座右の銘 ランキング。 座右の銘のランキング一覧(かっこいい・笑顔・努力・面白い・有名人)

座右の銘(ざゆうのめい)一覧

座右の銘 ランキング

どんな事も、諦めてしまえばそこで終了してしまう、しかし諦めなければまだ終わらない、という事を伝えてくれています。 存在するのは解釈である。 むずかしい言葉のように感じるかもしれませんが、事実のように思っている事が、自分の解釈なだけであり、その自分の解釈をかえれば、物事の捉え方は大きく変わってくるのではないでしょうか。 与えられたものを呪うな。 この言葉を座右の銘とすれば、何があってもそれを受け入れようとすることができるでしょう。 物事が自分の解釈次第であるのと同じように、起きたこと、自分の運命を愛することで毎日の過ごし方は変わってくることでしょう。 しかし、人生一度きり、という言葉を胸にとめておけば、悔やまない選択ができる人生を歩めることでしょう。 また、知らないことは知らないと言える事は優れている、という意味ともいえます。 多くの人は「自分はただ一人しかいない存在である」と思っている人も多いでしょう。 そんなときにも、決してあきらめずに続けることで、少しずつでも力がついてくるはず、という事をこの言葉は教えてくれています。 明日は明日の風が吹く、という事は明日には何が起きるか分からない、という未来への希望をこめた言葉であるといえるでしょう。 どれだけキレイにメイクをするよりも、笑顔でいる事が大切であると思えば笑顔でいようとできるのではないでしょうか。 実際に笑顔で良い事がおきて、更に笑顔になれる出来事が起きた経験のある人は決して少なくないでしょう。 みじめだ、辛い、という時もそれを笑いにかえる事ができれば、自分自身も、そして周囲も幸福にすることができるかもしれません。 女性ならばキレイになりたいと願い人は多いはず。 色々な美容術を試す前に、まず笑顔を心掛けると良いかもしれません。 そうすれば毎日を笑ってすごそう、という気持ちになれるのではないでしょうか。 しかし、自分だけの魅力を考えた時にやはりそれは笑顔である事が多いのではないでしょうか。 この事を座右の銘として心がければ、人からも好かれ、自分も自分の事を好きでいられるはずです。 笑顔の人をみて気持ちが変わった経験がある人は多いでしょう。 お金がかからずに人を幸せにでき、自分自身も幸せになれるものなのです。 辛いと思うことがあっても、まず3年、やってみる事で見えてくるものが変わってくることでしょう。 例え辛いことやしんどい事があっても、諦めずに努力をすることこそが結果につながるものなのかもしれません。 そこに近道はない 目標、というのは夢のようなものである時もあるでしょう。 高いハードルを感じる事もあるかもしれませんが、ちかみちを探すよりも全力で取り組む努力をしようという気持ちになれる言葉です。 特に目標や夢は山の頂上にあるようにも感じるでしょう。 この言葉を忘れなければ、今が遠い道だと感じていたとしても前に進むことができるのではないでしょうか。 続きがあります、「もし報われない努力があるのであれば。 それはまだ努力と呼べない」というものです。 努力をしている時には常に忘れたくない言葉として座右の銘とする人も多いでしょう。 天才、と呼ばれる人をみるとうらやましく感じるかもしれませんが、その人も努力をしている凡才である、と考えれば自分が努力をしているかどうか振り返る事もできるはずです。 しかし、もし明日死ぬとわかっていれば今日の過ごし方は誰もが変わってくるものでしょう。 そしてその可能性がないとは誰にも言い切れないものなのです。 この言葉を座右の銘とすれば一日、一日を大事にできることでしょう。 サッカー選手として有名な本田圭祐さんの言葉ですが、彼は天才とも呼ばれる人です。 しかし彼は天才なだけではなく、世界一の努力をしてきたといえるくらいの自信をもっているからこそ、世界の舞台で活躍する事ができるのでしょう。 しかし、それを決して忘れないことでうまくいく事は多いのでしょう。 七回転んでも、八回目には起きれる、という事があるように何度もチャレンジする事で目標に手が届く事もあるのでしょう。 百回折れても、くじけない強さを大切にする人に座右の銘としてほしい言葉がこちらなのです。 努力を続けるためには、やはり強い意志が必要といるのでしょう。 悪いイメージをもっているかもしれませんが、そんな経験も人生の糧になるものなのでしょう。 強い意志、自分の意思を大切にしようと思う人にはこちらを座右の銘とすれば、その意思を忘れることなく努力することができるでしょう。 こう呼ばれる人になろう、とする気持ちは大切なものなのです。 人との出会いというのはとても奇妙なもので、その出会いを大切に、二度とやりなおすことはできないという気持ちで誠実に大切にする事が必要なのです。 意思を強くもち、時にはじっと耐える時間も目標に近づくためには必要なのかもしれません。 この言葉を座右の銘とする人には誠実さを感じるものですし、まっすぐに生きていこうとする事ができるでしょう。 そんな人にはこの座右の銘がぴったりです。 言葉にせず、行動する事が意外と難しいもの。 しかし、そうする事で人の信頼をえることもできますし、自分の事を好きになることもできるでしょう。 適当、にはおおざっぱのような意味だけではなく、適材適所、というような意味もありますし、適度に力をぬくことも大切であるのかもしれません。 娘のIMARUさんにもこの言葉から名前をつけた、といわれています。 生きているだけで丸儲けだ、と思っていれば、何があってもポジティヴに受け止め明るく生きていく事ができるのかもしれません。 大御所のお笑い芸人である明石家さんまさんらしい座右の銘であるといえるでしょう。 大丈夫、という言葉を座右の銘として大切にしている人は多いのですが、沖縄県の方言である事で新垣結衣さんの郷土愛を感じます。 もしかしたらそのギャップも彼女の魅力のひとつかもしれません。 人間はどんな状況であっても謙虚さを忘れないことこそが大切なのかもしれません。 自分の味方になれるのは自分だけ」三輪明宏さんの言葉には有名なものがたくさんありますが、この言葉に深みを感じる人もとても多いでしょう。 特に自己評価が低く、すぐに自分を責めてしまう、というような人には眩しくも感じる言葉かもしれません。 「生まれつき心が強い人はいない」成功者にみえる人でもやはり心は弱いもの。 心は生きながら強くしていくものなのでしょう。 心を強くするためにはたくさんの経験をして、失敗をしても悲観的にならず前向きに立ち上がる事が重要なのかもしれません。 思い通りにいく事ばかりではない、という事を知っているからこそ選ぶ言葉なのかもしれません。 見てしまえば、いろいろと考えてしまい跳べなくなるものです。 まず跳んでみる、というのが人生の成功への道である場合もあるのでしょう。 しかしそのピンチこそ大きなチャンスに変えられるものなのかもしれません。 成功するまでに、一人でやってきた人はいないでしょう。 それを忘れないでいる事、そんな人を大切にできること、それこそが幸福な人生を歩む道なのかもしれません。 しかし天才であっただけではなく、目標にむかい貪欲であったからこそ成功を手に入れる事ができたといえるのでしょう。 やがて大きな花が咲く」スポーツ選手は、やはり大変なこともたくさんあるのでしょう。 努力をしても実らないのではと不安になる日も少なくないはずです。 そんな日も、この座右の銘で努力して力をつけていくことで、成功へとつながるものなのかもしれません。 その日を支配、という言葉にもネガティヴな意味ではなくポジティヴな気持を感じる言葉であるといえます。 逆に考えれば津田さんのような素晴らしい人も、弱気になる事がある、という事です。 それをはねのける感情を大切にしている事こそが成功者の特徴なのかもしれません。 「ネアカ、のびのび、へこたれず」経営者、スポーツ選手に共通するのはメンタル面をポジティヴにもっていけるようにしている事でしょう。 そして明日の自分のために今日の努力をいつもしている、という事がよくわかる言葉です。 でも、ハートは自分で鍛えるしかない。 」こちらは座右の銘、におすすめの名言といえます。 特にスポーツをしている人はこの言葉の意味が痛いほどわかるのではないでしょうか。 そしてスポーツだけではなく仕事としてもこの言葉はいかす事ができるかもしれません。 様々な場面、状況にも当てはまる言葉であるといえるでしょう。 絶対、という言葉が本当に使えるのは絶対という事を否定する時だけなのかもしれません。 江戸川乱歩 「僕が良ければ すべてよし!」こんな風に言い切れる人生を送りたい、と思う人も多いでしょう。 すべては自分次第である、という意味を含んでいるのかもしれません。 そう思って平気でやればいい」絵をかく、という事や芸術の世界において下手であることを理由に諦める人もいるでしょう。 しかし、下手でもそう思って平気でやる事こそが大切なことなのかもしれません。 粘菌という一見何も役に立たないものも、探求し続けたからこそ意味を見つけることができたのでしょう。 そして全てのものに役割がある、という事を大切に思っていたからこその研究を続けることもできたのかもしれません。 笑顔が最高のメイクであるのと同じように愛嬌はどんな強いものにも勝てる力をもっているものなのかおしれません。 この言葉を座右の銘としてピンチをチャンスに変えることができるからこそ成功できたのでしょう。 食べ物も人間関係も同じ」三輪明宏さんの言葉はとても深い言葉がありますが、この言葉はいろいろな事にたとえることができるでしょう。 そして人生を見つめなおすきっかけになるかもしれません。 物事を考えすぎて、うじうじとして行動できない人にはとても心に響く言葉でしょう。 この言葉を座右の銘とすれば色々な場面に飛び込んでみる事ができるかもしれません。 自分の欠点を受け入れること、そして人の欠点も受け入れた時こそ見えるものがあるのではないでしょうか。 「習得しなければならないのは、そのダメだ、と言うことばに打ち勝つことだ」という言葉です。 深い意味を感じる言葉といえるでしょう。 ピカソの独特な絵画はこういった発想力から産まれたものなのかもしれません。 やはり何かをなし得るためには、信念、意思が重要なのでしょう。 しかし多くの人がそんなに多くの決心をしていない事に気づくはずです。 まずは、自分がたくさん幸福をすると決心すること、その気持ちから人生は変化していくのかもしれません。 しかし、焦る事、慌てる事には何一ついいことなんてないとこの言葉は教えてくれています。 実際に慌てることで失敗した経験をしてきた人は多いでしょう。 落ち着き、焦らないことは個々の平穏のためにもとても重要なことです。 しかし、自分の人生を生きるためには何よりも自分の心を知ることが重要なのかもしれません。 自分の心を見つめる時間をみつめる事も幸福になる道なのかもしれません。 締め切りがなければ気持ちが緩んでしまいます」締切、というのは辛く感じることです。 仕事で締切に追われている人は耳が痛い名言かもしれませんが、この言葉を座右の銘とすれば、その締切にも感謝する事ができるかもしれません。 その締切があるからこそ、成長していくことができるのだ、と思うこともできるでしょう。 行動することだ」生きる事はなにか、と考えると難しいものです。 しかし、行動しなければ生きていない、のと同じことかもしれません。 正しく生きよう、充実した人生を送ろうと思えば、まずは行動する事が重要なのかもしれません。 」 ディケンズとはイギリスの小説家です。 時々、自分に対して無価値観をもつ人もいるでしょう。 しかし、誰かびのために何かをしてあげようとできる人は、価値のある人であるといえます。 そしてどんな人でもそういった一面があると思えば人を見降すこともなく生きていけるでしょう。 座右の銘に関するおすすめ書籍 ご自身の気にいる座右の銘は見つかりましたか? もっと自分に合っている座右の銘があるかもと感じている方は、以下のような本を利用して、座右の銘を探してみるのもいいでしょう。

次の

座右の銘のランキング一覧(かっこいい・笑顔・努力・面白い・有名人)

座右の銘 ランキング

「座右の銘」の意味と読み方 「座右の銘」とは自分を律する格言 「座右の銘」は「ざゆうのめい」と読みます。 「座右の銘」とは、自分の心を律するための「格言」のことです。 「格言」とは人間の真理や生き方、戒めなどを簡潔に表した言葉のことです。 日々を生きていく上で、自分が「忘れてはならない」と思っていることや「こうでありたい」と感じている格言を、自分の「座右の銘」とすることで、毎日を揺るがず有意義に過ごすための指針とします。 「座右の銘」に決まりはない 「座右の銘」は四字熟語やことわざ、歴史上の人物や高い功績を残した偉人の言葉などが選ばれることが多いですが、どんな言葉でも「座右の銘」にすることができます。 「ありがとう」「感謝」などの一言を座右の銘にしても良いですし、「努力は裏切らない」など言葉をそのまま座右の銘にしても問題ありません。 また、座右の銘は1つと決まっているわけではなく、1人で2つ、3つと複数持っている人も多くいます。 「座右の銘」の語源は「右に置く紙」 まず「座右」とは「自分が座ったときの右側」のことです。 次に「銘」とは石や器に歴史上の人物の言葉を記したもので、現代で言う「紙」のようなものです。 昔の皇帝など位の高い人は、「銘」に自分が尊敬する過去の人の言葉を記し、自分の右側に置いていたと言われています。 皇帝にとっての「右側」というのは、自分がもっとも信頼する補佐役などを座らせる場所です。 このことから「自分にとって重要な右側に置くほど、大切な言葉」という意味で「座右の銘」と言われるようになったとされています。 皇帝が言葉で冷静を保ったことが由来 「座右の銘」がいつから使われるようになった言葉なのか、ということについては明らかではありませんが、昔の皇帝は「座右の銘」を持つことで冷静さを欠くことなく過ごしたと言われています。 現代の「座右の銘」も、自分が自分らしくいるため、あるいは自分が目指す方角へ向かうために冷静さを必要としている多くの人が胸に掲げています。 「座右の銘」の使い方 自己紹介や面接などアピールの場で使う 「座右の銘」は、人に話すために持つのではなく、自分の中に置いておくものです。 しかし「座右の銘」があれば、初対面の人に「自分はどんな人間なのか」ということを簡潔に伝えることができます。 特に自己紹介や面接の場では「座右の銘」が有効に使えるでしょう。 「座右の銘」は「こうでありたい」という信念なので、今現在自分が座右の銘通りの人間でなくても良いのです。 「今は違うけれど、こうなりたいと思いながら日々がんばっています」ということを示すだけでも、相手には「こういう志を持った人なんだな」と伝わります。 特に面接では「継続は力なり」「石の上にも三年」など継続することを怠らないイメージのものや、「一期一会」「袖触れ合うも多生の縁」など、人との縁を大事にするものが人気のようです。 新年など気持ちを新たにするときに使う 「座右の銘」は思い立ったときに決めて、自分の胸に置いておくという人が多いようです。 特に「座右の銘」を決めやすいのは新年や、転職、卒業など新たなスタートを切るときでしょう。 新しいスタートを切るときに決められる「座右の銘」は「日進月歩」「秒針分歩」など、絶え間なく前進するイメージの言葉が多いようです。 何かにチャレンジをするときに使う 人生の中で「これから特に頑張らなければならない」と感じるときに、「座右の銘」を決める方も多いでしょう。 受験や入社試験、資格取得試験や起業など一念発起するときに座右の銘があると挫けにくくなります。 何かにチャレンジをするときの「座右の銘」では、「日々是精進」「今日を生きる」など日々の努力を諦めないための言葉が選ばれるようです。 自分の仕事を全うするための座右の銘を決めるのであれば「ことわざ」などから探すのも良いでしょう。 ことわざには、昔の人の知恵や考え方が多く含まれています。 過去を生きた人の格言を座右の銘とすることで、現代社会でのビジネスに役立てるというビジネスマンも増えています。 特に「今度こそ努力を続けたい」と強く願う人なら「四字熟語」の中から座右の銘を探すのも良いかもしれません。 四字熟語は長い間繰り返されている自然現象に基づいたものが多く、絶え間なく進化し続けたいという人の心に響くものがたくさんあります。 自分を自然に例えたときに、もっとも近い自然現象が関係している四字熟語などはしっくり来やすいかもしれません。 日々を笑顔で過ごしていきたいという人は、思いだしただけで少し笑顔になれるような「座右の銘」を探してみると良いでしょう。 自分が、過酷な状況でも「このことを思い出すと笑ってしまう」という出来事などからインスピレーションを受けた言葉がおすすめです。 自分の信念や理想を言葉にしたり、考え方を端的にまとめてみたりすると、「オリジナルの座右の銘」を作ることができます。 「座右の銘」には決まりがありません。 思うように自由に考えてみるのも楽しいかもしれません。 誰に言っても「かっこいい」と言ってもらえるようなものを「座右の銘」とすることで、自分の意識を寄せて行くこともできるかもしれません。 かっこいい座右の銘を探す場合は、「座右の銘ランキング」などを使うと良いでしょう。 人気のものや、著名な人が遺した重みのある言葉と出会えます。 また、その人の言葉でなくても、その有名人やアスリートが座右の銘としている言葉を真似ても良いかもしれません。 自分が「こんな人になりたい」と思う人が「座右の銘」としている言葉を共有することで、自分を鼓舞することもできます。 「座右の銘」の例• 「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」 お釈迦様が誕生したときの言葉で「自分という存在は唯一」という意味です。 「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」 アメリカの哲学者「ウィリアム・ジェームズ」の言葉です。 「明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ」 インドの宗教家「マハトマ・ガンジー」の言葉です。 まとめ 「座右の銘」とは、持っていても持っていなくても良いものです。 しかし、日々の生活の中で「いつもこういう場面に弱い」「自分を変えたい」と思うことがある人にとっては、いざというときの心のよりどころとすることができるかもしれません。 ぜひこの機会に「自分にとっての座右の銘」を考えてみてください。

次の

座右の銘(ざゆうのめい)一覧

座右の銘 ランキング

座右の銘ランキング一覧【かっこいい】 では、かっこいい座右の銘ランキング一覧をみていきましょう。 この座右の銘は、先のことを案じていても何も始まらないから、 成り行きに任せて生きるのが良いという意味があります。 先のことを考えては「失敗したらどうしよう」「大丈夫かな…?」と色々と不安な気持ちを抱えてしまう人も少なくありません。 しかし、明日のことは明日になるまでどうなるか誰にも分かりませんから、先のことを考えて不安になっても仕方のないことです。 そのため、色々と考えて不安な気持ちになるよりも、「その時になってみないと分からない」と気楽に考えた方が、精神的にも楽ですし物事が上手に運んでいくかもしれません。 こんなことは改めて言われなくても当たり前のことだと思うかもしれません。 しかし、人を傷つけるような言葉を平然と言ったり、暴力で人を苦しめたりと、人の心を傷つけたり、人を粗末に扱うような人間は世の中に大勢います。 また、人間はかけがえのない大切な存在であることをつい忘れてしまいがちです。 そのため、これを座右の銘にすることで、周りの人に対して敬意をもって謙虚に接することができるようになるでしょう。 江戸時代の後期に米沢藩主の上杉鷹山が家臣に対して「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という歌を教訓として詠み与えたというのは有名な話です。 最初から出来ないと思いこまずに、まずは挑戦してみないと何も始まりません。 そのため、この座右の銘を意識して、何事にも積極的に取り組んでみることが大切です。 自分が無知であることを知っていれば、他人の無知に対していちいち指摘することもなくなりますし、見栄を張ることもなくなります。 また、無知を知っていれば、知識をつけるために勉学に励むことができますし、出来ない仕事を無理に引き受けて大きな失敗をしてしまうこともなくなります。 存在するのは解釈だけである 「事実というものは存在しない。 存在するのは解釈だけである」という座右の銘は、ドイツの哲学者であるフリードリヒ・ニーチェの名言です。 この座右の銘は、事実というのは実はあやふやで、 人それぞれの解釈によって事実は変わるということを意味しています。 例えば、仕事で失敗したことを「失敗だった」と解釈すればそれは失敗経験になりますし、逆に「良い経験だった」と解釈すればそれは良い経験だったということになります。 つまり、失敗したという事実にとらわれて落ち込むのではなく、「この失敗は良い経験だった」と解釈することで、失敗したという事実もポジティブに捉えることができるのです。 生きている間には苦しい出来事や辛い出来事、悲しい出来事など壁にぶつかることはいくらでもありますし、 こういった出来事から避け続けて生きていくのは不可能に近いです。 つまり、壁にぶつかるのは仕方ないことであり、それをどうやって乗り越えていくか考えることが大切であるというのを説いているのです。 人間は人を愛するとその人の長所しか見ようせず欠点から目を背けてしまいがちです。 逆に一度人を憎むとその人の欠点だけが目に付くばかりで長所には一切目を向けようとはしなくなるものです。 しかし、この座右の銘では、感情に振り回されて理性を欠くことなく、 物事の善悪や長所や短所を冷静に見極めることが大切だと教えてくれているのです。 誰かに親切にされれば、自分もその人のために親切にしようという気持ちになれるものです。 そのため、人に親切にすれば自分も親切にされて、お互いに思いやりの心をもって接していくことができ、良好な人間関係を築いていくことができるのです。 ちなみに、この言葉を「人に親切にすることは、その人のためにならない」という意味で使っている人が多いですが、これは間違った意味なので注意して下さい。 このように、人間はその当時に強く思っていたことや感じていたことも、 時間が経つことで当時のことを忘れてしまう生き物です。 そのため、その時は二度と同じ失敗を繰り返さないと誓っても月日が経てばまた同じような失敗を繰り返してしまうような人はこの世の中に大勢います。 したがって、この座右の銘をしっかりと胸に刻んで、一度経験した辛い思いを忘れずに、同じような失敗を繰り返さないように心掛けることが大切なのです。 家族や恋人、親友のような強い信頼関係や愛情で結ばれている人に対しては気を遣う必要もないということで、徐々に遠慮がなくなっていき、時には無意識のうちに失礼な言動をしてしまうこともあるかもしれません。 しかし、そういったことが原因で相手との関係が悪化してしまう恐れがあります。 そのため、気を遣う必要がないくらいの親しい相手だからこそ、相手に対する思いやりの心を忘れずに、初対面の人と接する時と同じように失礼のない態度で接することが大切なのです。 座右の銘ランキング一覧【笑顔】 では、笑顔に関係する座右の銘ランキング一覧をみていきましょう。 また、苦しい時や悲しい時でも、 落ち込んだりせずに希望を持って生きれば幸せが訪れるという意味もあります。 つまり、いつもムスっとした表情をしていては、それは自ら幸せになるチャンスを手放しているのと同じことなのです。 女性はメイクやファッション、ヘアスタイルを試行錯誤しながら可愛くなるために努力します。 しかし、 いくら外見を着飾っても笑顔に勝るものはないのです。 死後50年以上経っても今でも世界を魅了してやまないマリリン・モンローが残した言葉だからこそ、この言葉は心に深く突き刺さります。 生まれた時から美しい顔を持っている人もいれば、そうではない人もいるでしょう。 自分に顔に自信を持っていない人は整形をするしか方法はないと考えがちです。 しかし、 笑顔には女性としての魅力を高めてくれるパワーがあり、笑うという行為は誰にでもできるので、様々な美容術にチャレンジする前に、まずは笑顔でいることを心掛けてみるようにしましょう。 この座右の銘は、辛いことや悲しいことがあっても笑顔でいることを心掛けるだけで、 自然と明るく前向きな気持ちになるということを説いています。 人生は山あり谷ありで、時には辛い出来事や悲しい出来事に直面することもあります。 しかし、これは長い人生を歩んでいく上で仕方のないことです。 そのため、どうせ同じ人生を歩んでいくのであれば、少しでも楽しい人生を歩んでいくために、笑顔を作る努力をすることが大切なのです。 メイクやブランド物でどんなに外見を取り繕っていても、気持ちよい笑顔には勝てません。 外見が可愛らしくても ムスっとした表情をしていればその人の魅力は半減してしまいます。 座右の銘ランキング一覧【努力】 では、努力に関係する座右の銘ランキング一覧をみていきましょう。 実は、この座右の銘には続きがあり、「努力は必ず報われる、もし報われないのであればそれはまだ努力とは呼べない」というのが全文です。 現実世界では、いくら努力しても結果が出ない人は大勢いますが、それは自分が努力しているつもりになっているだけなのかもしれません。 長い人生を歩んでいれば誰でも挫折を味わうことはあります。 そして、精神的に落ち込んで立ち直るのが難しくなり、途中で諦めてしまいたくなることもあると思います。 しかし、挫折に負けずに努力を続けていくことで、その努力の積み重ねが自分の力になり、いずれは目標を達成できるということを意味しているのです。 この座右の銘では、どんなことでも諦めてしまえばそこで成功する可能性はゼロになりますが、 諦めずに頑張れば成功する可能性は残されているということを伝えてくれています。 実際に、安西先生からこの言葉をかけられた当時中学3年生の三井寿は、試合終了を迎える直前にスリーポイントシュートを決めて逆転勝利をおさめ、高校は安西先生がいる湘北高校へ進学したのです。 そのため、どんなに成功する可能性が低くても、諦めずに努力を続ければ大きな成功のチャンスを掴むことができるかもしれないのです。 自分は才能がないと思い込んでいる人でも、努力さえすれば天才になれる可能性も十分にありますし、 そもそも、誰よりも何倍も努力できること自体が天才であることを意味しているのです。 真面目で自分に厳しい人ほど、周りの人に迷惑をかけたり、仕事で大きなミスをしてしまった時に自分で自分を責めてしまいがちです。 しかし、何か間違った行動を起こしてしまった時は 周りにいる誰かが勝手に責めてきてくれるはずです。 つまり、この座右の銘ではわざわざ自分から追い込む必要はないということを説いているのです。 自分を責め続けても精神的に落ち込んでいく一方で何も始まりません。 そのため、周りの人から責められたらそこで話は終わりにして、気持ちを切り替えて前に向かって進むことが大切なのです。 座右の銘ランキング一覧【有名人】 では、有名人の座右の銘ランキング一覧をみていきましょう。 努力をする人は、「いつかはこうなりたい」と未来を語りますが、 努力をしない人は現状の不満に対する愚痴や文句しか言わず、現状を変えるための努力は一切しません。 つまり、努力をする人というのは、たとえ現状に不満があってもそこでグチグチと文句は言わず、現状をより良いものにするためにどうすれば良いのか前向きに考えることができる人なのです。 そのため、この名言を座右の銘にしてこれからを生きていけば、愚痴や文句ばかりで何もしない人間から、現状を変えるために努力することができる人間に自分を変えていくことができるかもしれません。 成功する保証もない夢に突き進んで頑張っている人に対して、「そんなの無謀だ」「安定した道を進んでほしい」と言って心配してしまう人もいるでしょう。 しかし、心に秘めている思いが強ければ強いほど、 他人から色々と言われたくらいで簡単に揺らぐことはありません。 そのため、周りに無謀なことを成し遂げようとしている人がいるのであれば、この言葉をかけてあげることでその人を勇気づけることができるかもしれません。 ほとんどの人は、何か新しいことに挑戦する時に失敗している自分の姿を想像して、挑戦することから逃げてしまいたくなることもあると思います。 しかし、失敗を恐れて挑戦することから逃げ続けていては何の経験も実力も身に着けることができなくなり、自らの成長を止めてしまうことになります。 また、失敗してでも何かをやり遂げた経験があれば、 その経験が次に活かされて大きな成功を掴むチャンスに繋がるかもしれません。 そのため、この名言を座右の銘にすれば、失敗を恐れずに何事にもチャレンジしていける強い人間人あることができるでしょう。 人間は、周りの人全員から好かれるのは非常に難しく、相性が合わないと相手から嫌われてしまうこともあります。 しかし、好きや嫌いという感情があるということは、 相手に対する興味があるということです。 今は相手のことが嫌いでも何かをきっかけにして好きという感情に代わる可能性があります。 むしろ、好きという感情も嫌いという感情もない無関心の状態が一番怖いのです。 他人から嫌われることを極端に恐れている人も多いですが、他人から嫌われることを恐れず、まずは自分のことを相手に知ってもらうために積極的にコミュニケーションを取りに行くようにしましょう。 自分の味方になれるのは自分だけ 「せめて自分くらい自分を褒めてあげないと自分が報われない。 自分の味方になれるのは自分だけ」という座右の銘は、シンガーソングライターの美輪明宏さんの名言です。 よく、いくら努力してもなかなか結果が出なくて「自分はダメな人間だ」と自分で自分のことを責めてしまう人も多いです。 また、努力して結果が出ないと周りの人からはその努力を評価してくれないかもしれません。 しかし、 そんな状況でも自分で自分を褒めてあげることはできます。 人間は褒められれば褒められるほど「頑張ろう」と思える生き物ですから、たとえ周りの人が褒めてくれなくても自分で自分を褒めてあげて下さい。 座右の銘ランキング一覧【面白い】 では、面白い座右の銘ランキング一覧をみていきましょう。 私が前進しているのである 「髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである」という座右の銘は、日本を代表する実業家でソフトバンクグループの創業者でもある孫正義さんの名言です。 孫正義さんといえば髪が薄いのが印象的ですが、髪が薄いことにコンプレックスを抱いている男性は多いものです。 しかし、この名言を聞くと、髪が薄いことにコンプレックスを抱くどころか、 髪が薄いのを前向きに捉えることができます。 そして、この座右の銘は明石家さんまさんの娘であるIMARUさんの名前の由来にもなっています。 これは、実母の病死や弟の焼身自殺、墜落した日本航空123便に乗る予定があったという明石家さんまさんの壮絶な人生が影響しているようです。 壮絶な人生を体験しているからこそ、誰よりも命の尊さを知っていて、 生きていればそれだけで十分であると考えているのかもしれません。 人間はいつか死ぬ生き物で、 生まれた瞬間から既に死へのカウントダウンが始まっています。 時間は有限で人生は一度きりですから、生まれたとたんに死に始めていることを常に意識して、感謝の気持ちを持ちながら毎日を過ごしていくことが大切なのかもしれません。 好きな人に片思いしている時や、好きな人とお付き合いし始めて浮かれている時は相手の良いところばかりが目につくでしょう。 しかし、結婚して同じ屋根の下で生活するようになると、相手の嫌なところばかりが目に付くようになって幻滅したりと、 まるで夢から覚めたかのように現実を突きつけられることになります。 ただ秘密をしゃべるだけである 「酒は何も発明しない。 ただ秘密をしゃべるだけである」という座右の銘は、 お酒が入ると気が緩んで秘密まで他人に喋ってしまうというお酒の怖さを説いた言葉です。 また、人によってはお酒が入ることで人格が大きく変わって自分が知らない間に他人に暴力を振るったりしてしまい、記憶が戻ったころには大きなトラブルに発展していたというケースもあります。 座右の銘ランキング一覧【人生を変える】 では、人生を変える座右の銘ランキング一覧をみていきましょう。 例えば、大きな夢を持っていてそれを叶えたいと思っていても、夢を諦めて安定した道を歩んでしまう人も多いものです。 しかし、突然の事故や病気でいつ人生が終わってもおかしくありません。 先のことを考え過ぎてしまい、今やりたいことを我慢し続け、突然人生が終わってしまえば後悔しか残りません。 そのため、人生一度きりという座右の銘を意識して生きていけば、後悔のない人生を送るための選択ができる人生を歩むことができることでしょう。 長い人生を歩んでいると、仕事で失敗したり、好きな人にフラれたりと辛いことはたくさんあります。 そして、そういった過去の辛い出来事を引きずって失敗を恐れるようになり、なかなか新しい一歩を踏み出せなくなることもあります。 しかし、既に終わった過去の出来事にとらわれていては、 幸せなはずの未来を自ら手放してしまうことになるかもしれません。 何の目標もなくただダラダラと長生きしたり、 自分のやりたいことを我慢し続ける人生には価値はありません。 たとえ人生が短くても自分のやりたいことを好きなだけやって後悔のない人生を歩んでこそ価値のある人生になるのです。 四字熟語の座右の銘ランキング では、四字熟語の座右の銘ランキングをみていきましょう。 「初志」とは、初めに決めた志や目標のことであり、「貫徹」とは、最後まで貫き通すということです。 座右の銘としてこの四字熟語を掲げている人や会社も多く、日常的によく使われる四字熟語のひとつです。 また、人生の浮き沈みが激しいことのたとえとしてこの言葉を用いることもあります。 長い人生を歩んでいると、幸せな出来事や楽しい出来事もあれば、辛い出来事や悲しい出来事に直面することもあるでしょう。 辛い出来事や悲しい出来事に直面すると、立ち直れなくなるほど落ち込んでしまったり、途中で何もかも投げ出したくなることもあるかもしれません。 しかし、そこでめげずに何度も立ち上がれば大きな目標を達成することができたり、大きな幸せを掴むことができるかもしれません。 特に、人との出会いを大切にしている人は、この四字熟語を座右の銘として掲げることが多いでしょう。 世界には何十億人という人々がいる中で、自分のそばにいる人と出会えたのは奇跡であり、自分のそばにいる人とこれからもずっと一緒にいられるとは限りません。 人間は一人だけでは生きていけませんから、人との出会いは当たり前のことだとは思わずに、人との出会いや関わりを大切にしていきましょう。

次の