熊本 キワニス マスク。 減収した人を支援へ手作りマスク買い取り 1日で5万枚 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「マスクの袋詰め作業に大わらわ・・」・・熊本キワニス・レディーズクラブ|デジカメレポート|くまもと経済

熊本 キワニス マスク

熊本県民が作った布マスクを金融機関などが買い取り、無償で配布する取り組みが8日に始まった。 初日に集まったマスクは目標の1万6千枚を大幅に超える5万枚以上。 製作中の人がいることから、10日までの到着分は受け付けた。 県内の九つの金融機関や経済団体が連携した「熊本地域金融・経済懇話会」が主催する「副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト」。 新型コロナウイルスの影響で減収した18歳以上の県民が作った布マスクを、1枚500円で買い取り、主催する各団体が事業者や個人に配布する。 新型コロナの感染拡大で需要が増えているマスクの供給や、減収した人の支援につなげる狙いがある。 4月30日の記者会見で、九州財務局の大津俊哉局長は「副業を、熊本県民や国民全体の最大の課題であるコロナ問題に活用する新たな取り組み」と話した。 8日は、熊本市中央区にある送付先にマスクの入ったレターパックや段ボール箱が高く積まれ、会場に入りきらない箱がトラック5台分あった。 検品などを担う協力団体、熊本キワニスクラブの坂井木綿子(ゆうこ)さん(53)は「コロナの影響の大きさを感じました」。 この日、3人で検品をする予定だったが13人に増やして対応した。 届いたマスクは多彩な柄の布地が使われており、手紙が同封されたものもあった。 「いつも誰かの助けが必要な私に、人のためになるマスク作りはとても充実した時間でした」と、ある聴覚障害者はつづった。 「作っているときとても楽しい気持ち」と写真を同封した人もいた。 坂井さんは「一人ひとり、思いを込めて送っていると思う。 仲介役として、利用者にその思いをつなげていきたい」と話す。 プロジェクトの詳細は、熊本キワニスクラブのホームページへ。 (渡辺七海).

次の

「マスクの袋詰め作業に大わらわ・・」・・熊本キワニス・レディーズクラブ|デジカメレポート|くまもと経済

熊本 キワニス マスク

新型コロナウィルス感染症問題により収入減等の影響を受けている熊本県民の皆様 県外在住は対象外 が手作りしたマスクを主催団体等が買い取り、県内事業者・団体や個人の皆様に無料で配布するプロジェクトです。 無料配布開始 無料配布に関しては、本プロジェクト実施主体の一社である㈱肥後銀行が買い取った布マスクを県内営業店窓口において個人の方々に配布する事となりましたのでお知らせします。 本来であれば募集枚数を超えたものについては、ご返却する枠組みとなっておりますが、今回の新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、休業等で収入減等の影響を受けておられる方々がこれだけ多いことから、お困りの方々を幅広く支援するために、数多くのご協賛を頂けるよう各方面にお声かけをするなど、5月10日の締切日までお送りいただいたマスクをどれだけ買い取ることができるか鋭意努力いたしております。 また、新型コロナウィルス感染症の影響により収入が減少した熊本在住の方々を対象にした副業支援という位置付けに鑑み、この枠組み以外の方々からの応募につきましては状況を確認させていただいたうえで、返却させていただく予定です。 このような状況にあるため、代金支払い、マスクの配布に関して、当初お知らせしておりましたスケジュールよりも遅延することを予想しております。 あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。 また、皆様に製作いただいたマスクについては、できるだけ必要とされている多くの方々へ幅広くお届けするための作業も同時並行で進めておりますので、現状をご理解いただき、今しばらくお待ちいただきますようご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。 マスク買取代金支払い 買取代金の支払いにつきましては、5月末を第一回とし順次(エラーチェックの為)何度かに分けてお支払いを進めております。 大変遅れてしまいご心配をおかけしました。 募集概要 実施終了 目標枚数 16,000枚 募集対象 新型コロナウィルス感染症問題により収入減等の影響を受けている方で、熊本県在住 の18才以上の個人。 お一人一回のみ。 募集期間 2020年5月8日 金 受付~上限に達した場合は終了。 多くの反響を頂き、5月10日に終了致しました。 買取金額 1枚500円 税込 買取単位 同一サイズ10枚1セットとし、セット単位の買い取り。 買取条件 1人1回のみ。 20枚(2セット)以上/200枚まで。 1セット内の種類が同一であれば可。 初回分のみ有効。 送付方法 とマスク同封で 郵送・宅配便にて送付。 お受付は終了しており、ご発送された場合、宅配便は自動的にお客様の着払いご返却となりますのでご注意下さい。 代金振込 マスク検品後に2週間程度でご指定口座にお振込み 注意事項• 下記に該当するものなど、衛生・公序に鑑み事務局にて不良と判断したものは受け付けません。 マスクとして利用不可/明らかな汚損/未使用でないと思われる布の利用/マスクに不適切な絵柄等• 収入金額は必要経費を差し引いた金額が「雑所得」となり、確定申告が必要となる場合があります。 詳しくは最寄りの税務署、税理士などにお問い合わせください。 本件は、あくまで個人を対象にしたものであり、事業者が、自社の従業員に業務として製作させることはできません。 事業所でのお取り組みが判明した場合ご返却させて頂きます。 (「雇用調整助成金」をご利用の事業主の方は、ご注意ください)雇用されていても副業として個人単位で参加するものです。 お問い合わせ先 「副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト」事務局 熊本市中央区紺屋町 1-2-2(熊本キワニスクラブ事務局内) TEL:プロジェクト専用電話 080-8593-0693・0694(祝日を除く月~木、11:00~15:00) お問い合わせはこちら(個別返答出来ない場合もあります。 Q&A集をご覧下さい):•

次の

協力プロジェクト

熊本 キワニス マスク

熊本県民が作った布マスクを金融機関などが買い取り、無償で配布する取り組みが8日に始まった。 初日に集まったマスクは目標の1万6千枚を大幅に超える5万枚以上。 製作中の人がいることから、10日までの到着分は受け付けた。 県内の九つの金融機関や経済団体が連携した「熊本地域金融・経済懇話会」が主催する「副業でみんながつながる熊本産マスクプロジェクト」。 新型コロナウイルスの影響で減収した18歳以上の県民が作った布マスクを、1枚500円で買い取り、主催する各団体が事業者や個人に配布する。 新型コロナの感染拡大で需要が増えているマスクの供給や、減収した人の支援につなげる狙いがある。 4月30日の記者会見で、九州財務局の大津俊哉局長は「副業を、熊本県民や国民全体の最大の課題であるコロナ問題に活用する新たな取り組み」と話した。 8日は、熊本市中央区にある送付先にマスクの入ったレターパックや段ボール箱が高く積まれ、会場に入りきらない箱がトラック5台分あった。 検品などを担う協力団体、熊本キワニスクラブの坂井木綿子(ゆうこ)さん(53)は「コロナの影響の大きさを感じました」。 この日、3人で検品をする予定だったが13人に増やして対応した。 届いたマスクは多彩な柄の布地が使われており、手紙が同封されたものもあった。 「いつも誰かの助けが必要な私に、人のためになるマスク作りはとても充実した時間でした」と、ある聴覚障害者はつづった。 「作っているときとても楽しい気持ち」と写真を同封した人もいた。 坂井さんは「一人ひとり、思いを込めて送っていると思う。 仲介役として、利用者にその思いをつなげていきたい」と話す。 プロジェクトの詳細は、熊本キワニスクラブのホームページへ。 (渡辺七海).

次の