連絡ありがとう 敬語。 「ご丁寧に」「ご連絡」の使い方は?身につけたい敬語の知識

「わざわざ」は敬語として使える?正しい使い方と類語を例文で解説

連絡ありがとう 敬語

上記では、相手から自分に対して連絡してきた場合に、相手の動作を敬う敬語として、「ご連絡」と表現することをご紹介しました。 では、反対に自分から相手に連絡をする場合は、どのような敬語を使えば良いのでしょうか? 自分が行う動作を敬語を使って敬う必要はないので、一見すると「連絡」が正しいように感じます。 ところが、敬語にはまた別のルールがあるのです。 自分から相手に連絡を入れる場合は、確かに連絡は自分が行う動作なのですが、その連絡を受け取るのは相手になります。 敬語には、相手に対して及ぼすものに関しては、「お」「ご」を付けることもあり、自分から相手に連絡を入れる場合も、「ご連絡致します」などと表現することが正しいと言われています。 「連絡有難うございます」は間違い? 結論から言えば、自分から連絡をする際も、相手から連絡を受け取った場合も、「ご連絡」と表現することが、敬語として正しいということになります。 では、「ご連絡」の後は、どのように言葉を続けていけば良いのでしょうか?今回は、相手から連絡を受け取った際の、お礼の伝え方についてご紹介していきます。 ・ご連絡有難うございました。 ・ご連絡を頂き、有難うございます。 ・早速のご連絡、有難うございます。 ・早々のご連絡、有難うございます。 ポイントとしては、「有難うございます」などの感謝の気持ちと共に用いることです。 返信や連絡の時間帯などによっては、「早速の」「早々の」といった言葉を付け加えることで、敬語としてより丁寧な印象を与えることができます。

次の

ご連絡ありがとうございましたって英語でなんて言うの?

連絡ありがとう 敬語

上記では、相手から自分に対して連絡してきた場合に、相手の動作を敬う敬語として、「ご連絡」と表現することをご紹介しました。 では、反対に自分から相手に連絡をする場合は、どのような敬語を使えば良いのでしょうか? 自分が行う動作を敬語を使って敬う必要はないので、一見すると「連絡」が正しいように感じます。 ところが、敬語にはまた別のルールがあるのです。 自分から相手に連絡を入れる場合は、確かに連絡は自分が行う動作なのですが、その連絡を受け取るのは相手になります。 敬語には、相手に対して及ぼすものに関しては、「お」「ご」を付けることもあり、自分から相手に連絡を入れる場合も、「ご連絡致します」などと表現することが正しいと言われています。 「連絡有難うございます」は間違い? 結論から言えば、自分から連絡をする際も、相手から連絡を受け取った場合も、「ご連絡」と表現することが、敬語として正しいということになります。 では、「ご連絡」の後は、どのように言葉を続けていけば良いのでしょうか?今回は、相手から連絡を受け取った際の、お礼の伝え方についてご紹介していきます。 ・ご連絡有難うございました。 ・ご連絡を頂き、有難うございます。 ・早速のご連絡、有難うございます。 ・早々のご連絡、有難うございます。 ポイントとしては、「有難うございます」などの感謝の気持ちと共に用いることです。 返信や連絡の時間帯などによっては、「早速の」「早々の」といった言葉を付け加えることで、敬語としてより丁寧な印象を与えることができます。

次の

早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

連絡ありがとう 敬語

「誠にありがとうございます」などの使い方をする場合もありますが「わざわざ」という言葉を「ありがとう」の前に置くことも多いです。 「ありがとう」というだけでは気持ちを伝えるのに物足りない感じがする、という場合に「わざわざ」や「本当に」、「誠に」などを言い添えます。 敬語の種類 「わざわざ」も「ありがとう」も丁寧な言葉遣いですが敬語なのかというとそうではありません。 「ありがとう」は敬語にすると「ありがとうございます」になります。 「ありがとう」を「感謝する」と言い換え「感謝いたします」「感謝いたしております」などの言い方をすることもあります。 使い方 「わざわざ来て下さって本当にありがとうございます」「わざわざすみません。 ありがとうございます。 助かりました」「わざわざご面倒だったでしょう。 ありがとうございます」などの使い方をします。 「わざわざありがとう」とだけ言うこともあります。 メールでの使い方 「わざわざありがとう」は丁寧な表現だといえます。 「ありがとう」だけでは感謝の気持ちを伝えるのに足りないという場合に言い添えることが多い言葉です。 しかし「わざわざ」という言葉はどことなく皮肉っぽいニュアンスもあります。 意図せずに皮肉っぽい意味合いに受け取られてしまう可能性もなくはありません。 「わざわざ」以外にも「ありがとう」という気持ちを強調する表現はいくつかありますので、ご紹介いたします。 本当にありがとう 「本当に」は「ありがとう」を強調する時に使われることが多い表現です。 しかし「本当に」はビジネスシーンで使う事は少ないです。 親しい友人などに対して感謝の意を伝える場面などでよく使われます。 「本当にありがとう」あるいは敬語に言い換えて「本当にありがとうございます」などの使い方をします。 誠にありがとうございます ビジネスシーンでは「本当にありがとう」ではなく「誠にありがとうございます」ということが多いです。 意味合いとしては「本当にありがとう」と同じです。 「ありがとう」というだけでは感謝を伝えきれないという場合に言い添える言葉です。 「誠に」は「ありがとうございます」という敬語とセットで使うことが多いです。 「この度は当ホテルにご来館くださいまして誠にありがとうございます」「この度はわが社の商品をお買い上げくださいまして誠にありがとうございます」「この度は私共にご協力くださいまして誠にありがとうございます」などの使い方をします。 ご面倒だったでしょう 「わざわざ」にニュアンスが近い言葉に「ご面倒だったでしょう」があります。 「持って来て下さったんですか。 わざわざありがとうございます。 ご面倒だったでしょう」など、親しい相手の労をねぎらいながらお礼を言いたい時などに使います。 「ご面倒だったでしょう」は丁寧語の形の敬語です。 「ご面倒でございましたでしょう」が尊敬語の形の敬語です。 「わざわざありがとうございます。 ご面倒でございましたでしょう」などの使い方をします。 嬉しいです 「嬉しい」は感情を表す言葉ですが、感謝の言葉に添えると感謝を強調する表現になります。 丁寧語の形で敬語にすると「嬉しいです」になり、謙譲語の形で敬語にすると「嬉しく存じます」あるいは「嬉しゅうございます」になります。 「参加してくださるんですか。 わざわざありがとうございます。 嬉しいです」「お越しくださってありがとうございます。 嬉しく存じます」などの使い方をします。 「わざわざ」は敬語として良い印象なのか 「わざわざありがとう」は敬語ではないですが、丁寧な表現だと言えます。 しかし「わざわざありがとう」の「わざわざ」は使うタイミングによっては皮肉っぽく受け取られてしまうことがあります。 相手が「わざわざありがとう」と言った場合は皮肉で言っているのではなく「ありがとう」を強調しているのだと受け取るようにしましょう。 自分が「わざわざありがとう」を使う場合は、「嬉しいです」「ご面倒だったでしょう」「助かりました」などの言葉をさらに言い添えると意味合いを誤解されにくくなります。 「わざわざありがとう。 嬉しいです。 ご面倒だったでしょう、本当に助かりました」などの使い方をします。 嫌味 「わざわざありがとう」という言葉を言う相手は、ほとんどの場合「ありがとう」という言葉を強調するために「わざわざ」を言い添えています。 このため、嫌味っぽく聞こえてしまうことがあります。 皮肉 「わざわざ」という言葉は、する必要のないことをした相手に対しても使うことがあります。 「へえ。 わざわざ持って来たんですか」などの言葉は、「持ってくる必要はなかったのに」という意味で言われることがほとんどです。 「わざわざありがとう」の場合の「わざわざ」は「面倒だったろうに私のためにありがとう」というような意味合いです。 しかし、「わざわざ余計な真似をして」「わざわざ持ってこなくていいものを持って来た」などの皮肉に聞こえてしまう事もあります。 「わざわざありがとう。 ご面倒だったでしょう。 嬉しいです。 ありがとう」など、ありがとうを強調する言葉をたくさん言い添えると意味合いが相手にきちんと伝わります。 「わざわざありがとう」は使わない方が良いのか 「わざわざありがとう」は敬語で言うと「わざわざありがとうございます」になります。 正しい敬語なので使っても問題はありません。 しかし「わざわざ」は、「わざわざ余計なことをする」などの言い回しで使う事もある言葉です。 感謝の気持ちを強調したいという場面では「わざわざ」だけではなく他の言葉も言い添えた方が丁寧だと言えます。 「誠にありがとうございます」「本当に感謝しています。 わざわざありがとう」「わざわざありがとうございます。 ご面倒だったでしょう。 感謝しています」「わざわざありがとうございます。 とても助かりました」など、ありがとうを強調する意味を持つ他の敬語も言い添えるようにするとより意味が正確に伝わります。 「わざわざありがとう」の敬語表現を使いこなそう!.

次の