございました。 ) Thank you very much for your kind hospitality. (温かくおもてなし頂きまして、誠にありがとうございました。 ) Thank you for taking time out of your busy schedule to meet with us. お忙しい中、私たちのためにお時間を頂きまして、ありがとうございました。 (シンガポールへの出張を、有意義なものにして頂いたことへの感謝を申し上げます。 Thank you again for your warm welcome. 温かくお迎え頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。 出張・訪問から戻った際、感謝メールの最後に使いたい英語フレーズがコチラ!もう一度お礼を伝えることで、キレイに締めることができます。 スポンサーリンク 打ち合わせ・会議編 「打ち合わせ」や「会議」の後に送るお礼メールで、大活躍の英語表現をお教えします! Thank you for taking your time to have a meeting today. 本日の会議にお時間を頂きまして、ありがとうございます。 もう少しフォーマルにいくなら、コチラ! We greatly appreciate your time in attending the meeting today. (本日の会議にお時間を頂きまして、誠にありがとうございます。 ) We truly appreciate your proposal. ご提案に非常に感謝しております。 「役に立った」ということを言いたいなら、こんな表現も。 Your proposal was very helpful. (非常に助けになるご提案でした。 ) We greatly appreciate the ideas and suggestions you have shared with us. ご共有頂きましたアイデアやご提案に、大変感謝しております。 メールの返信編 メールを返してもらった時のお礼フレーズをご紹介! I am very pleased to hear from you. ご連絡を頂けまして、大変嬉しく思っております。 こんな英語フレーズも!進捗状況や最新情報等を聞けた時にピッタリ。 I am very pleased to hear some updates from you. (ご連絡を頂けまして、大変嬉しく思っております。 ) I appreciate your prompt reply. 早速のご返事、ありがとうございます。 早くに返信をしてもらった場合は、そのスピードの速さについて触れながらお礼メールを送るといいですね! この表現もオススメ。 Thank you for your quick reply. (早速のご返事、ありがとうございます。 ) 取引・商談編 最後に、「取引」が決定した時や、「商談」が成立した時に使える感謝の表現をお伝えします! Thank you for your business. お取引ありがとうございます。 この言い回しでもいいですね! We truly appreciate your business. (お取引、誠にありがとうございます。 ) Your business is greatly appreciated. (お取引、誠にありがとうございます。 ) We are thankful that you are considering our proposal. 私どもの提案を考慮して頂き、ありがとうございます。 これは商談が成立する一歩手前の段階で使えるフレーズ。 検討をしてもらっている最中にメールと送る時は、この一言を添えてみましょう! Thank you for giving us the opportunity to serve you. お取引の機会を頂きまして、ありがとうございます。 相手のために働く時に使われる表現です。 「働く機会をもらう」ということは、取引が成立した証! 同じ立ち位置で働くというより、下請けとして働くというようなポジションの時に使えます。 商談が決まったら、お礼メールに是非使ってみてください。 こんな英語表現もOK! We are grateful for the opportunity you have given us this time. (この度はこのような機会を頂きまして、ありがとうございます。 ) 対等の立場で仕事をする場合はコチラ! It is our pleasure to work with you. (一緒にお仕事ができ、嬉しく思っております。 ) We would like to express my gratitude for accepting our proposal. 私どもの提案をお受け頂きまして、誠にありがとうございます。 ビジネス提案を受け入れてもらった時に使いたい、非常にフォーマルな英語表現です。 丁寧な対応をしたい場合にピッタリ! おわりに いかがでしたか? ビジネスシーンで様々な場面で「お礼メール」を出しますよね。 今回はそんな多様なシチュエーションで役に立つ英語表現をご紹介しました! 気持ち良く仕事をする上で、こまめに感謝の気持ちをメールで伝えるのは大切なこと。 その時の状況に合わせて、適切なフレーズを選んでくださいね!.

次の

「迅速な返信を有り難うございます」 英語のメールでどう書く?【6】

返信ありがとう 英語 メール

1.ビジネスメールの返信でも使える!「ありがとうございます」の正しい英語表現 「ご対応」という英語表現を知る前に基本となるのが感謝の意を表現する 「ありがとうございます」の正しい英語を知る必要があります。 ご確認ありがとうございます、ご返信ありがとうございます、ご協力ありがとうございます、など様々な場面で使えます。 基本的に下記の2つの単語(表現)が主に使われます。 thank you for ~:主に人に対する感謝• ありがとうございます(感謝)の詳細については、『』の記事をご確認下さい。 例えば先ほどの例文で言えば下記がその英語となります。 ビジネスメールでも口頭でも使えます。 ご確認ありがとうございます:Thank you very much for your confirmation. ご返信ありがとうございます:Thank you for your reply. ご協力ありがとうございます:I really appreciate your help. 上記のように、「very mcuh」や「really」を付けて、「ご確認誠にありがとうございます」などと強調してもOKです。 また、お礼のメールを書くときはその件名や書き出し、結びなどもじゅうようになるので、その際は、『』の記事をご参考下さい。 また、ここで注意してほしいのが、特に「apprecaite」を使う場合ですが、あなたが感謝しているのか?または会社全体が感謝しているのか?で、主語を「I」や「We」に代えてもOKです。 2.「ご対応ありがとうございます」の英語 さて、それでは「ご対応ありがとうございます」はどのように表現すればいいのでしょうか? 対応の英語は次のような単語で表現できます。 response(リスポンス):反応、応答などの意味がります。 「~への対応」と細かく言う時は「response to ~」などと表現します。 日本語でもビジネスで「レス(レス不要です)」と使いますがこの「response」が基となっています。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 また、先ほどもあった「cooperation」(コーポレーション)や 「assistance」(アシスタンス)や 「support」(サポート)の単語に置き換えることもできます。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 友達にも「対応ありがとうね」という場合とビジネスで丁寧に「ご対応頂きましてありがとうございます」などのパターンがありますね。 これを、とてもカジュアルな「Thanks for your ~」や通常の「Thank you for ~」、また丁寧な「appreciate ~」に当てはめてみましょう。 Thanks for your help! Thank you very much for your response. I really appreciate your great support. 「great」を「tremendous(トレメンダス)」の単語に代える表現も多くあります。 このように、時と場合に分けて表現できるようになると素晴らしいです。 3.それぞれの「~のご対応ありがとうございます」」の英語例文 冒頭でもお伝えしましたが、「ご対応ありがとうございます」に「迅速な」、「お忙しい中」などを加えるとさらに親切で丁寧な言い方になりますね。 ここではそれぞれの例文の言い方を覚えましょう! また例文では「thank you for ~」と「appreciate」を交互に使っていますが、入れ替えても問題ありません。 「迅速なご対応ありがとうございます」の英語 すぐに対応して頂けた、またはすぐの返信が来た場合などに使える表現ですね。 Thank you for your prompt reply. I apprecaite your quick response. 「quick(クイック)」は日本語でも使われれているので、「早い」というイメージがらいますが、 「prompt(プロンプト)」という単語はあまり馴染みが無いかもしれませんが、ネイティブはよくメールなどで使います。 「prompt」は、迅速な、機敏なという意味です。 この2つの単語を押さえると「迅速な対応ありがとうございます」の表現ができるようになります。 また、 「早速のご対応ありがとうございます」とほぼ同じ意味なのでそのまま使えます。 「親切なご対応ありがとうございます」の英語 「親切な」という単語は 「kind(カインド)」を使うのがベストです。 Thank you very much for your kind support. We really appreciate your kind response. また、 「丁寧なご対応ありがとうございます」と表現したい場合もこの表現が使えます。 「polite(ポライト)」という単語が「丁寧な」という表現がありますが、「kind」が一般的によく使われます。 「忙しい中ご対応ありがとうございます」の英語 「お忙しいところ」、「お忙しい中」という表現も付け加える時がありますね。 Thank you very much for your reply while you are busy. I appreciate your kind assistance out of your busy schedule. 「out of ~」で「~(ここでは、忙しいスケジュール)の中から」という表現を使っています。 まとめ:「ご対応ありがとうございます」の英語は感謝の気持ちを込めることが最優先 先ずは相手に対してどれくらい感謝をしているのかを示すには「very much」や「really」など様々な単語をプラスしてもOKです。 supportなのか?assistanceがいいのか?などの単語の選定は二の次で、相手に失礼なく、感謝の意を伝えることがとても大切です。 また、一つの表現に偏らないようにここでご紹介した表現を時と場合で使い分けれるようにしましょう!•

次の