つい 動画 リアルタイム。 ライブ配信とは?活用方法やメリットについて

テレビ局でのリアルタイム映像編集について教えてください。私は現在A...

つい 動画 リアルタイム

テレビ局でのリアルタイム映像編集について教えてください。 私は現在AdobeCCのPremiereやAfterEffectsを利用して映像編集を行なっています。 現在のワークフローとしてはAiやAeで素材を作 り、撮影映像と合わせてPremiereに取り込んで一本の動画にしています。 これらは撮影済の映像を後から編集している形です。 しかしテレビ(主にニュース)ではリアルタイムに撮影された映像にレンダリング済みの素材(テロップ等のグラフィック)が載せられて放映されています。 これはどういったソフトウェアによって実現出来るのでしょうか? PremiereProでは無理ですよね? それともPCではなく専用のハードウェアを用いてでないと不可能なのでしょうか? どのように調べればよいのかもわからずずっと疑問に思ってきました。 是非回答をお願いします。 プロの編集設備というのは、ポストプロダクションといわれる編集室が担っています。 ひとつの編集室で数億円の設備費がかかります。 中でもリアルタイムに編集できるような設備はほとんどすべてハードウエアで成り立っています。 そのため編集室使用料金は1時間当たり3万円以上というのが相場です。 テレビのニュースはスタジオ収録ですから、スタジオに設けられた副調整室というところにリアルタイム編集ができる設備が設けられています。 内容はほぼ同じものです。 以下にリニア編集室のリンクを張っていきます。 設備一式が掲載されているのでその説明も記述しておきます。 EDITOR BVE-9100 これはハードウエア編集機です。 映像は主にテープ記録されたものを再生しながらリアルタイムに編集していきます。 BVE-9100はソニー製です。 もちろん数千万円します。 編集卓の上のカラフルなボタンが並んだ装置が編集機です。 SWICHER Kalypso HD こちらはスイッチャーです。 2台のテープデッキをシンクロ再生し、スイッチャーで切り替える際にディゾルブやワイプなどの処理を行います。 Kalypso HDは素人向けノンリニア編集ソフトEDIUS ProなどでおなじみのGrass Vally社の製品です。 1台で数千万円します。 DVE 内蔵3ch Degital Video Effectの略です。 エフェクトもリアルタイムにハードウエアでこなします。 こちらも元祖Grass Vallyのものですね。 こちらも数千万円するものですが、内臓となっているのでBVE-9100の付属しているということかもしれません。 3chとは3つの送出ソースに同時にエフェクトをかけられるという高度なものです。 リニア編集では、テープデッキによる編集が一般的です。 これも1台650万円から1千万円を超えるものまで高額です。 ClipStoreMXというのはディスクレコーダーです。 テープ再生ではなくディスクに収録するため様々な形で再生できます。 Videotronはあまりにも有名ですが、Title Decoなどはソフトウエアの分野でもテロップソフトとして君臨しています。 ST-350はキャラクタージェネレーター(文字作成機)ですね。 PCでいうワープロみたいなものです。 これらのリストに無いものではマスターモニターなどがあります。 ブラウン管タイプのものもあれば有機ELの液晶モニターなどすべて1台で200万円前後するものが数台並びます。 そして、サウンド用のミキサー卓も装備しています。 写真で側には卓の右側がサウンドミキサーになっています。 こちらは数百万円といったところです。 もちろんスピーカーも欠かせません。 JBLやパイオニアなどが多いですが、数十万円といったところです。 すべての設備を合計すると2億円前後といった価格が一般的です。 そして、この編集室の1年間の売り上げはおよそ1億円程度です。 1日平均で30万円ほど。 ちなみにTV-CMの編集費は100万円~300万円(15秒CM1作品)ぐらいです。

次の

リアルタイム動画配信コトハジメ · GitHub

つい 動画 リアルタイム

どうも貴田です。 今回は CMU-Perceptual-Computing-Lab の というディープラーニングのライブラリを試してみた記事です。 OpenPose って何ができる? 写真・絵画・マンガや、動画から人物のボーンの2次元座標を抽出できます。 以下、いくつか openposeのデフォルト設定でボーン検出してみた例を貼ります。 人物写真。 西洋絵画。 「民衆を導く自由の女神」 ウジェーヌ・ドラクロワ 「アダムの創造」 ミケランジェロ 「アルプス越えのナポレオン」 ダヴィッド 例えば、イラスト。 「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」 東洲斎写楽 「鷹見泉石像」 渡辺崋山筆 漫画。 出典:ブラックジャックによろしく OpenPose は実写の人間だけではなくて、写実的なイラストや、絵画にも効果を発揮することがわかっていただけたと思います。 OpenPose のによると、教師データは と、 であると書いてあります。 このデータセット内に絵画がないように見受けられるので、実写の人物写真に対し最も効果的です。 もし絵画に対してボーントラッキングしたいなら別途、漫画のデータセットを作るのが正攻法だと理解しつつ、OpenPose は抽象化された人間に近いかたちに対しても応用が可能な汎化能力の高さがあり、すごいなー、と感じました。 また、OpenPose は画像だけじゃなく、動画に対しても利用可能です。 リアルタイムではない過去の動画だったら、全フレームに対して、認識をすることができます。 以下はインド映画の全フレームに対して OpenPose をかけてみた動画です。 リアルタイムな動画の場合でも、このくらいの精度・速さで認識ができます。 被写体が映像の中で大きく写っていれば、だいたい 7-10[fps] くらいで認識できます。 OpenPose はすでにあるポーズ推定技術と何が違うの? 一番商用でなじみのあるポーズ推定技術である Kinect V2 と比べたときの、OpenPose のメリット・デメリットについてです。 人物が写っていれば、古い動画でも対応可能。 また、人物が描かれた写実的なイラスト、絵画にも対応可能な場合がある。 ふつうの単眼のビデオカメラや、ウェブカメラで撮影した映像でポーズ推定可能。 (つまり、わざわざ Kinect で撮影したデータを使わずに、スマホでとったデータでも解析可能ということ)• センシング距離に制約がない(KinectV2 は 8[m] までとのこと)• リアルタイムだとマシンスペックにもよるが、だいたい 3-10[fps] 程度と fps が遅め• 2 次元座標しかとれない。 3 次元座標がとれない。 OpenPose の実行には性能のいい GPU を積んだマシンが必要。 ポーズ推定原理として、KinectV2は赤外線を使って TOF 方式という、光を照射して、戻ってくるまでの時間をもとに、3D デプスデータを取得し、そこからボーン推定をしていますが。 OpenPose は 2 次元画像をもとに、「右手首」「左足首」などの体のパーツをディープラーニングで物体認識し、そこから体全体のボーン構成を推定するような手法をとっていることから、このような違いが生まれています。 最近、こんなかんじの実験をいろいろ試しており、OpenPose らしい表現が見つかり次第、この blog にまたあげようと思います! OpenPose のライセンスについて に書いてある通り、非商用利用の場合はフリーで使えるが、商用で利用する場合は、連絡をください、と書かれています。 OpenPose の今後について 五指のトラッキングが1,2ヶ月後、顔のランドマークのトラッキングが 2,3 ヶ月後に comming soon と書かれており、OpenPose の今後のアップデートに注目していこうと思っています!.

次の

リアルタイム震度(強震モニタ)

つい 動画 リアルタイム

プロセッサー:第2世代Core i5 CPU以上(Core i7 CPUを推奨)• RAM:8GB以上• グラフィックカード:DirectX 10. 1を搭載したGeForceまたはRadeonクラスのグラフィックスカード• HDD容量:250 MB 以上• インストール時、製品利用登録時にインターネット接続が必要。 必要メモリ容量などが書かれていない場合はこちらをご参照ください ご注意• 本製品は1ライセンスにつき、1アカウント、複数のPCで同時利用可能です。 ライセンスに紐付けるメールアドレスは変更可能です。 本製品はプロキシ環境で利用できません。

次の