臨済宗 お経。 禅宗の1つ!臨済宗の特徴と葬儀の流れを徹底解説!

それぞれの時に読むお経は何ですか? : 我が家は臨済宗の妙心寺派です。臨済宗のお経の本の中に

臨済宗 お経

臨済宗とは 鎌倉新仏教の登場 本格的に日本に仏教が普及したのは、平安時代(796〜1191年)に唐で仏教を学んできた最澄が開いた天台宗と空海が開いた真言宗です。 これらの仏教が、日本仏教の礎となりました。 その後、鎌倉時代(1192〜1333年)になると、日本独自の仏教宗派が成立します。 比叡山で修行した僧侶達が、そこから離脱して、新しい教えを広めていきました。 代表的なものとして、浄土宗、臨済宗、曹洞宗、浄土真宗、日蓮宗などがあります。 その中で臨済宗は禅宗の教えのもとに広がりました。 臨済宗 円覚寺派 円覚寺は、山号を瑞鹿山と称し、正式には瑞鹿山円覚興聖禅寺という。 鎌倉五山大二位に列せられる。 弘安5年(1282年)鎌倉幕府執権北条時宗が元寇で亡くなった人々を弔うために 中国僧無学祖元を招いて創建した。 無学祖元は、嘉禄2年(1226年)から弘安9年9月3日(1286年9月22日)。 60歳 中国浙江省出身。 仏光国師・円満常照国師。 墓所は建長寺にある。 臨済宗の特徴 本尊 禅宗では特定の本尊を立てません。 それは、お釈迦様の悟りの体験を自己の中に自覚すること、 「人間は生まれながらにして仏性をもち、本来みな清浄である」という教えを重視しているためです。 ですので、本尊にこだわりは無く、仏殿正面には、釈迦如来像、大日如来、薬師如来、観音菩薩、文殊菩薩などを並べて、祭っているところもある。 また、その脇には禅宗の始祖達磨大師像、開山祖師の像などが祭られています。 経典 教典をよりどころとしている他の宗派とは違い、 禅宗では、お釈迦様の悟りの体験を重視しているので、特定の経典へのこだわりはありません。 その悟りの体験は、文字や言葉では表現しきれないもので、言葉や文字にとらわれるなという達磨大使の精神は「 不立文字(ふりゅうもんじ)」「 経外別伝(きょうげべつでん)」「 直指人心(じきしにんしん)」「 見性成仏(けんしょうじょうぶつ)」という四言四区にあらわされ、禅の指標となっています。 ただ、古くからの慣習として「般若心経」などの観世音菩薩普門品などの経典、また公案に使われる祖師一代の語録なども読まれます。 寒光寺では座禅の終わりに、「摩訶般若波羅蜜多心経」「座禅和讃」「四弘誓願文」を唱えています。 臨済宗と曹洞宗の違い 臨済宗・・・看話禅・公案禅 修行して、本来の自己(仏心)に目覚めることが悟り 曹洞宗・・・黙照禅・生活禅 修行の結果、仏になるのではなく、修行することが仏の行 禅宗の代表的な宗派である、臨済宗と曹洞宗ですが、その違いを簡単に述べるなら、どちらも、その修行の方法は禅ですが、しかし、座禅に対する心構えが全く違います。 臨済宗は座禅を悟りに達する手段を考えていて、その最中、公案を思索し工夫する 〈公案禅〉ですが、曹洞宗は座禅に目的も意味も求めずただ黙々と壁に向かって座禅をする 〈只管打座(しかんたざ)〉を修行とします。 臨済宗の「看話禅(かんなぜん)」に対して曹洞宗は「黙照禅(もくしょうぜん)」といいます。 また、曹洞宗は一般民衆の間に広まりましたが、臨済宗は鎌倉幕府の庇護を受けたこともあり、上級武士層に広まりました。 そこで、 「臨済将軍、曹洞土民」といわれました。 臨済宗とは 関連ページ一覧.

次の

臨済宗のお墓の特徴は?法事やお墓参りの作法も解説

臨済宗 お経

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 臨済宗は、座禅の修行をすることで悟りが開けるとする、禅宗の代表格です。 臨済宗の歴史は、鎌倉時代に栄西が中国の宋から日本に伝えて始まりました。 鎌倉仏教のひとつとして徐々に広まった後、江戸時代に白隠禅師がその教えを確立させました。 臨済宗には14の宗派があり、その中でも妙心寺派は最も大きな宗派です。 臨済宗妙心寺派のお寺は全国に約3300カ所があります。 臨済宗の葬儀の流れは次のように行われます。 導師の入場 導師とは葬儀を執り行うお坊さんのことです。 故人が悟りを得て成仏できるように、引導(いんどう)に導きます。 引導とは、故人を仏道に入れるためのお経や法語を指します。 参列者は会場の席に着席して、入場する導師を迎えます。 剃髪(ていはつ) 剃髪は、故人がこれから仏門に入る証しとして行います。 髪の毛を剃ることが本来の意味ですが、実際には お坊さんがカミソリを持って剃る真似をする儀式です。 このときお坊さんは剃髪の偈(ていはつのげ)を唱えます。 懺悔文 懺悔文(さんげもん)は、 故人が生前の行動を反省して懺悔することを促す儀式です。 懺悔の読み方は通常は「ざんげ」ですが、仏教においては「さんげ」と読みます。 なお、葬儀の中で懺悔の儀式を取り入れているのは、臨済宗だけではありません。 仏教のほかの宗教でも、懺悔の儀式は見られます。 過去の行いを反省して許しを乞う気持ちが、大切なものとされています。 三帰戒文 三帰戒文(さんきかいもん)は、 仏様の教えを真摯に学び、帰依することを誓う儀式です。 三帰とは、仏・法・僧の三つに帰依することを表します。 南無帰依仏(なむきえぶつ )・南無帰依法(なむきえほう)・南無帰依僧(なむきえそう)で始まる三帰依文は、臨済宗に限らず、仏教全般でよく唱えられているお経です。 三帰依文は、すでに2500年前のインドで、仏門に入る誓いのお経として唱えられていたそうです。 臨済宗の葬儀での剃髪・懺悔文・三帰戒文の流れは、故人がこれから仏様の弟子となる儀式と言えます。 洒水灌頂(しゃすいかんじょう) 洒水灌頂は法性水(ほっしょうすい)を棺に注ぎ入れる、 浄めのための儀式です。 実際には、コップに入れた法性水の水滴を、木の葉や枝で故人の身体あるいは棺の上に飛ばして行います。 浄める意味に加えて、この水がかかることで、煩悩を消す・仏様の教えに目覚めるとする説もあります。 洒水灌頂は臨済宗のほかに、真言宗や曹洞宗の葬儀でも行われる儀式です。 血脈授与 この場合の血脈(けちみゃく)とは、 仏様の弟子となった証拠のことです。 血脈と大きく筆書きされた紙を、故人の前にお供えします。 血脈授与は臨済宗の葬儀の中でも、最も大切な儀式のひとつです。 血脈の紙には、故人の名前と導師の名前が書かれていて、裏側には戒名が書かれています。 お釈迦様の教えが代々に受け継がられたこと、葬儀を執り行う導師に、そして故人にというつながりが感じられます。 臨済宗での戒名は、院号の代わりに軒・庵・斎といった文字が使われることがあります。 これらの文字は質素な住まいを意味し、ひっそりとした静かな居住まいを表す尊称です。 この考え方は臨済宗の戒名での特徴のひとつと言えます。 血脈の紙には戒名も書かれているため、血脈授与は授戒の儀式にあたります。 血脈授与では、お香が焚いて霊前にお供えするしきたりです。 臨済宗の葬儀の流れとしては、開始から戒名をさずける血脈授与まででひと区切りとなります。 入龕諷経(にゅうがんふぎん) 大悲呪(だいひしゅう)と回向文 えこうもん)という 2つのお経を唱えます。 入龕諷経は、本来は故人が棺に入るときに行う儀式ですが、実際の葬儀ではすでに納棺が済んでいるため、そのまま入龕諷経を行います。 大悲呪は「ナムカラタンノー トラヤーヤー」で始まるお経で、大悲心陀羅尼が正式な名称です。 観自在菩薩の慈悲と菩薩への帰依を意味するお経です。 回向文は、お経の終わりに読み上げる、故人を弔うための言葉です。 十方三世一切佛(ジーホーサンシ イーシーフー)で始まる、決まった法語となっています。 なお、入龕諷経から後の流れは、仏様の弟子となった故人をあの世へと導く意味を持ちます。 龕前念誦(がんぜんねんじゅ) 龕前念誦は 棺を閉じるときに唱えるお経です。 入龕諷経と同じ2つのお経、大悲呪と回向文をもう一度唱えます。 このとき十仏名(じゅうぶつみょう)という短いお経も唱えるしきたりです。 龕前念誦は、故人が悟りを開けますようにという願いを込めて行います。 かつては、葬儀の前日の夜、お通夜のときに龕前念誦は唱えられていました。 起龕諷経(きがんふぎん) 龕(がん)という字には、棺という意味があります。 起龕諷経は 出棺のときに唱えるお経を指します。 ここでも大悲呪と回向文をもう一度唱えます。 入龕・龕前・起龕と3つの式次第に分かれているのは、葬儀で野辺送りをしていた頃から続く風習です。 山頭念誦 この山頭とは火葬場やお寺を意味しています。 火葬するにあたり、故人が成仏できるように、また 浄土への道を進めるように祈るお経、往生咒(おうじょうしゅ)を唱えます。 山頭念誦では、太鼓や妙鉢というシンバルに似た楽器を打ち鳴らします。 山頭念誦は、土葬をしていた時代の名残りとも言えます。 引導法語 引導法語(いんどうほうご)は 故人の魂を浄土へ送り出すための儀式です。 導師は送り出すための法語、引導を唱えます。 実際の臨済宗の葬儀では、故人の生前の徳をたたえる漢詩を作り、その漢詩を唱えることが多いです。 引導とは、故人が迷いを捨てて仏門の道に入れるように導くことを指します。 よく耳にする「引導を渡す」という慣用句は、この引導法語から来ています。 なお、引導法語の最後に「喝(かつ)」と叫ぶのは、臨済宗の葬儀の特徴です。 入龕諷経から引導法語までで、葬儀の流れはひと区切りとなります。 焼香 授戒である血脈授与と引導法語は、臨済宗の葬儀で特に大切な2つの儀式です。 ここまでを終えると、 参列者全員が焼香を行います。 焼香の間は、導師が観音経や大悲呪といったお経を唱えます。 最後の参列者の焼香が終わると、導師は回向文を唱えて、焼香の時間が終わります。 出棺 臨済宗の葬儀では、出棺の際に太鼓や鈸(ばつ)という シンバルのような楽器を鳴らして見送ります。 これは鼓鈸三通(くはつさんつう)と呼ばれ、葬儀全体の中で合計3回が鳴らされます。 3回のうちの最後が出棺にあたります。 鼓鈸三通は臨済宗の葬儀での特徴のひとつです。 出棺ではご遺族の方々が棺のそばに立ち、喪主の方が代表して挨拶を述べます。 以上が臨済宗の葬儀の式次第となっています。 臨済宗のお経 お経とは、お釈迦様が説かれた教えを伝えるための文言です。 お経はもともとインドの古い言葉であるサンスクリット語で書かれ、唱える言葉もサンスクリット語そのままの場合と日本語に翻訳された場合とがあります。 臨済宗の葬儀では、 導師の唱えるお経に大切な意味が込められています。 ここでは、ふだんは知ることの少ないお経についてご説明します。 臨済宗におけるお経を唱える意味 臨済宗の葬儀では、般若心経・妙法蓮華経・大悲呪・観音経・白隠禅師坐禅和讃といったお経が主に唱えられます。 般若心経は276文字のお経です。 仏様が悟った真理と「空」についての思想が説かれています。 妙法蓮華経は法華経とも呼ばれるお経で、誰でも平等に成仏できるという教えが説かれています。 大悲呪は、臨済宗の葬儀で何度も唱えられるお経です。 千手観音である観世音菩薩の大慈悲の心が説かれていて、 心を込めて何度も唱えることで、観世音菩薩の功徳が得られると考えられています。 観音経は妙法蓮華経の一部を抜粋したお経で、私たちが直面する困難のすべてを観世音菩薩が救ってくれるという願いが込められています。 また、最後の白隠禅師坐禅和讃は、江戸時代に臨済宗を再興させた白隠禅師が説いた教えのお経です。 坐禅の大切さと功徳について、誰でも分かりやすい言葉で唱えられています。 仏教では、お経は、唱えることで徳を積むことができると考えられています。 葬儀でお経を唱えれば、故人に徳を向けることができます。 なお、臨済宗では、お経を読む始まりに、短い開経偈(かいきょうげ)を読み上げます。 開経偈は、経文の紐を解くという意味で、これからお経を唱えますという誓いにあたります。 本編のお経に比べて、開経偈はややゆっくりとした速度で唱えるのが特徴です。 「喝」の意味 臨済宗の葬儀での大きな特徴が、引導法語のときに導師が叫ぶ「喝(かつ)」という言葉です。 実際には、「かーっつ」と音を伸ばして発声されます。 勢いよく叫ばれる「喝」には、 迷いを断ち切って正しい方向に進ませる、叱咤の意味があります。 浄土に向かう故人が迷わないように、悟りを開けるようにという目的で、導師が「喝」と叫びます。 臨済四喝(りんざいしかつ)という言葉もあるとおり、臨済宗と「喝」という言葉は、切っても切れない縁となっています。 「喝」という言葉を使い始めたのは、臨済義玄禅師です。 臨済宗の始祖とされる臨済義玄禅師は、中国の唐の時代の禅僧です。 臨済義玄禅師は、次の4種類の「喝」を使い分けたという逸話が残っています。 臨済宗の教えでは、自分に向かい合うことの大切さが説かれています。 では、臨済宗の葬儀では、参列者の立場としてどのようなマナーがあるのでしょうか。 ここでは、 服装・香典・焼香について、詳しく見ていきましょう。 服装 臨済宗の葬儀に参列する場合、 喪服を着用するのが一般的です。 男性の場合、喪服として略礼装であるブラックスーツを着る方がほとんどです。 ワイシャツは白無地、ネクタイは黒無地を着けます。 背広のボタンは、シングル・ダブルのどちらでもかまいません。 靴は黒でシンプルなデザインを選びます。 靴下も黒無地を履くように気をつけます。 女性の場合、上着は長袖でスカート丈も長めにして履くようにします。 喪服として市販されているブラックフォーマルを着用すれば、マナー上の問題はありません。 靴とストッキングも黒を選びます。 バッグは黒色でツヤのない地味なデザインを選びます。 髪型はシンプルにすっきりとまとめましょう。 和服の場合は、家紋に気をつけます。 家紋は、実家のものか婚家のものを選びます。 洋服と和服で、どちらが格上であるといったことはありません。 臨済宗の葬儀でも、一般の葬儀と同じマナーを守るようにします。 なお「終活ねっと」では、葬儀での服装について、さらに詳しい記事を掲載しています。 ぜひそちらもご参照いただければと思います。 遺族の方々に一礼して焼香台の前に進み出る• 合掌して遺影を見て一礼する• 抹香を右手の三本指(親指・人差し指・中指)でつまみ上げ、香炉に静かに落とす 焼香は一回、額に右手を押しいだくことはしない• 合掌して礼拝する• 焼香台から一歩下がって、遺族の方々に一礼する 臨済宗での焼香は、抹香をつまんだ右手を額の前に持ってこないのが正しいマナーです。 基本的に焼香の回数は一回で行いますが、地域によっては臨済宗の葬儀でも焼香を二回行う場合があります。 なお、焼香するときは、数珠を左手に持って行います。 歩くときは左手の手首にかけておき、合掌のときは二重にした数珠を親指と人差し指にかけるようにします。 焼香の作法には意味と正しいやり方があります。 「終活ねっと」では、臨済宗の葬儀と法事での焼香について、さらに詳しい記事を掲載しています。 ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。 臨済宗の葬儀では、来ていただいた導師(お坊さん)に読経のお礼としてお布施を渡します。 ここでは お布施の表書きと金額の相場について、ご説明します。 表書き お布施の包み方は、白い封筒にお金を入れる方法と奉書紙にお金を包む方法があります。 封筒を使う場合は、郵便番号欄がない白無地の封筒を使うのが正しいマナーです。 表書きは御布施と書きますが、文房具店などでは御布施の文字が印刷されている封筒が市販されています。 印刷済みの封筒の使用も、もちろん可能です。 封筒の裏側には、住所・氏名・金額を書くようにします。 お布施の表書きは、 薄い墨ではなく普通の濃さの墨を使って筆で書くのが正しいマナーです。 金額相場 臨済宗の葬儀でお坊さんにお渡しするお布施は、 20万円から50万円が金額の相場です。 相場に幅がありますが、これはお住まいの地域やお寺との関係の深さによってお布施の額が変わってくるためです。 なお、表書き・金額ともに、お布施に関するマナーは臨済宗の葬儀だけの特別なしきたりはありません。 葬儀一般のお布施のしきたりにしたがって、臨済宗の葬儀でもお布施をお渡しします。 「終活ねっと」では、葬儀でのお布施について、さらに詳しい記事を掲載しています。 ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。 臨済宗の葬儀の流れと特徴は次のとおり 導師の入場・剃髪(故人が仏門に入る証し)・懺悔文(故人が懺悔する儀式)・三帰戒文(仏様に帰依することを誓う)・洒水灌頂(浄めのための儀式)・血脈授与(戒名の授与)・入龕諷経(大悲呪と回向文を唱える)・龕前念誦(棺を閉じるときのお経)・山頭念誦(往生咒を唱えて太鼓を鳴らす)・引導法語(故人の魂を浄土へ送り出し「喝」と叫ぶ)・焼香・出棺• 臨済宗のお経には、般若心経・妙法蓮華経・大悲呪などがある 導師が叫ぶ「喝」が特徴である• 臨済宗の葬儀での参列者マナーは、服装・香典とも一般の葬儀と同じマナーを守るようにする 焼香は、抹香をつまんだときに右手を額の前に持ってこないのが臨済宗での正しいマナーである• 臨済宗の葬儀でのお布施は、20万円から50万円が金額の相場である 表書きは御布施とする 臨済宗には14の宗派があります。 全ての宗派を合わせると、臨済宗の信者数は80万人以上を数えます。 臨済宗の葬儀の特徴について知っておくことは、喪主として葬儀を行うときにはもちろん、葬儀に参列するときにも大いに役立ちます。 今回、「終活ねっと」では、臨済宗の葬儀についてお伝えいたしましたが、このほかにも終活に関する記事を多数掲載しています。 よろしければそれらの記事もぜひ参考にしていただければと思います。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

次の

臨済宗妙心寺派の葬儀のお経を教えてください。

臨済宗 お経

『法華経』(妙法蓮華経)というお経は、経中の王などと呼ばれることもあり、お釈迦さまのお説きになったお経の中で、最も尊い経典だとされています。 序品(章)から二十八品までありますが、臨済宗で常用されるのはその中の第二十五品『観世音菩薩普門品』です。 これは『観音経』とよばれていますが、その後半の偈(韻文で書かれたお経)の部分を『世尊偈』『普門品偈』などといい、独立してお唱えすることがあります。 観音さまは、広大無辺な大慈悲心をそなえられた仏さまで、ものに応じて三十三に身を変えて自由自在に人々を済度してくださいます。 昔から多くの人々のあつい信仰を集めた仏さまです。 このお経を念ずればあらゆる苦難から救われ、多くの幸せが授けられると説かれています。 大悲円満無礙神呪(大悲呪) だいひえんまんむげじんしゅ 寺院でお盆に行われる山門施餓鬼会や、日課のおつとめにもよく読誦されるお経です。 各家のご先祖さま方は、日常、その子孫の方々から手あついご供養を受けておられるのですが、多くの精霊のなかには誰からも供養されず、餓鬼道に堕ちて苦しんでいる霊もたくさんあるはずです。 このお経は、そのような餓鬼道におちて苦しんでいる多くの精霊を供養し、済度するためにお唱えするものです。 お盆は、目蓮尊者の因縁によって起こり、毎年7〔8〕月15日に行い、『仏説盂蘭盆経』にその本拠が見いだせます。 また、施餓鬼は『仏説救抜焔口餓鬼陀羅尼経』に根拠があり、毎日修すべきもので、阿難尊者の因縁に基づきます。 今日では、お盆とお施餓鬼の区別があいまいですが、もともとの因縁は全く別のものであることを心得てください。 仏頂尊勝陀羅尼 ぶっちょうそんしょうだらに 般若経典の一つで、『般若心経』についで広く流布しているものです。 多くの訳がありますが、一般に用いられているのは、後秦の鳩摩羅什の訳したものです。 内容は、仏陀とその十大弟子の一人、須菩提の対話形式で般若思想の要点を簡潔に説いたもので、空の思想を基本としています。 この『金剛経』にまつわる話として、中国禅宗の六祖、慧能大師(638〜713)の因縁があげられます。 慧能大師が出家する前、市中で薪を売っていたところ、一人の人が『金剛経』を読んでいるのを聞き、心がたちまちカラリと開け(開悟)、禅宗五祖の弘忍大師の門を叩くきっかけになりました。 禅宗では特に重んじられる経典で、午課で一日半分ずつ読みます。 大仏頂万行首楞厳神呪(楞厳呪) だいぶっちょうまんぎょうしゅりょうごんじんしゅ.

次の