カービィ コピー。 カービィ

Webサイト「星のカービィポータル」にて新コンテンツ「カービィのコピー能力診断」が公開。自分のタイプを32種類から診断

カービィ コピー

コピー能力の歴史 コピー能力はFCで発売された2作目「星のカービィ 夢の泉の物語」で初登場しました。 現在のコピー能力ではカービィが帽子などをかぶりますがこの作品ではかぶらず、表記も英語でした。 GBAで発売されたリメイク版にあたる「星のカービィ 夢の泉デラックス」では帽子をかぶったりと新たな要素が追加されています。 コピーできる敵を2体同時に吸い込んだ場合、これまではルーレットでコピー能力が決められましたが「星のカービィ64」ではミックスコピー能力が初登場しました。 また、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではマリオなどのライバルキャラを吸い込むことで吸い込んだキャラの通常必殺ワザをコピーできます。 ある程度ダメージを受けて吹っ飛ばされるかアピールをすることで解除されます。 (最新作でルフレをコピーしてワザを使いすぎて解除など例外あり) 「星のカービィ 鏡の大迷宮」ではスマブラシリーズのシンプルモードのラスボスで登場する「マスターハンド」と「クレイジーハンド」が中ボスとして登場し、それらを吸い込むことで「スマブラ」というコピー能力を取得します。 このコピー能力は技がスマブラシリーズと同じものになります。 2001年から2年間放送されていたアニメ版ではデデデが呼び出した魔獣とカービィが戦っているとき、登場人物のフームが「カービィ、吸い込みよ!」と言い(まれに違う人物がこのセリフを言う)カービィが魔獣の武器などを吸い込み、コピーして戦います。 登場するコピー能力は「星のカービィ スーパーデラックス」から主に登場しています。 余談ですがこのアニメが放送されたことでその後の作品のカービィの声は大本眞基子さんが担当し、カービィはアニメ同様たまに「ポヨ」としゃべったりメタナイトの剣の名前が「宝剣ギャラクシア」になるなどアニメの影響を強く受けるようになりました。 メタナイトの声はアニメ版同様私市淳さんが担当していますが、デデデの声は緒方賢一さんではなく桜井政博ディレクターが担当しています。 アニメ97話と放送終了から5年後の2008年に限定公開された番外編ではでは一般公募でアニメオリジナルのコピー能力が登場しました。 ここでアニメオリジナルのコピー能力をまとめてみます。 バトントワリング 攻撃後 放送終了から5年後の2008年に浜名湖パルパルと東京ドームシティで開催されたおもちゃ王国内の「星のカービィ マジカルシアター」で上映された番外編「星のカービィ ~特別編~倒せ!! 甲殻魔獣エビゾウ」に登場したコピー能力です。 デデデがデリバリーサービスで呼び出した魔獣「エビゾウ」が放つ小エビから吸い込んでコピーします。 変身直後はいかにも世界観を無視したような人間の歌舞伎役者になり、エネルギー弾を放ち攻撃します。 攻撃後は歌舞伎役者の格好をしたカービィになりますが最初から攻撃後の姿でもよかったかもしれません。 ちなみに「カブキ」と魔獣「エビゾウ」は歌舞伎役者の市川海老蔵さんのパロディです。

次の

コピー能力 (こぴーのうりょく)とは【ピクシブ百科事典】

カービィ コピー

コンテンツ [] 通常のコピー能力• 『』から登場する、最も基本的な形の。 現在62種類。 ノーマル は該当記事参照。 掲載順はゲームでのコピー元となる敵キャラの登場順。 各作品への登場状況については『 』を参照。 名前 画像 英語名 初登場 主なコピー元・備考 01 02 03 04 05 一発系能力 06 07 08 09 10 11 12 13 14 一発系能力 15 16 一発系能力 ラストワン投票で1位 17 18 19 20 21 一発系能力 22 23 24 25 26 27 コピー能力総選挙で1位 28 一発系能力 29 30 31 32 33 34 35 36 一発系能力 37 38 迷宮入り口ステージ 39 40 41 一発系能力 42 マップ移動で解除 43 44 45 46 47 完成 48 49 50 アニメで先に登場 51 52 53 54 55 56 57 58 59 一発系能力 60 61 62 アニメオリジナルのコピー能力• アニメ『』で登場した、ゲームに登場しないコピー能力。 全4種類 は後にWiiで登場したため含めていない。 うち三つはで選ばれた作品。 名前 画像 英語名 初登場 主なコピー元・備考 01 - 02 通常タイプとボールタイプがある 03 - 04 特別編で登場。 にも登場。 なかま能力• 『』・『』で仲間キャラクター ・・・・・ と合体して使えるようになる能力。 全48種類。 名前 画像 英語名 初登場 備考 01 - 02 - 03 - 04 - 05 - 06 - 07 - 08 - 09 - 10 2と3で技がかなり異なる 11 - 12 - 13 - 14 2と3で技がかなり異なる 15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22 - 23 2と3で技がかなり異なる 24 - 25 説明書・公式サイトでは『ナゴファイアー』と誤植 26 - 27 - 28 - 29 - 30 - 31 - 32 - 33 - 34 - 35 - 36 - 37 - 38 - 39 - 40 - 41 - 42 - 43 - 44 - 45 - 46 - 47 - 48 - 『星のカービィ64』のコピー能力ミックス• 『』で、2種類のコピー能力を合体して得られる、全く別のコピー能力。 英名はソースは『Kirby 64: The Crystal Shards』Official Strategy Guideより 英語版に画像あり。 全28種類。 名前 画像 英語名 初登場 クリスタル取得ステージ 01 - 02 - 03 - 04 3-2の1つ目 05 6-3の2つ目 06 - 07 - 08 - 09 - 10 - 11 - 12 - 13 3-1の3つ目 14 - 15 2-1の3つ目 16 5-2の3つ目 17 5-4の2つ目 18.

次の

カービィのコピー能力診断公開! 12の質問で自分のコピーが分かる! でも今は繋がりにくいかも

カービィ コピー

他作品におけるコピー系の能力については「」を参照。 概要 初出は『』。 敵や物を吸い込んで飲み込むことで、それらがもつ特性をコピーする、カービィの代名詞ともいえる能力。 どんな敵でもコピーできるわけではなく、コピーできない敵を飲み込んだ場合は「スカ」となり何も起こらない。 なお能力を得ている時は、一部を除いて吸い込みが出来なくなる。 初代作では登場していなかった要素であり、当時は吸い込みと吐き出しがメインの攻撃手段かつ、自発的な飛び道具として空気弾やアイテムがあった。 しかしボスに対しては吸い込みや空気弾が原則通用しないことから、吸い込みと吐き出しが必須=吸い込む材料としてボスの攻撃を利用する必要があり、いわば反撃でしかダメージを与えられなかったのだが、このシステムが登場したことでそのスタイルを大きく変えた。 コピー能力は主に、「剣などの手持ち武器を装備するタイプ」 「火を吐くなど特殊能力を使うタイプ」 「能力は強力だが回数制限があるタイプ」等に分けられる。 また、初期の頃は基本技のみであったが、近年の作品で使用できるものには様々なコマンド技が追加されるようになった。 一度、あるいは数回ダメージを受けると能力が解除されてしまうが、その場合は、出てきた星を吸い込み直すことで再度コピーできる。 なお、すっぴんの状態は「カービィ」もしくは「ノーマル」と表示される。 当初は能力を持っている時は体の色が少し変化するぐらいだったが、「」から頭に帽子などを被るようになった。 また、コピー能力によってカービィ本体の体色が変わることが多かった 例:ビーム「黄色」、スパーク「緑色」、アイス「水色」 が、4人プレイ可能な「Wii」ではプレイヤーごとに色が変わるため、全てのコピー能力のカービィの色は共通してノーマルと同じピンク色になり、本作品以降色ではなく帽子で区別されるようになった。 一部公式サイトのイラストはそのままで描かれていることもある ちなみに、全宇宙でカービィだけが持つ固有能力と言うわけではなく、「3」のグーイや「64」のミラクルマター等、他にもコピー能力を使うキャラは少数ながら存在する(アニメ版では使える星の戦士が他にもいる旨のセリフがある)。 しかしカービィ程多くの形態を持ち、今なお増え続けているケースは前例が無いと言われている。 通常、ザコキャラと中ボスがカービィのコピー対象となるが、『』シリーズではそんな事は関係ない。 ・・など、全参加ファイターのコピーが可能。 いつもはコピーできないボスキャラのやさえもコピーできてしまう。 なお、コピーすることで様々なファイターたちの能力を使用可能になるという仕様上、カービィの掛け声は他のファイターと比較すると抜きん出て多くなっている。 そのため、やのスマッシュアピールが実装されるまでは、 全キャラ中一番セリフの多いキャラクターであった。 一部キャラが「星のカービィ」でのコピーの姿と同じになっていたり、またゼルダカービィの子供時代の帽子やルキナカービィの仮面など、元ネタにちょっと捻りのある装飾をする場合もある。 シリーズ25周年を迎えた2017年には合体や特別な能力を除いた基本の57種類のコピー能力の人気投票企画「 コピー能力総選挙」が開催。 応用 『』では、、と一緒にコピー能力を使うことで、カービィ単独で使う時とは違う性能の技に変化する。 『』では上の三匹に加えて、、との合体技が存在する。 さらに『』では搭乗したで、強化された能力を使うことが出来る。 『』『』『』ではそれぞれ勝手は違うが、特定のコピー能力2つを組み合わせる「」を行える。 (例えばバーニングとカッターで炎の剣、ストーンとニードルで等) アニメに登場した能力は A が付いてます。 通常能力 、より登場 上から下に向けてムチ状のビームを放つ。 チャージして弾を出す作品もある。 のCMに登場。 通称『』 着せ替えのできるNewニンテンドー3DSに合わせて他の任天堂キャラが着飾る中、カービィは きゃりーぱみゅぱみゅをコピーして着替えている。 さすがに飲み込む必要はない模様。 魔法の杖で きゃりー本人を着せ替えている。 全部で? 初登場した分だけ数え、合体技やコピー能力ミックスは別扱いで数えると、 『夢の泉の物語』:25種類 『スーパーデラックス』:12種類 『星のカービィ2』:22種類 『星のカービィ3』:28種類(『2』に登場した合体技を除く) 『星のカービィ64』:30種類 『鏡の大迷宮』:6種類 『タッチ! カービィ』:1種類 『参上! 今後も新しいコピーが登場するだろう。 除外されている項目 移動手段 主に乗り物に乗った状態を指す。 マップ移動や特定のボス戦時などで一時的に搭乗するもので、コピー能力を持っている状態でなっても元の能力は消失しない。 カービィシリーズおなじみの移動手段。 作品によってはこの状態で操作できる機会もある。 アイテムの効果 敵からコピーするのではなくアイテムの効果を発揮している状態のこと。 吸い込まなくてもアイテムに触れるだけで取得出来るのが特徴で、コピー能力とは言えない(ただし、似たような取得方法のは明確に新能力と言われているので例外)。 爆弾カービィ 非公式名称 爆弾を吸い込んだカービィ(のみ) 飲み込んでもダメージは無く何も起こらないが、吐き出すと爆風で敵を貫通する。 続編の『夢の泉の物語』以降は2体以上の敵を吸い込み吐き出すことで貫通弾の星となる。 カレーカービィ 非公式名称 カレーを食べたカービィ(初代星のカービィのみ) 一定時間、火の玉を吐いて攻撃が可能でファイアの能力に感覚としては近い ただしこちらは単発の炎を吐く。 水中に入ると効力が即座に失われる。 後に『』以降の『』シリーズでは「激辛カレーライス」を取得するとファイターが火を噴きながら攻撃ができるアイテムで登場している。 ミックス 上述のコピー能力ミックスとは別物で、2種類以上のコピー能力を持った敵を一度に吸い込む事でカービィの状態を表す枠がルーレットをするようになる。 作品によっては吸い込んだ能力次第で自然停止するが、自然停止せずに自分でボタンを押して決めなくてはいけない事もある。 スーパーデラックスでの場合は、状態枠画面に「ミックス」との姿カービィとなり、こちらもルーレットで決めるが、この時、 状態枠画面にに表示される全ての状態 さすがに状況限定のものは除外される が対象となり、無敵状態になれることもあればスカになったりもするし、運が悪いと「いてっ!」でダメージを受けることや、 「やられた」を引いて即死することもある。 この他にもスタッフロールや各種グッズなどのイベントに登場する姿などがある。 関連タグ :シリーズにおけるネタ 関連記事 親記事.

次の