アルファ メール プラチナ。 アルファメールに他社の独自ドメインを設定する方法

メールソフト設定|これからご利用されるお客様|ご利用の手引き|アルファメール プレミア 会員サイト

アルファ メール プラチナ

設定を始める前に、以下の情報をあらかじめご確認ください。 お客様のドメイン名• アカウント名と メールパスワード 以下マニュアルでは、例として以下環境で説明しています。 設定される際は、お客様の環境に置き換えてご利用ください。 ドメイン名 demodemo. jp アカウント名 otsuka-tarou• Outlook 2013を起動します。 初めてOutlook 2013を起動した場合、ウィザード画面が表示されます。 「次へ」ボタンをクリックします。 2.「アカウントの追加」をクリックします。 「はい」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 「自分で電子メールやその他の... 」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 「POP または IMAP」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 必要事項を設定し、「詳細設定」ボタンをクリックします。 アカウントの種類 「POP3」を選択 受信メールサーバー 「pop. 送信メールサーバー SMTP 「amsub. パスワード 「メールパスワード」を入力• パスワードを保存する 保存する場合はチェックします。 [次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする チェックしません。 「送信サーバー」タブをクリックし、必要事項を設定します。 送信サーバー SMTP は認証が必要 チェックします。 受信メールサーバーと同じ設定を使用する 選択します。 「詳細設定」タブをクリックし、必要事項を設定します。 送信サーバー SMTP 「587」を入力• サーバーにメッセージのコピーを置く チェックしません。 (推奨)• 「OK」ボタンをクリックします。 「次へ」ボタンをクリックします。 「完了」ボタンをクリックします。 以上で設定は完了です。 経路暗号化の設定を行われる方は、以下をご参照ください。 上記、の画面で必要事項を設定し、「詳細設定」ボタンをクリックします。 受信メールサーバー 経路暗号化あり POP over SSL 「spop. alpha-mail. jp」を入力します。 送信メールサーバー 経路暗号化あり SMTP over SSL 「sauth. alpha-mail. jp」を入力します。 「詳細設定」タブをクリックします。 必要事項を設定し、「OK」ボタンをクリックします。 受信サーバー POP3 経路暗号化あり POP over SSL 「995」を入力し、「このサーバーは暗号化された接続 SSL が必要」をチェックします。 送信サーバー SMTP 経路暗号化あり SMTP over SSL 「465」を入力し、「使用する暗号化接続の種類」で「SSL」を選択します。 「POPとIMAPのアカウント設定」画面で「次へ」ボタンをクリックし、次画面で「完了」ボタンをクリックします。 以上で設定は完了です。

次の

メール機能|よくあるご質問|アルファメール プレミア 会員サイト

アルファ メール プラチナ

ご利用されているサービスの確認方法は• Webサーバの仕様• Webサーバの容量はどのくらいですか? 以下のようになっております。 アルファメール2 通常Web 50GB, 簡易作成50GB アルファメール2コンパクト 20GB アルファメール 10GB• Webディスク容量を追加できますか? アルファメール2の場合 通常Webの容量追加オプションをご提供しております。 よりお申込みください。 アルファメール2コンパクトの場合 対応しておりません。 アルファメールの場合 対応しておりません。 サーバのOS・バージョン・Webサーバソフトウェアを教えてください 以下のとおりです。 サービス名 サーバOS ソフトウェア アルファメール2・アルファメール2コンパクト Unix系 Apache2. サーバタイプとはなんですか アルファメールでは、Webサーバの仕様ごとに1から3のサーバタイプがございます。 サーバタイプは、管理者メニューの「ご利用状況」でご確認いただけます。 デフォルトで用意されているフォルダ・ファイル名、属性を教えてください 以下のとおりです。 フォルダ ファイル 属性 アルファメール2 アルファメール2コンパクト アルファメール dummy. 作成できないフォルダ名はありますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 FTP接続した最初の階層に「script」フォルダを作成しても、利用できない仕様になっております。 アルファメールの場合 「company」「whatsnew」「info」などのフォルダ名はシステムで使用する事があり、上書きされる可能性がありますのでご注意ください。 また、サーバタイプによって、FTP接続した最初の階層では利用できないフォルダ(ディレクトリ)がございます。 サーバタイプ3の場合:「error」「script」• サーバタイプ2の場合:「script」• サーバのルートディレクトリのフルパスを教えてください 以下のとおりです。 ストリーミングには対応していますか? 対応しておりません。 XMLは利用できますか? ご利用になれます。 htaccessは利用できますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 AuthConfig、FileInfoオプションのみ利用可能です。 アルファメールの場合 サーバタイプ3の場合に限り、AuthConfig、FileInfoオプションのみ利用可能です。 301リダイレクトを利用できますか? アルファメール2、アルファメール2コンパクトと、アルファメールのサーバタイプ3の場合のみ、ご利用できます。 「script」フォルダが利用できません システム上、FTP接続した最初の階層には「script」フォルダを置いても有効にならない仕様になっております。 「error」フォルダが利用できません アルファメールのサーバタイプ3では、システム上、FTP接続した最初の階層には「error」フォルダを置いても有効にならない仕様になっております。 Webサーバのみ他社サービスもしくは自営のサーバを利用できますか? ご利用できますが、ドメイン名の管理はアルファメールになります。 トップページとして表示されるファイル名の優先順位を教えてください 以下のとおりです。 アルファメール2 アルファメール2コンパクト アルファメール サーバタイプ3 サーバタイプ2• index. html• index. htm• index. php• index. hdml• index. cgi• index. shtml• dummy. htm• index. html• index. htm• index. php• index. hdml• index. cgi• index. shtml• dummy. htm• index. html• index. htm• dummy. htm• index. hdml• index. php• Webサーバのみをアルファメールで利用できますか? ご利用できません。 アルファメールはメールサーバ、ドメイン名の管理は必須になっております。 マルチドメインには対応していますか 対応しておりません。 Webサーバを初期化したいのですが 初期化機能はご用意しておりません。 サーバ上のデータ削除はFTPソフトをご利用ください。 データベースに関してはphpMyadminなどをご利用ください。 sshやtelnetでサーバにログインできますか? 共有サーバのため提供しておりません。 サーバへの接続方法はFTPのみとなっております。 ご了承ください。 アップロード先のフォルダやディレクトリに指定はありますか 指定はありません。 検索エンジンで自社ページが検索できません 検索エンジンによる情報収集方法は、エンジンごとに異なります。 詳細は該当の検索エンジンの運用会社へお問い合わせください。 FTP• FTPのIDと初期パスワードがわかりません よりご確認いただけます。 FTP接続ができません 接続してもファイル一覧が取得できません 以下をご確認ください。 ご利用のFTPソフトにて「パッシブ(PASSIVE、PASV)モード」を有効にしてお試しください。 アルファメール2・アルファメール2コンパクト、またはアルファメールのサーバタイプ3でFFFTPをご利用の場合、ホストの設定の「高度」タブにある[LISTコマンドでファイル一覧を取得]にチェックを入れてお試しください。 「Permission denied」「Operation not permitted」などのエラーが出る場合は、「FTP接続元制限」にて制限がかかっている可能性がございます。 設定をご確認ください。 それでも解決しない場合は、ご利用されているFTPソフトの設定を再度ご確認ください。 FTP接続すると、ID・パスワードが違う旨のエラーが出て接続できません FTPログイン名・FTPパスワードは、半角文字で大文字・小文字を区別して設定してください。 「FTPログイン名」と初期の「FTPパスワード」は、よりご確認いただけます。 なお、お客様マイページログイン用のパスワードを変更しても、FTPパスワードは変更されません。 また、過去に管理者メニュー画面でFTPパスワードを変更されていても、お客様マイページには初期のパスワードがそのまま表示されます。 FTP接続で同一IPアドレスからの接続はいくつまでできますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 10セッションまでとなっております。 アルファメールの場合• サーバタイプ3の場合 10セッションまでとなっております。 サーバタイプ2の場合 3セッションまでとなっております。 FTPのアカウントはいくつ利用できますか? 1つのみご利用になれます。 ドット「. 」ではじまるファイル名が見られません アルファメール サーバタイプ2のお客様でFFFTPをご利用の場合、以下の設定が必要となります。 「高度」タブを開き、[LISTコマンドでファイル一覧を取得]のチェックを外します。 FTPサーバへの接続を制限できますか? FTPサーバの接続を制限するための. ftpaccess の編集は、管理者メニュー「FTP接続元制限」から行えます。 詳しくは、をご確認ください。 ftpaccess は直接編集できますか?. ftpaccess の編集は、管理者メニュー「FTP接続元制限」から行えます。 詳しくは、をご確認ください。 ftpaccess が削除できません トップディレクトリの. ftpaccess については、管理者メニュー「FTP接続元制限」にて、対象のIPをすべて削除(空)して保存することで、ファイルも削除されます。 FTPソフトによる削除、あるいは、子ディレクトリに作成した. ftpaccessの削除はできません。 FTPでアップロードできるファイルの容量に制限はありますか? サーバにて制限を掛けてはおりませんが、ご利用のネットワークの状況によりアップロードできない可能性がございます。 Webサーバ上の不要なファイルがFTPソフトの操作で削除できません ファイルのパーミッション(属性 を確認し、正しく設定の上、削除してください。 オーナーが別なもの wwwなど になってしまったり、ファイル名の頭に半角スペースが入ってしまった場合、FTPソフトで削除できない場合がございます。 その際はまでお問い合わせください。 FTP接続元制限にてIPアドレスを範囲指定できますか? 指定できます。 FTPで接続すると、. gnome というフォルダが出来ています ImageMagickをご利用になる場合、Imagemagickの仕様により「. gnome」という名前のフォルダが自動的に作成されます。 削除しても問題ございませんが、再度ImageMagickをご利用になった場合には. gnomeフォルダが再作成されます。 FTPSに対応していますか アルファメール、アルファメール2共に対応しておりません。 ホームページの表示• サーバにデータをアップロードしたが、トップページが表示されません 下記をご確認ください。 ファイル名を今一度ご確認ください。 トップページとして表示されるファイル名は、か、管理者メニューの「Webサーバ環境」でご確認ください。 アップロードしたフォルダが間違っている可能性があります。 FTPでアップロードした場所をご確認ください。 他社サーバより移行中の場合、お客様環境で正しくアルファメールのWebサーバ情報を引けず、旧サーバの情報にて閲覧している可能性がございます。 詳しくはをご確認ください。 画像が表示されません 下記をご確認ください。 ファイル名に全角文字や記号を使用していると、正しく表示されないことがあります。 ファイル名を設定しなおしてください。 画像の色情報はRGBにて保存してください。 CMYKには対応しておりません。 アップロードしたはずのページが正常に表示されません 主なエラーと、対処方法をご確認ください。 404 File Not Found アドレスが間違っているか、ファイルのアップロード位置が違います。 ファイル位置・URLをご確認ください。 403 Forbidden ディレクトリトップページとなるファイルがありません。 ファイルを作成してください。 トップページとなるファイル名は、管理者メニューの「Webサーバ環境」にてご確認いただけます。 なお、アルファメールではディレクトリ一覧を参照することはできません。 500 InternalServerError 下記をご確認戴き、該当ファイルを修正してください。 CGIをご利用の場合 ファイルパス、あるいはプログラムが間違っている可能性があります CGIをご利用でない場合. htaccessにて、使用できないコマンドなどを利用している可能性があります ホームページ簡易作成(アルファメール2)• 「Webサービス」の機能がグレーアウトして使えなくなりました 簡易作成と通常Webの切り替えボタンを押すと、切り替え完了時間までWebサービスの画面が使用できなくなります。 恐れ入りますが、切り替え時間までお待ちください。 また、切り替えのボタンを押した時間によって、以下のように切り替え完了時間が異なります。 設定時間 反映時間 0:00 〜 7:59 9:00 8:00 〜 10:59 12:00 11:00 〜 13:59 15:00 14:00 〜 16:59 18:00 17:00 〜 19:59 21:00 20:00 〜 23:59 切り替え不可• 画像の枠線を設定しましたが、設定した通りの太さになりません ご利用のテンプレートによって、設定どおりに反映されないことがございます。 ご了承ください。 文字を大きくしたり、色を変えたりして目立たせることはできますか? 各項目で、文字の装飾(太字、斜体、下線、文字色の変更、背景色の変更、文字の大きさ)、リンクの追加ができます。 ただし、ご利用のテンプレートによっては、設定どおりの装飾できないこともございます。 簡易作成で作成したホームページで独自SSLを利用できますか? ご利用になれます。 ホームページ簡易作成サーバが公開中になっている状態(管理者メニューのアイコンに、緑色のチェックマークがついている状態)で、「独自SSL」のメニューより設定ください。 簡易作成で作成したホームページに常時SSLを設定したいのですが 管理者メニュー「独自SSL」にある、常時SSLのための. htaccess を設定する機能をご利用いただくことで可能です。 お客様ドメイン へのSSL通信となりますため、CSRを発行する際にwww. お客様ドメイン で設定ください。 お問い合わせ作成で「共有SSL(暗号化)の領域に設置する」が選択できません 独自SSL機能にて証明書をインストールされている場合、このオプションはご利用頂けません• 通常メニューにある機能について確認したいのですが 通常メニューでの編集方法ならびに編集されたコンテンツについては、メーカーでのサポートのみとなります。 たよれーるコンタクトセンターではお答えできかねますので、専用サポート窓口まで、メールにてお問い合わせください。 専用サポート窓口のメールアドレスは、簡易作成の管理画面にてご確認いただけます。 簡易メニューについてのお問い合わせは、従来通りたよれーるコンタクトセンターまでお問い合わせください。 ホームページ簡易作成(アルファメール)• ページを追加することはできますか? 簡易作成機能のため、カスタマイズはできない仕様になっております。 編集可能なページを作成される場合は、お客様ご自身でホームページを作成していただく必要がございます。 文字を大きくしたり、色を変えたりして目立たせることはできますか? 各項目で、文字の装飾(太字、斜体、下線、文字色の変更、背景色の変更、文字の大きさ)、リンクの追加ができます。 組織概要ページ内の住所、電話番号など、項目によっては装飾できないものもあります。 編集中に文字が消えてしまったのですが 「文字を装飾する」から「通常表示」に変更する際、該当するテキストボックスに入力された文言は消去されます。 あらかじめ、コピーなどでテキストを保存しておくことをお勧めします。 一度設定したリンク先を、作成画面上で確認できません 機能の仕様上、ご確認いただけません。 実際の画面にてご確認いただくか、一旦設定をクリアしてから再度設定しなおしてください。 文字装飾時、改行すると改行幅が大きくなります 仕様上、文字装飾時の改行は幅が大きくなります。 「Shift」+「Enter」キーで改行すると幅を空けずに改行できます。 アップロードできる画像の容量に制限はありますか? アップロードできる画像の容量は、1ファイルあたり2MB以内です。 フォームCGI(アルファメール)• 送信時はブラウザプライバシーの制御機能を無効にしてご利用ください。 フォームCGIにてフォーム設置後、ファイルをダウンロードしてHTML編集をしたら正常に動作しなくなりました 管理者メニューにて作成されたフォームのHTMLを編集された場合は、正常に動作しなくなることがございます。 フォームの再設置をお試しください。 フォームCGIの作成・編集の途中で「CUSTOM ITEM 〜 フィールドの値が見つかりません」というエラーが発生します このエラーはフォームCGI「ステップ2」の画面にて、「質問内容」・「タイプ」選択項目・「タイプ」テキスト入力欄が未入力または未選択のまま次のステップへ進もうとした場合に発生します。 上記の欄は必須入力項目のため、入力・選択漏れがないかご確認ください。 新着管理(アルファメール)• 新着情報のページが正常に表示されません 新着管理機能を利用すると「whatsnew」フォルダが自動で設置されます。 このフォルダはシステムで利用されておりますので、お客様自身でフォルダ内のファイルを編集・削除されますと、新着管理が正常に動作しなくなる場合があります。 アクセスカウンタ(アルファメール)• アクセスカウンタ設置後、HTMLファイルを更新したらカウンタが消えてしまいました アクセスカウンタのソースはサーバ上のファイルにのみ記述されるため、ローカルに保存されているファイルをサーバ上のファイルに上書きするとアクセスカウンタが消えてしまうことがあります。 ホームページを更新する際は、事前に一度アクセスカウンタを設定したファイルをローカルに保存されているファイルに上書きしてから行ってください。 アクセスカウンタを設置したのに表示されません フレーム分けを利用されているページの元ファイルを設置先として指定した場合は表示されません。 設置先ファイルを確認してください。 アクセスカウンタを削除できますか? アクセスカウンタが記述されている部分のソースを削除する必要があります。 アクセスカウンタを設置したHTMLファイルを、FTPでローカルにダウンロードし、アクセスカウンタ部分のソースを削除の上、再度アップロードし、上書きを行ってください。 アクセス統計• アクセス統計に、当日分がリアルタイムで集計されません サーバタイプ3の場合のみ 当日分については、「カレンダー」から当日(黄色い色が付いています を選択した場合にのみ再計算が行われます。 アクセス制限• アクセス制限の対象フォルダを登録しましたが、登録したID・パスワードでログインできません アカウントをアクセス制限の対象フォルダに割り当てをしていない可能性があります。 アクセス制限で、特定のページに制限をかけられますか? 特定のページに制限をかけることはできません。 アクセス制限は、フォルダごとの制限のみとなります。 アクセス制限で、制限可能なフォルダ数の上限はありますか? 100件まで登録可能です。 Webサーバログ• Webサーバのログをダウンロードすることはできますか? Webサーバのアクセスログ、エラーログが管理者メニューにて確認できます。 アクセスログ…当月・前月分• エラーログ…管理者メニューにて最大100行まで• 2ヶ月以上前のログをダウンロードできますか? ログのダウンロードは、当月・前月の2か月分のみとなります。 アクセスログの保存期間・容量に制限はありますか 保存期間は前月分までとなりますが、容量500MBを超過した分につきましては保証できかねます。 ご了承ください。 Web改ざん検知• 申し込みからどのぐらいで利用できますか? お申し込みから最大3営業日以内でご利用いただけます。 ウェブ解析はいつから実施されますか? 設定完了後、自動的に解析を開始します。 Web改ざん検知の管理画面は、どこからログインできますか? オプションサービスお申込み後、管理者用メールアドレス宛に下記メールが届きますので、記載されているログイン画面URLへアクセスしてください。 差出人:gred• 宛先:管理者用メールアドレス• 件名:【WEB改ざん検知】サービス登録完了のお知らせ• ウェブ解析の対象ファイルを教えてください HTMLとして表示できるファイルです。 ただし、画像、PDF、動画、フラッシュは検知しません。 申し込み後、ウェブ解析が行なわれていないようですが、どうすれば良いでしょうか? 解析対象ページのトップページがフラッシュのみの構成になっている場合など、解析対象外のファイルが含まれていないかご確認ください。 フラッシュを利用していないページのURLを解析対象ページとして追加することが可能です。 ウェブ解析の対象ページを追加できますか? 初期設定として登録されているURLからリンクが張られていない(たどり着かない)お客様ドメイン名のURL、共有SSLのURL について、最大3個まで追加可能です。 例 追加可能URL:• ウェブ解析の対象ページは、何ページまで解析できますか? ウェブ解析対象ページは、お客様ドメイン名と追加した「解析開始URL」の合計で100ページまでです。 追加した「解析開始URL」から改ざんチェックができるページ数は、20ページです。 共有SSLのページは、20ページまでです。 (変更不可) (例) 「解析開始URL」を1つ追加した場合• 除外URLに登録したページ内にあるリンク先ページもウェブ解析されますか? 除外URLに登録されたページ内にあるリンク先ページをたどり、ウェブ解析を行ないます。 パスワードがわからなくなりました 「Web改ざん検知」のログイン画面にある「パスワードをお忘れですか?」から再発行手続きを行なってください。 Webサーバに負荷はかかるのでしょうか? 通常のブラウザからのウェブアクセスと同様の振る舞いを行なうので必要以上にかかりません。 解析を行なった際のログは、Webアクセスログに出力されます。 携帯向けサイトは、対応していますか? 対応しておりません。 Web改ざん検知では、フィッシング対策はできますか? スクリプトを埋め込まれることにより、Webサイトが改ざんされ、フィッシングサイトとなるケースについては、検知可能です。 メンテナンスや障害情報はどこで確認ができますか? Web改ざん検知のログイン画面でご確認いただけます。 「解析内容の設定」の基本設定で設定変更を行うと画面が真っ白になってしまいます。 基本設定の「メニュータイトル」欄の入力文字数が制限値である全角20文字または、半角40文字以上に設定されている状態で「変更する」ボタンをクリックすると、画面が真っ白になる現象を確認しております。 ブラウザの「戻る」ボタンで前の画面に戻るか、再度ログインしてから「メニュータイトル」欄の文字数をご確認いただき、文字数を制限内に変更してから設定を行ってください。 データベース機能• データベースは利用できますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 管理者メニューより、「データべース」をクリックし、データベースの追加をすることでデータベースが作成されます。 アルファメールの場合• サーバタイプ3の場合 管理者メニューより、「データベース(MySQL 」をクリックし、パスワードを設定することでデータベースが作成されます。 サーバタイプ2の場合 からお申し込みが必要です。 データベースの初期化方法を教えてください アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 初期化機能の提供は行っておりませんが、管理者メニュー「データベース」より、削除と再作成が可能です。 アルファメールの場合 コマンドによる操作、もしくはphpMyAdminなどの管理ツールをご利用ください。 ただし、別途ツールのインストールが必要です。 各種ツールのご利用方法についてのお問い合わせは、サポート対象外となっております。 MySQLのバージョンはいくつですか? MySQLの詳細につきましてはをご覧ください。 ただし、データベースに関するサポートは対象外とさせていただます。 PostgreSQLは利用できますか? ご利用できません。 SQLiteは利用できますか? ご利用できません。 外部サーバとの通信は許可していますか? 許可しておりません。 データベースサーバへのアクセス方法を教えてください お客様のWeb環境からPHP言語等によるアクセスとなります。 お客様のパソコンなどからの直接アクセスはできません。 ただし、PHPやPerlなどの利用方法のお問い合わせはサポート対象外となっております。 MySQLサーバの情報が格納されたデータベースになります。 お客様がデータベース情報を取得することが可能です。 (更新・削除はできません)• データベース容量を追加できますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 追加できません。 1GBまでとなっております。 アルファメールの場合• サーバタイプ3の場合 追加できません。 1GBまでとなっております。 サーバタイプ2の場合 からお申し込みください。 1つのデータベースに対して複数のユーザーを作成・設定できますか? できません。 ユーザーはデータベース1つに対して1つのみの提供となります。 データベースを複数作成できますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 管理者メニュー「データベース」より、最大3つまで作成ができます。 アルファメールの場合• サーバタイプ3の場合 管理者メニュー「データベース(MySQL 」より、最大3つまで作成ができます。 サーバタイプ2の場合 データベースは1つのみの提供となっております。 言語・スクリプト• CGIは利用できますか? ご利用になれます。 仕様についての詳細はからご確認ください。 ただし、CGIに関するサポートは対象外とさせていただきます。 PHPは利用できますか? ご利用になれます。 仕様についての詳細はからご確認ください。 ただし、PHPに関するサポートは対象外とさせていただきます。 Rubyは利用できますか? アルファメール2、アルファメール2コンパクトならびにアルファメール サーバタイプ3の場合は、ご利用になれます。 ただし、Rubyに関するサポートは対象外とさせていただきます。 Pythonは利用できますか? アルファメール2、アルファメール2コンパクトならびにアルファメール サーバタイプ3の場合は、ご利用になれます。 ただし、Pythonに関するサポートは対象外とさせていただきます。 デフォルトの文字コードを教えてください Webサーバのデフォルト文字コードはUTF-8です。 PHPのデフォルトエンコードは、以下の通りです。 PHPでアップロードできるファイルの容量はどのくらいですか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 30MBです。 アルファメールの場合• サーバタイプ3の場合 8MBです。 サーバタイプ2の場合 2MBです。 GDライブラリは利用できますか? Perl・PHPでご利用になれます。 ただし、GDライブラリに関するサポートは対象外とさせていただきます。 ImageMagickは利用できますか? アルファメール2、アルファメール2コンパクトならびにアルファメール サーバタイプ3の場合は、Perl・PHPにてご利用になれます。 ただし、ImageMagickに関するサポートは対象外とさせていただきます。 設置したCGIが動作しません 「InternalServerError」が表示されてしまいます 下記をご確認ください。 「cgi-bin」配下にファイルが置かれているか• 1行目のパスは間違っていないか• パーミッションは正しく設定されているか• 管理者ツールの「Webサーバログ>エラーログ」にはどう表示されているか 設定に問題がなく動作しない場合、プログラムの配布元にご確認ください。 CGIに関するお問い合わせはサポート対象外となっております。 設置したPHPが動作しない 下記をご確認ください• パーミッションは正しく設定されているか• 管理者ツールの「Webサーバログ>エラーログ」にはどう表示されているか 設定に問題がなく動作しない場合、プログラムの配布元にご確認ください。 PHPに関するお問い合わせはサポート対象外となっております。 SSL• SSLには対応していますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 独自証明書を取得し使用するタイプと、サーバで共有する汎用タイプをご用意しております。 アルファメールの場合 独自証明書を取得せずにご利用いただける汎用タイプをご用意しております。 共有SSLをご利用される場合の各URLは、管理者メニューの「Webサーバ環境」より確認できます。 また、SSL領域で利用できる容量は、ご契約のWebディスク容量内になります。 詳しくは、をご確認ください。 共有SSLで利用しているSSLについて教えてください 共有SSLは、ジオトラストのSSL証明書を使用しています。 共有SSLを使っているページにジオトラストのセキュアドシールを掲載することはできますか? 共有SSLのサーバIDは大塚商会で取得しておりますので、お客様のサイト上でシールを使用することはできません。 独自ドメインでSSL通信が利用できますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 対応しております。 アルファメールの場合 対応しておりません。 共有SSLはどのように利用できますか? アルファメール2・アルファメール2コンパクトの場合 通常のホームページと同じ場所にファイルを置くことで共有SSL用のURLからアクセスすることができます。 アルファメールの場合 「secure」フォルダにアップロードいただくことで、共有SSL用のURLからアクセスすることができます。 詳しくは、をご確認ください。 共有SSLで利用しているページにアクセスすると、セキュリティエラーが発生します 参照する画像やCSSなどがSSL通信を利用していない場合、完全なSSL通信環境とならずご利用のブラウザソフトによってはセキュリティエラーが発生する場合がございます。 共有SSLを使っているページに、SSLで暗号化される旨の説明文を掲載できますか? 掲載できます。 共有SSLで使用できる容量は、契約Webディスク容量に含まれますか? 共有SSL領域分もWebディスク容量に含まれます。 独自SSL証明書取得の際に、認証局より送信されるドメイン名所有者確認のメールが届きません。 アルファメールのWebサーバでは、独自SSLはご利用になれません。 外部のWebサーバで独自SSLを利用するためにSSL証明書の申請をされる場合、認証局より送信されるドメイン名所有者確認のメールは、whois情報(ドメイン登録情報)に登録されている連絡先アドレスにメール送信される場合があります。 この場合、ドメインの連絡先アドレスは通常、弊社のメールアドレスになっている為、お客様にメールが届かないことが考えられます。 この方法で認証局からのメールを受け取る場合は、ドメインの連絡先アドレスをお客様のメールアドレスに変更していただく必要がありますので、お客様マイページにある契約先情報の「ID・パスワードの再発行および情報変更依頼書(PDF)」に必要事項をご記入いただき、利用可能なメールアドレスをご連絡ください。 なお、認証局によっては、他のメールアドレスを指定いただける場合や書面による確認を選択できる場合がありますので、上記を踏まえて、ご利用される認証局にご確認いただくことをお薦めいたします。 ドメインの種別によって、メールアドレスの変更手続きができない場合もございますので、事前にで詳細をご確認ください。 なお、whois情報のメールアドレスをお客様のご利用可能なメールアドレスに変更せずにSSLサーバー証明書のお申込みをされた場合、ドメイン名所有者確認を弊社にて行うことはできませんのでご了承ください。 alpha-mail. secure-web. 不正侵入防御システム IPS• 不正侵入防御システム IPS とはどういうものですか? ネットワーク上に流れるパケットを監視して、攻撃や不正アクセスの兆候・可能性を検知、防御するシステムです。 システムで検知した悪意のある接続を自動的にブロックし、不正アクセスによる被害を未然に防ぎます。 ご了承ください。 本機能でブロックされた場合、エラーメッセージが表示されますか? 本機能によるブロックであると特定できるエラーは表示されません。 「悪意のある接続」「不正なパケット」とは、どのようなものでしょうか 一例となりますが、一定時間に過度のFTP接続を試みている、あるいはお客様コンテンツを不正に利用している、などの状態を指します。 組み合わせて使うと機能効率の上がるようなおすすめのオプションはありますか? 「Web改ざん検知」を利用することで、お客様Webサイトのセキュリティ強化が望めます。 不正アクセスを防止出来ると、具体的にどのようなメリットがありますか? ホームページの改ざん防止や、お客様がアップロードされたWebアプリケーションに脆弱性が含まれていた場合の不正利用を防止することができます。 各種Webツール• MovableTypeは利用できますか? ご利用になれます。 動作確認済みのバージョンやインストール方法はをご確認ください。 なお、運用方法などに関するお問い合わせはサポートは対象外とさせていただきます。 phpMyAdminは利用できますか? ご利用になれます。 動作確認済みのバージョンやインストール方法はをご確認ください。 なお、運用方法などに関するお問い合わせはサポートは対象外とさせていただきます。 WordPressは利用できますか? ご利用になれます。 動作確認済みのバージョンやインストール方法はをご確認ください。 なお、運用方法などに関するお問い合わせはサポート対象外とさせていただきます。 各種Webツールの外部プラグインのインストールがうまくいきません 各種Webツールのサポートは対象外とさせていただいております。 ご了承ください。 Webツールインストール中にエラーが発生します 通常、対応バージョンにてマニュアル通りに作業いたしますと正常にインストールが完了するようになっております。 再度バージョン、手順内容をご確認ください。 SSLサーバ証明書(SureServer)• EV証明書を利用できますか? 利用可能です。 EV証明書はサイト運営者の実在性を最も厳格に審査されるため、信頼性の高さから金融機関などで多く採用されています。 SHA-1のSSL証明書は取得できますか? SSLサーバ証明書(SureServer)で取得できるのは、SHA-2の証明書のみとなります。 アルファメール2のWebサーバ以外で利用するための証明書は取得できますか? 取得できません。 SSLサーバ証明書(SureServer)は、アルファメール2のWebサーバ環境でご利用いただく事を前提としたサービスとなります。 EV証明書で、組織名や都道府県名を日本語表記にできますか? 日本語表記での証明書発行は可能です。 なお、日本語表記とするためには、以下2点の対応が必要です。 CSR作成時、組織名を始めとした情報を日本語表記にて作成• 証明書の発行申請時に、申請法人名の言語選択で日本語を選択する その他• アルファメールの「サーバタイプ3」への切り替え期間中に利用するサーバ名「cgi3. お客様ドメイン名」は、切替完了後いつまで利用できますか? 切替完了後もしばらくの間は利用可能です。 なお、切替完了後は「www. お客様ドメイン名」でタイプ3の環境に接続できるようになりますので、管理者メニューで「移行完了」ボタンを押した後、数日経ちましたら、「www. お客様ドメイン名」の設定に戻してご利用ください。

次の

メールソフト設定|これからご利用されるお客様|ご利用の手引き|アルファメール プレミア 会員サイト

アルファ メール プラチナ

設定を始める前に、以下の情報をあらかじめご確認ください。 お客様のドメイン名• アカウント名と メールパスワード 以下マニュアルでは、例として以下環境で説明しています。 設定される際は、お客様の環境に置き換えてご利用ください。 ドメイン名 demodemo. jp アカウント名 otsuka-tarou• Outlook 2013を起動します。 初めてOutlook 2013を起動した場合、ウィザード画面が表示されます。 「次へ」ボタンをクリックします。 2.「アカウントの追加」をクリックします。 「はい」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 「自分で電子メールやその他の... 」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 「POP または IMAP」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。 必要事項を設定し、「詳細設定」ボタンをクリックします。 アカウントの種類 「POP3」を選択 受信メールサーバー 「pop. 送信メールサーバー SMTP 「amsub. パスワード 「メールパスワード」を入力• パスワードを保存する 保存する場合はチェックします。 [次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする チェックしません。 「送信サーバー」タブをクリックし、必要事項を設定します。 送信サーバー SMTP は認証が必要 チェックします。 受信メールサーバーと同じ設定を使用する 選択します。 「詳細設定」タブをクリックし、必要事項を設定します。 送信サーバー SMTP 「587」を入力• サーバーにメッセージのコピーを置く チェックしません。 (推奨)• 「OK」ボタンをクリックします。 「次へ」ボタンをクリックします。 「完了」ボタンをクリックします。 以上で設定は完了です。 経路暗号化の設定を行われる方は、以下をご参照ください。 上記、の画面で必要事項を設定し、「詳細設定」ボタンをクリックします。 受信メールサーバー 経路暗号化あり POP over SSL 「spop. alpha-mail. jp」を入力します。 送信メールサーバー 経路暗号化あり SMTP over SSL 「sauth. alpha-mail. jp」を入力します。 「詳細設定」タブをクリックします。 必要事項を設定し、「OK」ボタンをクリックします。 受信サーバー POP3 経路暗号化あり POP over SSL 「995」を入力し、「このサーバーは暗号化された接続 SSL が必要」をチェックします。 送信サーバー SMTP 経路暗号化あり SMTP over SSL 「465」を入力し、「使用する暗号化接続の種類」で「SSL」を選択します。 「POPとIMAPのアカウント設定」画面で「次へ」ボタンをクリックし、次画面で「完了」ボタンをクリックします。 以上で設定は完了です。

次の