犬 アレルギー 原因。 公益社団法人 埼玉県獣医師会

犬アレルギーの特徴5つ。犬アレルギー対策をして犬を飼おう

犬 アレルギー 原因

犬を飼っている人が突然犬アレルギーになる例は数多くあります。 犬アレルギーは予防や治療が難しいのですが、犬アレルギー対策としてできることは存在します。 今回は犬アレルギーをうまく抑える上で必要なことをご紹介します。 原因は毛や唾液に含まれる物質 アレルギーとは体内に存在する免疫反応がアレルゲンと呼ばれる特定の物質に過剰反応することをいいます。 この反応の結果、咳、鼻炎や湿疹といった症状があらわれます。 花粉症、喘息、アトピー、食物アレルギーが代表的でなおかつ認知度も高いアレルギーでしょう。 今回は動物アレルギーの中でも代表的と言える犬アレルギーについて紹介していきます。 犬アレルギーの原因となるアレルゲンとしては、犬の体内で作られる物質であるCanf1がよく知られています。 主に犬の毛、フケ、唾液などに含まれています。 犬の毛がアレルギーの原因であると考えがちですが、より正確には毛に付着した物質やフケなどに触れたり、吸ったりすることによってアレルギーが引き起こされるのです。 風邪と似た症状や湿疹が出る 犬アレルギーの軽い症状には、風邪をひいた時と同じような症状が多くみられます。 具体的な症例としてはまず咳、呼吸音に雑音が混じる、鼻水や鼻がむずがゆくなるといった鼻炎の症状、目の充血、およびそのかゆみといった症状が多いようです。 花粉症やそのほかのアレルギー、喘息などにもみられる症状が現れるので原因の特定には注意が必要になります。 特につらいのが皮膚の炎症を発症です。 この場合、皮膚が一目でわかるくらいに赤くなったり、腫れ上がったりします。 皮膚の痛みやかゆみを伴うことも多いです。 個人差はありますが、基本的にこれらの症状は原因となる物質と接触しなければ発症を抑制することは可能です。 しかし、犬を飼っている人が犬とまったく接触しないというのも難しいので、できる範囲で対策を講じていくことが必要になります。 呼吸困難に陥ることも 犬アレルギーの症状が進行すると下痢、めまい、動悸、吐き気や嘔吐、嚥下困難などの重大な症状を招くことがあります。 犬アレルギーの症状は多様で個人差が大きいものですが、特に危険といえるものが呼吸困難です。 湿疹や腫れの症状は皮膚だけでなく体内の粘膜でも起こる可能性があります。 気道の粘膜が腫れた場合、呼吸困難に陥り、最悪命を落とすということにもなりかねません。 これらの症状を発症したら放っておいても自然に治ることはないので、なるべく早く病院に行くようにしてください。 もともと喘息やアトピーだという人は犬との接触で症状を悪化させる可能性があるので、より一層の注意が必要だと言えるでしょう。 犬アレルギーを防ぐには清潔な環境が不可欠 今のところアレルギーの予防や治療法は確立されていないというのが現状です。 突然アレルギーになったり、逆に突然アレルギーの症状が現れなくなったという例も少なくないなど、アレルギーに関してはよくわかっていないことが多くあります。 犬アレルギーも完治はできませんが、ある程度症状を抑える方法は存在します。 まず、犬との接触を減らすには屋外で飼育するとよいでしょう。 屋外での飼育が難しいようなら人がよく利用する場所、特に寝室には犬を入れないようにします。 犬と触れ合うときはマスクや手袋をするという人もいます。 こまめな換気や掃除も部屋のアレルゲンを減らすことにつながります。 また、犬をお風呂に入れるのも有効です。 とにかく部屋にアレルゲンを溜め込まないことがアレルギー予防の第一歩です。 犬アレルギーの完治は困難 もし犬アレルギーになってしまった場合、アレルギーには特効薬といえるような治療法はないので、対症療法でそれぞれの症状を軽減することが基本となります。 症状にあった薬剤を病院の皮膚科、耳鼻科、アレルギー科で処方してもらうことになるでしょう。 効果は保証されませんが、アレルギーの症状を大きく減らす治療法として脱感作療法があげられます。 免疫療法、減感作療法とも呼ばれます。 これは、最初は濃度の薄いアレルゲンを患者に投与して反応を見つつ、徐々に濃度の高いものを投与して免疫機構のアレルゲンに対する反応を弱めていき、最後には根治を目指す治療法となります。 成功すれば非常に効果は大きいのですが、あまり治療の成果が出ない場合があったり、副作用としてアレルギー症状を誘発するといったリスクも存在します。 家族が発症した場合 犬を飼う人が大きく悩むのが、家族など同居人が犬アレルギーになった場合でしょう。 症状によっては重大な決断を迫られることもあります。 このようなときにはまずアレルギー検査を受けて原因を特定するようにしましょう。 ハウスダスト、ノミ、花粉など犬以外の要因でアレルギーになっていることがあるからです。 どうしても犬アレルギーの症状が深刻化する場合は犬を手放すということも選択肢に入ってきます。 親族や知人に預けたり、里親に出すといったことが考えられるでしょう。 犬に限らずペットとの別れは辛いものです。 日頃からの犬アレルギー予防が重要 花粉症などと違って原因となるものを簡単に除去できないのが犬アレルギーの難しい点と言えます。 ペットはそうそう手放せるものではないでしょう。 犬アレルギーは、誰にでも起こる可能性があり、それに加えて治療が非常に困難です。 よって、日ごろから犬アレルギーの予防に努めることが大切になります。

次の

獣医さんに聞く!犬のアレルギー性皮膚炎 症状や治療法、自宅でのケア

犬 アレルギー 原因

解決方法!食品アレルギーによる嘔吐・下痢の原因と症状。 犬のアレルギー症状の1つである「食べ物アレルギー」は、その名の通りドッグフードやおやつの中で食べたことがある食材に突然免疫機能が過剰な反応を示し、様々なアレルギーの症状を引き起こしてしまうものです。 肉や卵といった特定の食材が原因となるものや、ドッグフードの不純物・食品添加物などが原因になることもあります。 犬それぞれのアレルギー症状の原因となるもの =アレルゲン は違うので、動物病院でアレルゲン特定の検査を行ってください。 そしてそれらを排除した生活に改善していきましょう。 【食品アレルギーによる嘔吐や下痢の見分け方】 食べ物にアレルギーを持っている犬の約20~30%が嘔吐や下痢などの胃腸に症状が現れると言われています。 もともと犬は食べ過ぎなどですぐに吐きやすいものですが、食べ物によるアレルギー症状の嘔吐は特徴があります。 犬の嘔吐の様子には2種類あり、「吐き出し」と「嘔吐」と区別されています。 例えばごはんやおやつを「食べてからすぐに吐き出してしまう様子のこと」を「吐き出し」と呼びます。 その多くは急いで噛まずに食べてしまったり食べ過ぎてしまったときなどに起こるので、食べ物が食道から胃に入ってすぐに吐き戻すという症状ですので緊急性は低いのです。 それに対して食べ物アレルギーによるものは「吸収」の時、つまり腸に達してから吐いてしまうというところが違いになります。 アレルギー症状は免疫機能が過剰に働いてしまうというもので、その「免疫機能」は主に腸に任されています。 なのでアレルゲンが腸に達した時に拒絶反応として嘔吐が起きてしまうのです。 そして下痢の症状も嘔吐と同じく、腸からのアレルゲンへの拒絶反応として現れてきます。 【処置法・改善法】 まず犬が吐いた物が原型を残して吐かれている場合、食べてから直ぐに吐いた場合には吐き戻しの可能性があるので、まず胃腸を休めるために食べ物の摂取を控え少し様子見をしましょう。 ケロッと元気になって便も健康な様子でしたら緊急性の低いものでしょう。 犬の吐いた物が消化された後のように原型を留めていない、食べてから時間を空けて嘔吐した場合にはアレルギー症状の可能性がありますので、その後にも食後同じようにに嘔吐や下痢などの症状が続く場合には動物病院へ連れて行きましょう。 また、吐いた物に血が混じっている場合には違う重大な疾患が隠れているかもしれませんので直ぐに診察を受けてください。 食べ物の中のアレルゲンを特定したら、獣医師の指導のもとで食事の改善を行いましょう。 その犬のアレルゲンである素材を使っていないドッグフードやおやつを少しずつ試して、どのフードが犬に合っているのかを見極めることも大切です。 良質で安全性が高く、原材料表記の中に合成保存料や人工添加物など、アレルゲンになりやすい不純なものが入っていないドッグフードがお勧めです。 そしてアレルギー症状は言わば免疫機能の過剰反応であり、免疫機能は主に腸が司っていますので、その免疫機能を正常化するには腸内環境を整えることも大切です。 犬用の乳酸菌を摂取できる食品もありますので獣医師の指導のもと取り入れてみるのも良いかもしれません。

次の

犬の鶏肉アレルギーの症状とドッグフードの選び方

犬 アレルギー 原因

犬アレルギーの症状がでる原因 犬アレルギーの原因物質、つまりアレルゲンは、現在「Can f 1~Can f 7」まで7種類が見つかっています。 『Can f(キャンエフ)』は犬の学術名で、そのあとの数字は見つかった順番の番号です。 7種類の中でもCan f 1が犬アレルギーのアレルゲンとして最もよく知られています。 Can f 1は犬を飼育している家庭のほとんどで検出されますが、犬を飼育していない家庭で検出されることもあります。 主に犬の毛、フケ、唾液に存在し、犬の皮脂腺から分泌されるリポカリン(lipocalin)というたんぱく質から構成されています。 犬アレルギーの人のおよそ半数がCan f 1に対するIgE抗体(アレルギー反応に関係する抗体)を持っていると言われています。 Can f 1は微細であるため、空気中に飛散しやすいです。 一般的に犬アレルギーの一番の原因は『犬の毛』とされていますが、正確には犬の毛に付着したほこりや花粉、フケなどのアレルゲンがアレルギー症状を引き起こしています。 犬を飼う前に検査を 犬アレルギーを予防するためには、前もって犬アレルギーの有無を調べておくのが一番です。 ですから、これから犬を飼いたいと考えているのなら、飼う前に家族全員でアレルギー検査を受けることをオススメします。 犬アレルギーの検査方法は プリックテスト 皮膚の上にアレルゲン液を垂らし、その部分の皮膚を針で軽く刺して皮膚の中にアレルゲン液を入れ、反応を調べる皮膚テストです。 針の方にアレルゲン液を付着させてから皮膚に刺す方法もあります。 RASTテスト 少量の血液を採取し、アレルゲンと反応させてアレルゲンに対する抗体(特異的IgE抗体)が検出されるかどうかを見る血液検査です。 が主流になっています。 アレルギー検査は皮膚科、耳鼻科、アレルギー科、内科などで受けられます。 子供の場合は、まず小児科で相談してみると良いでしょう。 犬を飼ってから犬アレルギーになってしまったら? 既に犬を飼っていて、これまで何ともなかった人が突然、犬アレルギーになることもあります。 もし、自分や同居する家族が突然犬アレルギーになってしまったら症状の重さによっては、愛犬と一緒に過ごせなくなってしまうことも考えられます。 ですが、犬アレルギーの症状が軽い場合は家の中や愛犬を清潔に保つなどして、アレルゲンが体内に入るのを予防すれば、ある程度症状を抑えられるかもしれません。 アレルゲンが体内に入るのを予防するために• 犬のシャンプーやブラッシングを頻繁に行う• 犬が出入りできる部屋を制限する(特に寝室には犬を入れない)• こまめに手を洗う• 毎日部屋の掃除を徹底して行う(HEPAフィルター付きの掃除機がオススメ)• こまめに部屋を換気する• 空気清浄機を設置する(HEPAフィルター付きの空気清浄機がオススメ)• カーペットやクッションなどアレルゲンが付着しやすいものをなるべく置かない などを日頃から心がけましょう。 まとめ 犬が好きなのに飼えないのはつらいことです。 しかし、犬を飼い始めてから自分や家族が犬アレルギーだと分かり、愛犬を手放すか飼い続けるかの決断を迫られることの方がつらいはずです。 ですから、これから犬を飼う予定があるのなら、前もって家族全員でアレルギー検査を受けることをオススメします。 「アレルギー検査は受けていないけれど、何年も犬を飼っていて何ともないから大丈夫!」と考える飼い主さんもいるかもしれませんが、犬アレルギーは突然発症することもあります。 なので、犬を飼っていて自分や家族にアレルギーの症状が出た場合は、早めにアレルギー検査を受けてアレルギーの原因を特定しましょう。 ハウスダスト、ノミ、花粉などが原因であることもあります。 もし、犬アレルギーであると判明した場合は、愛犬との生活を継続させながらアレルギーの症状を緩和する方法はないか、医師に相談しましょう。 犬アレルギーも重度になると命にかかわりますので、医師から犬を手放すことを勧められるかもしれません。 犬アレルギーが原因でどうしても愛犬を手放さざるを得ない場合は、愛犬をかわいがり幸せにしてくれる次の飼い主を見つけて、愛犬が不幸な結末を迎えないようにしてあげてください。 それが飼い主としての責任です。 私は犬が大好きなのですが、犬アレルギーもちです。 自分がアレルギーがあることは分かっていたのですが、呼吸困難や嘔吐がでるほどの重症ではないので、軽い気管支炎や咳、鼻水は覚悟のうえで、夢だった犬を飼うことにしました。 最初の頃は、愛犬に舐められたり、愛犬の鼻先が皮膚に触れたりすると、その部分の皮膚が赤く腫れあがり、蕁麻疹のようにかゆくて。 犬は人の口や鼻の周りを舐めたがるので、愛犬がを舐めようとしたときには、「かゆくなっちゃうから、本当にごめんね」と言って止めていました。 すると、「オテ」や「マテ」のしつけと同じで、繰り返すうちに「私には舐めてはいけない」と認識した様子です。 その結果に驚いてしまったのですが、犬アレルギーの値が猫アレルギーよりもかなり高かったのです!私は犬が大好きで、小さい頃から犬と過ごしてきて、現在も愛犬と暮らしています。 この結果にショックでした・・・。 しかし、犬アレルギーの値が高いとはいえ、今の所くしゃみや鼻水などの具体的な症状はありませんが、記事にもあったように、この犬アレルギーは突然なる場合もあるようですね。 その「突然」がいつか来ないかとドキドキしてしまいます・・・。 友人の一人が犬アレルギーで、とても辛そうです。 犬を触っただけで蕁麻疹が出てしまったり、鼻がムズムズしてしまうようです。 アレルギーは困りますね。 猫アレルギーという言葉は良く聞きますが、犬アレルギーというものもあるんですね。 うちは主人が猫アレルギーで、猫を飼っているお宅へ滞在すると10分そこらでくしゃみが出始め、鼻水が止まらず2,3時間後には顔にボコボコと蕁麻疹が出てしまうほどです。 なので、猫を飼うのは諦めて犬にしたのですが、犬アレルギーがあることを知りませんでしたので、もし犬アレルギーの検査をしていたら飼っていなかったかもしれません。 猫アレルギーの前例があったため、飼う犬種はアレルギーが出にくそうな犬種をと選びました。 抜け毛が少ない、よだれが多くないなど。 今飼っている犬は、換毛期がなく、毛が抜けてもカールしているため途中で引っかかり床に落ちたり浮遊することはありません。 定期的にトリミングに出して、清潔に保つよう努めています。 また、リビングと寝室には空気清浄機を24時間つけっ放しにし、ベッドには上がらせないようにしています。 子供のころからずっと犬と生活をしているので自分は大丈夫、と思っていましたが犬アレルギーは突然症状が出ることもあるんですね。 うちは幸い家族も含めて今のところ大丈夫ですが、友達には何人かアレルギーの子がいます。 ですが、少し前にその友達が犬を飼い始めたと聞き驚きました。 抜け毛が少なければ大丈夫とその子は言っていて、トイプーを飼いはじめました。 はじめは大丈夫なの?!と半信半疑でしたが、今も仲良く生活をしています。 小さいころラブラドールを飼っていて、犬はみんなすごく毛がぬけるものだと思っていました。 (世間知らずです。。 )ですが、トイプーをはじめシュナウザーや、マルチーズやビジョンフリーゼなど、毛が抜けにくく、アレルギーの方でも飼いやすい犬種もいるんですね。 まずは、大丈夫なのかのアレルギー確認が最重要ですが、共存できるのであればぜひ私の友達のように犬を飼う楽しさを感じてほしいです。 アレルギー症状は体調次第で悪化することもあります。 犬アレルギーの原因のひとつに抜け毛が埃と一緒になるハウスダストがあります。 これはこまめな掃除で対処できると思います。 根本的な部分は完治できるものではありませんが、愛犬を清潔に保っておくこと、部屋などにアレルゲンとなる抜け毛を放置しないことでだいぶ改善されます。 飼い主さんは、事前に血液検査で犬猫アレルギーを調べておくことで心構えもできると思います。 花粉症と同じく急に発症するのがアレルギーです。 甘く考えてはいけません。 私が血液検査をした時、犬アレルギーは出なかったのですが、寝不足などで体調が芳しくない状態で愛犬を抱くと蕁麻疹が出てしまうことがあります。 普段はそういったことがないので、飼い主の体調次第で犬アレルギーが出てしまうこともあると思います。 お子さんが小さいうちなら、犬と一緒に暮らしていくことで体内に耐性ができ、その後犬アレルギーを発症しづらくなる例もあります。 流行りのイタリアングレーハウンドは犬アレルギーが出にくく、賢い犬種なので小さいお子さんがいるご家庭でも安心して暮らせると思います。 10年程前にはじめて花粉症になりました。 ある日を境に突然です。 また、同じ頃から、ハウスダストと寒暖差のアレルギー症状が出る様になり、同様に飼っていたハムスターへのアレルギー反応が起こるようになりました。 ハムスターは小さなガラス製のケースで飼っており、なるべく埃が出ない床材を使用していたので、普段は鼻がムズムズするぐらいでしたが、ハムスターは、あれで案外毛が抜ける動物。 床材の掃除をしたり、ケースの清掃の際は、腕中に蕁麻疹のような赤い発疹が出て非常に痒く、鼻水やくしゃみが止まらなくなるのです。 最後のハムスターが亡くなってから飼うのは断念しました。 犬と暮らし始めて8年になりますが、今の所、愛犬が原因と思われるアレルギー反応は出ておらず、これについてはラッキーと受け止めています。 念のため、アレルギー検査を行なうというのは考え方として正しいと思いますが、体質の変化や加齢、また、日常的にアレルゲンが入ることで反応がはじまることがありますので、検査の数値が低ければ大丈夫というものでもないかと思います。 急に重篤な症状が出るケースもあるかもしれませんが、多くの場合、その人が持つしきいを超えた際に反応が出ます。 普段から清潔にする、飼い主さん自身の免疫力(健康)に留意する等でコントロールしている人も多くいますので、悲観的になり過ぎず、目の前に愛犬がいるなら、なかよく付き合ってあげてほしいと思います。

次の