木内 みどり 旦那。 木之内みどりの現在(2020)。旦那・竹中直人との関係も明らかに!※画像あり

木内みどりの現在は?夫は水野誠一?娘は?脱原発活動についても!

木内 みどり 旦那

こんにちは、kerorinです。 さて、女優の木内みどりさんが、11月18日に「急性心臓死」のため亡くなられていたとのニュースが届きました。 俳優木内みどりさん死去、69歳 バラエティーでも活躍 劇団四季退団後は、舞台やテレビドラマのほか、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」でも活躍。 近年は脱原発や戦争反対を訴え、今年の参院選では、れいわ新選組の街頭演説で司会を務めるなどしていた。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom 木内みどりさんといえば、女優業だけでなく、バラエティー番組の「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」にも出演され、幅広く活躍されており、今回の突然の訃報を受けて、多くの人から、木内みどりさんの印象的な出演作について語られるツイートが続々と投稿されています。 今回の訃報を受けて、木内みどりさんがどんな人物なのかを改めて調べてみました。 そこで、今回は、 「木内みどりの若い頃や現在の画像は?夫は?出身や経歴も」と題しまして、 女優の木内みどりさんの若い頃や現在の画像は?夫は?出身や経歴についても調べた内容をまとめましたので、みなさんの参考にしていただけると幸いです。 名 前:木内みどり 本 名:水野みどり 生年月日:1950年9月25日 出 身:愛知県名古屋市 愛知県名古屋市出身の木内みどりさん。 父親の仕事の影響で、小学校1年まで名古屋市で育ち、その後は、約2年おきに千葉県、岐阜県、鹿児島県と移り住むなど、全国各地を転々とする子供時代を過ごしたそうです。 木内さんの代表作は、ドラマ『熱中時代』(日本テレビ/1979年)、『心はいつもラムネ色』(NHK/1984年)、映画『映画死の棘』(1990年)、舞台『三人姉妹』(1992年)が挙げられます。 11月18日に69歳で逝去。 子役で木下恵介アワー『おやじ太鼓』(1968年)などに出演、高校中退して劇団四季に入団し『ブラックコメディ』(1970年)などの舞台に。 — マヤの暦・人生の自由研究 syowa40stvdrama 11月18日に69歳で逝去。 テレビドラマ『熱中時代』第20回が印象的、一番上の姉美代子(木内みどりさん)と北野先生の見合いを画策する姉妹。 結婚の意思がない北野は、美代子に嫌われよう振舞うが、それを察した美代子は自ら好きな人がいると、言葉とは裏腹に美代子の目は北野に注がれる。 — マヤの暦・人生の自由研究 syowa40stvdrama 上記の画像は、熱中時代に出演された当時の木内みどりさんです。 思い出してみると長い。 「学問のススメ」ではたけしさんのお母さんだったし「元気が出るテレビ」では秘書だったし。 左は「マーケット」のメンバー。 TBS。 妊娠していて確か9ヶ月くらい。 出産で休んだのは一週だけで産んで次の収録に出演して驚かれたのでした。 JDIFの司会してきました。 ここは国際文化会館のお庭。 三菱の創業者 岩崎小弥太旧邸のお庭は、さすがに素晴らしい! 黒川雅之さんと水野誠一とマエキタミヤコさんと。 いっつも元気潑剌のタローさん。 凛々しいお姿で、仕事に励まれていて、この翌日に亡くなられてしまったと思うと、本当に残念ですね、、、 まとめ 今回は、「木内みどりの若い頃や現在の画像は?夫は?出身や経歴も」と題しまして、女優の木内みどりさんの若い頃や現在の画像は?夫は?出身や経歴についても調べた内容をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 11月18日に「急性心臓死」のため亡くなられていた女優の木内みどりさんですが、自身の公式ツイッターアカウントで、亡くなる前日までお仕事に励まれている画像を投稿されていました。 木内みどりさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。 今回は、ここまでとさせていただきます。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

女優・木内みどりさん、急性心臓死で死去 69歳

木内 みどり 旦那

来歴・人物 [ ]• 生まれたのは名古屋市の。 彼女以外は全員男の五人兄弟の四番目。 父親は会社に勤務し、支店長として各地を転々。 これに伴い、小学校1年までで育ち、その後約2年おきに、、と移り住む。 このため土地に対する愛着はあまりないという。 中学1年からで育った。 15歳から、ファンだった。 来日公演に足を運び、映画『』は43回、『』は22回見ている。 『』で初舞台、『』などに出演。 『「」より 別れの詩』(、)でデビュー。 その後、、、に多数出演。 犬を飼っていた()。 木内みどりバンドを結成していた時期がある。 木内はパーカッション担当• 、好感度ランキングで第7位になる。 1984年にでので父を亡くしたことを、2年後に週刊誌のコラムで公表。 この出来事をきっかけに40代でに入会していた。 1988年、渋谷店店長(当時)のと再婚、翌年長女誕生。 1990年に水野が西武百貨店社長となったこともあり「婚」と話題になった。 2001年7月、夫の水野誠一が選に立候補。 の停止を公約に掲げ県内を選挙運動で回ったが落選。 法王来日の際にレセプションの司会を引き受けたことがきっかけで、・との3人でノルブリンカ・ジャパンを設立。 関連の活動を始める。 (その後解散)• 、「Tibetan Smile」をプロデュース。 ダライ・ラマ法王の妹、を招聘。 2006年、で、舞台『皆に伝えよ! ソイレント・グリーンは人肉だと』の演技を「Best Actress」と評される。 に在籍・卒業経験がある。 晩年の愛車はである。 また、夫婦でに参戦していた。 4月11日、で行われた集会でスピーチし、同日の決定で原発ゼロを撤回し、再稼働を進めるとしたのエネルギー基本計画を批判した。 木内はで「私の人生は後に完全に変わり、脱原発のためにできることはすべて行うと決心した。 誰も責任を取らず、原因究明もしない日本に対し怒っている」と述べた。 また基本計画にも触れ、「国民が事故を忘れたり、事故から逃げていてはまた事故が起きる」と訴えた。 2016年から、広島原爆をテーマにした絵本『』の朗読をライフワークと定め、活動していた。 「」番組継続活動に関係した後 、「」を経て、2018年7月より単独で「木内みどりの小さなラジオ」を開局、独自のインタビュー番組を配信。 収録・編集直後に木内が急逝したインタビューは、没後の2020年1月24日に第9回として公開された。 また、この催しの中心となったメンズサイズでジェンダーフリーの洋服を作るファッションブランド「blurorange(ブローレンヂ)」に100万円出資している。 2019年、(NHK で濃茶の尼役を演じるための役づくりの一環としてグレイヘア(白髪)にした後、撮影終了後もそのままの髪色にしていた。 2019年7月のにおいて、が選挙期間中に都内で行った主要イベントのすべての司会を務めた(計3回)• 2019年10月9日、長崎県の田島で開催された「xSaikai 2019」にスピーカーとして登壇。 2019年11月18日、急性のため、滞在先ののホテルで死去。 69歳没。 生前の本人の希望により通常の通夜・告別式は行わず、家族葬が執り行われたことが、11月21日にと夫の水野誠一のfacebook(長女との連名)で発表された。 最後の仕事となったのは、による企画展「」の日記朗読。 共演者は。 映像の最後には、木内への追悼メッセージが追加された。 朗読が収録された映像は平和祈念館で上映されると同時に、全編でも見ることができる。 2020年2月13日、東京・六本木のでお別れの会「木内みどりさんを語り合う会」が開かれ、芸能人・文化人・政治関係者など450人が参列した。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 日本の幸福(1966年、)• 第3作 (1970年、) - 岩田安代 役• 港の詩(1971年、NHK• 第11話(1968年、TBS)• (1972年、TBS)• (NHK)• (1973年) - お慶 役• (1983年) - 小夜 役• (2018年) - 石千代金 役• (1973年、)• 第1シリーズ(1973年、TBS - 久富真弓 役• 第75話「仕掛けられた銃声」(1973年) - 片桐奈美江• 第196話「言葉の波紋」(1976年) - 落合由利子• 第228話「目撃者」(1976年) - 岡本澄江• (1974年、)• 第4話(1974年、)• 第3話「遅れて咲いた彼岸花」(1975年、) - お浜 役• (1975年、CX)• (TBS• (1975年)• (1992年)• ふるさとシリーズ2 (1976年、NHK)• (1976年、TBS) - 下条秋子 役• (1976年、TBS) - 大杉ミサコ 役• (NHK)• (1977年)• (1984年)• (1977年 - 1978年、TBS)• 第26回「縁切り寺で縁つなぎ」(1978年、NHK)• (1978年、TBS) - 花村洋子役• 第1話「帰ってきた家族の中の悪魔」(1978年、TBS) - 石田エイコ(石田の長女) 役• 第20話(1978年、日本テレビ) - 生徒の姉役 役• (1979年、日本テレビ) - 片岡花江 役• III(1979年、TBS)• (1979年、TBS)- 猫田マリ子 役• (1980年、日本テレビ) - 奥田朝先生 役• (1980年、TBS)• (1980年、テレビ朝日) - 解説• 小児病棟 - (1980年、日本テレビ)• (1980年 - 1981年、TBS) - 奈々子 役• (1)(1981年、TBS) - 看護婦 役• (1981年、日本テレビ)- かすみ 役• (1981年、・)- 古山伊都子 役• (1981年、) - 鈴木くるみ(留吉の妻) 役• (1982年、TBS)• (1982年、日本テレビ) - 水沢千草 役• (1982年、日本テレビ)• (1982年、テレビ朝日)• (1982年、TBS - ぼたんさん 役• 第5・6話(1982年、日本テレビ) - 島崎朋江 役• (1983年、テレビ朝日) - 高辺美子 役• (1983年、日本テレビ)• 土曜ワイド劇場(テレビ朝日)• (1983年)• (1986年)• (1988年)• (1983年、TBS) - 看護婦 役• (1983年、TBS) - 大久保敏江• 連続テレビ小説 (1984年、NHK) - お春 役• (1984年、TBS) - 夏目菊枝(夏目宝石の母) 役• 女ざかり(1985年、TBS)• (1985年、TBS• (1985年、NHK• 「舞姫」「」他(1986年、日本テレビ) - 語り手• (1986年、フジテレビ) - 早川博美 役• (1986年、日本テレビ)• (日本テレビ)• 「嘘」(1986年)• 「女検事霞夕子3・非常階段を下りる女」(1987年、NTV映像センター) - 栃之木夫人 役• 「殺意の証明」(1987年) - 主演• 「情状鑑定人」(1988年、プロジェクトエー) - 主演• 「」(1990年、Eiho) - 野上美子 役• 「さんまの花ムコ見習試験」(1987年、TBS• ファミリードラマ「」(1987年、NHK• ドラマスペシャル「絆」(1987年、NHK• 新春スペシャル「男どき女どき」(1988年、TBS)• 「殺したい女」(1988年、TBS)• 「見えない絆」(1988年、フジテレビ)• (1989年、TBS)• (1990年、テレビ朝日)• (1990年、TBS)• (1990年、テレビ朝日)• ニューウェーブドラマ 音・静かの海に眠れ(1991年、NHK• (1992年、TBS) - 外浦節子 役• (1994年、TBS) - 花岡春子 役• (NHK)• やさしい関係(1995年)• (1996年)• (1995年、)• (1996年、テレビ朝日) - 室田恵子 役• (1996年、テレビ朝日)• (1997年、テレビ朝日) - 武田晴子 役• 土曜ドラマ館 (1998年、NHK) - 森本涼子(ミチの母親・主婦) 役• (2002年、日本テレビ) - 大村たまき(留美子の母) 役• (2003年、)- 石野先生 役• 第2話(2003年、TBS) - 泰子 役• 第11話・第12話(2004年、関西テレビ)• (2004年、NHKハイビジョン)• 日本の、これから 近未来ドラマ 「人口減少社会 幸福2020」(2005年、NHK総合)• (2005年、関西テレビ) - 田代康子 役• (2012年、) - 辻寿子 役• (2012年、NHK BSプレミアム) - 松尾巻子 役• 第3話(2012年、TBS) - 川上順子 役• プレミアムドラマ (2014年、NHK BSプレミアム)• (2014年、NHK)- 旅先の夫婦の妻 役• シーズン1 第6話(2016年、WOWOW)• (日本テレビ) - 審査員• (TBS)• (フジテレビ)- 解答者• (テレビ朝日)• (1985年、TBS) - 司会(の代役)• (1985年4月 - 1991年12月、日本テレビ)• (1986年、日本テレビ) - ナレーター• 木内みどりの元気診断(日本テレビ)• (フジテレビ)• (NHK衛星第二)• (日本テレビ)• 幸せを演出する男たち ~巨大レジャーランドの国際戦略~ 1990年、NHK)*語り• (1993年10月13日 - 1994年09月07日、テレビ東京)• (NHK)• 母と子のテレビ絵本(1995年12月、NHK教育)• (2001年、テレビ朝日) - テレビ朝日・日本テレビの2回目の生中継コラボ(世界を救う)で、日本テレビ側から出演。 ラストドライブ(2017年、NHKBS1 *語り 映画 [ ]• 「されどわれらが日々 - 」より 別れの詩(1971年、、監督:)- 葉子 役• (1971年、東宝監督:森谷司郎) - 千代子 役• (1974年、監督:村山三男) - 仲村弥生 役• ふしぎな國・日本(1983年、、松竹、監督:松林宗恵) - 竹田さん 役• (1985年、松竹、監督:瀬川昌治) - リヨ子 役• (1985年、東映東京、監督:)- 伊織扶佐子 役• (1986年、東映東京、監督:出目昌伸) - ケースワーカー 役• (1986年、東映、監督:川島透)- まき子 役• (1987年、OMプロ、監督:)- かがりの母 役• (、1990年、、監督:今井啓毅生) - 高橋美沙子 役• (オリジナルビデオ、1991年、、監督: 堤ユキヒコ )• 1992年、オンザロード、監督:龍村仁) - ナレーター• (1993年、ITAMI FILMS、監督:) - 看護婦 役• (1995年、オンザロード、監督:) - ナレーター• (1995年、、監督:) - 道子 役• (1997年、オンザロード、監督:龍村仁) - ナレーター• (2001年、龍村仁事務所、監督:龍村仁) - ナレーター• (2004年、『世界の中心で、愛をさけぶ』製作委員会、監督:) - 朔太郎の母 役• (2006年、ザアリズエンタープライズ、原案・監督・脚本:)- 桃子 役• (2007年、ゼロ・ピクチャーズ、監督:) - 安田節子 役• (2010年、東宝、監督:) - 青柳照代 役• (2014年、、監督:)- 佐藤の妻 役• (2014年、、監督:) - 片岡雪子 役• (2015年、龍村仁事務所、監督:龍村仁) - ナレーター• ふたりの旅路(2017年、、監督:) - ケイコの隣人 役• (2019年、映画『こはく』製作委員会、監督:) - 広中元子 役• エリカ38(2019年、吉本興業、監督:) - 伊藤信子 役• (2019年、2019長島大陸映画実行委員会、監督:) - 日野ミエ 役• みとよ物語 2019年、教育委員会、監督: - 東陽子 役• (2020年、東宝、監督:)- 遠野純子 役 舞台 [ ]• 子供の領分 -金属バット殺人事件 -(、1983年、)• エリアンの手記 - 中野富士見中学校事件 - (転位・21、1986年、本多劇場)• マーチャンの神曲 - 藤沢悪魔払い儀式事件-(転位・21、1988年、)• 1990年8月26日、)• (1992年、)• (2004年、)• TRUE WEST (2004年、・)• ママが私に言ったこと(2004年、、SIS COMPANY )• 海辺のお話(2005年、、自転車キンクリートSTORE• 皆に伝えよ! は人肉だと(2006年、ベニサンピット )• トーチソング・トリロジー (2006年、)• (2014年 、2016年、2018年 ホール)• ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ「ロッコ・ダーソウ」(2016年、)• 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol. 21、vol. 22(2017年、2018年、) ラジオ [ ]• 朗読 チェーホフ短編集(1998年、2002年、NHKラジオ第二)• 高齢化社会を今こそ考える 木内みどりの満足生活(番組)(2010年1月10日〜10月3日、 )• (89回ゲスト 「無関心の大罪。 この国に生きる責任とは? 」 聞き手:)• (MC)• 「桜を伐る」(2016年5月14日、 CM [ ]• 「フルーティー」• 「カーサワデー」• 「マイコン調宝さん」• 「トーストソフト」(1982年)• 「リンクルナイトクリーム」• 「ビスケット」「アーモンドチョコレート」• 「ハイタミン錠」• 「レモンティー」「プリンスチョコレート」• タンパックスタンポン(1986~1987年)• 「ビッグ」• 「アタック」• 「ケータイ家族物語」 (2002年)- 母 役• 「住宅リフォーム」 朗読ソフト [ ]• 紀伊國屋書店評伝シリーズ:学問と情熱 第15巻 民衆の知恵をたずねて(、VHS 1999年、DVD 2008年)*ナレーター• 世界絵本箱 DVDセレクション ごきげんなライオン(アンドビジュアルズ、VHS、DVD 2010年) 著書 [ ]• 指差し確認(、)。 木内みどりセーターブック(著(デザイン)、1992年、)• 元気診断(1)~(5) 日本テレビ編 1991年~1992年、日本テレビ放送網)の医師に、木内が健康情報を聞くテレビ番組の書籍化。 裏表紙と本文に聞き手として木内の名前と写真・イラストがある。 元気増進! 健康堂本舗〈PART1・2〉 テレビ東京・ 編 、1994年、)健康バラエティ番組の書籍化。 巻頭に番組の司会を務めたと木内の挨拶文がある。 ラジオは真実を報道できるか-市民が支える『』の挑戦(。 私にも絵が描けた! コーチはTwitter(2018年9月、小さなラジオ局 出版部)• またね。 著『今を盛りのいい女列伝 30代色香研究』(1983年、アシーネ、1986年6月、旺文社文庫)所収。 木内みどり 2018-9-25. 私にも絵が描けた!コーチはtwitter. 小さなラジオ局 出版部. 185. 木内みどり『指差し確認』鎌倉書房、1989年5月31日、47頁。 横川佐智子『木内みどりセーターブック』日本ヴォーグ社、1992年10月1日、5頁。 木内みどり『指差し確認』鎌倉書房、1989年5月31日、50-54頁。 2008年11月5日, at the. 木内みどり 1986年9月21日. サンデー毎日 毎日新聞社• 鈴木裕也 2016年1月22日. 一般財団法人 日本尊厳死協会. 2019年12月1日閲覧。 2019年11月1日. テレ朝POST. テレビ朝日. 2020年1月18日閲覧。 木内みどり 1989-5-31. 指差し確認 「〝略玉〟?を手玉にとって玉の輿ブランド遊び」. 鎌倉書房. 198-199. あの人に聞きたい. マガジン9 2014年6月11日. 2019年12月20日閲覧。 鎌倉優太、勝間田秀樹 2019年11月22日. 中日新聞しずおか. 2019年12月20日閲覧。 東京新聞 2016年5月19日. 2019年12月20日閲覧。 2008年10月14日, at the. twitter. 2019年11月23日閲覧。 twitter. 2019年11月23日閲覧。 BMW JAPAN 2015年2月11日. youtube. 2019年12月1日閲覧。 トム永島 2020年1月29日. 夜明けの更新. ameba blog. 2020年2月1日閲覧。 石川保典 2014年4月12日. の2014年4月14日時点におけるアーカイブ。 2014年7月20日閲覧。 四國光 2019年11月23日. 詩画人・四國五郎. facebook. 2019年11月24日閲覧。 100回はやるわよ!」と力強く宣言くださり、東京、大阪、広島、長崎、埼玉と回数を重ねていましたが、残念ながら12回が最後となってしまいました。 大野孝志 2019年11月27日. 中日新聞: p. 木内みどり 2018年7月. 木内みどりの小さなラジオ. 2019年11月25日閲覧。 木内みどりの小さなラジオ 2020年1月24日. 2020年1月24日閲覧。 東京大学東洋文化研究所 2018年5月16日. 2019年11月29日閲覧。 松村智世 2018年6月27日. blurorange ジェンダーフリーの可愛いお洋服. 2019年11月29日閲覧。 テレ朝POST. テレビ朝日. 2020年1月10日閲覧。 デイリー新潮. 2019年7月18日. 2019年7月24日閲覧。 TEDxSaikai. 2019年12月2日閲覧。 - Sponichi Annex 2019年11月22日• - 日刊スポーツ 2019年11月21日• 宇城昇 2020年1月21日. 毎日新聞. デイリースポーツ. 2020年2月14日閲覧。 NHKドラマトピックス. NHK 2018年2月14日. 2018年2月14日閲覧。 GAIA SYMPHONY. 龍村仁事務所. 2020年2月2日閲覧。 斉藤勝寿 2020年2月8日. 朝日新聞デジタル. 2020年2月9日閲覧。 三豊市. 三豊市役所総務部秘書課 2019年9月1日. 2019年12月4日閲覧。 江湖良二 2019年11月29日. 朝日新聞デジタル. 2019年12月1日閲覧。 山崎哲&新・転位21. 2019年11月22日閲覧。 TRUE WEST• 高野しのぶ 2004年9月24日. 2019年12月1日閲覧。 SIS company inc. のプロデュース作品のご紹介. SIS company. 2020年5月10日閲覧。 姫林檎 2005年3月21日. 芝居遊歴控. nifty. 2020年1月13日閲覧。 [ ]• 北嶋孝 2006年5月2日. 小劇場レビューマガジン ワンダーランド wonderland. 2019年12月1日閲覧。 kuidaoretaicyou 2006年12月8日. 偽大人別宅. excite blog. 2019年12月1日閲覧。 木内みどり 2016年2月17日. 木内みどりの発熱中!. マガジン9. 2019年11月24日閲覧。 ステージナタリー 2018年2月4日. 2019年11月24日閲覧。 SPICE. イープラス 2016年7月9日. 2019年11月25日閲覧。 非戦を選ぶ演劇人の会. 2019年11月24日閲覧。 2019年11月21日. Blog of SAKATE. goo blog. 2020年2月4日閲覧。 文化放送 2010年3月17日. 2018年7月15日閲覧。 NHKオーディオドラマホームページ. NHK 2016年5月14日. 2019年12月4日閲覧。 2019年11月21日. 橘井堂. 2019年12月4日閲覧。 斎藤健二 ITmedia) 2002年1月15日. IT media mobile. 2020年1月15日閲覧。 鈴木耕 2020年6月10日. マガジン9. 2020年6月11日閲覧。 外部リンク [ ]• (2014年9月3日~2018年1月31日)-• 財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団 2004年5月1日. 2014年7月20日閲覧。

次の

木内みどりが死去…旦那は水野誠一。現在グレイヘアの画像や絵をツイッターで

木内 みどり 旦那

女優・さんが、11月18日に「急性心臓死」のため死去した。 69歳だった。 21日に「木内みどりの小さなラジオ局」で訃報が伝えられた。 サイトでは「木内みどりが、2019年11月18日、急性心臓死により永眠いたしました。 生前の本人の希望通り通常の通夜・告別式は行わず、家族のみでお別れをいたしましたことをご報告いたします」と伝え「これまで応援してくださいました皆様、またお世話になりました皆様へ謹んで御礼を申し上げます」と記した。 なお、後日、同サイトで「皆様からお別れのお言葉を残していただける場所を設置させていただく予定です」とし、詳細が決定次第、同サイトで報告する。 木内さんは、現在公開中の映画『夕陽のあと』に出演しており、長島大陸映画実行委員会・長島町プロデュース 小楠雄士氏とコピアポア・フィルムの代表取締役・伊藤重樹氏は連名でコメントを発表。 「木内さんには、本作で、7歳になる里子『豊和(とわ)』の祖母『日野ミエ』役として出演していただき、鹿児島県長島町での制作時、そして公開が決定してからのプロモーションにおいても多くの力を注いでいただきました」。 「長島での撮影時、役作りのみならず、島に暮らすご家族と仲良くなり三日三晩を共にされたり、お一人で車を運転され町中を動き回ったりと、元気なお姿をついこの前のことのように思い出されます。 制作、配給、宣伝スタッフも、思いがけない知らせを受け、まだ信じがたい気持ちでいますが、生前の木内さんの映画に対する真摯な姿勢や分け隔てのない人に対する接し方を思い返しながら、これからの仕事に力を尽くしていきたいと考えています」と伝えている。 木内さんは、ドラマ『熱中時代』(日本テレビ/1979年)、『心はいつもラムネ色』(NHK/1984年)、映画『映画死の棘』(1990年)、舞台『三人姉妹』(1992年)をはじめ、日本テレビ系『天才 たけしの元気が出るテレビ!!』などのバラエティーに出演するなど幅広く活躍した。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の