あい わかっ た 意味。 あいわかったの意味は?相わかった・判った時の返事・あいの使い方

時代劇の「あいわかった」って漢字で書けるでしょうか。

あい わかっ た 意味

A ベストアンサー お尋ねの「相(あい)」は、国語辞書によれば、接頭語で ・・・動詞に付いて、語勢や語調を整える。 現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。 昔は侍がよく使いました。 殿様が家来に「そのこと相許す」 「こういうことに相成った」など。 「アイ何とか」というと、重々しい言い方になりますね。 「相手」の意味はありません。 「一致」の方がやや近いかも知れませんが、あまり意味のない「あい」です。 一部の動詞に付く場合に限り、辞書の通り単に調子を整える語ですから「相」という漢字の意味は比較的薄いと思います。 「あい」という和語に「相」という漢字を当てたもので、特に「相」という漢字の意味と一致しているわけではないと思います。 「アイ」という語勢や語調を整えるだけで、あまり意味のない言葉に「相」という字を当てたわけです。 「合」でもよかったと思います(愛や藍はダメですがね)。 「相違」の「相」や、「相見える(あいまみえる)」の場合の「あい」は「互いに」という意味があり、ご質問の「あいすまぬ」の「あい」とは違います。 国語辞書「大辞林」 あい〔あひ〕【相】 《「合い」と同語源》 [名] 1 二人で互いに槌 つち を打ち合わすこと。 あいづち。 〈和名抄〉 2 共謀の仲間。 また、相手。 一緒に、ともに、の意を表す。 現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。 現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。 昔は侍がよく使いました。 殿様が家来に「そのこと相許す」 「こういうことに相成った」など。 「アイ何とか」というと、重々しい言い方になりますね。 「相手」の意味はありません。 「一致」の方がやや近いかも知れませんが、あまり意味のない「あい」です。 一部の動詞に付く場合に限り...

次の

あいわかったの意味は?相わかった・判った時の返事・あいの使い方

あい わかっ た 意味

「あい(相)」が付く表現の2つ目は、「相変わらず」です。 こちらは、日常生活においても口にする機会の多い言葉で、「今までと変わった様子が見られない(以前と変わらない)」という意味になります。 類語は「いつも通り」「今も昔も」「変化がない」などであり、以前の状態を継続している様子を表す言葉です。 「相変わらず」という言葉は、言い方一つで相手の気分を良くしたり悪くしたりする場合があるので、注意が必要です。 例えば、「相変わらずお綺麗ですね」と言えば褒め言葉になりますが、「相変わらず子供っぽいね」と言えば蔑んだ言葉になります。 人間関係を円滑にするために、ポジティブな言葉として使っていきましょう。 現代でも使える「相変わらず」ですが、久方ぶりに会う人に対して使う言葉です。 そんな場面で使える言葉やマナーについてまとめた記事「手土産・お土産の渡し方やタイミングは?挨拶の言葉・ビジネスマナーも」を関連記事として載せていますので、そちらも併せてご覧ください。 「あい(相)」が付く表現のその3は、「相すみません」です。 「相すみません」は、実は前まで使われていた言葉で、昔はビジネスシーンにて謝罪するときに使われることがありました。 最近では、言葉自体を知らない人が多くなってきたということで、使用することが不適切な風潮が出てきたため、使われる機会が減りました。 元々、上司や顧客に対して謝罪する場合、「すみません」という言葉は避けた方がいいというマナーがあります。 そういう事情もあり、「相すみません」が使われることはあまりありませんでした。 ですが、昔生まれた言葉が最近まで使用されていたということを、長く続いた歴史の一つとして知っておくことは大切です。 日本文化の一つとして「あいわかった」を知ろう.

次の

あいわかったの意味や語源とは?使い方を例文を用いて解説

あい わかっ た 意味

韓国語の「アラッソ」は日本語でどういう意味?「わかった・知ってる」パンマル以外の言い方やハングルは? 韓国語の「アラッソ」というフレーズ、韓国映画や韓流ドラマなどでもよく聞かれますが日本語で問ういう意味かご存知ですか?正しく発音できますか?イントネーションによっては疑問文としても本当によく使われる便利なフレーズなんです。 また「アラッソ」という言い方はパンマル(タメ口)の言い方なので目上や年上の人に使うのは当然失礼に当たります。 敬語・丁寧語ではどのように言えばいいのかも知っておかないといけません。 そして「アラッソ」は文法の時制で言うと過去形になるので、原形から現在形や未来形などもチェックして、正しく「アラッソ」を使えるようにしてみましょう。 この記事の目次 韓国語の「アラッソ」は日本語でどういう意味? 韓国語の「アラッソ」は日本語でどういう意味なのでしょうか。 ハングルで書くと「알았어」となります。 この「アラッソ」という韓国語は「わかった」「了解」などの意味で、会話などでも本当によく使われるフレーズです。 しかし、日本語でも「わかった」というフレーズは言い方によっては素っ気なかったり、突き放したような感じに聞こえることもあります。 そしてこの「アラッソ」はパンパル(タメ口)なので目上の人には「わかりました」「了解しました」など敬語で言わなければいけないのは韓国語でも同じです。 よく使うフレーズだからこそしっかり意味を覚えて、失礼のない言い方も合わせてマスターしておく必要がありそうですね。 韓国語で「アラッソ」は「わかった」「了解」の意味 それでは韓国語の「アラッソ」の意味、使い方をいくつかの例文から見ていきましょう。 「ハナコに電話してくれる?」「わかったよ」 하나코에 전화해줄래? (ハナコエ チョナヘジュルレ?)알았어(アラッソ) わかったよ、僕が間違ってたよ、ごめんね 알았어,내가 잘 못했어,미안해(アラッソ、ネガ チャル モッテッソ、ミアネ) 「わかったの!?」「わかったってば!」 알았어? (アラッソ?!)알았다고! (アラッタゴ!) 「わかった、わかった、もうやめて」 알았어,알았어,그만해(アラッソ、アラッソ、クマネ) わかったのかどうかを聞きたい時はそのまま語尾を上げて言えば疑問文になりますね。 繰り返して使うとちょっとめんどくさいけど了解したのようなニュアンスになるのも日本語と同じです。 この「アラッソ」はパンマル(タメ口)なので友達や家族など仲のいい人にだけ使える言い方です。 丁寧語ではどういうのかも見ておきましょう。 そうしたら明日は僕が行きます。 알았어요. 그럼 내일은 내가 갈게요. (アラッソヨ、クロン ネイルン ネガ カルケヨ) 何が問題だったのかやっとわかりました。 뭐가 문제였는지 이제 알았습니다(モガ ムンジェヨンヌンジ イジェ アラッスムニダ) ヘヨ体の場合もイムニダ体の場合も作り方は他の動詞と同じです。 ただし、丁寧語でイムニダ体の場合は「アラッソ」の過去形よりも韓国語では「わかりました」「了解しました」の言い方は未来形の言い方の方がよく使われるんです。 ちょっと日本語の感覚では不思議に思う人も多いようなので、現在形や未来形などの時制によってどのようにニュアンスが変わるのかももう少し詳しく見てみましょう。 韓国語「アラッソ」は過去形だけど現在形や未来形の意味は? 「アラッソ」は「わかった」「了解した」という意味ですが、「わかりました」「了解しました」などの丁寧語の場合、韓国語ではイムニダ体では「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と未来形になることが多く、ヘヨ体の場合は「알았어요(アラッソヨ)」と過去形のままになることが多いです。 この場合は未来形になるのが、日本語と違ってしまうので違和感を覚えてしまうこともあるかもしれませんが、これはこういう言い回しなんだと覚えてしまいましょう。 압니다(アムニダ)と現在形にしたり、알았습니다(アラッスムニダ)と過去形にするとちょっとニュアンスが変わってしまうからです。 압니다(アムニダ)としても間違いではありませんが、「わかります」という意味よりも「知っています」「わかっています」というニュアンスが強くなり、알았습니다(アラッスムニダ)とすると「知りました」というニュアンスが強くなり、「わかった」「了解した」の「アラッソ」の丁寧語という意味からは少し離れてしまいます。 これは元々の原形の「알다(アルダ)」が「わかる」という意味以外に「知る」という意味も持っている韓国語のため、時制によって微妙にニュアンスが異なるからです。 いちいち細かいニュアンスを理解し覚えるというのは大変かもしれませんが、ここでは「わかった」「了解した」の「アラッソ」の丁寧な言い方は「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と未来形にするのが一般的で、目上の人に対しても失礼に当たらない言い方であるということはしっかり押さえておきましょう。 韓国語「アラッソ」の「わかった」以外の使い方 そして、「アラッソ」という韓国語の「わかった」「了解した」以外の使い方も少しご紹介しておきたいと思います。 合格でしょ?!そう思ってた!君は本当にすごいね! 합격였지? 그럴 줄 알았어! 넌 정말 대단하네! (ハッキョギヨッチ?クロル チュル アラッソ!ノヌン チョンマル テダナネ!) 그럴 줄 알았어(クロル チュル アラッソ)は「やっぱりそうなると思ってた」などの意味で、よく使うフレーズです。 「あらかじめ知っていたよ、わかっていたよ」ということを表現したい時に使ってみましょう。 おっちょこちょいな人がドジな失敗をした時など「あーやれやれ、やっぱりね」のように呆れたような気持ちを表すときにも使います。 「やっぱり傘が必要かな?行って雨が降れば買う方がいいかな?」 역시 우산이 필요할까? 가서 비가 오면 사는 것이 좋을까? (ヨクシ ウサニ ピルリョハルカ?カソ ピガ オミョン サヌン ゴシ チョウルカ?) 「君がいいようにすればいいよ」 니가 알아서 해(ニガ アラソ ヘ) 알아서 해(アラソ ヘ)とは直訳すると「知ってする」とおかしな表現に思うかもしれませんが、「いいようにして」「自分で判断してやって」のような意味合いでよく使われる言い回しです。 「こっちに聞かないでも自分が考えてやればいいよ」とちょっと突き放すように使うこともあれば、「君に任せるよ」と信頼を置くようなときにも使われます。 「アラッソ」の過去形とは違って現在形で使います。 「わかった」「了解」という意味なので本当によく使われるフレーズです。 友達同士との会話ではとても活躍するのでしっかり覚えておきましょう。 目上の人に対しては失礼のないように「알겠습니다(アルゲッスムニダ)」と未来形になることも忘れずに覚えておきましょう。 「アラッソ」の原型である「알다(アルダ)」は「わかる」という意味以外にも「知る」という意味もあり、日本語に訳すとなるとたくさんの意味を持っている韓国語です。 使用される頻度も高いので混乱してしまうこともあるかもしれませんが、例文と合わせてニュアンスを丁寧に理解し、使いこなせるようにしていきましょう。

次の