痛い の は 嫌 なので 防御 力 に 極 振り したい と 思い ます 11 話。 experience-ccra-in.ctb.com: 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。: 加隈亜衣, 山崎たくみ, 山口勝平, 石田彰, 杉山紀彰, 丹下桜, 諏訪ななか, 竹達彩奈, 神奈延年, 本渡楓, 小野賢章, 野口瑠璃子, 皆口裕子, 新井里美, 佐藤聡美, 早見沙織, 佐藤利奈, 大沼心, 湊未來, 防振り製作委員会: generic

TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』第11話予告

痛い の は 嫌 なので 防御 力 に 極 振り したい と 思い ます 11 話

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (防振り)11話『防御特化と強敵。 』の感想 第11話『防御特化と強敵。 』の運営のぼやきは、 ガンダム祭りじゃあーーー!!! ガンダム好きの方、お待たせいたしました。 もちろん、わたくしも大好物でございます。 機械神でフルバーストって!ヘヴィーでアームズかよ!もしくはストライクでフリーダムかよ! あ、俺的にはZとかZZとかが良いんだけど世代の差? これ全てガンダムでございますから。 ストライクガンダムとかフリーダムガンダムとか、後ろにガンダムを付けるとだいたいその名前になります。 ZとかZZは本家ではゼータとダブルゼータとちょっと読み方になりますけれど。 また、 戦争である事を悲しみながら戦闘機も良いけど死神じゃないって叫びながら突っ込む量産機も捨てがたい というのは、玄田哲章さんがガンダムシリーズで演じた2人のキャラクターのこととなります。 とまあ、このままガンダムネタを語り続けたいところでございますけれども、 今回もそんな運営とメイプル達のチートにツッコミを入れながらこの防振り11話を考察していきたいと思います。 ちなみに、わたくしは原作ラノベは読んでいな状態で考察しております。 >> >> 最強の盾 VS 最強の矛 11話の開幕は前回の続き、メイプル VS ミィから。 ミィの炎帝ラッシュはもの凄い。 スピードも火力も圧倒的じゃないか。 動きが遅いがメイプルが行動を起こす前にバンバン炎を当てるって圧勝じゃないか…普通なら。 ただ、メイプルさんはダメージを全然受けないからそんな強力ラッシュも意味がない。 それを見てミザリーは言う。 最強の盾と最強の矛。 このままでは勝負がつきませんね と。 まあ、違うんだけどね!w なにしろメイプルさんは一人で最強の盾と矛を持っているキャラクターですから。 ラスボス退治はみんなで連携 そんな堅いキャラクターはみんなの連携で集中砲火だー! って、もはやラスボス攻略の発想やないかいっ!? 3対3で戦うのかと思ったら、マイ&ユイはほとんど戦闘に参加できませんでしたからね。 ミィの火力でメイプルをノックバックさせて、三人の連携を断ち切る。 逆にミザリーとマルクスはうまいことミィをサポートする。 チームの連携としては楓の木よりも炎帝ノ国の方が断然良かったでございますよね。 途中からメイプル一人で炎帝ノ国を相手にしてたし。 まさにラスボス! そして、運営は本当にこれでいいのか?とw がんばってゲームスキルを上げた方が押されるというね。 時間をかけてレベルもスキルも上げても、チートでやられちゃうんだったら、 二度とやるかーー!! というゲーマーが続出しそうでございますけれど。 メイプルのMPについて さて、ここでメイプルのMPについて、 ミィはこまめに回復していたけれど、メイプルは全く回復せずにあんな大技を連発できるのがおかしい。 という意見がTwitterの方でチラホラと流れておりました。 悪食(あくじき)でMPが吸収できるにしろ、防御に極振りしているメイプルならMPの最大値もそんなに高くないだろういう意見なんかも。 ここに関しては、 悪食がMPの上限値を超えてストックできるからというのが答えになります。 メイプルの盾に現れる宝石みたいな装飾がストックしてまっせ~という印。 ミィ達の攻撃を防いでこんなにストックしてたので、メイプルはMPを回復しなくても良かったわけです。 運営は悪食の回数制限だけでなく、上限値を超えてストックできるチート機能にも制限をかけなさい。 火炎牢!炸裂でメイプル敗れる? そんな チートなラスボスを倒すには必殺の極大魔法。 ミザリーとマルクスに足止めさせて、ミィが呪文に詠唱に。 炎帝ノ国の連携はすばらしい。 逆に楓の木はせっかく温存しているんだから、ここでマイ&ユイがミィを狙う連携を見せんかいと。 けっこう長めに呪文の詠唱しておりましたから。 万物の根源象徴たる炎、その赤き力をもって、全てをとらえし枷となれ、地を焼き天焦がす業火よ。 闇にたゆたうまばゆき焔よ、森羅万象灰燼と化せ灼熱よ、汝に求むるは堅牢。 燃え盛り燐火と爆ぜ我が仇敵を繋ぎとし、絶対無敵のくびきとなれ。 火炎牢! 長い!でも強い!! こういったスリップダメージも、貫通攻撃すらもほとんど効かなかったメイプルのHPをどんどん削る。 さすが炎帝! ついにラスボスメイプル攻略なるのか? やっぱり出ました!へそ機械神 そんな大ピンチを切り抜けるのはやっぱりこれだ へそーーー!!! へその機械神再び。 へそを出せばなんでもできる、へそを出せばヘンタイ紳士がざわつく。 今回もしっかりとへそのアップがありましたね、気付かなかった方はスロー再生してみてくださいw 最強の矛は炎帝じゃなかった、機械神でした。 なにしろこちらは機械仕掛けでございますから。 フルバースト!と、もはや言ってることもやってることも機械神ならぬメイプルガンダム。 メイプルガンダムが圧倒的な火力ですべてを薙ぎ払う! 炎帝ミィも最後の奥の手、自壊!で道連れ狙いをするしかない。 メイプルじゃなくても… でも、全然効いてなかったーーー!!! チート対決はメイプルさんの圧勝で終わりました。 前から何度も言ってますが、運営さん、スキルのバランスおかしいんじゃないですか? YouTubeのコメントでは、メイプルが取ってなかったらそこまでチートなスキルじゃないという意見が複数ありましたが、悪食とか機械神とかはそれだけで十分チートなスキルだと思います。 悪食は吸収できるだけじゃなくてMPのストックできるし、機械神はあの圧倒的な火力に加えて、ミィの自壊を受けても傷一つ付いてないところを見ると守備力も上がるんじゃないのかなと。 単純にガンダムみたいなフルアーマーまとっているわけですからね。 まあ、へそは無防備でございますけれどw でも、これは 前回運営さんが言ってたじゃぶじゃぶ課金させるビジネスチャンス! メイプルのスキルを買えるようにすれば、課金も増えて、メイプル弱体化できて一石二鳥。 まあ、ブーイングは起こりそうですけどw 絶対次はやっつけるんだからー!炎帝たちの旅はこれからだ! 奥の手を使ってもメイプルを道連れに出来なかった炎帝ミィ。 絶対次はやっつけるんだからー! と本性丸出しw ミザリーとマルクスに本性バレちゃうバレちゃうw 炎帝たちの旅はこれからだ! 応援したい、炎帝ミィ 集う聖剣現る 炎帝ノ国の次はいよいよ現る最強ギルド『集う聖剣』 そして、楓の木はダイジェストBGM明けに7位まで順位アップ。 小規模ギルドにしては生産性が高すぎるぜ。 逆に集う聖剣とかいうくせに、強キャラはやっぱり4人しかいないのねとw ただまあ、 レベルもスキルも上げまくった4人はやっぱり強し! 今回は珍しく楓の木の方が人数が多いのに大苦戦とは。 楓の木のような異常枠のチートとは違う、正統派のチートの強さを見せました。 ここ一番の勝負所を合わせてきたり、集う聖剣の方が連携がうまいよね。 よりゲームっぽい戦いをしてくれる。 断罪の聖剣でメイプル打ち取ったり? 一瞬の隙を突いて、ペインが放つ断罪の聖剣! あのメイプルのHPがギューン!と減ったので、まさかのメイプル打ち取ったりですかっ!? いい所で終わらせやがるぜと。 気になるのはペインの断罪の聖剣でございますよね。 あの 炎帝ミィでもなかなか抜けなかったメイプルの絶対防御を破って大ダメージを与えるとは。 断罪の聖剣で大ダメージとはメイプルは闇属性として扱われているのでしょうか? 見た目は闇っぽいし、捕食者出したり、暴虐で自分自身も悪魔っぽいモノに変身するからその要素は十分でございますけれどw まあ、単純に攻撃力が高かっただけなのかもしれませんが。 強力だけどこの数字でメイプルのトンデモナイ防御力を抜けるということは、ペインの攻撃力も相当なもの。 一発耐えてももう一発喰らったらさすがに耐え切れなさそう 次回、最終回 次回、防振り最終回。 メイプルを中心に劣勢の楓の木。 最終回はまさかの全滅エンドになってしまうのか? でもぉ~、最後はやっぱりメイプルさんがやってくれるんでしょう~?という期待感があるのが防振りでございます。 なにしろ、まだまだメイプルさん奥の手を出しておりませんから。 またまた機械神なのか?それとも、今度は暴虐なのか? この辺で決めてくれるんじゃないのかという期待感でいっぱいでございます。 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (防振り)11話の考察・感想まとめ 防振り第11話の感想をまとめると、メイプルガンダムになったらもはや手は付けられません。 そして、ミィに続いてペインも破ることで、名実共にNo. 1チートとなって最終回を迎えるんでしょうか? >> >>.

次の

2020年冬アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」【11話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

痛い の は 嫌 なので 防御 力 に 極 振り したい と 思い ます 11 話

2020-06-15• 2020-06-15• 2020-06-15• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10.

次の

TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』第11話ダイジェスト

痛い の は 嫌 なので 防御 力 に 極 振り したい と 思い ます 11 話

ゲーム知識に乏しく、ステータスポイントをVIT(防御力)に極振りしてしまい、最初はザコモンスターにすら翻弄される始末だったが……。 くない!? モンスターにどつき回されてもダメージゼロ、さらには運良く一撃必殺のカウンタースキルまで手に入れてしまう!ひと癖もふた癖もある仲間たちも加わり、ますます成長していくメイプル。 ゲーム知識に乏しく、ステータスポイントをVIT(防御力)に極振りしてしまい、最初はザコモンスターにすら翻弄される始末だったが……。 くない!? モンスターにどつき回されてもダメージゼロ、さらには運良く一撃必殺のカウンタースキルまで手に入れてしまう!ひと癖もふた癖もある仲間たちも加わり、ますます成長していくメイプル。 ・プレイ開始早々に防御2倍になるスキル入手 ・同じくリジェネ効果のある装備入手 ・早々に意味を成さなくなった"敏捷ゼロで歩くのも遅い"という設定 ・僅かなやり取りで毒耐性を入手できてしまうという謎仕様 ・毒竜なるボスモンスターを攻撃力ゼロでも"食べて倒す"という意味不明展開 ・壊れる度に強化される防具という序盤にしてエンドコンテンツ級アイテムの入手 異世界ものならそういうもんだと無理矢理納得できないでもないが、これは人が作っているオンラインゲームなわけで、運営がなぜこれらの設定を用意してしまったのか意図がさっぱりわからない。 あと、ゲームとしてのストーリーらしきものも全く見えないんだけど何が売りでなぜ人気なゲームなのかもさっぱりわからない。 まぁそれならそれでツッコミながら笑うアニメとして楽しめばいいやと思うかもしれないが、迂闊にツッコミを入れると今度はどこからともなく信者がやってきて「あれは6時間かけて倒してる」だの「そんなプレイに普通の人は耐えられないから今まで取得した人はいない」だのと、これまたツッコミどころ満載の擁護 ? をしてきて大変ウザい。 仕舞には自分と違う楽しみ方をしている人の人格否定までしてくるので本当に関わりたくない。 結果として何の疑問も持たず大絶賛できる人以外は楽しむことが許されないクソアニメになってしまった。 【追記】 2話になったらいつの間にか広範囲確定麻痺技と近距離即死技と広範囲即死毒技覚えてた。 PVPあるゲームでそれはダメでしょ…。 笑えないよ。 原作小説は6巻まで、コミック版は2巻まで読了。 web版は未読。 1話目・視聴時点での感想 ゲームに詳しくない主人公が防御ステータスに全振りしてあれよあれよと言う間に注目プレイヤーになるなろう系の典型例。 ただし、原作は「ゲームに慣れていないド天然の主人公」がめちゃくちゃの行動を繰り返してはぶっ飛んだ進化を重ねていくお話なので、個人的に「なろう系小説」としては良い出来だと認識。 本アニメ版は、ゲーム中でのステータスやスキル取得、チャット文字などがでてくるものの、文字が小さかったり場面の切り替わりが早かったりでまぁ読めない読めない。 どっかで味わった不快感だな、と思っていると、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」のアニメ版とまるで同じなのだ。 とにかく「これは読むものじゃなくて表現なの! 雰囲気が分かればいいの!!」といういこじな主張が丸出し。 よくよく見れば監督が「大沼心」 「デスマ」の監督じゃないかと絶望。 はなから「なろう系」と下に見ているのか? 廉価なろうアニメの粗製乱造請負人にでもなるつもりだろうか。 ストーリーの流れとしても、とにかく詰め込む。 早回しで1話で新装備手に入れるまでいく割りに、起きたことを全て入れてしまうので話がスカスカ。 1話時点で既に分かりやすい使いまわしの絵を乱発しており「ああ、予算がないんだな」「とりあえず1クールしのごうってだけのアニメにするつもりだな」という嫌な予兆が感じられる。 正直、この手のネタはSAOの王動ファンタジーや Overloadのダークファンタジーといった特色があるわけではなく、 量産されているほのぼの系のためレッドオーシャン。 本作品を見てほしいと他人に勧める部類ではありません。 また、ひたすら攻撃を受け続けるだけで耐性を獲得するというのも ほかのプレイヤーも戦闘が長引けば勝手に獲得できると考えられるので 主人公の唯一性になるかというと微妙。 そもそも、ATKが0でも敵もBOSSも倒せるという時点で どれだけ盾職有利なんだ?という状況ですし タンク的な概念もへったくれも無い そもそも、初心者がもらったHP全回復ポーションを使い切る程度で 毒無効を手に入れられたらゲームバランス崩壊してると思いますしね。 だいぶ無いです。 そもそも、本当の初心者ならゲーム内で痛覚の有無すらわからない。 もしくは、ゲームに痛覚は無い前提になるはずなので 極振りの動機として?が付きます。 基本的に無知だけどご都合的に上手くいくタイプの主人公で その成長譚を見届けてもカタルシスは無さそうです。 主人公は、友人がプレイしないのにプレイする。 いびつな友人関係に見えます。

次の