さらざんまい 10話。 さらざんまい

さらざんまい:10話のあらすじと感想

さらざんまい 10話

アニメ9話 簡単なあらすじ 撃たれてしまった燕太。 そんな燕太が今夜、山場を迎えるというところ。 悲しむ一稀。 しかし燕太は河童になって一稀の前に現れます。 しかし、頭の皿は余命を宣告しており早く、皿を使用して燕太を復活させないといけないという状況に陥ってしまいます。 一方悠、兄と行動を共にしていましたが、兄と共に抗争に巻き込まれてしまいます。 弟以外の人間に非情なまでの冷酷さを見せる誓。 仲間すらも撃ってしまいます。 銃撃戦となり、弾切れとなった誓でしたが、悠hが捨てたはずの銃を持って参戦。 無事、逃げ切ったと思ったところで兄は撃たれてしまいます。 そしてカワウソ側の、真武と玲央。 自分の知っている真武が戻ってきたとはしゃぐ玲央でしたが、お土産を買って帰るとそこに真武の姿はありません。 真武を探しに行くとそこには自分の姿をしたカワウソが真武を抱きしめています。 カワウソは人の欲望を移す鏡と知った玲央。 自分の知っている方法で真武を取り戻すと心に決めます。 ここからいよいよ最終決戦。 誰が勝ち、皿を手に入れるのか!?というところ。 アニメ9話 燕太の事故で繋がりを思い出した一稀 燕太の姉から、幼少期の燕太との話を聞いた一稀。 クラスに馴染めなかった一稀が、パスを出してくれと頼んだ話。 そして、姉は一稀に、一稀は悪くない。 犯人が悪いという旨の話をします。 これは、春香が車椅子となった事件と近しいものがあります。 河童になった燕太と話、皿を取り戻すという覚悟を決めます。 そこで、夜な夜な最終決戦へと向かう一稀はそっと家を出ようとします。 その時春香は目を覚まし、自分と燕太の願いが叶ったという絵を一稀に見せます。 そこで、幼少期に悠と出会ったことを思い出した一稀。 一稀は今回の燕太の事故をきっかけに、過去の悠、燕太とのつながりを思い出したのでした。

次の

【海外の反応】さらざんまい 10話「宮野真守の演技が最高過ぎる!」

さらざんまい 10話

アニメ10話の簡単なあらすじ カッパとなり、一命を取り留めた燕太も、彼に残された時間はあとわずか。 ケッピとともに三人で奪われた銀の希望の皿を取り戻すために、カワウソと戦うことを決意する2人。 しかし、そこにやってきたレオ。 実は、レオとマブは元々カッパ。 ケッピの臣下でした。 戦いの最中にマブを失ったレオは、マブと一緒にいたいと言う欲望にかられ、カワウソ側の人間に。 レオは、ケッピを寒天で拘束し、カワウソの本拠地であるスカイツリーのどこかへ3人を連れて行きます。 一瞬の隙をついて逃げ出し、最深部へと到着した3人。 そこには、ケッピがかつて自分の尻子玉を二つに割った、片割れ、絶望を纏った黒ケッピが。 燕太がカワウソに乗り移られたりした後に、マブはカパゾンビとなります。 そして、それを倒したのはレオ。 そして、銀の皿を手に入れた一稀。 そこに現れた悠、兄を治したいと言うものの、燕太の余命のカウントダウンがあったために、燕太を復活させます。 その後に登場した黒ケッピ。 そして自ら彼らと共に行った、悠。 一体今後どうなってしまうのでしょうか? ケッピ 河童の存在とは? 愛と欲望の狭間 レオとマブが河童だったことが判明した今回。 今わかっている河童に関しての情報から、河童とはどう言うものか推測して行きましょう。 アニメ4話のアサクサテレビの文字にプリンスは愛と欲望の狭間にいると描かれています。 詳しくは4話考察参照。 つまり、河童は愛と欲望を行き来できる存在です。 河童を愛の象徴と捉えている方もいるかもしれませんが、河童は愛と欲望の中間の存在で、愛にも欲望にも振れてしまいます。 人間も同様に、愛を持っていますが、カパゾンビになる可能性もあります。 今回のレオとマブは欲望に触れた河童でした。 それ以前は、人間がカパゾンビになっていました。 しかし、フィールドで考えてみると、欲望フィールドが欲望の世界であり、プリンスは愛と欲望の狭間にいるという言葉から、愛のフィールドは一稀たちが生活している普通の世界を表していることがわかります。 この世界は愛に溢れているんです。 目が赤いのはなぜ? ケッピの目の周りが赤いのはなぜでしょうか?レオやマブ、カワウソ、カワウソ博士に乗っ取られた燕太が同様に目が赤くなっていました。 河童は赤いと言うのであれば、一稀たちも同様に赤いはずです。 そして、サラも5話の時点で一瞬出てきましたが、目は白いんです。 今までの内容から、欲望にかられた人間が目が赤くなるのであれば、プリンスであるケッピも、何かしらの欲望にかられたのではないでしょうか?まだケッピの詳細は出てきていませんが、黒ケッピの尻子玉を二つに割る際に、何かあったと考えるべきではないでしょうか?.

次の

【海外の反応】さらざんまい 10話「宮野真守の演技が最高過ぎる!」

さらざんまい 10話

概要 『』『』『』を手掛けたによる作品。 に公式ホームページ開設、公式アカウントと公式アカウントの作成、第一弾が公開され、2019年の放送開始を発表。 翌日、翌々日に内で放送された『少女革命ウテナ』の一挙放送後に第二弾、第三弾のティザーPVが公開された。 2018年、キャラクター原案にイラストレーターのの決定 、また、によるスピンオフコミカライズ『レオとマブ 〜ふたりはさらざんまい〜』を奇数月はの漫画雑誌「ルチル」に、偶数月はWebコミック「ルチルSWEET」へ掲載されることが発表された。 2018年より5週に亘って、『ノイタミナ』枠で放送されている『』のとして、1人ずつメインキャラクターに焦点を当てた「つながるPV」が放送された。 この映像作成にはモーションデザインアーティストの田島太雄が携わっており 、アニメーションで描かれたキャラクター、デザイナー越阪部ワタルによる、実写で撮影されたの街並、それらが融合した独特の映像で表現されている。 2018年、で行われた『2018 AGF2018 』の噴水広場ステージにて『さらざんまいスペシャルステージ』を実施。 幾原監督、ケッピ役の、としてアナウンサーのが登壇し、作品の内容や制作現場の裏話などを語るトークショーを行った。 より、スピンオフコミカライズ『レオとマブ 〜ふたりはさらざんまい〜』とは別に、コミカライズが連載。 アニメ本編とほぼ同内容のコミカライズ作品。 キャラクター原案を担当したによる作画でWebマンガ掲載サイト『comicブースト』より配信される。 作品のテーマは「つながり」、キャッチコピーは「つながっても、見失っても。 手放すな、欲望は君の命だ。 」で、PV中でも度々使われている。 あらすじ 舞台は東京・浅草。 登場人物 矢逆 一稀(やさか かずき) 声 - 4月29日生まれ、血液型B型、身長160cm、体重46kg。 中学2年生。 かつてはサッカーが好きな明るい少年だったが、ある出来事がきっかけで退部。 現在は、吾妻サラの女装をして自撮りを弟のスマホに送るのが日課。 変身後のカッパの姿は赤色のマフラーをしている。 名前の由来は時代劇『』の主人公の一人「矢坂 平四郎(やさか へいしろう)」から。 久慈 悠(くじ とおい) 声 - 11月1日生まれ、血液型A型、身長165cm、体重48kg。 中学2年生。 一稀のクラスに転校してきた少年。 ぶっきら棒で近寄りがたく、悪い噂もあってクラスから孤立している。 変身後のカッパの姿は青色のマフラーをしている。 名前の由来は時代劇『三匹が斬る! 』の主人公の一人「久慈 慎之介(くじ しんのすけ)」から。 陣内 燕太(じんない えんた) 声 - 5月28日生まれ、血液型AB型、身長158cm、体重45kg。 中学2年生。 一稀の幼馴染。 丸い眼鏡をかけている。 かつて、サッカー部にいた頃の一稀とはゴールデンコンビだった。 実は、一稀に恋愛感情を抱いている。 変身後のカッパの姿は眼鏡に黄色のマフラーをしている。 名前の由来は時代劇『三匹が斬る! 』の主人公の一人「燕 陣内(つばくろ じんない)」から。 ケッピ 声 - 1月1日生まれ。 カッパ広場のカッパ像に封印されていたカッパ王国第1王位継承者を自称する謎のカッパ型生命体。 カエルと間違われると激怒する。 一稀ら3人組の尻子玉を抜いてカッパにし、カパゾンビとの戦いに協力してと欲しいと申し出る。 サラとは恋仲の関係。 新星 玲央(にいぼし れお) 声 - 7月24日生まれ、血液型B型、身長185cm、体重67kg。 交番に勤務する警官。 長い金髪と色黒の肌とギザギザの歯が特徴。 カワウソの下で、拳銃を使って欲望を搾取している。 かつてはカッパ王国で真武と共にケッピ王子の臣下をしていたカッパである。 カッパの姿は人の姿の時と同様のギザギザの歯があり、黒いマフラーをしている。 阿久津 真武(あくつ まぶ) 声 - 3月1日生まれ、血液型A型、身長180cm、体重60kg。 交番に勤務する警官で、玲央の相棒。 アンダーリムの眼鏡をかけている。 堅物な性格だが、天然ボケなところがある。 玲央と同様に、かつてはカッパ王国でケッピ王子の臣下をしていたカッパである。 カッパの姿は眼鏡に白いマフラーをしている。 矢逆 春河(やさか はるか) 声 - 一稀の弟。 交通事故が原因で下半身不随になっている。 吾妻サラの大ファン。 一稀がサラになりすまして送ってくる自撮りを見て、サラと文通していると信じている。 久慈 誓(くじ ちかい) 声 - 12月9日生まれ、血液型O型、身長185cm、体重70kg。 悠の兄。 25歳。 裏稼業で生計を立てている。 過去に起こった銃撃事件がきっかけで組織に追われており、弟・悠とは離れて暮らしている。 陣内 音寧 (じんない おとね) 声 - 燕太の姉。 一稀たちが通う中学校の教師。 釣りが趣味。 吾妻 サラ(あづま さら) 声 - 8月8日生まれ、血液型B型、身長160cm、体重40kg。 浅草のご当地アイドル。 浅草のローカル番組「アサクササラテレビ」のMCを務めている。 語尾に「でぃっしゅ」をつける。 毎朝「ラッキー自撮り」のコーナーで自撮りするラッキーアイテムを伝えている。 カワウソ 声 - カッパ王国と対立しているカワウソ。 玲央と真武を使って、欲望を搾取している。 口癖は「ウッソー」。 用語 尻子玉 本項では、作中の設定について説明。 人間の欲望を溜め込む臓器。 お尻の中にある。 さらざんまい 尻子玉をケッピに送る為に必要な行為。 カッパに変身した一稀、悠、燕太が、頭の上にある皿をつなげることで発動する。 ケッピ曰く「身も心も繋がるということ」。 これを発動させると、自分達の秘密も知られてしまう副作用がある。 かつては玲央、真武もケッピと共にさらざんまいをしていた事が作中でも仄めかされている。 カパゾンビ 声 - 生前に執着していた欲望を満たそうとしているゾンビ。 配下を使って欲を満たすために様々なものを集めている。 尻子玉を抜かれると、この世から消滅してしまい、人々の記憶からも消えてしまう。 11皿に登場するカパゾンビのみイレギュラーのため、上記とはキャストや設定などが異なる。 希望の皿 ケッピにカパゾンビから抜き取った尻子玉を、さらざんまいで転送すると貰える報酬。 金の皿は1枚、銀の皿は5枚で1回分の願いを叶えることができる。 スタッフ• 原作 - イクニラッパー• 監督 -• 助監督 - 松嶌舞夢• チーフディレクター -• シリーズ構成・脚本 - 幾原邦彦、内海照子• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン - 石川佳代子• 総作画監督 - 石川佳代子 、川妻智美• コンセプトデザイン - 柴田勝紀• 美術監督 - 藤井綾香、スタジオPablo• 色彩設計 -• 撮影監督 - 荻原猛夫• 編集 - 黒澤雅之• CG監督 - 濱村敏郎• 音楽 -• 音楽制作 -• 音響監督 - 幾原邦彦、• チーフプロデューサー - 高瀬透子、三宅将典• プロデューサー - 岡安由夏、鈴木健太• アニメーションプロデューサー - 大塚学、渡部正和• アニメーション制作 - 、ラパントラック• Production I. G新潟• アニメ本編の放送前の2018年5月から連載されていた。 奇数月は幻冬舎の漫画雑誌『ルチル』に掲載され、偶数月は同社のWebマンガ掲載サイト『ルチルSweet』より配信。 単行本全1巻。 アニメ本編との時系列に関して公式による言及はないが、二人の性格や勤務している交番の場所や名称、登場時のサラなど、アニメ本編で描かれているものとは異なる部分が多いため、明確な関連性は不明。 さらざんまい キャラクター原案を務めるによるアニメ本編とほぼ同内容のコミカライズ作品。 アニメ放送中の2019年5月から連載しており、Webマンガ掲載サイト『comicブースト』より配信されている。 上巻はアニメ1話から6話まで、下巻は7話から最終回までの内容となっており、ストーリーはアニメ本編と同内容であるが、アニメでは描かれていない部分も多く含まれている。 上巻 下巻 ラジオ 『 アニメ「さらざんまい」ラジオ番組 ぷれざんまい』と題してにて配信している。 2019年1月5日から3月30日までは、・超! パーソナリティはケッピ役の諏訪部順一と監督の幾原邦彦が務める。 Twitter連動 『 玲央と真武 ゆるふわ勤務日誌』としてアニメ放送前の2018年11月11日から2019年3月31日までの期間限定で、新星玲央と阿久津真武の2人が勤務中の日常をツイートしているという形式で運営されていた公式Twitterアカウント。 前述の通り、当初は2019年3月31日までの期間限定と明記されていたが、6月14日放送の第十皿「つながりたいけど、つながれない」の放送直後にアニメ本編と連動する形で更新され、今まで投稿されていたツイートのログが消えていくという演出が行われた。 アニメ本編のストーリーに沿って全てのツイートが削除された後はツイッター名やアイコンなども消され、何もないアカウントのみが残った状態となっている。 後に『 俺と真武の勤務日誌』として2019年8月9日から12日に開催されたのノイタミナショップのブースにて、Twitterのログをまとめた本も出版された。 舞台 『 さらに「さらざんまい」〜愛と欲望のステージ〜』のタイトルで、2019年11月28日から12月1日まで東京・、12月7日から8日まで大阪・ WWホールにて上演。 脚本・演出はが担当。 キャスト(舞台)• 矢逆一稀 -• 久慈悠 -• 陣内燕太 -• 新星玲央 -• 阿久津真武 -• 矢逆春河 -• 久慈誓 -• 吾妻サラ -• ケッピ - 脚注• 2018年3月6日閲覧。 2018年5月17日閲覧。 2018年10月5日閲覧。 2018年10月5日閲覧。 2018年11月11日閲覧。 2019年5月17日閲覧。 「欲望は君の命だ」『』2019年7月号、、2019年7月10日、 44頁。 2019年3月14日. 2019年3月14日閲覧。 2019年3月7日. 2019年3月7日閲覧。 ノイタミナニュース. 2019年5月31日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 幾原邦彦監督新作アニメ『さらざんまい』2019年放送. 2019年4月12日閲覧。 2018年11月11日閲覧。 2018年11月11日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 2019年9月18日閲覧。 外部リンク• - 公式サイト• sarazanmai -• sarazanmai -• - 舞台版公式サイト• butaisarazanmai - 前番組 番組名 次番組.

次の