ワイン に 合う 料理。 チーズに合うワインがこれでわかる!ワイン×チーズのマリアージュを徹底解説

シャルドネとは?香りや味、合う料理も徹底解説!

ワイン に 合う 料理

少しずつ暖かくなり、春の気配を感じるようになってきましたが、この時期みなさんはどんなワインを飲まれていますか? 桜が咲くまでもう少し。 こんな季節には春らしさを感じられる華やかなロゼワインがおすすめです。 淡いピンク色からしっかりとした濃いピンク色まで様々な色合いがあり、目にも楽しいロゼワイン。 春を待ちわびながら、お花見をしながら、そして南フランスのように暑い夏にはよく冷やしてと、これからの時期大活躍するのがロゼワインです。 「ロゼワインって甘いんでしょう?」とも言われることがあるロゼワインですが、辛口のロゼワインも種類が豊富です。 今回は、ロゼワインを知るために、フランス3大ロゼワインやメジャーなロゼワインについてと、色々な特徴を持つロゼワインに合うおすすめのお料理をご紹介します。 ロワール地方のアンジュという町で作られています。 グロローというブドウが主体で、ほんのり甘口です。 アンジュではロゼ・ダンジュのほかにもカベルネ・ダンジュというロゼワインが作られており、こちらはカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンが主体で作られています。 色はきれいなサーモンピンクで、まさに春らしい雰囲気があります。 アンジュのロゼワインはほんのり甘いので、辛口のワインが苦手な方にもおすすめできるワインです。 2つめはコート・デュ・ローヌ地方のタヴェルです。 ローヌ地方のタヴェルという町で作られています。 グルナッシュを主体とするロゼワインで、濃い赤みがかったピンク色が特徴です。 グルナッシュを使用しているので果実味も非常に豊かで、たっぷりとした飲みごたえがあります。 3つめはプロヴァンス・ロゼです。 プロヴァンス地方で作られているロゼワイン全般を指します。 タヴェルのロゼもそうですが、南フランスといえばロゼワインというほどロゼワインはメジャーで、スーパーやワインショップを訪れると、ロゼワインの品揃えの豊富さに驚くこと間違いありません。 プロヴァンス地方のAOCコート・ド・プロヴァンスやエクス・アン・プロヴァンスなどではロゼワインの生産が大半を占めており、グルナッシュやサンソー、シラーなど南フランス定番のブドウで作られています。 バンドールという町ではムールヴェドルというブドウを使用しています。 プロヴァンス・ロゼは淡いピンク色が多く、すっきりとした辛口でありながら口に含んだときにはほんのりブドウの甘みが感じられ、ストロベリーやラズベリーなどの甘酸っぱい香りが鼻から抜けます。 これらフランス3大ロゼワインのほかにも、ボルドーのシャトーが手掛けるカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロを使ったタンニンをしっかりと感じられるロゼワインや、各国で地ブドウを使用して作られているロゼワインなど、着目してみると実は種類が豊富です。 また、これからの時期、シャンパーニュなどのスパークリングロゼもおすすめです。 特にお花見やパーティーなどで人が集まるときは、ロゼの華やかな色合いと泡が楽しい気分をより盛り上げます。 お手頃価格のスパークリングワインから、ボランジェやモエ・シャンドンなどの有名なシャンパーニュのロゼまで、実はスパークリングでもロゼは豊富に作られています。 お料理ともばっちり! さて、ここからはロゼワインに合うお料理をご紹介します。 甘口のイメージを持たれがちなロゼワインなので、もしかしたら今まではお料理と一緒に楽しむワインを選ぶ際、ロゼは敬遠されていたかもしれません。 しかしご紹介したように、ロゼワインは赤ワインや白ワインに劣らないくらい味わいが豊富なので、合うお食事がたくさんあります。 プロヴァンス・ロゼのようなきりっと辛口のロゼワインには、シンプルなサラダやラタトゥイユなどの野菜メニューや、お刺身やお寿司、お魚のフリットなど魚介類と合わせるのが特におすすめです。 春・夏でそれぞれ食べたい旬のお野菜や魚介類をシンプルに調理して合わせてみてください。 ローヌのタヴェルのように果実味や味わいが濃かったり、ボルドーのロゼのようにタンニンもしっかりと感じられたりするワインの場合は、スパイスを使ったカレーやクスクスの煮込み、海老チリや春巻きなどの中華料理、ポークステーキなどの軽めのお肉料理にもぴったりです。 そして、ロゼ・ダンジュのようにほんのり甘みが感じられるロゼには、錦糸卵や桜でんぶ、甘えびなどを使ったほんのり甘いちらし寿司や、出汁に甘みを感じられるお蕎麦などの和食との相性も良く、またエスニック料理や中華料理のようにスパイシーさが感じられるお料理と合わせると、ロゼのほんのりとした甘みが辛さを包み込み、絶妙なマリアージュが生まれます。 ぜひこの春は、ロゼワインとお料理のマリアージュを楽しんでみてくださいね。

次の

赤ワインに合うおつまみレシピ24選!手軽に作れる絶品料理を楽しもう♪

ワイン に 合う 料理

少しずつ暖かくなり、春の気配を感じるようになってきましたが、この時期みなさんはどんなワインを飲まれていますか? 桜が咲くまでもう少し。 こんな季節には春らしさを感じられる華やかなロゼワインがおすすめです。 淡いピンク色からしっかりとした濃いピンク色まで様々な色合いがあり、目にも楽しいロゼワイン。 春を待ちわびながら、お花見をしながら、そして南フランスのように暑い夏にはよく冷やしてと、これからの時期大活躍するのがロゼワインです。 「ロゼワインって甘いんでしょう?」とも言われることがあるロゼワインですが、辛口のロゼワインも種類が豊富です。 今回は、ロゼワインを知るために、フランス3大ロゼワインやメジャーなロゼワインについてと、色々な特徴を持つロゼワインに合うおすすめのお料理をご紹介します。 ロワール地方のアンジュという町で作られています。 グロローというブドウが主体で、ほんのり甘口です。 アンジュではロゼ・ダンジュのほかにもカベルネ・ダンジュというロゼワインが作られており、こちらはカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンが主体で作られています。 色はきれいなサーモンピンクで、まさに春らしい雰囲気があります。 アンジュのロゼワインはほんのり甘いので、辛口のワインが苦手な方にもおすすめできるワインです。 2つめはコート・デュ・ローヌ地方のタヴェルです。 ローヌ地方のタヴェルという町で作られています。 グルナッシュを主体とするロゼワインで、濃い赤みがかったピンク色が特徴です。 グルナッシュを使用しているので果実味も非常に豊かで、たっぷりとした飲みごたえがあります。 3つめはプロヴァンス・ロゼです。 プロヴァンス地方で作られているロゼワイン全般を指します。 タヴェルのロゼもそうですが、南フランスといえばロゼワインというほどロゼワインはメジャーで、スーパーやワインショップを訪れると、ロゼワインの品揃えの豊富さに驚くこと間違いありません。 プロヴァンス地方のAOCコート・ド・プロヴァンスやエクス・アン・プロヴァンスなどではロゼワインの生産が大半を占めており、グルナッシュやサンソー、シラーなど南フランス定番のブドウで作られています。 バンドールという町ではムールヴェドルというブドウを使用しています。 プロヴァンス・ロゼは淡いピンク色が多く、すっきりとした辛口でありながら口に含んだときにはほんのりブドウの甘みが感じられ、ストロベリーやラズベリーなどの甘酸っぱい香りが鼻から抜けます。 これらフランス3大ロゼワインのほかにも、ボルドーのシャトーが手掛けるカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロを使ったタンニンをしっかりと感じられるロゼワインや、各国で地ブドウを使用して作られているロゼワインなど、着目してみると実は種類が豊富です。 また、これからの時期、シャンパーニュなどのスパークリングロゼもおすすめです。 特にお花見やパーティーなどで人が集まるときは、ロゼの華やかな色合いと泡が楽しい気分をより盛り上げます。 お手頃価格のスパークリングワインから、ボランジェやモエ・シャンドンなどの有名なシャンパーニュのロゼまで、実はスパークリングでもロゼは豊富に作られています。 お料理ともばっちり! さて、ここからはロゼワインに合うお料理をご紹介します。 甘口のイメージを持たれがちなロゼワインなので、もしかしたら今まではお料理と一緒に楽しむワインを選ぶ際、ロゼは敬遠されていたかもしれません。 しかしご紹介したように、ロゼワインは赤ワインや白ワインに劣らないくらい味わいが豊富なので、合うお食事がたくさんあります。 プロヴァンス・ロゼのようなきりっと辛口のロゼワインには、シンプルなサラダやラタトゥイユなどの野菜メニューや、お刺身やお寿司、お魚のフリットなど魚介類と合わせるのが特におすすめです。 春・夏でそれぞれ食べたい旬のお野菜や魚介類をシンプルに調理して合わせてみてください。 ローヌのタヴェルのように果実味や味わいが濃かったり、ボルドーのロゼのようにタンニンもしっかりと感じられたりするワインの場合は、スパイスを使ったカレーやクスクスの煮込み、海老チリや春巻きなどの中華料理、ポークステーキなどの軽めのお肉料理にもぴったりです。 そして、ロゼ・ダンジュのようにほんのり甘みが感じられるロゼには、錦糸卵や桜でんぶ、甘えびなどを使ったほんのり甘いちらし寿司や、出汁に甘みを感じられるお蕎麦などの和食との相性も良く、またエスニック料理や中華料理のようにスパイシーさが感じられるお料理と合わせると、ロゼのほんのりとした甘みが辛さを包み込み、絶妙なマリアージュが生まれます。 ぜひこの春は、ロゼワインとお料理のマリアージュを楽しんでみてくださいね。

次の

ロゼワインに合うお料理をご紹介!華やかなロゼで春を迎えよう

ワイン に 合う 料理

こんにちは、 theDANN編集長のダンです。 ワイン好きな方は、シャルドネって聞いたことがあるかもしれませんね。 ここでは、シャルドネにあう料理や産地、香り、度数、値段別、日本産のシャルドネを使ったワインの紹介をしていきます! それでは、はじまり〜はじまり〜• シャルドネとは? 「白ワインの女王」 ワインの銘柄名にしばしば登場するシャルドネは、シャルドネと呼ばれるブドウの品種を原料に使った白ワインです。 シャルドネは、白ブドウの品種でもとくに扱いやすく、いろいろなアレンジができることから「白ワインの女王」として高い評価を得ています。 マコネ地区が原産!? 一説によると、この品種はフランスのブルゴーニュ地方にあるマコネ地区が原産と言われています。 マコネ地区にあるシャルドネ村では、古くからブドウの栽培がおこなわれてきました。 アメリカの大学でおこなわれたDNAの解析で、シャルドネはブドウの自然交配によって生まれた品種であることが明らかになっています。 シャルドネの祖先と言われているのが、赤ワインに使われるピノ・ノワールとグエ・ブランの2種類です。 グエ・ブランは中世の頃にフランスで栽培されていた品種で、現代ではほとんど作られていません。 シャルドネの果実と色合い 白ブドウであるシャルドネの果実は、透明な黄色の実が緑色の果皮に包まれています。 仕上がったシャルドネのワインも、透明感のある黄金色です。 シャルドネを造るときには、樽発酵やマロラクティック発酵などのいろいろな方法を組み合わせることが多いです。 オークの樽を使った発酵や熟成はとくに有名な製法です。 シャルドネの味わいや香り シャルドネは酸味がやや強く、繊細な味わいが魅力の品種です。 テイストにクセが少ないことから、シャルドネは栽培された土地や製造方法によって味わい、香りが変わる傾向があります。 産地によって香りや味わいが異なる 例えば、比較的涼しいフランスのブルゴーニュ地方やアメリカのカリフォルニア地方ロス・カーネロス地区などで生産されるシャルドネは、すっきりとした香りや軽くフルーティーな味わいが楽しめることが多いです。 冷涼な地域で作られたシャルドネには、リンゴやスモモ、柑橘系のフルーツの香りがするものもあります。 オーストラリアやニュージーランドなどの暖かい地方で生産されるシャルドネは、ふくよかな香りや甘くコクのあるテイストが楽しめるのが特徴になっています。 桃やメロン、パイナップルなどの香りがするシャルドネも多く、リッチなテイストが味わえるのが魅力です。 醸造方法によって香りや味わいが異なる シャルドネは、製造方法によってもテイストが変わってきます。 バニラやナッツなどの温かみのあるテイストが味わえるのが、オークの樽で発酵させたシャルドネや乳酸菌を使ってマロラクティック発酵をしたシャルドネです。 ステンレス製の樽で発酵させたシャルドネは、シャルドネならではのシャープな味わいが楽しめます。 シャルドネの産地 ワインのシャルドネは、フランスをはじめ、アメリカやオーストラリアなどの世界各国で生産されています。 フランス東部のブルゴーニュ地方が有名 名産地として有名なのが、フランス東部のブルゴーニュ地方です。 ブルゴーニュ地方では、コート・ドール県やシャブリ地区でシャルドネの生産が盛んです。 ブラン・ド・ブランなどのシャンパンに広く用いられているシャルドネのブドウは、フランスのシャンパーニュ地方でも多く生産されています。 大陸性気候のブルゴーニュ地方は雨が少なく、年間を通じて穏やかな気候に恵まれているのが特徴です。 ブルゴーニュ地方のコート・ドール県の土壌は、石灰岩と泥炭岩です。 日当たりのよい畑では、たくさんのブドウが栽培されています。 シャブリ地区は、石灰岩とキンメリジャンと呼ばれる白亜質の土壌です。 ブルゴーニュ地方の北側にあるシャブリ地区は涼しい気候が特徴で、シャープな味わいの白ワインが作られることで有名です。 フランス北部にあるシャンパーニュ地方は、年間の平均気温が10度から16度前後と低く、冷涼な気候が特徴になっています。 フランスでは、ブルゴーニュ地方がワインの生産の北限です。 この地方の石灰岩の土壌からは、ミネラルが豊富で酸味のあるブドウが作られます。 シャルドネに合う料理 シャルドネは、いろいろな料理との組み合わせが楽しめるワインです。 銘柄によってテイストが変わるため、相性のよい食材の幅は広いと言えます。 初心者でも比較的トライしやすいのが、魚介類とシャルドネの組み合わせです。 例えば、ワイン蒸しにした白身魚にフルーティーなシャルドネを合わせると、魚の繊細なテイストが引き立つことが多いです。 また、牡蠣の料理と辛口のシャルドネのシャブリも王道の組み合わせです。 シャブリのすっきりとしたテイストが牡蠣や付け合わせのレモンの風味を引き立ててくれるとして、この組み合わせは人気を得ています。 オークの樽で発酵させたシャルドネやマロラクティック発酵のシャルドネは、バターやクリームを使った料理との相性がよいと言われています。 鶏肉のクリーム煮やローストポークのリンゴ添えなどは、シャルドネと比較的合わせやすいメニューです。 樽発酵やマロラクティック発酵のシャルドネは、概して口当たりがソフトでコクがあります。 このようなテイストのワインは、バターやクリームのリッチなテイストを引き立ててくれます。 適度な酸味があるシャルドネは、バターや生クリームの重さをほどよく和らげてくれるのも魅力です。 おすすめのシャルドネ5選 「ペリート・シャルドネ」 1,000円以下の手ごろな価格で購入できるのが、チリ産の「ペリート・シャルドネ」です。 子犬のイラストがラベルにデザインされたこちらのワインは、Amazonなどでも人気の商品です。 レモンや洋ナシを彷彿させるフルーティーなテイストが特徴で、ポテトサラダなどの料理によく合います。 「ペットの子犬のように毎日愛されたい」という願いが込められたこのワインは、シャルドネを試してみたい初心者にとっても利用しやすい商品です。 「ピエール&レミー・ゴーティエ シャルドネ」 「ピエール&レミー・ゴーティエ シャルドネ」も、1,000円以下のシャルドネです。 このワインは、フランスのブルゴーニュ地方にあるアルベール・ビショー社が、ワイン造りに力を注いだゴーティエ家の功績をたたえて発売しています。 アルベール・ビショー社は、1831年創業のブルゴーニュの老舗メゾンです。 ワインは南フランスのシャルドネを使っているのが特徴で、白い花や柑橘類のフレッシュな香りが楽しめます。

次の