広瀬 すず 出産。 広瀬アリスと妹 すずの両親はどんな人?【衝撃】父親が大変?

新婚・広瀬すず、働きながら出産することの難しさを実感し…『なつぞら』第20週

広瀬 すず 出産

(C)まいじつ 4月16日放送の連続テレビ小説『なつぞら』で〝エロニオわせ〟シーンがあったと物議を醸している。 先週で子ども時代が終わり、今週から主演の広瀬すずが本格出演している『なつぞら』。 同級生役を〝国宝級イケメン〟吉沢亮が演じ、美男美女の共演に視聴者は胸を躍らせている。 そんな中で、問題のシーンがあった。 なつ(広瀬)が学校終わりに天陽(吉沢)のもとを訪れたとき、ひとしきり会話を交わした後で、天陽はニコニコしながら「じゃあ、やってくか?」となつを誘った。 すると、なつ「うん、やろ」と承諾。 そのまま〝何をヤる〟のか明かされないまま、ドラマではオープニングムービーが流れ始めた。 そして再びドラマに戻ると、小屋を引きで撮ったカットが移され、なつの「ちょっと…、動かないで…」という怪しげな音声だけが流れる。 その後、2人はお互いを被写体に絵を描いていたとネタバラシされたわけだが、それまでは明らかに〝アレ〟をニオわせていたと話題に。 朝っぱらからエロス満開 ネット上では、 《「ちょ、動かないで!」のシーンもあえて声だけだったし、絶対狙ってるよね…》 《朝ドラなのに狙ってたよ、あり得ない》 《ただただ気持ち悪いと思った》 《何をヤルるんですかw 朝に放送できることですよねwってなったわ》 《これもうSEXの比喩だろ》 《会話がエロ過ぎる。 写生大会ではなく射精大会ですねこれは》 などといった反応が相次いでいた。 「その後もこの日の放送では、天陽に被写体にされたなつが、『(天陽は)〝ウマい〟じゃなくて〝スゴい〟んです…』『(正面の絵なのに)背中まで見られているような気分だった』と、意味深な言葉で天陽の画力を褒めていましたからね。 これにもネット上では『いちいちセリフがニオわせてくる』との指摘が。 脚本家も、筆が滑ったのでしょう」(芸能記者) 「コカ・コーラの瓶の独特のくびれ形は、女性の裸体をイメージしている」という都市伝説があるように、大ヒット商品には隠されたエロスがある。 『なつぞら』もそれを狙ったのだろうか…。

次の

『なつぞら』第125話では、なつ(広瀬すず)が出産! 泰樹(草刈正雄)が名付け親に|Real Sound|リアルサウンド 映画部

広瀬 すず 出産

広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」(第125回)が23日に放送され、なつ(広瀬)が無事出産。 泰樹(草刈正雄)が子どもに命名するシーンに「涙出た」「涙腺崩壊」「泣ける」などの声がSNSに殺到した。 なつの陣痛が始まり、病院にやってきた富士子(松嶋菜々子)たち一同。 いても立ってもいられない坂場(中川大志)と咲太郎(岡田将生)、剛男(藤木直人)の男性陣。 やがて病室から赤ちゃんの元気な産声が聞こえてくるとみんな喜びの表情を浮かべるのだった…。 深夜、お腹の痛みを訴えたなつはそのまま産婦人科に運び込まれる。 産婦人科医の高橋秀子(田中裕子)は、なつの大きなお腹をさすりながら「はい、もう少しよ〜頑張って〜」と声をかける。 なつはあまりの痛みに苦悶の表情を浮かべながらも、歯を食いしばり必死に息を整える。 そして身をよじりながら涙を流し「早く会いたい!」と絶叫。 そんな彼女を秀子は「もうすぐもうすぐ!」と励ます。 その後、坂場や柴田家の人々が待機する待合室が映し出されると赤ちゃんの鳴き声が響き渡る。 皆が笑顔で口々に「生まれた!」と声をあげる中、泰樹は穏やかな笑顔でしみじみと「ご苦労さん…」とつぶやくのだった。 なつ役の広瀬による入魂の出産シーンと泰樹の言葉に「すずちゃん出産シーンの演技上手すぎやろ!涙出た」「生まれたー!じいちゃんの「ご苦労さん」泣ける」「なつの出産シーンの涙と泰樹さんのこの一言で涙腺崩壊」といったツイートが多数寄せられた。 女の子を出産したなつは名付け親を泰樹に依頼。 引き受けることにした泰樹は東京に滞在し7日間、ひ孫の名前を考えることに。 そしてなつと赤ちゃんが退院し、御七夜を迎えたその日、泰樹はなつや坂場に名前を書いた半紙を差し出す。 彼は「なつのように優しい子になってほしい」と語りかける。 ついに誕生したなつの娘の名前に対してSNSには「染みる、泣ける、優しい子に育ってね」「だめだ、涙が止まらない」「泰樹おんじ、めろめろヤァ」などの声が投稿されていた。 この記事の写真を見る•

次の

広瀬すずの高校はどこなの?偏差値はいくつ?出身小学校や中学は?

広瀬 すず 出産

茜(渡辺麻友)の出産、退職をめぐり一悶着あったことでなつ(広瀬すず)も働きながら子を産むことに不安を覚える。 しかしその一ヶ月後、なつも妊娠するのであった。 『なつぞら』(NHK総合)第119話では、女性の出産と働き方が描かれた。 翌日から産休に入るという茜は、克己(川島明)、神地(染谷将太)と共になつの家を訪れる。 茜が産休の挨拶に行った際、社長から産休明けに契約社員にすると告げられたことを、なつと坂場(中川大志)に伝えにきたのだ。 神地は自分ごと以上に腹を立てていた。 茜はこれを受けて、出産後は退職すると決めたという。 この話を聞いたなつは、自身にもいつか訪れる妊娠について考え、まわりの社員に聞いて回るなど不安そうな素振りを見せた。 そして無事出産を終えた茜は、実際に産んでみると、復職しなくてよかったと漏らした。 もちろん子を愛するがゆえの発言だが、その言葉にはどこか、未練を断ち切るためのような切なさも滲む。 なつは、これからも仕事を辞めたくないと考えていた。 しかし、なつと坂場の前には、まだまだ女性の出産と仕事の両立に寛容ではない時代の、子を産んでから働くという壁が立ちはだかる。

次の