飽く なき 探求 心。 飽くなき探求心でがん治療の新境地に挑む ― 近藤科江

「飽くなき探求心」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

飽く なき 探求 心

まずは「探求」から解説いたします。 「探究」という、大変紛らわしい同音異義語がありますが、「飽くなき 探求心」であることに注意しましょう。 「探求」とは、 あるものを得るために、探し求めることという意味です。 「探究心」とは、そのような 心のありかたを示します。 つまり、「飽くなき探究心」とは、 大いなる情熱をもって、飽きることなく何かを追究し探し求める心のありかた、を意味する言葉なのです。 ちなみに、「探究」のほうは、 ものごとの本質などを探り、見究め、明らかにしようとすることです。 世界で一番美味しいラーメンを食べようと思ったとき、世界中を巡って名店を探すのが「探求」、自らダシ、麺、具についての研究を重ねて究極の一杯を作り出そうとするのが「探究」という感じですね。 「飽くなき探求心」のありかたは、 大きくわけて二つです。 どちらも、そのような心のありかたが、 過去から今にいたるまで継続している点に留意してください。 「飽くなき」という意味のなかに、ずっと続いているという意味が含まれているからです。 一つ目は、仕事なら仕事、趣味なら趣味に、 対象をしぼって探求をし続ける態度です。 結果として、仕事においては有能であると評価され、趣味であれば玄人はだしになる人も多いでしょう。 とはいえ、「飽くなき探求心」は、本来は その結果には関係をもたない、単なる心のありかたです。 つまり、どんなに探求心があろうと、それを結果に生かせない場合もあります。 二つ目のありかたは、対象を特定の分野に絞らずに、人生において 何事においてもたゆみなく探求心をもつ心のありかたです。 この場合は、「好奇心に溢れる」という表現に近いと言えますね。

次の

飽くなき探求心を持った変態

飽く なき 探求 心

「飽くなき探求心」の意味とは? 「飽くなき探求心」の類語• 「飽くなき探求心」のメリット• 「飽くなき探求心」を持つ人の特徴• 「飽くなき探求心」を使った例文• まとめ 1. 「飽くなき探求心」の意味とは? 「飽くなき探求心」とは、飽きる事無く、何かを探し求める心を持っている人の事を意味します。 「飽くなき」という言葉は、飽きる事がない、情熱を持って、継続的に続けるというような意味が含まれています。 「探求心」には、何かを探し求める心、何かまだ見ぬ物事を得ようとして探し回る心を持つ人、などの意味が含まれています。 合わせて考えると、いつでも何かを探し求めている人の姿が浮かび上がります。 例えば宝物を探し求めているならば、ハンターのような人が思い浮かびますし、知識を集めようとしている人ならば学者のような人を思い浮かべます。 若い頃だけでなく、一時だけでもなく、いつなんどきでも、高齢者になっても継続的に何かを探し求めている人は、はた目から見て格好いいと感じられる人ではないでしょうか。 「飽くなき探求心」を持つ大人は、いくら年を取っていても、見かけからして若く感じます。 これから人生100年時代を迎えるにあたり、いくつになっても「飽くなき探求心」を持つ事の大切さを感じる人も多くなっています。 2-3. 「冒険心」 「飽くなき探求心」を持つ人は、同時に「冒険心」を持っているのではないでしょうか。 「冒険」とは例え危険な場所だとしても、好奇心にしたがって探検する勇気がある人の心の状態を意味しています。 「冒険心」は若い頃はともかく、中年以降になると減ってしまいがちです。 安定した生活を守るため、ルーティンワークを主体とした守りの生活に陥りがちだからです。 好奇心や探求心に素直な人は、いくつになっても新しい挑戦を繰り返します。 このような人は「冒険心」を持ち続けられる勇気のある人です。 何より人生を楽しんでいるので、輝いて見えます。 仮に結婚をして子供が生まれたとしても、守りに入らず好きな事をできる人ではないでしょうか。 4-5. 「調べ始めたら止まらない」 「飽くなき探求心」を持つ人は、「調べ始めたら止まらない」という特徴を持っています。 例えばデート中に、一緒に食事をする飲食店を探し始めて止まらなくなる人がいます。 例えば彼女がスマホで飲食店を探し始めた時、彼氏は「デート中なんだから、スマホじゃなくて自分に注目して欲しい」と思うかもしれません。 しかし彼女は調べ始めたら止まらないタイプなので、彼氏の気持を無視して調査を続けてしまいます。 ケンカをするきっかけになるかもしれませんが、そんな彼女がみつけた飲食店は、きっと素敵なお店でしょう。 美味しい食事と素敵な雰囲気を楽しんでいるうちに、仲直りができるかもしれません。 5-1. ビジネスシーンでの「飽くなき探求心」を使った例文 会社で仕事をしている時に、「飽くなき探求心」を持つ人と出会う事が多いです。 例えば同じ職場の上司の中に、「飽くなき探求心」を持つ人がいるかもしれません。 ちょっとした調べ物で用が足りるような事案でも、その周辺の事実を洗いざらい調べて、完璧な資料を作り上げる上司と出会ったら、学ぶ事が多いでしょう。 ただし完璧を目指すため、時間外労働をする機会も増えるかもしれません。 それでもその上司を尊敬できると思ったら、時には上司を褒め称え、今後も付いていくという姿勢を見せましょう。 例えば残業中に、上司が夜食を食べるため会社近くの食堂でご馳走してくれるとします。 上司は「いつも遅くまで付き合わせて悪いな」とい言うかもしれません。 今後も近くで仕事を学んでいきたいです」などと言いましょう。 上司は自分の事を良く理解してくれていると、あなたの事を可愛く思うでしょう。 5-2. 恋愛シーンでの「飽くなき探求心」を使った例文 誰かを好きになった時は、その相手に対して「飽くなき探求心」を持ちがちです。 好みの映画や、好きな食べ物などをしつこく質問するなどして、ややストーカー気味に相手を追いかけてしまう人もいるでしょう。 もし好きな人に嫌われてしまいそうになったら、言い訳をしてみましょう。 「飽くなき探求心のせいで悪気はないんです。 本当にごめんなさい」という感じです。 好きな相手には「悪気がない事」と「何でも知らないと気が済まない人」という性格が伝わるはずです。 結果的に許してくれる可能性が高くなるかもしれません。 もちろん、恋愛中の相手が嫌がらない程度の「飽くなき探求心」に抑える事が何より大切です。 「飽くなき探求心」の意味とは? 「飽くなき探求心」とは、飽きる事無く、何かを探し求める心を持っている人の事を意味します。 「飽くなき」という言葉は、飽きる事がない、情熱を持って、継続的に続けるというような意味が含まれています。 「探求心」には、何かを探し求める心、何かまだ見ぬ物事を得ようとして探し回る心を持つ人、などの意味が含まれています。 合わせて考えると、いつでも何かを探し求めている人の姿が浮かび上がります。 例えば宝物を探し求めているならば、ハンターのような人が思い浮かびますし、知識を集めようとしている人ならば学者のような人を思い浮かべます。 若い頃だけでなく、一時だけでもなく、いつなんどきでも、高齢者になっても継続的に何かを探し求めている人は、はた目から見て格好いいと感じられる人ではないでしょうか。 「飽くなき探求心」を持つ大人は、いくら年を取っていても、見かけからして若く感じます。 これから人生100年時代を迎えるにあたり、いくつになっても「飽くなき探求心」を持つ事の大切さを感じる人も多くなっています。

次の

新たな予想法への飽くなき探求心

飽く なき 探求 心

コロンブスが新大陸を発見してから既に500年以上が経ちました。 その間、人間はその飽くなき探求心でこの地上のあらゆる所に赴き、未踏の地を詳細に地図に書き込んでいきました。 地球上にはもはや未知の土地がないと言っていいくらいに。 果てしなき世界 しかし、だからといって人間が全てを知ってしまったなどとはおこがましくてとても言えません。 何故なら、これまで人間が踏破した土地とは比較にならない広大な世界がまだ未知として残っているからです。 そうです、宇宙です。 宇宙への飽くなき探求心 人間が、宇宙について知っていることはほんの僅かです。 しかしもちろん知っていることもあります。 このサイトでは、そんな宇宙の未知のこと、既知のことを合わせてご紹介していきます。 ミステリアスな宇宙へと迫っていきましょう。

次の