イオン 自転車。 【自転車|引き取り】イオンで自転車を引き取ってもらう方法

イオンの自転車保険の種類や特徴は?豊富で便利な補償内容を紹介!

イオン 自転車

最低限の補償を備えたい方向け• 示談代行サービス 賠償事故解決特約 あり• 自転車ロードサービスあり• ケガの補償を交通事故等にのみ絞って保険料を抑えたい方向け• 示談代行サービス 賠償事故解決特約 あり• 自転車ロードサービスあり オンライン申込• ご加入をご検討される際には、損害保険販売資格を保有する損害保険募集人にご相談ください。 損害保険のご加入の検討にあたっては、「商品パンフレット」、ご契約に際しての重要事項を記載した「ご契約のしおり・約款」、「契約締結前交付書面(「契約概要」、「注意喚起情報」)」等の内容をよくご覧ください。 損害保険は預金ではありませんので、銀行による元本保証はありません。 また預金保険制度の対象になりません。 損害保険は当行を募集代理店とする引受保険会社の商品であり、契約の主体はお客さまと保険会社になります。 引受保険会社が破綻した場合には、損害保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約時の保険金額、年金額、給付金額等が削減されることがあります。 当行がお客さまにご案内する損害保険について、お客さまのお申込みの有無が、当行とお客さまとの他のお取引に影響をおよぼすことは一切ございません。 当行では、お借入金による損害保険(住宅関連火災保険を除く)へのお申込みは受け付けておりません。 お客さまが当行に住宅ローンをお申込み中である場合、当行が案内する住宅関連火災保険等の契約締結は住宅ローンの貸出しの条件ではありません。 保険業法の規制により、銀行の保険募集においては融資取引先およびその役職員のお客さまに対する販売制限が定められております。 したがって、当行取扱の保険商品(個人年金保険、住宅関連の長期火災保険、年金払積立傷害保険、海外旅行保険を除く)については、お客さまの勤務先等を確認させていただくことになっておりますのでご了承ください。 お客さまが当行に事業性融資のお申込みをされた場合、当行がそのお申込みについてご回答をするまでの間は、保険業法の規制により、当行で保険商品(個人年金保険、住宅関連の長期火災保険、年金払積立傷害保険、海外旅行保険を除く)のお申込みをいただけない場合がありますので、お確かめください。 当行では少額短期保険商品は経営方針によりインターネットでのみ、取扱いしております。 少額短期保険のご加入の検討にあたっては、保険会社ホームページにて「商品詳細」、「ご契約のしおり・約款」、「契約概要」、「注意喚起情報」等の内容をよくご覧ください。 少額短期保険は預金ではありませんので、銀行による元本保証はありません。 また預金保険制度の対象になりません。 少額短期保険は当行を募集代理店とする引受保険会社の商品であり、契約の主体はお客さまと保険会社になります。 生命保険業免許、損害保険業免許の対象となる保険商品については、保険契約者保護のしくみとして、それぞれ「保険契約者保護機構」が設けられていますが、少額短期保険業はこの制度の対象外となっています。 当行がお客さまにご案内する少額短期保険について、お客さまのお申込みの有無が、当行とお客さまとの他のお取引に影響をおよぼすことは一切ございません。 お客さまが当行に住宅ローンをお申込み中である場合、当行が案内する住宅関連保険等の契約締結は住宅ローンの貸出しの条件ではありません。 保険業法の規制により、銀行の保険募集においては融資取引先およびその役職員のお客さまに対する販売制限が定められております。 したがって、当行取扱の保険商品(個人年金保険、住宅関連の長期火災保険、年金払積立傷害保険、海外旅行保険を除く)については、お客さまの勤務先等を確認させていただくことになっておりますのでご了承ください。 お客さまが当行に事業性融資のお申込みをされた場合、当行がそのお申込みについてご回答をするまでの間は、保険業法の規制により、当行で保険商品(個人年金保険、住宅関連の長期火災保険、年金払積立傷害保険、海外旅行保険を除く)のお申込みをいただけない場合がありますので、お確かめください。 掲載商品は、当行で保険募集を行うことが可能な保険商品の中から、当行の経営方針として取引実績や保険会社の事務手続きなどを考慮し、選定しています。 このホームページの情報は商品の概要を説明しています。 詳細は重要事項のご説明 重要事項説明書 、ご契約のしおり 普通保険約款・特約集 をご確認ください。 au損保 B19D310288 1910.

次の

自転車のタイヤ交換費用は?イオンで実際にタイヤ交換してみました。

イオン 自転車

cherrrytroutと申します。 BAA 日本製メーカーの「良心と基準」で元々壊れるような物は売っていませんでしたが、中国製激安自転車の事故が数年前続発して、自転車業界が粗悪品と差別化するために出来たような基準です。 激安自転車でも、変速機はシマノのインターシリーズだったりしますが、クランク、ペダル周りや、ブレーキは怪しい物が載っていますyo 別にイオン自転車が悪いとは言いませんが、ブレーキ、タイヤを良く確認することです。 余談・・・ ブレーキは、シングルピポットブレーキが主流でしたが、現在、高めの自転車にはダブルピポットが主流。 ダブルは良く効きます。 ブレーキ関連。 BAA認証。 A ベストアンサー 自転車にはいろいろな品質を評価する規格があり、JISやBAAなどがあります。 まじめな自転車メーカーであれば品質・製造責任を考えて規格をクリヤできる品質を満たした設計となっています。 その分どうしてもコスト的には高くなります。 一方、ホームセンターやスーパーなどで販売されている格安の自転車やスポーツ車風の自転車は殆ど規格・設計・生産が外国で行われています。 こういったものは、その生産国の品質基準を満たしていれば問題がない事となっています。 当然日本国内と同程度またはそれ以上の品質試験などされていないものが多くなります。 かた、使われているパーツもとりあえず動く程度のペラペラな部品を使ったり、独自規格のパーツを使ったりしてコスト削減をしています。 以前、自転車屋で働いていた時の事です。 パンク修理受付ですが、スーパーで購入後半年も経たない自転車でしたがタイヤが減ってしまっていて(もともと国産と比べて肉厚が半分以下)タイヤ交換を薦めたら、「それだけ出すなら新しいのを買う」といって自転車を捨てていった人がいました。 安物買いの銭失いとはこのことです・・・ 参考までに、安全基準が必要なわけが簡単に書いてあるサイトをご紹介しておきます。 baa-bicycle. まじめな自転車メーカーであれば品質・製造責任を考えて規格をクリヤできる品質を満たした設計となっています。 その分どうしてもコスト的には高くなります。 一方、ホームセンターやスーパーなどで販売されている格安の自転車やスポーツ車風の自転車は殆ど規格・設計・生産が外国で行われています。 こういったものは、その生産国の品質基準を満たしていれば問題がない事となっています。 当然日本国内と同程度また... A ベストアンサー 自転車と言う、工業生産品としては、BAAに合格していればOKなのですが、現実的には、各部品の組付けや調節の具合で、如何様にでもなってしまします。 問題が発生する殆どのケースで、組立の不備や、調整の不備が原因であることが大多数です。 各部の製造上の不備から発生する不具合は、殆どありませんので、現実的には、BAAはあまり関係が無いといえます。 仮にBAAをとっていない自転車でも、高度な技術を持ったメカニックが組立調整を行なった場合は、フレームやその他パーツの不具合も、チェックしながら適切に組立調整を行ないますので、ある意味BAAよりも厳格で厳しい基準を通過していると言えます。 尚、BAAは最低限の品質を取り決めた物ですので、実際の自転車が、その最低限の基準をどれだけ上回ったレベルで製造されているかが、問題になります。 価格競争が激しい昨今ですので、そんなにオーバークオリティのものは、一部の競技用のものを除いて一般車には、殆ど無いと思っても良いでしょう。 ブランド名に頼らずに本当に良い品質で、よい物を見分けられる目を持つべきだと思います。 マイナーブランドでも、真面目によい物を作っているところは結構あります。 宝探し的な要素が多分にありますが、そういうものを発掘するのも良いでしょう。 (見る目があれば…。 ) 最後にもう一度書きますが、基準と言うのは最低限のレベルを既定する物であって、それをうわまわっていればよい物だ、と言うのではなく、最低限のレベルをクリアしているに過ぎないと考えるべきですし、メーカーのポリシーとして、それをどれだけ上回る高品質な物をよりやすくユーザーに提供するかと言う企業倫理の問題です。 自転車と言う、工業生産品としては、BAAに合格していればOKなのですが、現実的には、各部品の組付けや調節の具合で、如何様にでもなってしまします。 問題が発生する殆どのケースで、組立の不備や、調整の不備が原因であることが大多数です。 各部の製造上の不備から発生する不具合は、殆どありませんので、現実的には、BAAはあまり関係が無いといえます。 仮にBAAをとっていない自転車でも、高度な技術を持ったメカニックが組立調整を行なった場合は、フレームやその他パーツの不具合も、チェックしなが... A ベストアンサー ブリジストンがいいというより、どこまで会社の姿勢として安全基準を満たしているかだと思います。 最近はホームセンターのシティサイクルやママチャリもJISはもちろんBAA適合のものを見かけますので、BSだけが安全なんてことはありません。 当方もBSに乗っていました。 『メイドインジャパン』がよくて買ったのですが、部品はほとんど中国製造です。 最終組み立てが国内なので『メイドインジャパン』になっているだけです。 壊れるか壊れないかについては、自転車の強度・構造・耐久性(PL法では使用者の乗り方・使い方指導まで問われるのですが)においてクレーム等が発生したときの、製造メーカーとしてのイメージダウン・企業責任をどこまで重視しているかの姿勢しだいです。 したがって、設計時の強度や安全性・使い勝手まで、法的安全基準のほかに企業としての基準を持っているはずです(広義ではコンセプトやイメージも含めて)。 また、BSは国内の販売網が整備されていることと、部品が汎用性のものが多く修理しやすいというメリットはあるでしょう。 そういう意味においてネームバリュウの影響が大きいBSは、他の無名メーカーよりはコンプライアンスや企業理念のようなものがしっかりしているといえると思います。 一般人がBS自転車なら安心だろうとか、間違いないだろうというイメージを抱かせることこそが、BSが優れている点だと思います。 BSに限ったことではありませんね。 大手企業はみな同様です。 ブリジストンがいいというより、どこまで会社の姿勢として安全基準を満たしているかだと思います。 最近はホームセンターのシティサイクルやママチャリもJISはもちろんBAA適合のものを見かけますので、BSだけが安全なんてことはありません。 当方もBSに乗っていました。 『メイドインジャパン』がよくて買ったのですが、部品はほとんど中国製造です。 最終組み立てが国内なので『メイドインジャパン』になっているだけです。 壊れるか壊れないかについては、自転車の強度・構造・耐久性(PL法では使用者... A ベストアンサー 実際にギア比を計算してみました。 ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。 まず、内装3段です。 内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。 うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。 2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。 285です。 ペダル1回転で、リアハブが2. 285回転します。 そして、リアハブの内部で3段変速します。 これのギア比は、1速が0. 733、2速が直結1. 000、3速が1. 360だそうです。 geocities. html) これを、さっきの2. 285に掛けます。 すると、1速が1. 674、2速が2. 285、3速が3. 107です。 (数字が多くなるほど、ペダル1回転でより多く後輪が回転する、つまり、スピードは出るけど重いギアになっていきます。 逆に小さくなるほど、スピードは出ないが、軽く、坂も楽に登れるギアになります) 次に外装6段です。 外装6段のシティサイクルの前ギアを数えたかったのですが、いいのがありませんでした。 後ギアは、ほとんどはシマノの14-28T(最小14枚、最大28枚)だと思うので、1速から順に28、24、21、18、16、14枚です。 前ギアを仮に44枚とすると、ギア比は順に1. 571、1. 833、2. 095、2. 444、2. 750、3. 142です。 これを見ると、内装3段の1速と3速、外装6段の1速と6速のギア比はかなり近いことがわかります。 内装3段の2速は、外装6段の3速と4速の中間くらい、つまりちょうど中央あたりです。 つまり、店員の言っていることは、あながちウソではない、ということです。 外装6段は、内装3段を細かく分けただけ、とも言えます。 ただ、内装3段は、1つギアを変えると、ペダルの重さが極端に変わります。 1速では軽すぎる、でも2速では重すぎる、みたいな状況が、外装6段より多くなるかと思います。 外装6段なら、2速や3速を使えばちょうどよくなります。 なお、外装6段には、1速が28枚から34枚になったギアもあります。 (2速から上は同じ枚数) このギアが装備されている、もしくは、あとからこのギアに交換すれば、1速だけ2速と極端に離れてしまいますが、かなり軽いギアにすることができます。 また、同じ内装変速でも、内装3段ではなく、内装8段にすると、細かく分かれるだけでなく、さらにワイドレシオなギアになります。 (軽いギアはより軽く、重いギアはより重くなります) 具体的には、1速が0. 527、8速は1. 615です。 内装3段の1速0. 733、3速1. 360より、広範囲をカバーしています。 なので、よりワイドなギアが欲しいのであれば、内装8段を選択するのも手です。 ・・・が、内装8段には、一つ大きな欠点があります。 コストが高いことです。 内装8段の採用車種の多いブリヂストンでも、一番安くても定価で5万円クラス以上の上級グレードにしか存在しません。 (マリポーサシリーズ、プレスティーノ、アルベルトロイヤルエイト等) 予算が許すのであれば、内装8段の自転車を候補に入れてもいいと思います。 実際にギア比を計算してみました。 ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。 まず、内装3段です。 内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。 うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。 2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。 285です。 ペダル1回転で、リアハブが2. 285回転します。 そして、リアハブの内部で3段変速します。 これのギア比は、1... Q 自転車の寿命が来た ペダルの軸が磨耗で磨り減った)ため、買い替えを迫られています。 耐久性を重視して自転車を買いたいのですが、最近ベルトタイプが増えていますが、 ベルトはチェーンに比べて寿命は長いのでしょうか? ほぼ毎日、5~20キロ乗っているので、今まで使っていた(寿命が来た)自転車のチェーンも 過去に2回伸びてしまい、チェーンの連結数を少なくしたりして対応していました。 ベルトは切れたり錆びたりはしないようですが、長時間かつ長期間使用していると 伸びてしまうことがあると思います。 その場合のコストはいかほどなのでしょうか? 因みに寿命が来た自転車は10年近く愛用していましたが、チェーンが切れたことはありませんでした。 A ベストアンサー ブリジストンのベルトドライブの場合、フローティングメカニズムになっていますから、通常使用で発生する程度の伸びには対応できるはずです。 bscycle. html 一番大きいのは駆動部のメンテナンスフリー化でしょうね。 チェーンよりその点は有利です。 お袋に買ってやったのはもう10年前ですがタイヤ交換以外は健在です。 まあ、ガシガシは漕がないので持っているという面もあるでしょうね。 少なくとも回転部が錆からフリーというのは大きいです。 短所はすでに出ていますが、タイヤ交換と変速が不自由 内装変速機しか使えない なことと、パーツが特殊で素人 私もそうですが にはいじりようがないことでしょう。 なお、選択肢として、丸石のベベルテック シャフトドライブ もお忘れ無く。 inter-8とか、Loloの11速なんかと組み合わせた自転車を作ってくれないかなあ。 無印のシャフトドライブ3段折りたたみも復活して欲しい。 A ベストアンサー こんにちは。 適応身長という要素はとても大切ですので、 ミヤタのDXT65LB5Sが合っていますよ。 今後、身長が伸びても、26インチ車ならサドルやハンドルを高くすれば対応できます。 ブリヂストンは私も好きなメーカーですのでお勧めしたいのですが、 身長141cm~と表記されていますので、バランスを崩して事故に遭われては困りますので。 ちなみに、セミオーダークラスの高級自転車でないと、ブリヂストンでも海外生産ですので、 品質で両者を比較する意味は無いですよ。 岩だらけの荒野を走るのではともかく、日本の道を走るのに強度は心配無用ですよ。 Web上の情報は、「誰が・何の目的で」発言しているのかわかったものではありません。 他社の社員が悪口を言っているだけというケースもあるからです。 どちらを選ばれても、最高級のシティサイクルなのですから、 購入為さった後のメンテナンス知識がとても大切ですよ。 一番最初に不具合が出るのが、ホイールの歪みです。 スポークでテンションを保っているだけの輪っかですので、 スポークテンションを保っている「ニップル」が緩んでくると歪んできます。 時々ホイールを手で回してみて、タイヤがグネグネ蛇行していないか確認して下さい。 歪んでいるようなら、自転車店で整備してもらうか、 Webで調整方法を調べてご自身で「振れとり作業」を行ってくださいね。 いずれにせよ、車やオートバイと同様に、定期的に自転車店で整備を受けて下さい。 高級な自転車を買われるわけですから、大切に為さってくださいね。 老婆心ながら……。 近年、自転車に対する規制が強まってきています。 自転車といえども法律上は「車」ですので、逆走などはしないでくださいね。 自転車用の保険もありますので、少額ですからお勧めしますよ。 yahoo. html ではでは、良いお買い物を! こんにちは。 適応身長という要素はとても大切ですので、 ミヤタのDXT65LB5Sが合っていますよ。 今後、身長が伸びても、26インチ車ならサドルやハンドルを高くすれば対応できます。 ブリヂストンは私も好きなメーカーですのでお勧めしたいのですが、 身長141cm~と表記されていますので、バランスを崩して事故に遭われては困りますので。 ちなみに、セミオーダークラスの高級自転車でないと、ブリヂストンでも海外生産ですので、 品質で両者を比較する意味は無いですよ。 岩だらけの荒野を走るので... A ベストアンサー 材質だけで論じるならば、ステンレスの方が錆びにくいです。 もともとそういう性質を与えるべく生み出された素材です。 アルミも厳密に云えば錆びます。 ただ、表面に特殊な皮膜を生成させて錆びにくくしているだけです。 表面のやや白っぽいのがそうです(ちなみに被膜の正体が錆びです)。 だから、傷を付けたりすればそこから錆が発生する可能性があります。 又、溶接部分はどんな金属でも材質自体の許容応力が低下するので錆びやすくなります。 ステンレスそのものは錆びにくいですが、取り付けてある他の素材の金属パーツが錆びる可能性はあるでしょう。 ステンレスは、正確にはステンレス・スチールといい、鉄を主材とする合金なので、スチール(鉄)製より高価です。 アルミもパイプなどの押し出し材は別として、溶接などは他の金属よりも難しく、加工にかかるコストが高い材料です。 アルミとステンレスの大きな違いは、強度と重量でしょう。 強度はステンレスの方が丈夫で、軽さではアルミに軍配が上がります。 アルミは剛性に難があるので、大きな荷重がかかって曲がった場合、元に戻すことは出来ません。 手入れをしっかりして、無茶な扱いさえしなければ、アルミでもステンレスでも十分に長持ちしますよ(もちろんスチールでも!)。 材質だけで論じるならば、ステンレスの方が錆びにくいです。 もともとそういう性質を与えるべく生み出された素材です。 アルミも厳密に云えば錆びます。 ただ、表面に特殊な皮膜を生成させて錆びにくくしているだけです。 表面のやや白っぽいのがそうです(ちなみに被膜の正体が錆びです)。 だから、傷を付けたりすればそこから錆が発生する可能性があります。 又、溶接部分はどんな金属でも材質自体の許容応力が低下するので錆びやすくなります。 ステンレスそのものは錆びにくいですが、取り付けてある...

次の

お詫びとお知らせ|イオンバイクオンラインショップ

イオン 自転車

Sponsored Links 電動自転車を買うときに気になるポイント3つ しかしながら価格が安いからといって購入するのは電動にする意味がありません。 私なりの配達に使えるかを考える上でのポイントをいくつかご紹介します。 タイヤサイズ まず1つ目に気にする点がタイヤサイズです。 えっ、そこ?と思う方もいるかも知れませんが、今回は「買い替え」で、今の自転車のメリットはなるべく引き継ぎたいと思っています。 そこで今の自転車は ペダルの漕ぎやすさが結構気になっているのですが、それはタイヤサイズが大きく影響していると思うんですよね。 タイヤ径が小さいと、正直アシストなしでは全然力が入りませんし、アシストがどれだけ優秀でいまよりも快適であっても力が入らなかったら走行速度自体が落ちる懸念があります。 だからタイヤ径が20以下は今回考えていません。 (20というのはあくまで個人的な感覚です) その点、今回のアレグレスeはタイヤ径が27、写真も見る限り、走行姿勢もまぁまぁ前傾気味にはなりそうなので良さそうです。 アシスト走行距離 電動自転車にするからにはアシスト機能が働く走行距離の長さも大事ですよね。 理想として、実際に半日配達をしているとだいたい30km〜40kmは走行するので50kmあれば十分といったところ。 さすがに丸一日遠征するつもりはないので、半日もってくれてお昼ごはん食べている間に夜も稼働できるくらい充電出来ていればいいかなといった感覚です。 今回のアレグレスeのアシスト走行距離は17km。 うーん、価格の安さがここにもろに出てきましたね。 これが私的に最大のデメリット。 良くて5〜6件くらいが限界です。 しかし、他社の電動自転車を見ていると予備のバッテリーも販売しているみたいなのでそれがあれば補えるくらいと言えるでしょう。 価格次第ですけどね。 施錠の楽チンさ そして3つ目の大事なポイントは施錠の楽チンさです。 本当にコレ、大事です。 いま乗っているクロスバイクはワイヤー錠なので、正直かなり面倒くさいです。 配達しているとレストラン到着時とお客様のお届け先到着時に施錠タイミングがあって、半日で12回配達するにしても単純計算24回です。 配達時間って忙しい時ほど1分のロスがもったいないのでワイヤー錠は正直ナシだなーって最近思います。 理想を言えばVanMoof社やPanasonic社の一部に搭載されているワンタッチ解錠できることですね。 そうすれば配達1件あたり1〜2分は時間短縮できますし、荷物の上げ下ろしも減るので身体の負担も、料理がこぼれるリスクも低減されます。 今回のアレグレスeはママチャリとかでは定番のリング錠タイプ。 …まぁワイヤー錠でないだけOKです。 ワンタッチはあくまで理想ですから。 Sponsored Links 現物確認にイオンバイクに行ってきました 思い立ったが吉日。 という感じで20時にアレグレスeの存在を知って、21時閉店のイオンバイクに当日行ってきました。 目的は実物を実際に見たいというのと、前述した予備のバッテリーがあるかどうか。 本体は思った以上にカッコいい。 気になるところは2つ。 さっそく店舗に入ると、入ってすぐに1台ド派手にディスプレイされていたのがまさかのお目当ての「アレグレスe」でした。 おおおぉ〜(心の声) お目当て品がお店イチ推し!みたいな感じでピックアップされていて心が踊りました。 実際に見た現物はブラックだったのですが、これが思った以上にいい感じでした。 女性ウケはしない気がしますが、黒一色というのはいいものですね。 男心をくすぐるデザインです。 マイナスポイントかなって気になった点は2つ。 まず1つがスマホホルダーが着けられるか不安なハンドルスペース。 ライトをハンドルに着けるなら結構ギリギリになりそうです。 そして2つ目がボトルホルダー。 いまのクロスバイクはダウンチューブ(ハンドル側からナナメに伸びる下側のパイプ)にボトルゲージを取り付けているのですが、アレグレスeはダウンチューブにバッテリーがついているのでそこへの取り付けは不可です。 シートチューブ(サドルからまっすぐ下に伸びるパイプ)なら付けられるかなという淡い期待もあったのですが、実際確認したところシートチューブを含め取り付けられそうな場所はどこにもありませんでした。 配達を始めた頃はボトルゲージの存在すら知らなかったので、取り付けられなくても妥協はできるのですが、やっぱり「欲しい」と思ってしまいますね。 「予備のバッテリーは販売していますか?」で買う気がゼロに そして現物を確認したところで、いよいよ本題です。 店員さんを呼び止めて「予備のバッテリーってありますか?」と聞いてみました。 すると回答が 「メーカーに聞いてください」 えっ、、、、だってイオン限定ってことはイオンが取り扱っているんじゃないんですか? 「いえ、製造メーカーに直接確認してもらわないとわからないです。 」 「在庫がないかも知れないので」 ありえない(心の声) メーカーさんどこですか? 「サイトモってとこです。 ネットで調べたらたぶん出てきますよ。 」 …ありえない!! (心の声) パンフレットってないですか? 「ないです。 」 …ありえない!!!! (心の声) はい、じゃあ聞いてみます。 私の独断と偏見もありますが、今回のこの対応はなにかトラブルが遭った時にお店じゃ解決できない感じが伝わってきました。 もっとハッキリ言うと「ここじゃ、買っちゃダメだ」ということ。 イオン限定モデルでその販売店しか売ってないわけですから、つまりは「この商品自体、買えない」ということです。 店舗限定の上に、ド派手に専用ポスターまで掲げているのにその商品のことをスタッフが熟知していないってなんなんでしょう。 しかも寄り添うわけでもなく、突き放すような対応。 とりあえず今回訪れたお店は別に自宅の最寄りでもなく、わざわざ遠出してきた場所なので今後の私の人生には登場しないでしょう。 Sponsored Links イオン限定はおすすめしない。 というよりイオンバイクをオススメしない かなりの辛口ブログとなりましたが、結論、私にとってイオンバイクで買うことは生涯ないでしょう。 Twitterでもちょくちょく毒吐いてますが、いくらコストを削減しようが、店員の心の広さを削減したらそのお店は終わりです。 たぶん、あの感じだと今回取り上げたアレグレスeはオススメじゃなく在庫処分したいやつなんでしょうね。 もしイオンバイクさんがこの記事を見てくださり反論したいとのことでしたら、アレグレスeの詳細も付けてご連絡ください。 今回はこんな結末でしたが、アシストバイクデビューしたいのはガチなので近々、別で報告させていただくと思います。 それでは。

次の