ゼルダ パラセール。 【裏技】《ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド》パラセール無しで外界に行く方法が発見される!!天才かよwwwwwww

ゼルダの伝説BotWプレイ日記09:パラセールで飛び立つも、やり残しで始まりの台地に引き返す

ゼルダ パラセール

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の、メインチャレンジ「 風の神獣 ヴァ・メドー」についてのメモです。 「風の神獣 ヴァ・メドー」は、「四体の神獣を解放せよ」に関連するチャレンジで、ヘブラ地方の「リトの村」で発生します。 テバと共に「飛行訓練場」から飛び立ち、最終的に「ヴァ・メドー」内部を攻略、メイン制御装置を起動させます。 メインチャレンジ「風の神獣 ヴァ・メドー」の攻略 「風の神獣 ヴァ・メドー」の基本的な進行は、以下の通りです。 ヘブラ地方の「リトの村」へ。 族長 カーンとの会話で、チャレンジ発生。 テバと会話後、腕試しをクリアする。 全ての制御端末を操作する。 「風のカースガノン」と戦闘発生。 メイン制御端末を操作する。 イベントムービー後、「 英傑リーバルの猛り」入手。 宝箱から「オオワシの弓」入手。 「ヴァ・メドーの砲台」の破壊方法 「飛行訓練場」で、テバからのテストをクリアすると、二人で上空に飛んで「ヴァ・メドー」の砲台を破壊することになります。 寒さ対策が必須ですが、耐寒防具を二つ以上装備していれば、ダメージを受けずに済みます。 空中では上昇気流に乗っているので、パラセールを開いてさえいれば、上昇可能。 上昇を続けるとテバと合流でき、仮に落ちても、回収してもらえます。 破壊目標の砲台は、攻撃の間合いが弓矢より長く、上空での行動が始まると、すぐに狙われます。 基本的に、上昇か落下をしながら移動していれば、回避は難しくありません。 落下中に弓を構えると集中状態となり、スローで的を狙えますが、その間、「がんばりゲージ」が減り続けるので、ゲージが多いほど有利です。 砲台は、「バクダン矢」を2回ほど撃ち込めば破壊可能で、全4箇所を壊せば、神獣に乗り込めるようになります。 「ヴァ・メドー」内部の攻略 マップ情報入手 入り口を塞ぐ「目玉」を倒して、部屋の中に入る。 「神獣操作」が可能になる。 「神獣操作」では、「ヴァ・メドー」の翼・胴体部分の角度を変更することができます。 部屋を傾けることで移動可能となる場所がある他、仕掛けを動かす際に利用します。 メイン以外の制御端末は5箇所ありますが、クリア順は自由です。 右の翼 内側の端末 最初の部屋に戻り、「神獣操作」で、右の翼を下に傾ける。 右の翼 外側の端末 最初の部屋から、下の階に降りる。 左の翼 内側の端末 スタート地点に戻り、神獣の左脚を伝って、胴体側面側の足場へ。 左の翼 中央の端末 最初の部屋で、入り口の上昇気流を利用して、パラセールでハシゴに飛びつく。 左の翼 外側の端末 最初の部屋で、入り口の上昇気流を利用して、パラセールでハシゴに飛びつく。 「風のカースガノン」対策 すべての制御端末を操作してから、神獣の背中にある「メイン制御装置」を調べると、「 神獣ヴァ・メドーに巣食う 風のカースガノン」との戦闘が発生。 「風のカースガノン」は、射撃武器や竜巻など、遠距離攻撃を仕掛けてきます。 前半戦 右腕からの射撃は4連射で、左腕を振ると、竜巻が現れます。 射撃は、相手に対して横方向に移動していれば、回避可能。 竜巻は、直線ではなく起動を曲げて進むので、ダッシュで距離を離して振り切ります。 「風のカースガノン」の弱点は目で、実体化してから姿を消すまでの間に、矢を3発命中させれば、空中から撃ち落とすことができます。 落下後、敵は一定時間倒れているので、接近してタメ攻撃を当てるチャンスです。 弓矢を使用する時は、吹き上げる風を利用して、パラセールで上昇しながら弓を構えると、集中状態に入り狙いやすくなります。 その際、あまり高くまで飛ぶ必要はありません。 着地時にダメージが発生しない高さに抑え、動きがスローに見えている間に、連続で弓矢を発射。 「がんばりゲージ」が多い方が、戦いやすい相手です。 できるだけ送風機の近くに位置取りしつつ、常に相手の位置を把握しておくことがポイントです。 カースガノンが移動をしたら、実体化に合わせて上昇すると、弱点を突きやすくなります。 また、敵が地上付近に現れた場合は、接近して胴体に連続で武器攻撃を当てても、弱点攻撃と同様に地面に落とすことができます。 後半戦 敵は、HPが半分以下になると、4体の「子機」を射出します。 射撃攻撃の弾数が増え、弾の軌道も複雑になります。 また、強力なタメ攻撃が加わる他、左腕からは竜巻が二つ発生。 基本的な回避方法は変わらないものの、前半より避けるのが難しくなります。 射撃は、子機のフォーメーションの中に踏み込まないように注意。 タメ攻撃に関しては、周囲の柱を盾にすると、防ぎやすくなります。 子機は、武器攻撃やバクダンで破壊できますが、全て倒しても再び射出されるので、こだわらない方がいいかもしれません。 また、敵はHPが少なくなると、ガーディアンのような赤い照準を出して、レーザー攻撃を仕掛けてきます。 照準で狙われたら、目を弓矢で攻撃すれば、レーザーの発射をキャンセル可能です。 カースガノンの実体化直後を狙い、相手に技を出させないように弱点を突いていくと展開が楽になります。 「風のカースガノン」に勝利すると、「 ハートの器」が手に入ります。 改めてメイン制御装置を起動させると、イベントムービーがスタート。 イベントで受け取ることになる「 英傑リーバルの猛り」は、上昇気流を発生させて飛び上がることができるようになります。 「リトの村」に戻り、族長に報告すれば、チャレンジクリア。 お礼の宝箱には、武器「オオワシの弓」が入っています。

次の

「ゼルダの伝説BotW」パラセール入手方法

ゼルダ パラセール

ボタン アクション 備考 左スティック 移動 【押し込み】 しゃがむ しゃがんで移動すると、静かに移動できる 右スティック カメラ操作 【押し込み】 望遠鏡 Aボタン アクション アイテムを拾う、台座にはめるなど Bボタン しまう 武器や爆弾などをしまう。 弓を射らずにキャンセルも可能 Xボタン ジャンプ 敵を注目(ロックオン)すると敵を中心に移動できる Yボタン 攻撃 連打でコンボもできる Lボタン アイテム使用 ZLボタン 注目 敵をロックオンできる Rボタン 投げる 武器や道具を投げる。 0以上にする必要あり 水での操作• アナログスティックで移動• Xボタンで加速できる ふんばり時の操作• パラセール中、壁・崖等に捕まって登っている間、水中で移動している時にがんばりゲージが減っていく• 壁等に捕まっている時に、Xボタンでジャンプ、左スティック下+Xボタンでパラセールを開いて落下、Bボタンでその場で手を放して落下できる 盾サーフィン• 盾を構えてジャンプしてAボタン パラセール展開• ジャンプしてX(ジャンプ2回押し) ラッシュ 注目して相手の攻撃に合わせて左右or後ろジャンプするとスローモーションになってラッシュが出来る。 カカリコ村そばにあるでアクションのチュートリアルができるので、一度行くと良い。 タメ攻撃• 片手武器、両手武器、槍のそれぞれで異なったタメ攻撃になる。 クイック回転斬り• 馬の強制移動• 止まって、ZLで注目している状態ならステップ移動で強制的に進めることができる 関連ページ• ブレスオブザワイルド BotW おすすめ攻略リンク.

次の

【ゼルダBotW】攻略チャート8:風の神獣 ヴァ・メドー(鳥ダンジョン)クリアまで【ブレスオブザワイルド】

ゼルダ パラセール

I got nervous at fights D: , pretty solid run otherwise. 38 with phantom armor is within reach!! — Wolhaiksong Wolhaiksong19 同氏は2017年12月19日に同レギュレーションにて を達成し、日本人走者・ (40分58秒、2017年4月21日)を塗り替え世界1位となった。 今回は自己ベスト記録を塗り替え、 30分台の世界に突入した。 ゲーム内の時間を競うTA(タイムアタック)とは異なり、ゲーム開始からクリアするまでの現実世界での時間(リアルタイム)を競う遊び方。 計測開始・終了地点をどこにするか、ゲーム内の要素をどこまで達成するかなどによって「レギュレーション」は異なる。 なお、amiiboありのレギュレーションでは、2017年7月27日に している。 しかしWolhaiksong氏はamiiboありのレギュレーションにおいても、2018年3月4日に を叩き出し、世界最速記録を達成。 最速記録を次々と生み出すWolhaiksong氏とはいったい何者なのだろうか? 『ゼルダの伝説 BotW』発売からこれまでのRTAの変遷を解説しつつ、Wolhaiksong氏に最速記録更新について話を伺った。 文・聞き手/ 目次• 『ゼルダの伝説 BotW』 RTAのルールとその歴史 インタビューへ移る前に、『ゼルダの伝説 BotW』 RTAのルールと、これまでの記録やRTAならではのテクニックについて一瞥しておこう。 RTA/Speedrunでは一般的なルール。 『ゼルダの伝説 BotW』では、すべての祠やダンジョンを攻略せずに、 ゲーム開始から最短でのガノン討伐を目指すものになる。 世界中の走者が集まる最大のRTA記録サイト・における、は以下のもの。 ・「はじめから」を選択した瞬間に計測開始 ・魔獣ガノンに最後の光の矢が当たった瞬間に計測終了 「Amiibo/No Amiibo」 『ゼルダの伝説 BotW』では、別売りのamiiboを読み込ませることによって することができる。 amiiboを使用して追加アイテムを利用するレギュレーションが 「Amiibo」、利用しないものが 「No Amiibo」となる。 『ゼルダの伝説 BotW』はオープンワールドタイプのゲームのためプレイの自由度が高く、スタート地点の「始まりの台地」をクリアすれば、 一直線にラスボス・ガノン討伐まで進むことができる。 今までの『ゼルダ』シリーズとは異なり、クリアに必須となるアイテムはなく、特定のダンジョンをクリアする必要はない。 そのためか、発売直後からRTAは盛んになり、発売日からわずか9日後には (amiiboあり)も現れた。 その後も多くのプレイヤーによって48分、45分、43分と記録は縮まっていったが、 『ゼルダの伝説』シリーズのRTA走者として知られるが、2017年4月21日に のタイムを叩き出す。 このタイムはWolhaiksong氏の記録更新まで、 およそ10ヵ月にわたって破られることはなかった。 『ゼルダの伝説 BotW』RTAでは、今回Wolhaiksong氏が記録を更新した 「Any%」のほか、四神獣を解放したのちガノンを討伐する 「All Dungeons」、メインクエストを全て達成してガノンを倒す 「All Main Quests」、すべての祠を巡ってクリアする 「All Shrines」などがある。 なかでもクリア率をコンプリートする 「100%」はプレイ時間が非常に長く、2017年4月17日にフランスの。 タイムは 49時間9分41秒。 Xalikah氏が仮眠休憩中の映像。 「AFK REPOS」(席を外しています、休憩中)と表示されている (画像はより) 達成のためには全部で900個存在する「コログの実」をすべて集める必要があるため、途方もない時間と体力がかかり、 途中で仮眠休憩を挟んだRTAということで話題になった。 なお、同氏はその後不眠不休でのチャレンジを行い、2017年6月6日にはを残している。 RTAでのリンクは指を咥えながら走り、物理演算で飛ぶ 1年前にリリースされた『ゼルダの伝説 BotW』では、発売直後からより速くクリアするためのルートやテクニックが研究開発されてきた。 そのなかでも代表的なテクニックを挙げよう。 「whistle sprint」 通常はダッシュするとスタミナである「がんばりゲージ」を消費するため、立ち止まったり、歩きを挟んだりすることでゲージを回復させなければ走り続けることはできない。 だが、ダッシュ中に「口笛を吹く」アクションを挟むことで、 「がんばりゲージ」を消費せずに走り続けることができる。 これが 「whistle sprint」と呼ばれる技だ。 地上を走る区間のほとんどでこの技を使うため、 RTAでのリンクは常に指を口に咥えながら走ることになる。 「stasis launch」 『ゼルダの伝説 BotW』の基本アイテム・ 「ビタロック(英語名:Stasis)」を利用した技が 「stasis launch」、もしくは単に 「launch」と呼ばれる。 ビタロックは木や岩などのオブジェクトの時間を一定のあいだ停止させることができる。 時間停止中に対象に与えたダメージは蓄積し、時間停止が解除されたときに蓄積された力が解放される。 New Tree — Wolhaiksong Wolhaiksong19 「stasis launch」はこの仕組みを利用して オブジェクトを発射(launch)し、それに乗って移動するのだ。 吹っ飛んでいく木や岩にそのまま乗って移動する方法のほか、乗らずにわざと吹っ飛ぶ対象にぶつかり、飛ばされた勢いでパラセールを開き滑空する方法がある。 最後の一撃によって飛ぶ方向が決まるため、矢を射って方向を調整することも可能。 さて、 は、発売から1年で 約1300走(2018年3月現在)。 多くの記録は発売直後の3月から同年の夏頃にかけて集中しており、長らく記録更新は打ち止めになっていた。 ここからは、最近になって次々と最速記録を更新した Wolhaiksong氏に話を伺い、記録更新の秘訣や具体的なテクニックについて語っていただいた。 「この記録に満足しているわけではない。 大きなミスはありませんでしたし、全体的に操作もうまくできました。 とはいえ、完璧だったわけではありません。 ガノンとの闘いですごく緊張したせいか、少しだけタイムロスしてしまいました。 それがなければ38分台を記録できたはずです。 ですので、まだまだ頑張れますよ。 また、どのようなテクニックを使って短縮したのでしょうか? Wolhaiksong氏: まず、ハイラル平原での移動でタイムを短縮しました。 3度目の「stasis launch」で 今までとは違う木を使ったのが大きいですね。 装備すると防御力が8上昇するほか、攻撃レベル1上昇の効果がある。 「ファントムの鎧」を取るルートでは、「チカラ薬」レベル3(攻撃力1. 5倍、成功率は約15%)の作成に失敗しても、ガノンを倒すのに十分な攻撃力を確保することができる。 しかし、当然ながら「ファントムの鎧」を取るための時間がタイムロスとなるため、その分をほかで取り返さなければならない。 (画像はより) 最も短縮できたのはハイラル城です。 今回の記録で使った新しい方法は、矢の入った木箱の上にあるタルを燃やすことです。 まず、タルが落ちて 床の葉っぱを燃やせるようにしてから木箱を壊します。 次に炎のダメージで死なないように注意しつつ、葉っぱが燃えている間にできるだけ速く矢を入手します。 そして、燃やした葉っぱから出た上昇気流を利用して、パラセールで飛びます。 (画像はより) この方法では柱を登らずに済むので、スタミナ切れが起きません。 ですので、そのまま走り続けることができます。 その分がタイム短縮になるわけです。 といっても、 5〜7秒の短縮にしかなりませんが。 ハイラル城での好記録は 一切ミスをしなかったのが大きいですね。 ハイラル城内で使うどの技もとてもうまくいきました。 Wolhaiksong氏: めちゃくちゃ嬉しいですね。 でも、この記録に満足しているわけではありません。 どちらの記録ももっと速くできると思っているので。 amiiboありで38分切り、amiiboなしでは38分50秒が現在の目標です。 新しく編み出された方法を全部使えば40分は切れますし、 38分台も十分に実現可能だと思います。 40分切りは高い壁だったのでしょうか? Wolhaiksong氏: たしかに、 すば氏の記録は最も高い壁でした。 当時、彼の記録にはとてもたどり着けないと思っていました。 できるわけがない、無理だと。 すば氏の解説によれば、「チカラ薬」のレベル2(攻撃力1. 3倍)とレベル3(攻撃力1. 5倍)では約40秒の差がつくとのこと。 しかも調合素材の都合上、終盤のハイラル城内で調合せざるをえないため、失敗すればそれまでのプレイが無駄になってしまうという、ハイリスク・ハイリターンな方法。 (画像はより) 私が挑戦し始めたころ、ほとんどのプレイヤーはすば氏の記録に破れ去っていました。 今では新たに発見されたいろいろな方法によって、「ファントムの鎧」を使うルートに可能性が出たので嬉しいですね。 RTAはいつから始めたのでしょうか? Wolhaiksong氏: 初めてちゃんとRTAを始めたのは『ゼルダの伝説 BotW』です。 それ以前では、ネットで流行った 『マリオカートWii』をちょっと走っただけですね。 練習時間は 毎日2〜3時間ほどです。 自分ではそれほどやり込んでいるとは思っていません。 世界記録保持者としてのプレッシャーはありますか? Wolhaiksong氏: アスリートなのかどうかはわかりませんが、日頃から走っているだけですよ(笑)。 正直なところ、世界1位のプレッシャーはあまりないですね。 自分が最高のタイムを出したい気持ち、ベストタイムを出せる気持ちでいればプレッシャーは感じません。 自分の力に磨きをかけようとすればいいだけなんですからね。 ですから、もっと上達する余地があるうちは楽しいんです。 このインタビューを楽しんでもらえたら嬉しいです。 また、『ゼルダの伝説 BotW』RTAを始めてみたいと思った方へ。 恐れる必要はありません。 『ゼルダの伝説 BotW』はRTAを始めるにはうってつけのゲームです。 難しいグリッチ(バグ技)よりも、精密な操作技術の差が大きいゲームだからです。 ほとんどの技はとてもシンプルで、一度やり方を覚えれば問題ありません。 日本のRTA走者のみなさんへ。 日本の走者の方々は非常に優れていますし、安定した実力があるので深い尊敬の念を抱いています。 いつか私もあなたがたのような実力を身につけたいと思っています。 また、その創造力にも目を見張ります。 新しい方法やクールな技が日本人走者によってたくさん発見されているのです。 つまり私が言いたいのは、みなさんはめちゃくちゃゲームが上手いということです。 ほかのレギュレーションでもあなたがたとタイムを競い合いたいですね。 (了) 魔獣ガノンに最後の光の矢が当たった瞬間。 計測終了時のタイムは39分11秒34 (画像はより) Wolhaiksong氏は非常に謙虚で、たゆまぬ努力を自らに課すチャンピオンだった。 驚くべきは、彼がRTAに挑戦したのは 『ゼルダの伝説 BotW』がほぼ初めてということだろう。 RTAの経験が未熟でも、全く新たなルートを構築したり、プレイの修練を継続してゆけば、すば氏のような歴戦の古強者の記録をも打ち破ることができる。 そんな可能性が『ゼルダの伝説 BotW』にはある。 Wolhaiksong氏が語った「恐れる必要はありません」という言葉は、『ゼルダの伝説 BotW』の懐の広さを表している。 『ゼルダの伝説 BotW』も、10年20年と更新されてゆくタイトルとなるのだろうか。 その答えは、Wolhaiksong氏をはじめとした、若きRTA走者たちに託されている。

次の