イカ 釣り 関西。 関西キス釣り場ガイド|駐車場・トイレ完備のスポット10選

アオリイカは何月頃が大きいのが釣れますか?

イカ 釣り 関西

イカメタルとは 夏に本格的なシーズンを迎える、ケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカなどをライトタックルで狙う釣りで、鉛(なまり)スッテ単体もしくはそれにスッテをプラスするだけのシンプルな道具立てが特徴で、イカメタルや鉛スッテと呼ばれる。 電動リールを使用したイカ釣りでは、たくさんのスッテを効率よく使うための独特な手返しや、電動リールなどの重装備が必要なので、ベテランの釣りといったイメージが強いのだが、イカメタルゲームではタックルや仕掛けもシンプル&ライトだ。 イカのアタリをダイレクトに捉えフッキングに持ち込む攻めのスタイルと、従来のイカ釣りにはない手返しの良さで数を稼ぐゲーム性の高さが魅力だ。 【鉛スッテ単体の仕掛け】 仕掛けがシンプルなので、セッティングの手間いらず。 掛かったときの手返しの良さは最強。 スピニングタックルは仕掛け落ちがよく、軽めのスッテを使用してフォールのアタリを取りやすい。 ベイトタックルはラインを張った状態のアタリを感じやすく、重めのスッテを使い着底させてからの巻き上げのアタリを取ると効率がよい。 【鉛スッテ+スッテの仕掛け】 エダスにスッテを取り付けることで、アピール力アップ。 エダスのおかげで可動範囲が広がったスッテ部分は、イカがアタックしたときの違和感が少なく、しっかりと抱きこませられる。 アタリがはっきりするため、初心者にも有効。 狙えば連掛けも可能。 タックル 【ロッド】 抑え込むような小さなアタリを感知し、そのアタリを弾かないようにイカの引きに追いていくためには、張りがあって細い竿先のロッドが必要。 瞬間的なアワセに対応できる強めのバット部分を備えているとさらに釣りがしやすくなる。 軽めのスッテを海底まで落とし込むにはガイドの抜けがよいものを選ぶ必要がある。 操作の際のガイド絡みを考えるとPEライン対応のガイドシステムが採用されたものがいい。 アタリを取って掛けにいくスタイルなら8:2調子のロッドがいい、手持ちの釣りになるので軽くて扱い長さのものを選ぼう。 仕掛けは重いものでも100gほどに収まるので、ライトエギングやメバリングなどに使用するタックルの流用も可能。 スピニングタックルなら、一つテンヤ用、ベイトタックルならタイラバ用のものを流用すれば、グリップ長があるので、持ちやすく使っていて疲れにくい。 【リール】 使用するラインを150m以上巻けるものを選ぶこと。 スピニングリール、ベイトリールのどちらも使用可能だが、選んだリールによって、釣り方に若干の違いが出てくることは意識しておこう。 使用するロッドが決まっているのなら、それに合ったものを選べばよい。 パワーはそれほど必要ないが、巻き取り速度は速いほうが有利。 ハンドル1回転で70㎝前後のラインが回収できる、小型のリールのハイギアタイプを選択するのがベストだ。 アワセを入れたときにイカが身切れするのを防ぐため、ドラグ設定は緩めにしておくこと。 強くシャクッたときに少し出るくらいで充分だ。 スピニングリールは仕掛けをフォールする際の抵抗が少ないので、軽いスッテをスムーズに落とし込めるのが利点。 軽いスッテは、フォールのスピードが遅いので、フォール中にイカがスッテに抱きつくチャンスが多くなる。 その際にイカに与える違和感も少ないため、イカがスッテを抱えた状態が長く続き、そのときがアワセを入れるチャンスになる。 【ステップ1】 リールのベイルを起こして、仕掛けがフォールを始めたら、ロッドをあおってリールから糸を引き出す。 この後、すぐに竿先を海面近くまで下げると、沈み切れていないラインが海面に浮かび、それがフォールする仕掛けにゆっくり引き込まれ、先からゆっくり沈んでいく。 この状態を確認するのが第一ステップだ。 リール前にできた余分なラインのたるみはトラブルのもと。 サミングして余計なラインが出ないようにする。 【ステップ2】 そのままフォールを続け、海面に浮いたラインがなくなりかけたら、先ほどのようにロッドをあおってラインを出し、この操作を繰り返しながら、海底までスッテを沈めていく。 この操作はリールのベイルをオープンにしたまま繰り返すが、風の影響などで余分なラインが出ていかないよう、ロッドをあおった後は、リールのスプールに指を当てラインを止めておこう。 【ステップ3】 海面に浮いた、沈み切れていないラインが沈んでいくのを確認するのが一連の操作の目的だ。 スッテが海底に到達するとラインが沈むのが止まるので、根掛かりしないようすばやくリールを巻いて仕掛けを浮かす。 潮の流れが速い場合は、この合図が短いので見逃さないように。 分かりにくければ、スッテを重いものに替えれば分かりやすくなる。 ベイトタックルは、ラインを張っているときのアタリが分かりやすい。 スピニングに比べフォールの抵抗が大きいベイトタックルは、ラインを張った状態のアタリが分かりやすく、巻き上げる力が強いので重い仕掛けを使用した釣りが得意だ。 重い仕掛けはラインを張りやすく、操作がダイレクトに伝わるのでキビキビとスッテを操作し、誘って掛けるのに向いている。 ラインの張りを保つことで、着底やアタリの感覚が掴みやすいのもメリットと言える。 【ステップ1】 ベイトタックルで仕掛けをフォールする場合は、スピニングタックルのようにラインを強制的に送り込むのではなく、海面にスッテを近づけたら、クラッチを切りそのまま一気に海底までスッテを送り込めばいい。 ラインを送り出すときは、手元のスプールが回転しているので、これが止まったときが着底かアタリの合図なので、着底なら巻き上げて、アタリならアワせるところまでは同じ。 【ステップ4】 アタリがあるのは、アクションを入れているときではなく、アクション後のスッテが止まっているタイミングのときが多いことを覚えておこう。 つまりアクションを入れた後、しばらくスッテを止めて、食わせの間を与えることが必要なのだ。 グンと引き込まれるような豪快なアタリなら分かりやすいが、コンッという小さな振動だったり、なんだか重くなったと感じるだけだったりと、アタリの出方は様々なので、止めている間は集中してアタリを待っておこう。 仕掛けを完全に止めるのではなく、ゆっくりと上下させていると取りにくいアタリが幾分取りやすくなる。 大きくグンと引き込むアタリだけでなく、小さなアタリをいち早く感じて掛けることができれば、手返しが格段によくなって、釣果を飛躍的に伸ばすことができる。 アワセは鋭く小さく入れる。 リールのドラグはアワセたときに少し出るくらいに調節しよう。 強すぎるとイカが身切れしてしまう。 【ステップ5】 エダスに浮きスッテをセットしたリグは、巻き上げ抵抗が大きいので、ベイトタックル向きの仕掛けだ。 抵抗が大きい分、フォール速度が遅くなるので、鉛スッテは重いものを選択しよう。 重い鉛スッテは、キビキビとしたアクション、軽い浮きスッテは、フワフワとしたアクションで全く違った誘いを同時にかけられるので、かなり有効なアピールになる。 エダスの遊びがある浮きスッテは、イカが抱き込んだときの違和感が少ないので、がっちりと掛かった状態でアタリを伝えてくれるため、小さなアタリが取りにくい状況では大変有利で、初心者でも使いやすい。 もちろん、仕掛けをきっちり張っていれば、さらに小さなアタリも取れるので、本来のゲーム性は損なわれることがなく、上級者ならばさらなる釣果が期待できる。 狙えば連掛けもできるので数を伸ばすのにも向いている。 *監修 株式会社ケイエス企画 *監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】 *編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹 *魚体イラスト 小倉隆典 *仕掛け図版 西野編集工房 *参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)• ALL Rights Reserved.

次の

ガッ釣り関西~釣り好き 釣りバカ 全員集合!~

イカ 釣り 関西

シマノジャパンカップ 関西周辺の大会は以下の通り。 シマノエントリーセンター宛に電話もしくはFAXでの申し込みもできるが、その場合は別途申し込み手数料(1大会につき1000円)が必要。 一度に複数の大会に申し込みもできる(その際も電話、FAXでの申し込みには大会ごとに手数料がかかる)。 直接シマノの営業所や釣具店に申し込むことはできない。 クラブ所属の人はクラブ名も明記すること。 定員を超えた場合は抽選になる 【問い合わせ】 中四国大会=シマノ中四国営業所TEL086(264)6100番。 関西大会=シマノ大阪営業所TEL072(223)3920番。 【申込先(電話、FAXの場合)】 シマノエントリーセンターTEL0120(200)160番、FAX0120(122)220番。 ダイワ鮎マスターズ ダイワ鮎マスターズ 関西周辺の大会は以下の通り。 オトリは1人2匹まで。 リール、釣り船の使用禁止。 サオの長さは6m以上。 応募者多数の場合は抽選。 申し込みは1会場に限る 【問い合わせ】 DAIWAお客様センターTEL0120(506)204番(平日の午前9時~午後5時)。 レベルスッテイカメタルバトル レベルスッテイカメタルバトル オーナーばり主催。 7月6日 土 に鳥取県境港市で開催。 詳細は以下の通り。 荒天中止。 競技開始=18時~。 競技終了=22時。

次の

ガッ釣り関西~釣り好き 釣りバカ 全員集合!~

イカ 釣り 関西

目次です• コウイカの釣れる時期 コウイカの盛期は 1年に2回あり、まずは 春先の4月、5月ごろ。 この頃は産卵のために接岸するので、アオリイカの釣れる時期と被り大型が釣れる。 アオリイカほど大きくはならないが、胴長25から30センチクラスが狙える。 もう一つは 10月から11月以降の冬の時期。 アオリイカよりもやや遅い印象だが、この頃はコウイカの子供も成長して大きくなってくる。 寒くなるとアオリイカよりも深い場所に落ちておくため、堤防からはなかなか狙えなくなり船釣りで盛んに狙われる時期。 10月ごろはエギングしてるときに、狙う場所によってはコウイカが頻繁にかかってきたりする。 狙って釣りやすい時期は春先からゴールデンウィーク前あたりで、接岸してきたコウイカが堤防の際でも釣れてしまうことがよくある。 コウイカの生態と生息地 コウイカは 砂地・岩礁交じりの砂地を好んで生息し、主に甲殻類や小魚をエサにしているが大好物が「シャコ」となかなかグルメ。 アオリイカほど活発には泳ぎ回らず、どちらかというと 海底に身を潜めて獲物を待つスタイルが多い。 イカらしく獲物を捕らえるための「2本の触腕」を持っているが、わざわざコンパクトにしまっておくためのポケットのようなものをもっており 「海底にある石ころ」のように丸まって潜んでいる。 このため釣る時にも 狙いは完全に海底に絞る。 コウイカは水深のある砂地・砂泥地を好んで生息するため、磯場よりも海水浴場として有名な砂浜や、 砂地に隣接した漁港の堤防などがコウイカを釣るための狙うポイントの条件となる。 コウイカは別名で「 スミイカ」とも呼ばれるように、物凄く大量のイカ墨を蓄えている。 堤防に釣り上げると、まるで 噴水のように墨を吐いて回転しながら大量の墨で真っ黒になることも。 なんとなくであるがイカツイ目つきといい手足の動かし方といい、 タコを連想させる体つきをしている。 スミもアオリイカのそれとは微妙に異なるのが面白い。 コウイカの釣り方 コウイカはアオリイカと同じような釣り方で狙えるが、 タナが完全に海底なので泳がせ釣りで狙うのはなかなか難しくなる。 エサ釣りで狙うなら、タコ釣りで使う仕掛けを用意してシャコや生きた大き目の海エビなどを使うのが一般的。 海底をおどらせるようにゆっくりと浮かせたり落としたりしながら誘っていくのも、タコ釣りと共通している。 船釣りではシャコを使ったてテンヤという仕掛けで狙うのが一般的だが、エサの確保や手返しのよさを考えても、堤防釣りでコウイカを釣るならエギを使ったルアー釣りに分があるように思う。 エギングで狙うときも効率よく海底を攻めていくために、沈みの早いディープタイプのエギや、 エギにおもりを着けて早く海底に落とすなどの工夫をする必要がある。 海底中心に攻める関係上根ガカリが多発するので、エギのカンナをペンチでつぶしておくか、タコを狙うためのタコエギなどを使っても効果的。 春先で産卵のために接岸しているときなどは、 堤防の際でエギを上下させているだけでも釣れる事がある。 アオリイカほど派手なアクションは必要なく、しゃくるというよりも 海底をキープしながらエギを踊らせていくという動きで十分に釣れる。 釣り上げるときの注意点は、大量のスミを蓄えているのと、堅い甲があるためか 小柄なイカでも意外と重量があるのが特徴。 堤防の上に持ち上げるときに重さで落としてしまうこともあるので、掛かり具合を見てタモ網などを使っていくのが確実。 コウイカもイカの王様?? 食べては非常に美味しいのがコウイカの特徴。 身に厚みがあり、噛むともっちりとした濃厚な食感がコウイカの最大の醍醐味。 大型で身が分厚すぎるときは、 切り身を1日冷蔵庫で寝かすことで硬さがほぐれて甘みが強まる。 高級な寿司ネタにもなるように、まずはお刺身で食べたいイカ。 厚みのある身はフライにしても食べ応えがあってとても美味い。 意外に短くて可愛らしいゲソの部分は、さっと茹でたものをポン酢でいただくと美味しい。 もちろん塩焼きにしたり、醤油で味付けしても美味いのでお酒のお供にも最適な1品ができる。 これらの理由から コウイカの味を王様と評価する人も多いと思う。 というか他にも王様候補のイカが居たりするのだが、それだけイカは美味しいのでぜひ釣れたら食べてみて欲しい。

次の