早々に 敬語。 早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

「急なお願いごと」をするとき、どんなメール文を書けばいい?

早々に 敬語

副詞の時の例• 彼は早々(そうそう)に引き上げた• 私はゲーム早々(そうそう)に勝ったと思った 副詞の場合はほとんど(早々に)という形で使います。 意味はできるだけ早く物事を行おうとする気持ちを表す。 急いで。 はやばやと。 となります。 はやばやもそうそうも意味は同じになりますが、使い方、使う場面が違ってきますので気をつけて下さい。 それでは早々の使い方を見ていきましょう。 「早々」の使い方 「早々」の文章での使い方は、「はやばや」は副詞で使われ、「そうそう」は名詞と副詞で使われることから下記のように使います。 基本的に自分、もしくは、対等か目下の人に対して使う言葉です。 目上の人に「早々」という言葉を使う場面はあるのでしょうか?見て行きましょう。 「早々」の敬語表現 「早々」という言葉にこれだという敬語表現は無いです。 敬語に近い言葉はありますので、紹介していきます。 目上の人に「早々」という言葉は失礼にあたる場合がほとんどですが、使い方ではOKな場合があります。 「早々」のご対応 「早々」に「ご」など尊敬、丁寧な接頭語は付けないですが、他の言葉につけてセットで使う場合は、目上の人に使ってもセーフです。 ただ、目上の人に使う時は、 「迅速」なご対応 こちらを使う方がベターです。 「早々」「迅速」はよくビジネスでも使われる言葉ですので、その使い分けを見ていきましょう。 「早々」「迅速」ビジネスにおける使い分け 「早々」「迅速」のビジネスにおける使い分けですが、例えば取引先が思ったよりも早い対応をしてくれて、仕事がスムーズに進んだ時にお礼のメールを送る時に使われます。 この度は、早々のご対応、誠にありがとうございます• この度は、迅速なご対応、誠にありがとうございます 上の例文はどちらも間違いではありませんが、目上の人に使う場合は「迅速」の方を使う方が良いです。 ビジネスでは対外的にも対内的にも丁寧な表現をする方がベターですので、「迅速なご対応」で間違いないです。 ヘタに「早々のご対応」を使って丁寧さが無いなと思われてマイナスイメージを与えるよりも「迅速なご対応」「早速のご対応」などを使ってしっかりとお礼の気持ちを表現しましょう。 「早々」「迅速」ビジネスメールでの使い方 「早々」「迅速」と使い分けはご説明した通りです。 次はビジネスメールでの使い方となりますが、皆さんは正しく使えているでしょうか? 正しく理解してない人が多いので、「早々」「迅速」の使い方を例文を交えてご紹介します。 まずは「迅速」の例文をみてみましょう ビジネス 例• 入社早々(そうそう)に申し訳ないないけど頼むね• 早々(そうそう)に対応してくれてありがとうね• 早々(はやばや)と対応してくれてありがとうね 「早々」の手紙での使い方 ビジネスにおける「早々」の使い方は理解できたことでしょう。 他に「早々」は手紙でも使われます。 手紙では、頭語として「拝啓」「前略」という手紙の始まりの言葉があります。 この頭語に対(つい)で文末に使うのが締めの言葉です。 「拝啓ー敬具」「前略ー草々」のように、セットで使います。 「前略ー草々」の代わりに「前略ー早々」が使われることがあります。 「草々」と読み、字が似ているから遊び言葉で使われるようになっていったと推察されています。 「早々」の年賀状での使い方 新年を迎えて年賀状を一枚一枚見ていると「あっこの人に出してなかった!?」ということがあります。 そんな遅れて出す時に「早々」を使う場合があります。 慌ただしく急いでる場合 「取り急ぎ」「そそくさ」「さっと」「そこそこに」「さっさと」「急遽」「早急」「速やかに」「直ちに」 これらの類語があります。 これらの中で日常的にもしくはビジネスシーンでよく使われる「早々」の言い換え表現をピックアップしてみます。 「迅速」 「迅速」(じんそく)は名詞です。 「物事の進行がきわめて速いさま。 すみやか。 」という意味になります。 「迅速」は言葉の意味のイメージ通り「極めて非常に速い」という意味になりますので、「早々」「早速」よりも早いイメージで使われます。 「早々」は目上の人に使わないのに対して「迅速」「早速」は目上の人にも使える言葉で、自分の行動にも使えます。 ビジネスにおいては、「早々」ではなく「迅速」「早速」を使っていれば間違いはないです。 「迅速」(じんそく)例文• 迅速なご対応ありがとうございます• 迅速な対応を頂き、誠にありがとうございます• 彼女は、クレームに対して迅速に対応することができる• あそこの報道局は迅速に報道する• 迅速な応対とサービスが売りです 「早速」 「早速」(さっそく)は名詞、形容動詞、副詞と様々に使われます。 名詞・形容動詞で使われる場合は 「すみやかなこと。 すぐ行うこと。 また、そのさま。 」という意味で使われます。 「早速」は自分の行動、目上の人にも使える言葉です。 「迅速」が早さを表しているのに対して「早速」は「物事に対して早く(早い段階)に取り掛かる」という意味合いを持っています。 話の切り出しや本題に入る際にも枕詞のように「早速」は使われることもあります。 例文を作ってみたので、色々な「早速」を使った文を見てみましょう。

次の

早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

早々に 敬語

副詞の時の例• 彼は早々(そうそう)に引き上げた• 私はゲーム早々(そうそう)に勝ったと思った 副詞の場合はほとんど(早々に)という形で使います。 意味はできるだけ早く物事を行おうとする気持ちを表す。 急いで。 はやばやと。 となります。 はやばやもそうそうも意味は同じになりますが、使い方、使う場面が違ってきますので気をつけて下さい。 それでは早々の使い方を見ていきましょう。 「早々」の使い方 「早々」の文章での使い方は、「はやばや」は副詞で使われ、「そうそう」は名詞と副詞で使われることから下記のように使います。 基本的に自分、もしくは、対等か目下の人に対して使う言葉です。 目上の人に「早々」という言葉を使う場面はあるのでしょうか?見て行きましょう。 「早々」の敬語表現 「早々」という言葉にこれだという敬語表現は無いです。 敬語に近い言葉はありますので、紹介していきます。 目上の人に「早々」という言葉は失礼にあたる場合がほとんどですが、使い方ではOKな場合があります。 「早々」のご対応 「早々」に「ご」など尊敬、丁寧な接頭語は付けないですが、他の言葉につけてセットで使う場合は、目上の人に使ってもセーフです。 ただ、目上の人に使う時は、 「迅速」なご対応 こちらを使う方がベターです。 「早々」「迅速」はよくビジネスでも使われる言葉ですので、その使い分けを見ていきましょう。 「早々」「迅速」ビジネスにおける使い分け 「早々」「迅速」のビジネスにおける使い分けですが、例えば取引先が思ったよりも早い対応をしてくれて、仕事がスムーズに進んだ時にお礼のメールを送る時に使われます。 この度は、早々のご対応、誠にありがとうございます• この度は、迅速なご対応、誠にありがとうございます 上の例文はどちらも間違いではありませんが、目上の人に使う場合は「迅速」の方を使う方が良いです。 ビジネスでは対外的にも対内的にも丁寧な表現をする方がベターですので、「迅速なご対応」で間違いないです。 ヘタに「早々のご対応」を使って丁寧さが無いなと思われてマイナスイメージを与えるよりも「迅速なご対応」「早速のご対応」などを使ってしっかりとお礼の気持ちを表現しましょう。 「早々」「迅速」ビジネスメールでの使い方 「早々」「迅速」と使い分けはご説明した通りです。 次はビジネスメールでの使い方となりますが、皆さんは正しく使えているでしょうか? 正しく理解してない人が多いので、「早々」「迅速」の使い方を例文を交えてご紹介します。 まずは「迅速」の例文をみてみましょう ビジネス 例• 入社早々(そうそう)に申し訳ないないけど頼むね• 早々(そうそう)に対応してくれてありがとうね• 早々(はやばや)と対応してくれてありがとうね 「早々」の手紙での使い方 ビジネスにおける「早々」の使い方は理解できたことでしょう。 他に「早々」は手紙でも使われます。 手紙では、頭語として「拝啓」「前略」という手紙の始まりの言葉があります。 この頭語に対(つい)で文末に使うのが締めの言葉です。 「拝啓ー敬具」「前略ー草々」のように、セットで使います。 「前略ー草々」の代わりに「前略ー早々」が使われることがあります。 「草々」と読み、字が似ているから遊び言葉で使われるようになっていったと推察されています。 「早々」の年賀状での使い方 新年を迎えて年賀状を一枚一枚見ていると「あっこの人に出してなかった!?」ということがあります。 そんな遅れて出す時に「早々」を使う場合があります。 慌ただしく急いでる場合 「取り急ぎ」「そそくさ」「さっと」「そこそこに」「さっさと」「急遽」「早急」「速やかに」「直ちに」 これらの類語があります。 これらの中で日常的にもしくはビジネスシーンでよく使われる「早々」の言い換え表現をピックアップしてみます。 「迅速」 「迅速」(じんそく)は名詞です。 「物事の進行がきわめて速いさま。 すみやか。 」という意味になります。 「迅速」は言葉の意味のイメージ通り「極めて非常に速い」という意味になりますので、「早々」「早速」よりも早いイメージで使われます。 「早々」は目上の人に使わないのに対して「迅速」「早速」は目上の人にも使える言葉で、自分の行動にも使えます。 ビジネスにおいては、「早々」ではなく「迅速」「早速」を使っていれば間違いはないです。 「迅速」(じんそく)例文• 迅速なご対応ありがとうございます• 迅速な対応を頂き、誠にありがとうございます• 彼女は、クレームに対して迅速に対応することができる• あそこの報道局は迅速に報道する• 迅速な応対とサービスが売りです 「早速」 「早速」(さっそく)は名詞、形容動詞、副詞と様々に使われます。 名詞・形容動詞で使われる場合は 「すみやかなこと。 すぐ行うこと。 また、そのさま。 」という意味で使われます。 「早速」は自分の行動、目上の人にも使える言葉です。 「迅速」が早さを表しているのに対して「早速」は「物事に対して早く(早い段階)に取り掛かる」という意味合いを持っています。 話の切り出しや本題に入る際にも枕詞のように「早速」は使われることもあります。 例文を作ってみたので、色々な「早速」を使った文を見てみましょう。

次の

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

早々に 敬語

目上の人の行動をどうしても急かした場合には「迅速」という言葉で言い換えましょう。 こちらは目上の人に使っても良い言葉ですので、「迅速」を使いようにしましょう。 目上の人に使える同様の言葉に「早速」もあります。 早速は目上の人だけではなく立場を選ばず使うことができるので合わせて覚えておきましょう。 「早々にご対応ください」という言葉を「迅速にご対応いただければ幸いです」や「早速ご対応していただければと思います」という風に言い換えれば自然です。 この時「ご対応ください」のままでは失礼にあたるので、目上の人に使う場合には後に続く言葉もへりくだった表現を使うことが円滑なコミュニケーションの秘訣です。 例外的に使える場合も 急啓と早々のセットは緊急の手紙で使います。 急ぎのお見舞いや身内の不幸を知らせる手紙で多く使われます。 取り急ぎ、お見舞い申し上げます。 ここに謹んでお知らせいたします。 この間ご心配を賜り厚く御礼申し上げます。 残されました家族に対しましては、父同様暖かいご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 早々 例文終わり 上記のように良くないことが起きて、すぐに用件に入りたい時に使います。 最近では手紙を出すことも減って使う機会も減りましたが覚えておいて損はないでしょう。 冠省 早々と同じ読み方を持つ有名な結語に「草々」があります。 しかしながら、早々と草々では対応する頭語が違うので間違って使わないように注意が必要です。 草々の頭語は「前略」です。 「前略-草々」の使い方は略式で、同じ表現としては「冠省-早々」となります。 くれぐれも「前略-早々」と使わないように分けて覚えておきましょう。 例文 前略 この度の受賞、まことにおめでとうございます。 私も日々精進していきたいと思います。 またお会いできる日を楽しみにしております。 草々 例文2 前略失礼します。 この度は私の病気療養にて皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。 表題の件ですが、同じチームの鈴木太郎さんに引き継いでおります。 よろしくお願いいたします。 草々 例文終わり 前略は「前文を略す」という意味ですので、例文2のように上司に送る場合には「前略失礼します」という表現が適しています。 年賀状では使ってはいけない.

次の