リプトン ミルク ティー カフェ イン。 【期間限定ショップ】リプトンティースタンド フルーツインティー 2020は東京・大阪にオープン!(7月10日〜)

ミルクティー

リプトン ミルク ティー カフェ イン

Contents• リプトンフルーツインティーって? 「リプトンフルーツインティー」は、アイスティーにフルーツやハーブを入れた、夏にピッタリの爽やかな紅茶。 もともと、2016年の夏から 期間限定の専門店(実店舗)で、毎年発売されている紅茶なんです。 2018年は東京・大阪の専門店がOPEN 累計販売数が21万杯突破!という人気っぷり。 年を重ねるごとに、フレーバーがリニューアルしていて、毎年期待しているファンも多いのだとか。 昨年は東京と大阪の2店舗でイベントが開催されました。 2019年も専門店OPENが決定 今年もOPENが決定!6月下旬からイベントが始まります。 (2019年は東京(表参道)でのみの開店) 今年も選べる組み合わせは60,000通り! 好みに合わせて自分だけのオリジナルなフルーツインティーを作ることができます。 【口コミ】リプトンフルーツインティーをローソンで買った人の反応 今年もSNSでは、買った人のコメントで溢れてました。 さわ子です。

次の

リプトンとコラボ!「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」&「リプトンティーアイス フルーツインティー味」

リプトン ミルク ティー カフェ イン

lipton. そのせいか、紅茶ってどこか マダム向け?みたいなイメージがあったんですよね。 単なるコーヒーショップなどとは異なり、立ち飲みやテイクアウトなどを販売メインとしたお店を「スタンド」と呼ぶことが多いそう。 ただし、店内でゆっくり飲んでいける場合でも、名前に「スタンド」と付けるお店もありますので、一口にスタンドと言っても、色々な形態があるようです。 営業時間は 午前10時〜午後8時までと夜は早めの閉店になっています。 アイスの場合は、後ほどご紹介する【】と呼ばれるメニュー項目の中から、自分の好きな種類のアイスティーを選択することが可能! ホットの場合は、こちらも後ほどご紹介する【】と呼ばれる豊富な種類の茶葉の中から、自分が好きなものを選べます。 『Lipton Tea Stand』では、ミルクティーの茶葉を全てのバランスに優れた 「イエローラベル」か、優雅なベルガモットの香りが特徴の 「アールグレイ」の2種類から選ぶことが可能です。 どんな紅茶の種類があるの? 『Lipton Tea Stand』では、ストレートティーやフルーツインティーなどのドリンクを頼む際に、自分の好きな紅茶を選べる、 『SelectTea(セレクトティー)』というシステムがあるようです。 lipton. jp) 【アイスティースタンド】の種類 『コールドブリュー スタンダード』 クセがなく、飲みやすい! スッキリとした味わいで、どんなシーンでもおいしい。 『コールドブリュー アールグレイ』 アイスティーにぴったり! 飲みやすくさわやかな柑橘系フレーバー。 大変種類が豊富ですので、こちらも商品及び画像を公式サイトから引用させて頂きます。 【ティーライブラリー】の種類 『イエローラベル』 太陽の恵をたっぷり浴びた味と香りが豊かなブレンド。 『カフェインレスティー』 カフェインレスなのにおいしい! 厳選茶葉を使用。 攘みたて茶葉のようなさわやかで瑞々しい香り。 『ダージリン』 「紅茶のシャンパン」とも呼ばれるダージリンは、フルーティーな香りと芳醇な味わいが特徴。 爽快な香り&口当たりのいい渋みが楽しめる。 『アールグレイ』 スリランカ高地茶園で摘まれた茶葉を厳選。 優雅なベルガモットの香りが特徴。 『マンダリンオレンジティー』 太陽の恵みたっぷり!マンダリンオレンジの香りを楽しめる本格紅茶。 『さくらティー』 桜餅のような、やさしく香るさくらのさわやかな味わい! 『カモミール・オレンジ』 やわらかい香りのカモミールにオレンジピールをブレンド。 フルーティな味わい。 (アレルゲン:オレンジを含む) 『ローズヒップ・オレンジ』 美容に良いとされるローズヒップに、さわやかな香りのオレンジピールをブレンド。 (アレルゲン:オレンジを含む) 『ペパーミント・レモン』 ペパーミントとレモンピールのさわやかな香りで、心と体をリフレッシュ。 『ピュア・ルイボス』 厳選されたルイボスの自然な甘みと、ほんのり香ばしい香り。 クセのない味わい。 (アレルゲン:りんごを含む) グッズの販売は? 今回のティースタンドの登場で、ドリンクばかりに注目が集まりがちですが、グッズの販売にも目が離せません…! 12月末以降の販売予定となるそうですが、なんと 『Liptonオリジナルデザインのボトルタンブラー』が購入できるようです! 見た目は上の画像の通りですが、 「ホット用」と 「アイス用」の2種類に分かれていて、ホット用では保温機能を持たせるために二重構造となっているのがわかります。

次の

ミルクティー

リプトン ミルク ティー カフェ イン

ローソンの『 リプトン フルーツインティーグリーン』を飲んでみました。 2019年6月25日(火)発売 380円 税込 レジで作ってもらう マチカフェの新商品 『 フルーツインティー』は、リプトンとのコラボ商品で 今回が第2弾。 前回はレモン・パイン・ストロベリーの組み合わせでしたが、今回は ライム・レモン・りんごとグリーンティーの組み合わせです。 店頭の薄いグリーンのビジュアルがとても爽やか〜。 飲んだ感想 早速、レジで購入。 実物は、写真より 黄色っぽい水色で写真ほどの爽やかさ感はないかも。 中には『レモン』と『ライム』の輪切りが1枚づつ。 ティー部分がシャーベットに固まったような 氷玉がごろっと入っています。 氷の中には小さなサイコロ形のフルーツがたくさん・・・。 食べてみると『リンゴ』ですね。 ストローで氷を崩しながら飲むと、ストローが太めなのでリンゴもいっしょに吸い込むことができます。 味わいは、柑橘風味にリンゴのほのかな甘みが加わった フルーツウォーターという感じ。 グリーンティーですが 緑茶感はほとんどありません。 レモンとライムの酸味は強くなく、甘さも控えめ、隠し味に入っているというミントシロップで 後味もさっぱりしています。 リンゴのサクサクした食感がいいアクセントで、氷が水ではないので時間がたっても味は薄まることがありません。 むしろゆっくり飲んでいると、後半氷が溶けてレモンとライムの果汁も溶け出してくるので 少し濃い味わいになります。 氷玉をはじめにちゃんと崩してから飲む方がおすすめかも・・・。 お値段は380円(税込)と高めですが、暑い季節にはさっぱり飲みやすいフレーバーティーです。 1g カフェイン:20mg ローソンの『リプトン フルーツインティーグリーン』 チェックしてみては。 今日もおいしいお茶で愉しい、一日を。

次の