セサミン サプリ 効果。 セサミンの効果は高血圧と白髪対策?【多く含まれる食品はゴマ】

セサミンの効果効能

セサミン サプリ 効果

今回は「セサミン」について解説します。 セサミンとは セサミンは、ゴマに含まれているリグナン(植物由来の化学物質)の一種です。 ゴマセサミンが有名ですが、ゴマのほかにサンショウの樹皮やイチョウなどにも含まれています。 セサミンは脂溶性物質ですので、油脂類に溶解することで効率的に吸収できます。 セサミン自体には酸化を抑える作用(抗酸化活性)はありませんが、生体内で代謝される過程で抗酸化活性を持つ代謝物に変換されるため、その抗酸化作用を期待した健康食品が販売されています。 根拠となるデータの蓄積に期待 セサミンには、コレステロール低下作用、血圧低下作用、脂質代謝改善作用、アルコール代謝促進作用、自律神経調節作用、疲労感改善作用などが期待できると言われています。 これらの作用について、その根拠となる実験や調査などの研究結果がどれくらいあるのかを調べてみました。 世界中の主要な医学系雑誌に掲載された論文を検索することができるデーターベース(PubMed)で検索すると、2015年11月までに405報のセサミンに関する論文が見つかりました。 非常にたくさんの研究が実施されているように思えますが、このうち、ヒトを対象とした臨床試験は8報に限られ、科学的根拠としての質が高いと考えられる、無作為に「セサミン入りのカプセル」を摂取する群と「セサミンが入っていないカプセル」を摂取する群に分け、被験者自身がどちらのカプセルを摂取したのか分からない状態で行った試験(二重盲検無作為化プラセボ比較試験といいます)や大規模な試験は一つもありませんでした。 したがって、ヒトがセサミンを摂取した時の有効性については、まだまだこれから、その根拠となるデータの蓄積が期待されるところだと言えます。 インターネットのサイトなどでは、「セサミンの1日必要量は10mg」と紹介されていることが多いようですが、前述のデーターベースの検索結果で示されたヒト試験8報では、1日に32.4mg~500mgのセサミンを摂取させていました。 セサミンは、生体の維持のために食物から摂取する必要のあるビタミンやミネラルと異なりますので、現時点でその必要量は明確ではないと考えられます。 市販されているセサミンの健康食品やサプリメントは、製品によりセサミンの含有量が異なるとともに、セサミン単独ではなく同時に様々な成分が添加されています。 中には成分の含有量が表示されていない製品もあるようですが、製品を選択する際は、セサミンやその他の成分の含有量をチェックして、おのおのの目的にかなったものを選択してください。 現時点での健康被害や副作用の報告 セサミンによる健康被害や副作用の報告は現時点では見当たりません。 いくつかのヒトを対象とした試験でも、副作用は見られなかったことが報告されています。 したがって、適切に使用すればおそらく安全だと考えられます。 ただし、前述のように、市販のセサミン製品にはセサミン以外の様々な成分が含まれていますので、セサミン以外の成分による副作用が出てしまう可能性もあります。 セサミンの素材としての安全性と、セサミンを含有するサプリメント製品の安全性はイコールではありませんので、注意してください。 セサミンを薬と併用した時の安全性については、薬を代謝するいくつかの酵素の働きを阻害する可能性が実験結果として報告されているものの、その詳細やヒトでの影響については報告がありません。 「報告がない」というのは、必ずしも「影響がない」ということではなく、「分かっていない」ということです。 薬との相互作用に関しては分かっていないことが多いため、基本的には併用しないこと、併用する場合には、医師・薬剤師に相談した上で利用するようにしましょう。 セサミンの安全性・有効性に関する科学的根拠は以下のサイトを参照してみてください。

次の

セサミンサプリのおすすめ人気ランキング10選【ゴマのちから!】

セサミン サプリ 効果

健康維持に活用したいといわれることが多いセサミン。 名前は知っていても、成分について詳しく知らない方が多いかもしれませんね。 セサミンが気になる方に向けて、成分の概要、期待されている効果・効能、セサミンを含む食品などを解説します。 セサミンの利用を検討している方は、参考にしてください。 セサミンとは何か? 最初に、セサミンの概要を解説します。 セサミンはどのような成分なのでしょうか。 セサミンとは セサミンは、ゴマに多く存在するリグナン類と呼ばれる成分のひとつです。 体内で強力な抗酸化作用を発揮すると考えられています。 セサミンが肝臓で代謝されることにより強力な抗酸化作用を発揮します。 この働きにより、様々な効果・効能を期待できるといわれています。 ゴマリグナンって? リグナンは、植物に含まれるポリフェノールのひとつです。 ゴマに含まれるものをゴマリグナン類と呼んでいます。 ゴマリグナン類には、脂溶性のセサミン・セサモリン、水溶性のセサミノールなどの種類があります。 中でも多い成分がセサミンとセサモリンです。 2つの成分はゴマの0. 3~0. 5%程度を占めるといわれています。 セサミンと黒セサミンの違いは? 一部では、黒ゴマに含まれるセサミンのことを黒セサミンと呼んでいます。 セサミンと黒セサミンに特別な違いはありませんが、白ゴマと黒ゴマには多少の違いがあります。 含まれる成分やポリフェノールなどが異なるのです。 一般的に、白ゴマに比べ黒ゴマの方が栄養価は高いといわれています。 この点が気になる方は黒セサミンを利用するとよいかもしれません。 セサミンの効果・効能は? セサミンは、様々な効果・効能を期待されています。 生活習慣病を予防 セサミンには強力な抗酸化作用を期待できると考えられています。 セサミンには、増えすぎた活性酸素を取り除き生活習慣病を予防する働きが期待されています。 セサミンは肝臓で強力な抗酸化作用を発揮すると考えられています。 肝臓は、身体の中で最も大きな臓器です。 酸素を多く消費するので活性酸素が多く発生すると考えられています。 セサミンを摂ることで、肝臓の酸化を防ぎ、肝臓の働きを維持しやすくなるといわれています。 高血圧を抑制 過去に行われた実験で、継続的にセサミンをとり続けること(1日60㎎を4週間)により、軽症高血圧患者において収縮期高血圧・拡張期高血圧がわずかながら低下したことが報告されています。 血圧低下の幅はごくわずかとされていますが、生活習慣病のリスク管理には役立つ可能性があるといわれています。 コレステロール値を下げる セサミンは、コレステロールの合成を阻害すること、コレステロールの吸収を抑制することなどでコレステロールを低下させると考えられています。 このことを示すように、高コレステロール血症の患者にセサミンを継続的に投与することで総コレステロールと悪玉コレステロールが低下した研究があります。 また、セサミンは強力な抗酸化作用により、悪玉コレステロールの酸化を防ぐといわれています。 悪玉コレステロールの酸化は動脈硬化の原因になります。 動脈硬化は、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞などの危険因子です。 この働きも、セサミンに期待されている見逃せない働きといえるでしょう。 抗疲労作用 一部では、セサミンに疲労を回復する効果・効能も期待されています。 疲労の原因のひとつといわれているのが肝臓の働きの衰えです。 生命維持に重要な役割を果たしている肝臓の働きが衰えると疲れやすくなると考えられるからです。 セサミンは強力な抗酸化力により肝臓の働きをサポートします。 これにより、疲労回復を助ける可能性があるといわれているのです。 エイジングケア 老化の原因のひとつといわれているのが活性酸素による細胞の酸化です。 セサミンは、抗酸化作用により細胞の酸化を防ぐことで老化の予防に役立つと考えられています。 また、セサミンは、血液中のコレステロールを減らすことなどにより血液の流れを良い状態に保つとされています。 血液の流れが良い状態に保たれると、全身に酸素や栄養を届けやすくなるので若々しさを維持しやすくなります。 これらの働きから、セサミンはエイジングケアに役立つといわれています。 セサミンが白髪を黒くする?!エイジングケアにはゴマの力! 一部では、セサミンに白髪を予防する働きなどがあるといわれています。 なぜ、このように言われるのでしょうか。 考えられる理由を紹介します。 黒ゴマのセサミンが白髪対策に? 髪の毛の色 髪の毛は、毛球にある毛母細胞で作り出されます。 毛母細胞が作り出す髪の毛は白色です。 毛母細胞に色素細胞・メラノサイトが作り出したメラニンを受け渡すことで髪の毛に色が付きます。 何かしらの原因でメラニンを作り出せなくなると、髪の毛に色を付けられなくなるため白髪になります。 白髪のメカニズムは? 白髪の原因・メカニズムははっきりわかっていませんが、加齢や遺伝、ストレス、栄養不足、病気などが影響を与えていると考えられています。 これらによりメラノサイトが残っているにもかかわらずメラニンを合成しなくなること、メラノサイトが減少すること、欠損することで白髪になると考えられているのです。 黒ごまがおすすめ 一部で、栄養不足に役立つといわれているのが黒ゴマです。 はっきりとした原因・メカニズムが分かっていないので、現時点で完全に予防することは難しいとされていますが、気になる方は黒ゴマを試してみるとよいかもしれません。 更年期の症状を緩和 更年期とは 女性の多くは、更年期を迎えると様々な症状に悩まされるといわれています。 更年期とは、閉経前後の10年間のことです。 日本人女性が閉経を迎える平均が50歳といわれているので、日本人女性の更年期は45~55歳ごろということができます。 この頃に、イライラや火照り、発汗などの症状が現れた方は更年期を迎えたことによる症状かもしれません。 更年期障害が起こる理由 更年期に様々な症状が現れる理由は、卵巣の働きが衰えて女性ホルモンのひとつエストロゲンが分泌されにくくなるからです。 エストロゲンの分泌をつかさどる脳の視床下部が命令を出しても、エストロゲンは分泌されないので脳は混乱します。 脳の視床下部は、エストロゲンとともに自律神経もコントロールしているため、混乱すると全身に様々な症状が現れるのです。 セサミンが緩和してくれる? 更年期を迎えたことによる症状を緩和する方法が、不足している女性ホルモンを補うことです。 医療機関でも女性ホルモンを補充する治療が行われています。 女性ホルモンを補充できない場合、女性ホルモン様の物質を取り入れることでもよく似た効果が期待できるといわれています。 女性ホルモン様の物質として挙げられるのがゴマに含まれるセサミンです。 このことから、セサミンは更年期の症状を緩和する可能性があるといわれています。 エイジングケアにはセサミンを! 以上の通り、セサミンはエイジングケアに役立つ成分と考えられています。 更年期を迎えたことによる症状の緩和も期待されているので、特にエイジングケアが気になる女性にうれしい成分といえるでしょう。 年齢が気になりだした方は、積極的にセサミンを摂ってみてはいかがでしょうか。 セサミンの摂り方 セサミンを活用したい方は、どのように摂ればよいのでしょうか。 セサミンの摂り方を解説します。 1日の推奨量・摂取量 厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」にセサミンの推奨量・摂取量に関する記載はありません。 一般的な目安といわれているのが、1日当たり10㎎です。 セサミンを摂りたい方はこの量を参考にするとよいかもしれません。 摂取のタイミングは? 摂取のタイミングに関しても特別な決まりはありません。 食事から摂りたい方は食事のタイミングで、サプリメントから摂りたい方は好きなタイミングで摂ると良いでしょう。 短期間で実感できる成分ではないので、継続して摂取することが重要と考えられています。 妊婦さんには付加量が必要? 妊婦さん・授乳婦さんに対する付加量も定められていません。 この時期の方を対象にした、サプリメント(濃縮物)の安全性に関する十分なデータはありません。 サプリメントからセサミンを摂りたい方は、主治医に相談したほうが良いでしょう。 セサミンの注意点や副作用 セサミンを利用したい方は注意点も抑えておきましょう。 過剰摂取と欠乏の影響を解説します。 過剰摂取すると? 食品に含まれている身近な成分なので、安全性は高いと考えられています。 ただし、体質などによっては摂取後に不調を感じることがあるかもしれません。 セサミンを利用する方は、目安量を守るとともに体調の変化に気をつけましょう。 欠乏すると? 欠乏の影響は特に指摘されていません。 健康維持や美容などに役立つ可能性が示されているので、これらが気になる方は利用を検討すると良いでしょう。 セサミンと相性の良い成分や調理法 セサミンを利用したい方は、相性の良い成分と調理法を抑えておきましょう。 セサミンを効率よく利用できるはずです。 相性が良い成分 ビタミンE 脂溶性のビタミンです。 セサミンと同じく、強力な抗酸化作用が期待されています。 共に、活性酸素の除去に働くので、セサミンと相性が良いといわれています。 相性の良い調理法 すり潰す 皮つきのゴマを食べても、多くがそのまま排泄されてしまいます。 手間は少しかかりますが、すりゴマか切りゴマにすると、吸収しやすくなります。 食品からゴマを摂る方は、すりゴマか切りゴマにして利用しましょう。 セサミンを多く含んでいる食品 セサミンは毎日の食事から摂ることができます。 セサミンを摂りたい方は、次の食品を利用すると良いでしょう。 黒ゴマ セサミンを多く含む代表的な食品です。 セサミンのほか、黒色のもとになるポリフェノールやその他の成分を含む点が特徴です。 ポリフェノールやその他の成分を合わせて摂りたい方などにオススメです。 白ゴマ 白ゴマもセサミンをたっぷり含みます。 おひたしに振りかけるなど、黒ゴマより用途が幅広いので利用しやすいかもしれません。 セサミンを摂りたい方は、色々な料理に振りかけてみてはいかがでしょうか。 ゴマ油 ゴマから抽出される油です。 セサミンの含有量はゴマそのものより多いといわれています。 魅力的な食品ですが、油なのでカロリーはそれなりです。 ごま油を活用したい方は、この点に注意しましょう。 まとめ セサミンは、ゴマに含まれるリグナン類と呼ばれる成分のひとつです。 セサミンの目安量とされているのが1日当たり10㎎です。 ゴマに換算すると3000粒にもなります。 毎日、ゴマから目安量とされるセサミンを摂ることは大変です。 継続的にセサミンを摂りたい方はサプリメントを利用すると良いでしょう。 サプリメントであれば、手軽に十分な量のセサミンを摂ることができます。 気になる方は、利用しやすい商品を見つけてみてはいかがでしょうか。 セサミンが摂取できるサプリメント セサミンの摂取量の目安とされているのが、1日当たり10㎎です。 わずかな量に思えますが、ゴマに換算するとおよそ3000粒になります。 毎日、これだけのゴマを食べるのは大変ですよね。 手間をかけずに目安量のセサミンを摂りたい方は、サプリメントを活用すると良いでしょう。 次のサプリメントなどがおすすめです。 かどや ごまセサミン タンパク質やカルシウム・ビタミン・ミネラル・セサミンなどを豊富に含み栄養の宝庫といわれるゴマに注目したサプリメントです。 ごま油でお馴染みのかどやが、3000種類ものゴマの中から厳しい基準をクリアした良質なゴマだけを選び、独自の製法でセサミンなどを抽出している点が特徴です。 ゴマそのものを食べるよりセサミンなどを効率よく摂れるうえ、カロリーを気にする必要がないので利用しやすいと評判です。 いつまでも若々しく過ごしたい方などにオススメされています。 小林製薬セサミンGOLD 一般的な黒ゴマと比べて3倍ものセサミンを含むセサミン高含有黒ゴマを丸ごと絞って作ったサプリメントです。 一日分の目安量である3粒で10㎎のセサミンのほか、ゴマ本来の成分をまとめて摂ることができます。 元気に輝く毎日を過ごしたい方などにオススメされています。 セサミンEX ゴマの希少成分セサミンに体調を整えるオリザプラス、年齢美容に役立つビタミンE・トコトリエノールを配合したサプリメントです。 オリザプラスは玄米ポリフェノールを凝縮した注目の成分です。 4つの成分のシナジーパワーで身体サポートを目指します。 体力や美容、若々しさが気になる方などにオススメされています。 やずや アマニとえごまセサミンプラス 健康油として注目を集めるエゴマ油と亜麻仁油にセサミンとコエンザイムQ10をプラスしたサプリメントです。 1日分の目安量にあたる4球で、20㎎のセサミンと0. 0㎎のビタミンEを摂ることができます。 4球のカロリーはわずか15kcalです。 年齢美容対策をしたい方や生活習慣が乱れがちの方などにオススメされています。 濃縮セサミンプレミアム セサミンに亜麻仁油をプラスしたサプリメントです。 40㎎のセサミンは黒ゴマ3000粒に相当します。 1カ月あたり2400円とお手頃な点が特徴です。 手軽にセサミンを摂りたい方などにオススメです。 ごま酢セサミン ごま酢の健康に良いチカラをぎゅっと詰め込んだサプリメントです。 ごま酢に含まれる必須アミノ酸BCAA バリン・ロイシン・イソロイシン の量は一般的な黒酢の約8倍、総アミノ酸の量は45倍です。 このほか、黒酢比で79倍の鉄、68倍のカルシウム、43倍のマグネシウム、23倍の亜鉛を含みます。 さらに、健康サポート成分・セサミンもたっぷり含みます。 これらを一度にまとめて摂れるサプリメントがごま酢セサミンなのです。 1カ月あたり1555円から始められます。 1日当たりの目安量である4粒で10㎎のセサミンと300㎎のDHA、100㎎のEPA、10㎎のオリザプラス、55㎎のビタミンE、15㎎のDPAを摂ることができます。 様々な健康成分をバランスよく取り入れたい方、考えることが多い方、若々しくいたい方、健診が気になる方などにオススメされています。 DHC 黒セサミン 黒ゴマを発酵・加熱処理することでパワーアップさせた発酵黒ゴマエキスを配合したサプリメントです。 参考サイト.

次の

セサミンの効果効能

セサミン サプリ 効果

グルコサミン同様、変形性膝関節症に効くと言われているヒアルロン酸も、国立健康・栄養研究所の報告では「ヒアルロン酸注射(関節内投与)については一定の効果が認められているが、経口摂取によるヒトでの有効性について信頼できるデータは見当たらない」と断言されている。 『』の著者で、予防医療サプリメントアドバイザーを務める柴田丞氏が語る。 「いくらサプリでヒアルロン酸を飲んでも、グルコサミンやコンドロイチンと同じく、それが直接関節に作用するわけではありません。 体内でブドウ糖とアミノ酸に分解されるだけです。 メーカーの宣伝には『痛みが消えた』『歩くのが楽しくなった』という使用者の声が多数掲載されていますが、それが本当かどうか確かめるすべはありません。 そもそも痛みは数値化できるものではないので、本人の思い込みによる部分が大きく、エビデンス(医学的証拠)に乏しい。 効果が解明できないことを逆手にとって、悪質なメーカーが粗悪品を出していることもある」 あくまで「健康食品」 サプリを含む健康食品は、今や売り上げが2兆円に迫る巨大な産業にまで成長。 '12年に内閣府消費者委員会が発表した調査によると「50代以上の約3割が健康食品をほぼ毎日利用している」という。 だが、そもそもサプリメントとは「医薬品」ではなく、あくまで「健康食品」でしかないことを忘れてはならない。 「サプリと医薬品の違いは、規格があるかないかです。 医薬品には規格があり、原料がどのようにして製造され、どのような保管をされ、どのように販売されるかすべてに対して一定の基準を満たしていなければならない。 当然、効果に対しての根拠も厳しく求められる一方で、どの病気や症状に効くのかをはっきりと表示することができる。 これに対して、サプリは栄養補助食品であり、病気を治す医薬品とは明らかに違います。 なのでサプリは『〇〇に効く』という露骨な表現はできません。 しかし、それさえ謳わなければ、確固とした根拠がなくとも、食品なので販売できてしまうのです」(前出の柴田氏) サプリは12種類のビタミンと5種類のミネラルのいずれかが一定量含まれていれば、厚生労働省に届け出をすることもなく「栄養機能食品」と表示することができる仕組みになっている。 そのためサプリ市場への参入は敷居が低く、極端なことをいえば一般人でも原料を買って、工場と契約すればサプリを作り、販売できてしまう。 実際、そういった受注を請け負う工場も存在する。 とはいえサプリを飲んでいる人の中には、実際に効果を感じている人もいるだろう。 「確かに、効くと信じて飲むことで『プラシーボ効果』(思い込みによる偽薬効果)により、体調がよくなったと感じる人がいます。 しかし、それはあくまで気持ちの問題であって、医学的に効果があったことを証明することにはなりません」(大学病院の内科医) ビタミン剤も…? グルコサミンなどに次いで多くのメーカーが販売しているのがビタミン剤である。 だがその効果のほどはやはり怪しい。 サプリ大国、アメリカでは、'13年にマルチビタミンサプリを含むほとんどのビタミン剤について、「明白な恩恵があることは証明されなかった」という論文が科学誌『アナルズ・オブ・インターナルメディシン』に発表され、大きな話題を呼んだ。

次の