くださいますと幸いです。 「ください」と「下さい」の違い・使い方・敬語表現

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

くださいますと幸いです

「連絡が欲しい」という気持ちを伝える表現は多数あります。 「連絡してください」はその中で比較的、気の置けない相手へ使うことが多い表現です。 より丁寧な形で敬語にすると「ご連絡いただけますでしょうか」「ご連絡をお願いいたします」などになります。 敬語の種類 「連絡してください」は丁寧語です。 謙譲語にすると「ご連絡いただきたい」になります。 丁寧語と謙譲語だと、謙譲語がより丁寧な表現とされています。 「連絡してください」よりも「ご連絡いただきたい」の方が丁寧な敬語表現だと言えます。 使い方 「お伝えした電話番号に連絡してください」「戻られましたら折り返しご連絡いただきたいです」「折り返しご連絡いただけますでしょうか」「折り返し連絡してくださいとお伝え願えますか」などの使い方をします。 「連絡してください」のシーン別の例文 相手に「連絡して欲しい」ということを伝える場面は非常に多いです。 また、連絡が欲しい、ということを伝える敬語表現は「連絡してください」もありますが、他にも多数あります。 「連絡してください」とその他の連絡が欲しいということを伝える敬語表現をご紹介します。 メールでの使い方 メールで相手の連絡が欲しい、という場合は「連絡してください」と伝えることもありますが、「返信してください」と伝えることもあります。 「メールを確認されましたら、ご連絡お願いいたします」「メールを確認されたら折り返し連絡してください」「ご返信をお願いいたします」「メールを見られたらすぐに返信してください」などの使い方をします。 ビジネスでの使い方 「Aさんに連絡してください」「先ほど先方から電話がありました。 折り返すと伝えたので連絡してください」「着信に気づかれましたら折り返しご連絡をお願いいたします」「本社に戻られたら一度確認の連絡をしてください」などの使い方をします。 「連絡してください」の類語の敬語表現 「連絡してください」は「連絡をお待ちしています」に言い換えることができます。 「連絡してください」よりも「連絡をお待ちしています」の方がやや丁寧な敬語にあたります。 「メールを見られましたら返信くださいましたらと存じます。 ご連絡をお待ちしております」「本社に戻られたら一度こちらにお電話をいただけますでしょうか。 ご連絡をお待ちしております」などの使い方をします。 連絡をお願いします 「連絡をお願いします」は「連絡してください」とほぼ同じ意味の敬語です。 「お願いします」は謙譲語の形で敬語にすることができます。 謙譲語にすると「ご連絡お願いいたします」になります。 丁寧な敬語表現ですので目上の人などには「連絡してください」よりも「ご連絡をお願いいたします」というようにした方が良いと言えます。 「恐れ入りますが、一度ご連絡をお願いいたします」などの使い方をします。 連絡いただけると幸いです 「連絡してください」と似通った意味ですが、「連絡いただけると幸いです」は「連絡してください」よりも丁寧な敬語表現です。 取引先からの連絡が欲しい時などには「連絡してください」ではなく「連絡いただけると幸いです」の方を使う場合が多いです。 「本日お話いたしました件がお気に召しましたら、またどうぞご相談くださいませ。 ご連絡いただけると幸いです」「何か気になることがございましたら私の方にご連絡いただけると幸いです」などの使い方をします。 連絡「いただきたい」と「してください」はどちらが丁寧か 「連絡してください」は「連絡して欲しい」を丁寧語の形で敬語にした表現です。 より丁寧にする場合は謙譲語の形で敬語にします。 「連絡いただきたい」は「連絡してください」よりも丁寧です。 しかし「連絡いただきたい」「ご連絡いただきたいです」よりもさらに丁寧に相手に伝えたいという場合もあると考えられます。 そのような場合は、「連絡してください」をこれ以上丁寧な敬語表現にすることはできないので、丁寧な表現になるような言葉を添えるという方法をとります。 疑問形にする 何かを頼むときには「してください」と伝えます。 「してください」は「してほしい」を丁寧語の形で敬語にした表現ですので、このままでも丁寧な表現です。 しかし、より丁寧に言いたいという場合は疑問形にします。 「連絡してください」は「連絡してくれますか」というと少し丁寧な印象になります。 「ご連絡いただきたいです」は「ご連絡いただけますでしょうか」という形に言い換えることができます。 こちらも丁寧な表現です。 よろしくお願いします 「ご連絡いただけますでしょうか」は、非常に丁寧な敬語表現です。 さらに丁寧な印象の言い回しにしようとする場合は「よろしくお願いいたします」を言い添えるという方法があります。 「明日までにご連絡いただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします」などの使い方をします。 恐れ入りますが 「恐れ入りますが」などの言葉を言い添えても表現が丁寧になります。 「明日までにご連絡いただけますでしょうか。 恐れ入りますがよろしくお願いいたします」などの使い方をします。 「ご連絡していただけると嬉しいのですが」「明日までにご連絡していただけると嬉しいです」などの使い方をします。 「助かります」という表現を使う場合もあります。 「嬉しいのですが」と同じ使い方をします。 「ご連絡していただけると助かります」「明日までにご連絡していただけると助かるのですが」などの使い方をします。 お手数ですが.

次の

「幸いです」は敬語?より丁寧な表現とは

くださいますと幸いです

「ご参考ください」の意味は?敬語として正しい? 「ご参考ください」の意味 まず「参考」とは、「考えをまとめたり物事を決める際に手掛かりや助けとなる材料」や「種々の資料や情報を利用し考えること・また利用する資料や情報そのもの」のことです。 「ご参考ください」は「参考を相手に勧める」時に使う表現なので、「ご参考ください」の意味は「考えをまとめる手掛かりとなる材料にしてね」「物事を決める助けとなる材料にしてね」「種々の資料や情報」または「種々の資料や情報から考えてね」のいずれかとなります。 「参考」の言葉を使う前には、その「手掛かり・助け・利用する資料や情報」となるものを「提示」しなければ会話が成り立ちません。 手掛かり・助け・利用する資料や情報を提示した後に、「これを手掛かりや助けにしてね・考える際に使ってね」という意味を込めて「ご参考ください」を使います。 「ご参考ください」は敬語としては正しい表現 「ご参考ください」について、「敬語としては違和感がある」と答える方は少なくありません。 特に敬語としての違和感があったり、実際に使用しても良いものか考えてしまう方が多いようです。 単刀直入に答えを述べますが、まず「ご参考ください」は「正しい敬語」とされます。 「ご参考」は「参考」の言葉に、尊敬の意味を含む丁寧表現の接頭辞「ご(御)」を付けているため「ご参考」の部分は敬語表現です。 「ください」は命令形の表現ですが、「くれる」の尊敬語「くださる(下さる)」の命令形なので丁寧な意味が含まれています。 よって、言葉的に「ご参考ください」は正しい敬語表現です。 ただ、「ください」が命令形なために「見聞きする側が強制的な印象を受ける可能性がある」のです。 実際に「ください」に対して「強いられている感じがする」「それを絶対にしないといけない感じがする」といった、マイナスな捉え方をされる場合が多いとされます。 しかし、言葉的・敬語的には特に問題ない表現です。 「ご参考ください」の無難な言い換えは「参考にしてください」 違和感を覚える理由には、命令形「ください」の他に「ご参考ください」という単語の繋げ方もあります。 文を作る時には、単語と単語の間に何かしらの接続詞や助詞などが入る場合が多いです。 実際には入れなくても意味は成り立ちますが、用法的に、あるいは聞く・読む時の違和感を無くすために用いることがあります。 では「ご参考ください」についてですが、そもそも「参考」は「名詞」なので「ください」といった「動詞を付けることは出来ない」と言われています。 しかし「参考」は行動なので、逆にそのような使い方はあまりしません。 すると「参考にしてください」になります。 これが用法的に違和感の無い「ご参考ください」の表現方法です。 その「何か」は「ご参考ください」を言う前に、既に相手に提示してある必要があります。 たとえば「資料やサイト」を「参考にしてほしいもの(考えたり決めたりするのに使ってほしいもの)」として相手に伝えたいなら、その資料やサイトの存在とURLなどの存在を明らかにしながら「ご参考ください」を添えます。 その際には商品やサービスについての詳細が書かれたマニュアルなどを添付しますが、その添付した詳細を見てほしい時に「ご参考ください」を用います。 「ください」が命令形なので「ご参考ください」は「敬語ながらも押し付けるような印象」がありますが、連絡を取り合っている中では詳細を見る必要が確かにあるため「ご参考ください」が合います。 ただし「絶対的に行う必要がある」意味を含んでいるわけではないため、気持ち的には敬語の姿勢を忘れないようにしましょう。 敬語は「相手に与える印象」も重視する言葉遣いであり、意味的には良くても印象的に問題があるかもしれない場合があるため、言い換えを用いることを視野に入れておかないといけません。 言い換えについては後ほど詳しくお伝えしますが、「ください」を「くださいませ」にするだけでも敬語としての丁寧な印象が強まります。 実は「ください」の本来の形は「くださいませ」であり、いわば「ください」は「くださいませ」の省略形なのです。 今は上品なイメージを持たれますが、敬語として誰でも使える表現です。 問題なのは「命令形で言われた相手が覚える印象」であり、「ください」の意味ではありません。 目上が目下に命令する社会構成があるため、たとえ敬語でも命令形を嫌う目上の方はとても多いです。 社内や親しい取引先へのメール・会話で使える程度であり、親しさの無い相手に使うべきでは無いと考えられています。 そのため、目上の方などに対するメールでは使用を避けた方が良いでしょう。 文章物では堅い印象の表現を用いるのが無難です。 「なさって」の部分が「する」の尊敬語「なさる」の変化形ですので、「ご参考になさってください」は敬語の中でも尊敬語の扱いになります。 「ください」の存在が気になる方もいるかもしれませんが、「ご参考ください」よりも「ご参考になさってください」の方が見聞きした感じが柔らかいと言われています。 つまり、「ご参考になさってください」の方が「押し付けるような感じが低い印象を与える」ということです。 「ご参考になさってください」は実際に用いる時、手前に「よかったら」や「よろしければ」を置くことがあります。 「よかったら」は相手に強いる意味が無く、むしろ「謙虚な姿勢」を表す言葉です。 そのことから「ご参考になさってください」は、「ください」を用いながらもより柔らかく押し付けない印象を与えるのです。 「ください」を用いず「になれば幸いです」を付けることで命令形では無くなるため、目上に対しても使いやすいと言えます。 「ご参考になれば」の部分は、「参考」に尊敬語「ご・お〜なる」を組み合わせて「ご参考になる」の形にした後、丁寧表現の「ます」に仮定形「たら・れば」を付けた「ましたら」を組み合わせた構成になっています。 そこに「幸い」に丁寧表現「です」を付けた「幸いです」を繋げて、「ご参考になれば幸いです」の完成です。 また、「ご参考になりましたら幸いです」や「ご参考にしていただけたら幸いです」といった表現もあります。 「なりましたら」は「なれば」の丁寧語なので、目上に対して好ましい表現です。 「いただけたら」は「もらう」の謙譲語「いただく」とは少し違い、「他人にその動作をしてもらう」という単に行動を表す表現です。 「どうぞ」は敬語表現ではありませんが「相手におすすめする」ことを「比較的に低姿勢で表す印象」があるため、目上に対しても使用出来ます。 実際に用いる時には、「よろしければ」を手前に置くことも多いです。 「よろしければ」は「よかったら」の丁寧表現であり、この言葉を添えることでより柔らかな印象になります。 また、「ご参考までに」という表現もあります。 「までに」は「謙遜と気遣い」の意味が含まれているため、強いる意味合いが全くありません。 「ご参考になれば幸いです」などの例文 以上3つの言い換えの例文をご紹介します。 まず、「ご参考になさってください」の例文には「お困りでしたらこちらにパンフレットがありますので、ご参考になさってください」などがあります。 「ご参考になれば幸いです」の例文には「当社の方でまとめた資料を添付しましたので、ご参考になれば幸いです」や「ご参考になれば幸いですが、何か気になることがありましたらご気軽に聞いていただければと思います」などがあります。 「ご参考にどうぞ」の例文には、「こちらの資料が分かりやすいかと思いますので、よろしければご参考にどうぞ」などがあります。 目上の相手に使うなどで表現を柔らかさを意識したい時には、「ご覧くださいませ」「どうぞご覧ください」「ご覧くださいますようお願いいたします」といった文にします。 簡単に言えば「照らし合わせる」ことで、「ご参照ください」は「既にある情報と今目に見える情報を比べて考えてね」ということを表す時に使います。 詳しくは、以下の記事が参考になります。 「ご覧ください」をより丁寧にした表現であり、敬いの意を込めることから目上の相手やお客様などに対して使うのが基本です。 「それを参考にしてください」と伝える時には「Please use it for your information(プリーズ ユース イット フォー ユアー インフォメイション)と表します。 「as reference」は「Please use it as reference(プリーズ ユース イット アス リファレンス)」とすれば、「参考にして下さい」を表します。 「for reference」は「Prices are for reference only(プライス アー ユー リファレンス オンリー)」とすれば、「参考価格です」といった英語表現になります。 「ご参考ください」は敬語だが状況や相手に合わせて言い換えよう! 「ご参考ください」は命令形ながらも敬語としては問題が無く、ビジネスシーンでも目上に対しても使えないことはありません。 しかし、たとえ敬語でも命令形が気に触る方はいます。 それに対して「敬語として問題は無いのだから何がいけないんだ!」と対立するのは社会的に避けたいので、言い換えを用いるのが無難です。 「ご参考になさってください」といった表現もありますが、相手が「ください」をどのように捉えるのか分からないので「ご参考になれば幸いです」などの「ください」が無い類語表現を用いた方が良いと言えます。 「ご参考ください」は使うとしても親しい相手に使用し、基本的には「ご参考になれば幸いです」や「参考にどうぞ」などの命令形を含まない類語表現を使用しましょう。

次の

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

くださいますと幸いです

「幸い」という言葉は、相手に何かを依頼する場合に使用する言葉で、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしています。 しかし、相手が目上の人や立場が上の取引先の担当者のような場合だと、失礼な物言いに受け取られることがあります。 相手によっては、「思います」の敬語表現の「存じます」を使って、「幸いに存じます」のように表現した方がいいでしょう。 また、「幸甚に存じます」という表現もありますので、押さえておきましょう。 ご多忙な折り、誠に恐縮ではございますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加いただけましたら幸いに存じます。 」 という風に使用することができます。 このように、あらたまった集まりの場合には、敬語を使った方がいいでしょう。 贈り物をする際も「幸い」という言葉を使う 「幸い」の使い方ですが、何か依頼する場合以外に、相手に対して贈り物をする場合などにも使用され、プレゼントやギフトを贈る相手に喜んでもらうこと、相手の役に立つことを期待する気持ちを表わす言葉でもあります。 ただ、ごく親しい人に贈る場合は、敬語まで使う必要はないかもしれません。 場面に応じて、敬語表現を使い分けるようにしてください。 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現の具体例 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現ですが、 「ささやかな感謝のしるしとして、心ばかりの品をお送り致しました。 気に入っていただけましたら幸いに存じます。 」 などとし、プレゼントの品と一緒に、メッセージカードをつけるといいでしょう。 ただ、ごく親しい間柄の人に贈る場合は、あまり丁寧な文章で贈ると嫌味だと思われてしまうかもしれません。 贈る人の人柄に合わせて敬語表現や文章を考えましょう。 「幸いです」という表現の濫用に注意 「幸い」というのは、一般的におめでたいときに使われる敬語です。 あまりビジネスメールのようなものに多用しない方がいいでしょう。 人によっては「何が幸いなんだろう」などと疑問に持たれることがあります。 自分がうれしいと思ったときに使われる言葉ですが、ごく普通に語尾に「致します」を使用する代わりに、「幸いです」とつけてしまうとそぐわない場合が出てきます。 結婚式などおめでたい場では「幸い」という表現がしっくりくる 結婚式の案内状の文末には、「お返事をいただければ幸いに存じます。 」のように、「幸い」を敬語とする文章が使われています。 また、結婚式の贈り物をする場合なども、「お祝いの品をお送りしましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。 」のように使われます。 ビジネスシーンとは逆に、結婚式のようなおめでたい席では、たいへんしっくりくる言葉です。 「幸いに存じます」という表現が敬語としてより丁寧 「幸いです」という言葉は、「幸いに存じます」「幸甚に存じます」という敬語表現にすることでより丁寧になります。 幸いが敬語として使われるケースには、相手に何かを依頼する場合、また贈り物をする場合などがあります。 幸いは、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしていますが、敬語として成り立つかというと微妙な言葉です。 人によっては何が幸いなのか、疑問に持たれることがあるようですので、使うときは状況をしっかり考慮するのがよいでしょう。

次の