テオ テスカトル 弱点。 テオ・テスカトルの弱点、倒し方攻略

【MHW】ナナ・テスカトリの倒し方・攻略法!弱点や出現クエストを紹介

テオ テスカトル 弱点

歴戦王テオテスカトル詳細 歴戦古龍の上位種として新たに歴戦王テオテスカトルが追加されました。 通常種、歴戦よりも攻撃の火力が高く、スーパーノヴァも避けられなければほぼ一撃で倒されてしまう強力なモンスターです。 あらかじめキャンプ16をしておけば、キャンプを出て右に進みむことですぐに対峙することが可能です。 また、大蟻塚の荒地の場合も初期は13におり、キャンプ15から出てすぐに遭遇することができます。 テオは、武器種を問わず、頭への攻撃が非常に有効です。 ただし、頭付近に張り付いていると、出の早いパンチや突進を頻繁にしてくるため、注意が必要です。 攻略方法・立ち回りのコツ 炎と粉塵の2種の纏い状態を把握する テオは、龍炎纏い状態と粉塵纏い状態の2種の纏い状態になります。 炎纏い状態では、テオ付近に熱ダメージを持続的に与える効果が、粉塵纏い状態では、攻撃後に粉塵が発生し爆破やられ状態になる効果が発生します。 2種類の纏い状態の特徴を理解し、戦闘中どちらの状態になっているかを判断できるようにしましょう。 どちらの纏い状態もスーパーノヴァ使用後やダウンを取ると解除できます。 龍炎纏いを対策する テオは、炎を纏う「龍炎纏い」を備えており、龍炎纏い中は接近すると熱ダメージを継続して受けてしまいます。 熱ダメージは、「熱ダメージ無効」スキルで完全に防げる他、龍封力やダメージでのひるみ・毒状態で一時的に解除することも可能なため、剣士の場合は対策を用意しておきましょう。 爆破やられは即座に解除 テオの粉塵纏い中の攻撃は「爆破やられ」を伴い、再度攻撃を受けるか時間経過で爆発してダメージを受けてしまいます。 特に攻撃と爆破が重なると大ダメージを受けて力尽きる恐れがあるため、即座に回避行動で消火しましょう。 常にHPに気を配る テオは龍炎纏いや爆破やられで気が付かないうちにHPを削られている時があります。 常にHPに気を配り、乙しない注意しましょう。 HPを8割以上に保っておくのが理想です。 href. replace location. on 'click', 'span. prev 'span. authname'. parent 'p'. text! getSelection. selectAllChildren target[0] ; document. text 'をコピーしました。 append popup popup. parent 'p'. prev 'p. find 'span. find 'textarea'. target. log 'YES! data 'blob' console. log blob. type data. prop 'files' [0]. parse result ; if! result. 間をおいてもう一度お試しいただくか、別の手段で管理者にお問い合わせ下さい。 href. replace location. 間をおいてもう一度お試しいただくか、別の手段で管理者にお問い合わせ下さい。 log 'NO! toArray. files. files[0] if elm. name, size: blob. name. href. replace location. search, ''. replace location. on 'click', '. offset. value; elm. focus ; elm. val ''. text ''. on 'click', '. parent. parent. on 'click', '. commentlist". offset. parent! parent. getTime. random. each c. attr 'src', this. thumb this. image. attr 'popup-image', this. image.

次の

テオ・テスカトルの弱点、倒し方攻略

テオ テスカトル 弱点

モンハン世界に広く存在する古龍のうちの一体、テオ・テスカトル(以下テオ)は 爆発力のある攻撃手段をいくつか持ち合わせています。 油断をすれば爆破により瀕死に追い込まれ、連続ターゲットにより戦闘不能に追い込まれる相手ですので、気を抜かずに立ち回りましょう。 装備に関しては 火耐性が高い防具が必要です。 耳栓、風圧(大)無効、炎熱適応、細菌学が推奨スキルとなります。 火耐性がある場合のネックは爆破ダメージと炎熱スリップ。 十分な火耐性があるなら 細菌学、炎熱適応のいずれかを付けると近距離武器の立ち回りに余裕が出ます。 四脚古龍全体の特徴として腹部が比較的無防備である事が多く、テオも例外ではありません。 安全に討伐するには、 腹部と後脚を中心に攻撃を続けるのが得策。 部位破壊となると、頭と尻尾を攻撃する必要があります。 テオのパターンに慣れてくれば、攻撃の切れ間、予備動作中に狙って部位を攻撃する方法が見えてきますので、焦らず まずはパターンを覚えていきましょう。 怒り時のテオは自身の周囲にスリップダメージを発生させる 「炎まとい」を行います。 「耐暑」や「炎熱適応」で無効化できますが、クーラードリンクでは無効化できません。 頭部破壊で炎まといはできなくなります。 また、 毒やひるみで一時的に解除することもできますが、炎まとい中のテオに 近接攻撃する際は体力に十分気を配りましょう。 他、注意すべき行動は、 粉塵爆発を伴う攻撃。 細菌学がある場合はある程度安心できるが、 スキルがない場合、爆破やられ状態からダメージを受けると大ダメージを受け、戦いが不利になります。 見えている粉塵にはできるだけ触らない行動を心がけましょう。 また、怒り状態から通常時に戻る際に 「スーパーノヴァ」と称される自身を中心とした火属性の広範囲攻撃を繰り出します。 テオが四足歩行から突如飛翔した場合は回避行動に移ってください。

次の

MHW/モンハンワールド テオ・テスカトルの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

テオ テスカトル 弱点

各種データ• 防具・スキルデータ• モンスターデータ• 【ア行】• 【カ行】• 【サ行】• 【タ行】• 【ナ行】• 【ハ行】• 【マ行】• 【ラ行】• 武器データ• - -• - - 探索とギルドクエスト• 食事(ネコ飯)• 狩りの基礎知識• オトモアイルー• コラム• 数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。 0は無効。 「炎帝」と称され、炎を自在に扱う能力を持ち、近づくとハンターの体力を奪う炎の鎧を纏っている。 高温地帯にも耐えうるほど強靭な外殻を持つ古龍種。 同種族の中で、もっともあらぶる性格の持ち主であり、外敵の存在を確認するや否や、即座に襲い掛かってくる。 <攻略のポイント> ・モンスターハンター4では、攻撃時にハンターを爆破やられ状態にする攻撃が増えている。 爆破やられ状態は、時間がたつと爆発をしてダメージを受けるが、消臭玉を使うか、回避行動を繰り返すことで解除できる。 ・顔の周りに炎を纏っているときには、纏っている炎に近づくだけでダメージを受けてしまう他、矢返しの効果がある。 ダウン時や、毒にした時には炎が消える。 また、レベル76以上のギルドクエストの場合は、顔の周囲だけでなく全身に炎を纏う。 怒り状態になったときも炎纏わなくなる。 ・角の部位破壊が、以前までは龍属性の武器でしかできなかったが、モンスターハンター4では龍属性でなくてもできるようになっている。 ・バックステップをして後ろへ下がる移動行動が多いため、背後をとっていたと思っていても後ろに回り込まれることがあるため注意。 ・地上で戦うことが多いが、空を飛ぶこともある。 飛行時には閃光玉で墜落させることができるため、閃光玉が有効。 ・怒り状態になると攻撃パターンが変化する。 <怒り時の変化> ・攻撃力と行動速度が上昇する。 ・炎まといがなくなる。 ・肉質がやや軟化してダメージを与えやすくなる。 ・爪と尻尾の攻撃に粉塵が追加され、当たると爆破やられになる。 ・炎ブレス攻撃が前方の3箇所粉塵爆発ブレスになる。 ・粉塵爆発が、通常は周囲か遠距離を円状に爆発させるのが、怒り時は前方か後方の爆発に変化する。 テオ・テスカトルの攻撃パターン 攻撃方法 詳細 爪攻撃 左右の前脚で横にひっかく攻撃。 ハンターが近くにいるときに使用頻度が高い。 怒り状態になると粉塵を発生させ、当たると爆破やられ状態になる 猛ダッシュ 予備動作のない猛スピードの突進攻撃。 突進噛みつき 正面に飛びかかる噛みつき攻撃。 必ず正面に一直線に飛びかかるため、正面にさえいなければ左右に移動するだけで回避できる。 攻撃後のスキは小さいが、数少ない反撃のチャンス。 尻尾振り 尻尾の近く、テオの真後ろ一体が攻撃範囲で、左右に尻尾を振ってダメージを与えてくる。 尻尾振り中はテオの側面と正面がガラ空きになるので反撃のチャンス。 怒り状態になると粉塵を発生させ、当たると爆破やられ状態になる 粉塵爆発 粉塵を巻き上げ、テオの周辺に爆発を起こす技。 爆発の場所にはいくつかパターンか存在するが、事前の塵粉の発生場所で爆発が起こる場所を判別できる。 通常時は、近距離か遠距離で爆発が起こる。 テオの体付近に塵粉が出たら至近距離に爆発が起こり、体より遠くの場所に塵粉が出たら、遠距離に爆発が起こる。 怒り時は、前方か後方で爆発が起こる。 テオの前方にかけて塵粉が出現したら前方に、後方に塵粉がでたら後方に爆発が起こる。 炎ブレス 首を振りながら放射する炎のブレス。 炎のブレスの方向と範囲は決まっているので動きを回避しよう。 怒り中になると、炎ブレス攻撃は前方の3箇所の粉塵爆発ブレスに変化する。 また、空を飛んでいる時に空中から炎のブレスを吐いてくる場合もある。 空中粉塵爆発 空中に舞い上がったあと、周囲に爆発を起こしてダメージを与える。 当たるとダメージを受けた上に気絶状態になる。 爆発ブレス 前方に爆発を起こした後、爆破の粉のブレスを前方に放つ。 当たるとダメージを受けた上に爆破やられ状態になる。

次の