温泉 旅行 コロナ。 コロナウィルス、旅行は自粛すべきか?

この時期に旅行に行くのは非常識ですか? 来週に温泉旅行を控えていま

温泉 旅行 コロナ

観光地のホテルに勤務しているものです。 私の住む県ではまだ感染者は出ていませんが、中国韓国からの団体客が減り、国内のお客さんも減り観光地全体が大ダメージです。 京都でもホテル・旅館が1泊1000円なんて所も出始めましたね。 地震の時にも観光業はダメージをくらい、何人もリストラされ、事業縮小。 今回も社員はリストラは明日は我が身的な状況です。 被災地支援だと思って、観光地にお金落としていって欲しいです! ホテルでのんびりゴロゴロするだけでも非日常的で癒されるのではないでしょうか? コロナの影響で近隣の施設が閉まっていたりする影響で、館内で盛り上げよう!と頑張っているホテル旅館増えていますよ。 ふるさと納税って手もありますが、ホテル旅館には1円も入らないので 日本のコロナウィルスはそんなに怖くないと思うが 武漢やイランの新型肺炎と、日本で今蔓延しているコロナウィルスって別の病気だと思う イランで人が道端で倒れる映像 内閣官房がupした武漢でばたばた人が倒れる映像 日本でコロナでこんな道端で倒れる人なんていない。 中国が突貫工事で慌てて大規模隔離施設作ったのもなんかおかしい。 武漢で1月発生直後、人民解放軍が陸軍の生物兵器専門家を武漢に投入したのも不可思議だ。 なんか非常に慌てて焦ってるイメージがした。 ネットでは武漢の細菌研究所から漏れたという噂もある 武漢と日本のウィルスって違うだろ?イランのは何かを介して武漢のが紛れ込んだんだろ 日本のコロナは例年のインフルエンザレベル、だが武漢やイランの新型肺炎は別物。 だからイランや武漢で収まればそんなに怖くないのでは.

次の

群馬県 Go To キャンペーンで草津・四万温泉も割引価格で宿泊

温泉 旅行 コロナ

コロナ疲れにも温泉を上手に使いたい 今年4月7日に出された「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」は5月25日に解除となりました。 私の周りでも、ステイホームなどの自粛疲れやコロナストレスが溜まってしまい、リフレッシュをしたい人が多いようで、「普段の生活に戻ったら、まず温泉旅行や日帰り温泉に行きたい!」という声も聞こえてきます。 温泉は、もともと温泉のお湯の効果だけでなく、温泉地に滞在することによる転地効果によって、気分がリフレッシュし、不安を軽減させる作用があることが報告されています。 広い湯船でのびのび脚を伸ばして、美しい景色を眺めながら入る温泉は、今回のように何ヶ月にも渡るコロナ禍のような慢性的なストレスに対してはとても効果のある対処法と言えるでしょう。 コロナによる様々な制限が解除されれば、温泉は心と体の健康のために積極的に上手に活用したいところです。 温泉施設のコロナ対策は? 現時点で共通の対策ガイドラインはなし 2020年6月8日現在、 143の団体等から、各業界向けの新型コロナ感染症対策ガイドラインができています。 温泉業界に近いガイドラインとしては、旅館やホテルの団体、エステやフィットネスの団体からすでに公開されています。 これらのガイドラインを見ると、浴場やプールについての感染予防対策ガイドラインが示されています。 しかし、現時点では温泉に特化した対策ガイドラインはまだ作成されていないようです。 そのため、各温泉施設では、それぞれ工夫をして新型コロナウイルスに対する対策をとっています。 温泉がもともと徹底していた厳しい衛生管理……塩素濃度・清掃など 私は、温泉そのものが、新型コロナウイルスが特に感染しやすい場所とは考えにくい、と現時点では考えています。 もともとコロナが発生する以前から、温泉の管理運営には、環境省や厚生労働省からの厳しい衛生管理指針などがあり、清掃や温泉水の衛生管理は徹底されていました。 例えば、温泉で循環式の浴槽の場合は、0. 2~0. 一方、水道水は温泉より塩素濃度は薄く、残留塩素濃度は0. そのため水道水より塩素濃度の濃い浴槽の温泉水でウイルスが増殖するとは考えにくいでしょう。 また、きちんと清掃してあれば温泉施設の設備や環境が、 新型コロナウイルス感染症の感染を特に拡大させる特徴があるということはなく、多くの人が利用すると言う点で、他の商業施設と同様の対策をとることが基本であると個人的には考えています。 温泉におけるコロナ対策、新しい日常としての「新しい入浴マナー」は? 温泉施設におけるコロナ対策は、3密を避けることや、施設内の適切な消毒、利用客・従業員のマスク着用、体温測定、体調確認、手指消毒など、原則は他の業種と大きく変わることはありません。 他の施設と異なることとすれば、浴室内では入浴中マスクができないことです。 新しい入浴マナーも含め、利用客が温泉で気を付けるべきこととしては、• 熱がある時や体調が悪い時には温泉に行かない• 浴室に入るまでは、マスク着用• 浴室に入ったら、最初にシャワーやかけ湯で、手や体だけでなく顔もしっかり洗い流す• 浴槽に入る前に、シャンプーやボディーソープ、石鹸を使って頭や顔、手足、体をしっかりと洗う• 会話を控え、静かに温泉に入る• 浴室内で咳やくしゃみが出そうになったら、飛沫が飛散しないように自分のフェイスタオルで鼻や口元を覆う• フェイスタオルは使い終わったら他人に触れさせず十分な流水で洗い流すか、自分のものであれば、他人が触れないようにビニール袋に密閉して自宅へ持ち帰る• 自分の使った洗い場や、水栓、椅子はシャワーでしっかりと流す• 窓開けの換気をしている場合は協力する• 入浴後のマスク着用による熱中症予防のため、いつも以上に水分摂取に心がける などです。 ウイルスを除去する方法はアルコールなどの消毒剤による消毒だけではありません。 浴室は一般の室内と違ってシャワーや桶でお湯を直接かけることが可能な場所が多いので、気になる場所は石鹸などで洗う、たくさんの流水(湯)で洗い流すということも有効です。 この場合、お湯の熱でウイルスを不活化させるという意味ではなく、大量の水で希釈し洗い流すということです。 もともと医療や介護の現場では 、患者さんが、誰でも何らかの感染症を持っているかもしれないという前提で常に感染症予防対応をしてきました。 これは「スタンダードプレコーション」という考え方です。 特に介護では入浴を提供するサービスもありますが、浴槽などの清掃も、これまでも、特殊な消毒剤などを用いるということではなく、通常の洗剤でしっかり清掃し十分な流水で物理的に流すということで、ウイルスも含めた感染症対策をしてきました。 また、特に感染リスクが気になる方は、換気の良い屋外の露天風呂を選んで利用することや、貸切風呂を利用したり、温泉付き客室を選ぶなどするのも良いでしょう。 適切な感染予防を講じた上で、上手に温泉を利用することは、身体だけでなく、ストレス解消など心の健康を保つには有効な方法です。 しばらくは、行政からの新型コロナウイルス感染症情報や温泉施設の感染予防対策実施状況を確認しながらにはなりますが、健康維持に温泉を活用していきましょう。 (本記事は2020年6月14日現在のものです。 また、筆者の個人的見解であり、所属組織等を代表した意見ではありません) 更新日:2020年06月15日.

次の

コロナウィルス、旅行は自粛すべきか?

温泉 旅行 コロナ

このように旅行業界が大打撃を受けるなか、この状況を打破しようと、都内の旅館が部屋に閉じこもる(缶詰めになる)「文豪缶詰体験」なるプランを提供したりと、さまざまな チャレンジをしてSNSでも話題になっています。 もちろん移動の 自粛が求められるいま、「泊りに出かけよう」とおすすめはできません。 しかし、全国の旅館が見せているファイティングポーズを知らせたいという願いから、今回は新型コロナウィルスに対する旅館などのチャレンジを、ピックアップしてご紹介します。 あくまで現時点の旅行を推奨するものではありませんが、新型コロナウイルス感染症の拡大が収束し、 自由に旅行が楽しめる段階になったら、この厳しい時期に戦う姿勢を見せた宿をめがけて、旅支度を始めてみるのもいいかもしれません。 全国に広がる「5670(コロナゼロ)」キャンペーン 加賀温泉郷/石川県 山中温泉image by: 最初は宿泊業界で広がる「 5670(コロナゼロ)」の取り組みから。 例えば、石川県の 加賀温泉郷では、「加賀温泉郷5670」キャンペーンが行われています。 その内容は、山代、山中、片山津温泉にある11カ所の宿が4月1日~5月31日までの平日(一部休前日設定もあり)に、 5,670円で宿泊できるサービスの提供です。 しかも宿だけでなく、加賀温泉郷にあるレストランも14店が参加を表明しており、それらの飲食店で利用できる 567円の割引クーポンも提供されます。 加賀温泉郷とは、例えば過去にTRiP EDiTORで紹介したです。 飲食店でいえば外国人も通い詰める名店「」もありますし、同じ加賀温泉郷の片山津温泉には「」などのお出かけ先も紹介しました。 魅力たっぷりの温泉郷でしたね。 ・スポット詳細記事• 旅乃家リゾート/静岡県 同じような取り組みとしては、静岡県伊東市にあるの「コロナに負けるな!春の温泉宿泊プラン」もあります。 伊東市とは伊豆半島の東岸にあるまちで、関東では特に温泉で有名な土地。 平日のみ、2名以上の宿泊といった条件がありますが、2020年4月24日まで、旅乃家 宇佐美温泉「海ホテル」の宿泊が、1名 5,670円になります。 伊東といえば、お出かけ先に事欠かない伊豆半島の一角にあり、化石持ち帰りもできる「」などのユニークなスポットもあります。 ・スポット詳細記事• 「5670」の取り組み、いろいろな場所で広がりを見せているようですね。

次の