レムデシビル 製薬 会社。 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID

新型コロナでボロ儲けの製薬会社「ギリアド社」の黒歴史がガチヤバ! 生物兵器、違法治験、死者多数… 背後に“アノ男”!

レムデシビル 製薬 会社

レムデシビルとは 抗ウイルス薬として開発されている 「レムデシビル」。 RNAウイルスに対しての抗ウイルス活性を示すことがわかっています。 もともとはエボラ出血熱の治療薬として開発されていました。 現在、全世界をみてもこの「レムデシビル」が承認されている国・地域はないようです。 なので、 世界的にみても完全な新薬になります。 治験段階では、静脈注射という剤形で試験を行なっているようです。 レムデシビルの作用機序 レムデシビルの作用機序は「RNAポリメラーゼの阻害」作用です。 RNAウイルスの増殖に必要なRANポリメラーゼという酵素を阻害することで、RNAウイルスの増殖を抑制します。 この「レムデシビル」の前に治療効果があると言われていた 抗インフルエンザ薬ファビピラビル(アビガン錠)も、同じ作用機序であるRNAポリメラーゼ阻害薬です。 ちなみにコチラが抗インフルエンザ薬まとめの内容。 レムデシビルの臨床効果 海外の臨床研究で、抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症の重症患者を対象に投与した結果 「68%の患者で臨床的改善を示した」と発表されています。 重症で入院していたほとんどの患者さんが、投与1週間以内に退院可能なまでに改善する。 日本では、横浜市立市民病院が治験実施施設の1つとして指定されています。 コロナウイルスへの治験が進められている他薬剤 レムデシビル以外に、日本国内でもいろいろな医薬品がコロナウイルスへの有効性を目的に治験が進められています。 アムテムラ皮下注• オルベスコ吸入• ストロメクトール• フオイパン 他にもいろいろと治験されているようですが、また別でまとめてみたいと思います。 今回はこんな感じですね。 以前まとめてある、新型コロナウイルスの感染経路に関する「エアロゾル感染」について.

次の

コロナ治療薬、国が初承認 米製薬会社のレムデシビル | 共同通信

レムデシビル 製薬 会社

拡大を続ける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬候補の一つとして注目されているのが、米大手製薬会社ギリアド・サイエンシズ社が開発した抗ウイルス薬レムデシビルだ。 世界各国ですでに臨床試験が始まっており、最近も重症患者の68%で症状が改善したという論文が発表されるなど期待が高まっている。 画像は「」より引用 レムデシビルがCOVID-19の治療薬となれば世界的な朗報と言えるが、その一方、一部ではレムデシビルの開発元、ギリアド・サイエンシズ社の「闇の歴史」に発した疑念も囁かれている。 世界的な大手製薬会社の闇の歴史とは? インドのオルタナティブニュースサイト「Great Game India」(4月10日付)が報じた。 ・ ギリアド・サイエンシズ社は1987年に設立された比較的新しい企業であるが、インフルエンザ治療薬オセルタミビル(商品名:タミフル、スイス・ロシュ社から販売)など数々の医薬品を開発し、現在では世界第2位のバイオ製薬会社として知られるまでに成長している。 華々しい業績の陰で、同社には様々な疑惑もつきまとっている。 そのうちの一つが、旧ソ連のジョージアで行われたという新薬の臨床実験である。 2018年、ロシア国防省のイーゴリ・キリロフ司令官が、ジョージアの首都トビリシ近郊にある秘密研究所の存在を暴露した。 この研究所は米NGOルーガーセンターの資金援助を受けて2011年から運営されているもので、そこでは米軍が炭疽菌やデング熱などといった生物兵器になりうる感染症を研究しているというのである。 暴露された報告書によると、同社もこの秘密研究所での研究に参加している一社で、2015年にC型肝炎の治療薬ソバルディの違法な治験を行い、73人を死亡させた疑いがあるという。

次の

レムデシビルを日本に無償提供 米製薬会社、特例承認を受け:FDA「安全性と有効性は限られる」:安倍も属国首相として苦渋の容… あっしら

レムデシビル 製薬 会社

中国製のレムデシビル(Remdesivir)(イメージ:WeChatスクリーンショット) 米国バイオ製薬会社ギリアド・サイエンシス(Gilead Sciences)が開発した「レムデシビル(Remdesivir)」は今現在、 中共肺炎(武漢肺炎、新型ウイルス感染症)に確実に効く唯一の薬剤である。 半月前、ギリアド社はこの薬剤を中国に無償提供し、薬剤の成分構成も中国に無償提供した。 これにより、中国に薬剤の複製を可能にさせる同時に、同社は「儲けるより人の命を」と、この薬剤で儲けようと考えていないことを表明した。 中国国内の新聞によると、2月4日、中国科学院・武漢ウイルス学研究所は、先を越してレムデシビルの中国特許権を出願した。 現在、この薬剤は中国で大量生産され、「中華神薬」という名前で、イタリアまで輸出された。 2月5日、ギリアド社CEOのダニエル・オデイ氏はこの件について、「我々の要務は特許権ではなく、人の命を助けることだ」と答えた。 ツイッターのインフルエンサーの@LIFETIME 視界さんは、「中国共産党は、アメリカの薬を模造するだけでなく、先を越して特許出願をして、アメリカの製薬会社を真似する側にさせるつもりだ。 中国共産党は恥知らずで無敵だ。 」とコメントした。 「中国共産党は、レムデシビルの分子式をもらったら、すぐさま特許出願をして偽造もして中華神薬と宣伝して、イタリアに輸出した。 薬はなかなか効きそうだから、イタリア人は中国にめちゃくちゃ感謝して感心しているらしい。 」とある中国人ネットユーザーがコメントした。 「レムデシビルは臨床試験すら終わっていないのに、その分子式で生産された中国製クスリはすでに市場に出回っていて、イタリアまで輸出したとは」とのコメントも。 この件は海外の中国人の間に炎上した。 「今日ウィチャットで拡散した文章では『浙江省産の神薬』がイタリアに輸出されて著しい効果が出たと書いてあったが、善行を積んだギリアド社のギの文字も出ていない!なんという恥知らずだ!」「ウイルスも治療薬も盗んだ中国共産党には、盗まないものはないのか?」「恥知らずだからどうだっていいのか」 「悲しいし、憎たらしい!『農夫と蛇』のようだな。 もらったら返すのが礼儀だろう?今度また伝染病とかはやったら、アメリカは手助けをやめるかも。 中華民族の希望は台湾にあるかもしれない。 台湾の民主化運動は中国本土にも波紋を広げてきたらいいな。

次の