コロナ ウイルス は いつ 終わる。 新型コロナウイルスはいつ終わる?収束時期の見解やSARSやMARS流行時との比較も

新型コロナ対策で一体いつまでマスク着用を続けるのか 春に収まっても、秋にまた流行か

コロナ ウイルス は いつ 終わる

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

コロナウイルスの収束時期はいつ?日本のコロナはいつ終わるの?

コロナ ウイルス は いつ 終わる

タグ 2世タレント DS eスポーツ iPhone Jリーグ K-POP M-1グランプリ NHK NHK連続ドラマ R-1ぐらんぷり YouTuber おもしろ荘 お天気キャスター お役立ち お笑いコンビ お笑い番組 こどもの日 アイドルグループ アニメ アニメ映画 イケア インテリア ウイルス オリンピック カフェ クイズ王 クライミング コメンテーター コーチ サッカー男子 シンガーソングライター ジャニーズ ダンサー ダンスグループ テラスハウス テーマパーク トランポリン女子 ドラフト ハロウィン ハンドボール ハンドメイド バレーボール女子 バレーボール男子 バンド フィギュア女子 フィギュア男子 フリーアナウンサー プレイステーション プレゼント プロ野球 ボーカル ボーカルユニット マネージャー マラソン男子 モデル レシピ レスリング女子 ロックバンド 二世タレント 体操 俳優 写真家 出産 医師 卓球女子 声優 夏休み工作 女優 女性アーティスト 女性タレント 女性ボクサー 女性モデル 女性子役 女性芸人 宝塚 恋愛 情熱大陸 戦隊俳優 手づくり 政治家 敬老の日 文学賞 新型コロナウイルス 東京オリンピック 東洋大 歌舞伎役者 洋画 父の日 男性アイドルグループ 男性アーティスト 男性タレント 男性テニス選手 男性モデル 男性俳優 男性子役 男性芸人 監督 直木賞作家 県会議員 箱根駅伝 脱退 舞台俳優 詐欺 通販 連続ドラマ 遊園地 邦画 野球 陸上女子 陸上男子 韓国 高校野球 新型肺炎【コロナウイルス】が日本で最初の確認された情報 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、感染症の予防対策にくわしい専門家は「症状が出ていない潜伏期間にも他人に感染させている可能性が高い」としたうえで、対策が取りにくく、今後日本でも患者が増える可能性などを指摘しています。 この男性は回復されて既に退院されています。 安心しましたね! 次に、過去に猛威を奮ったコロナウイルスにより引き起こされる疾患SARSとMERSの終息期間を見ていきましょう! SARSの終息までに約9カ月! 2003年にアジアを中心に拡大したSARSですが、当時は原因不明の急性肺炎として話題となりました。 SARSの正式名は重症急性呼吸器症候群と言い「SARSコロナウイルス」という新種のコロナウイルスにより引き起こされる疾患と言われています。 外務省の発表を見ていきましょう。 WHOが2003年9月26日に発表した2002年11月1日から2003年7月31日までの期間における全世界での感染者数(可能性例)は8,098名、死亡者数774名です。 7月には一応終息しましたが、今年冬以降再発生する可能性は否定できません。 2015年にはMARSという感染症がありましたので情報を見ていきましょう! MERS終息までに7. 5ヶ月! MERSの正式名は中東呼吸器症候群と言われ、韓国で流行したMERS(重症急性呼吸器症候群)は2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症です。 平成27年5月11日,韓国において,中東地域からの帰国者の感染が確認され,その後,医療従事者や家族等への2次感染が報告されました。 患者の累積は死亡者38人を含む186人です。 7月5日以降は新たな感染者は出ておらず,11月25日に最後の陽性患者が死亡し陽性事例がなくなったことから,12月24日に世界保健機関(WHO)の基準に基づく感染終息となりました。 5ヶ月 もし終息がSARSと同じくらいの期間と考えると9ヶ月。 新型肺炎が感染者が最初に発表されたのが1月6日。 5ヶ月。 新型肺炎が感染者が最初に発表されたのが1月6日。 オリンピック開催期間は、7月24日~8月9日です。 今回の方法での 予想ですと、東京オリンピックが心配です。 「今、中国では死者数よりも、感染者数が増えています。 つまり、これまで感染者数が把握できていなかったので、致死率はどんどん下がっていきます。 一般の風邪なみに下がるという専門家の見方もあります。 コロナウィルスによる風邪は毎年、流行ってはいます」とし「新型については、まだ適切な治療法がなく、未知で不安になっていますが、いずれコロナウィルスを恐れることはなくなると思います。 ウィルスは湿気や暑さに弱いので、これからジメジメしてくると活動は弱くなってくる。 ということで、個人的には楽観しています」と持論を展開した。 引用: ジャーナリストの池上彰さんは「ウィルスは湿気や暑さに弱いので、これからジメジメしてくると活動は弱くなってくる。 ということで、個人的には楽観しています」と答えれいらっしゃいました。 オリンピックの前には、ジメジメとした梅雨の時期があります。 池上彰さんがおっしゃる通りならば、東京オリンピック開催には問題がないのかもしれませんね! 最後に現在日本で確認されている新型肺炎の感染者情報を見ていきましょう 発表日:1月30日 場所:三重県 国籍:中国人(中国武漢に滞在歴有り) 年齢:50歳代 性別:男性 来日:12月24日~1月13日まで武漢市に帰省 発熱:1月28日 病院:三重県内 もうこれ以上の感染者が出ないことを願っています。 まとめ 新型肺炎がいつまで続くのか以前にも同じ様に話題っとなったSARSから予想をしてまいりましたがご参考になりましたでしょうか? SARSは約9ヶ月で終息、MERSは約7. 5ヶ月で終息しています。 今回の新型肺炎を同じ終息期間として予想すると夏から秋にかけてではないでしょうか? ただ、そんな単純な問題でもないと思いますので今後の新型肺炎の情報をしっかりと見ていきましょう! ただ、2020年の夏は、東京オリンピックです。 予想よりも早く新型肺炎が終息してくれることを願っています。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

新型肺炎【コロナウイルス】いつまで続くの終息は?東京オリンピックは大丈夫?-sakukurashi

コロナ ウイルス は いつ 終わる

毎日のようにニュースで流れる新型コロナウイルス。 一体いつ収束するのか、いつピークアウトして減少するのか、 気になったので調べてみました。 ただ、調べてみたものの、あくまで予測であって、 明確な答えを言える人は誰もいないということ。 ですから、あくまで参考程度に見て下さい。 まず安倍首相の言う、 接触8割減が達成された場合は 2週間でピークアウトして、1ヶ月後には減少傾向が見られ収束へと向かう。 接触7割減の場合は、ピークアウトするのに1ヶ月くらい掛かり、 減少傾向が見られ収束へと向かうのに2か月掛かるという予測です。 ただ、接触6割減の場合は、今と同程度の感染者が出続けるとの予測も。 これを見ても、緊急事態宣言は現時点では5月6日までとなっていますが、 期間延長はほぼ間違いなく行われるし、行わなければ夏どころか秋になっても 収束しないと思われるので、この春は自粛で終わることになりそうです。 自粛疲れとかいう人もいますが、残念ですがまだまだ自粛は続きます。 お隣の韓国では、 2月には最大で900人を超える感染者が出ていましたが、 今ではなんと、新規感染者8人ということです。 まだ完全に安心は出来ませんが、 韓国ではコロナウイルスは収束傾向にあると言えると思います。 韓国では感染者が発生すると、携帯電話の位置情報やクレジットカードの使用履歴などから 移動経路を公表しています。 もちろん匿名で名前こそ公表されませんが、 ここまでの情報を開示することはプライバシーのことを考えると日本には難しいです。 新型コロナウイルスの感染者の性別や年齢層、移動経路が詳細にわかるので、 日本のようにどこで感染したかわからないということが少ない。 ここまでのことをして、収束の目途が立つのに2か月掛かっているのです。 私も人のことを言える立場にないですが、 日本人はこの新型コロナウイルスに対して危機感が弱いと思います。 フランスでは生活必需品以外の外出は罰金だし、 イタリアでは、行き先を示した証明書がなければ外に出ることが出来ない。 もちろん違反すれば罰金が取られます。 日本に比べると、世界の国々の外出制限の拘束力は極めて高いです。 これを日本がやれば、プライバシーが人権がとかなるのでしょうが、 これくらいやらないと抑えられないという危機感の表れだと言えます。 国民は個人として尊重され、自由と幸福を追求する権利がありますが、 それはあくまで公共の福祉に反しない限りです。 つまり、他人の自由を侵害することはあってはならないということです。 自由というのは自分個人のことだけでなく、社会のことを考えた上での自由だということ。 自分のことだけ主張するのは、都合のいい主張でしかありません。 これらを考えると、コロナ避難で実家に帰ることや、感染者の少ない地域に旅行に行くこと、 熱があるのに出かけること、こういうことは公共の福祉に反すると言えます。 他人のことを考えない、社会のことを考えない、迷惑行為であると言えます。 罰則を作らないと、行動を抑制出来ないというのも悲しい話ですが、 現実問題、自分勝手に行動する人がいるのも事実です。 だとすれば、 公共の福祉を守るためにも、他人のことを考えない人に対して 罰則はあるべきなのではと思います。 罰則があれば、絶対行動は抑制されます。 もしも、車の運転に何の制約もなければ、100キロオーバーで危険運転する人が 増えることは間違いありません。 罰則があるから、みな道路交通法を守ろうとするのです。 緊急事態なのです。 緊急事態に好き勝手自由を求めるのはおかしいこと。 あまりにもおかしな行動をする人には罰則をするくらいのことをしないと いつまでもコロナは収束しない。 個人の自由よりも、公共の福祉を優先する世の中になって欲しいものです。

次の