赤ちゃん あせも 治し 方。 赤ちゃんにできる冬あせもの治し方。原因や対策、すぐにできる対処法

赤ちゃんのあせもの治し方!病院へ行く?自宅ケア?

赤ちゃん あせも 治し 方

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 赤ちゃんの体は体温が高く、年中汗をかいています。 お昼寝後の背中や頭はもちろん、おむつの中や足の付け根などは特に気をつけたいところ。 夏になるとさらに気温も高くなり、発疹を見て慌ててしまうママも多いのではないでしょうか?今回は赤ちゃんのあせもについて、予防策や対策、薬を使うときの注意点をご紹介します。 その汗によって汗腺が詰まったり、バイ菌に感染したりすることで、あせもができます。 赤ちゃんは体の機能が未熟なため、汗で体温調節をしています。 そのため、大量の汗をかきますが、汗腺も未発達なので分泌された汗が汗腺に詰まりやすい状態になっていると考えられます。 さらに、汗腺の数は大人より赤ちゃんの方が多く、密集していることもあり、汗が溜まりやすく不衛生な状態になりやすいといわれています。 新生児の場合は、あまりかゆみを感じない透明や白色の発疹「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」として現れます。 関連記事 赤ちゃんのあせもの予防策は? 赤ちゃんのあせもの予防方法は、汗を肌に残さず清潔な状態を保つことです。 ある程度汗をかくことも大切ですが、必要以上に汗をかかせると肌に炎症が起きたり、熱中症になったり、赤ちゃんの健康に好ましくありません。 起きているときはこまめに汗を拭いて、お昼寝中は冷房を付けるなど部屋を快適な温度に保つよう心がけましょう。 以下で、赤ちゃんのあせもの予防策を紹介するので参考にしてください。 部屋の温度を調節する 夏場はクーラーを上手に利用して、汗を必要以上にかきすぎない環境作りをしましょう。 クーラーの風が子供の体に直接当たらないよう調節してくださいね。 寝ているときは特に体温が高いので、背中など布団と接している部分に汗をかいていないかこまめにチェックし、場合によってはクーラーの設定温度を調節しましょう。 皮膚を清潔に保つ お散歩やお昼寝の後、赤ちゃんが汗をかいていたらシャワーで流したり、タオルで汗を拭きとったりしてあげましょう。 濡れタオルやガーゼで赤ちゃんの体をポンポンと軽く押さえるように優しく拭いてあげるのがポイント。 シャワーで汗を流すときは、ぬるま湯で流します。 毎回石鹸でゴシゴシ擦り洗いすると必要な皮脂を取ってしまい、乾燥の原因になるので、石鹸は夜の入浴時だけに抑えると良いですね。 関連記事 患部を冷やしてあげる 赤みがひどいときや、赤ちゃんが痒がっているようであれば、室内の温度や服装の調節はもちろん、幹部を冷やしてあげるのも効果的です。 氷が入っている袋をガーゼなどにくるんで当ててあげましょう。 炎症している部分が冷やされることで、痒みが軽減されていきます。 赤ちゃんのあせもの治し方は?薬は使える? 赤ちゃんのあせもの痒みが続く場合や、「とびひ」になってしまった場合は、早めに皮膚科、あるいは小児科を受診しましょう。 病院では、弱いステロイドやかゆみを抑える外用薬を処方されることがあり、その場合は1週間ほど塗り続ける必要があるかもしれません。 赤ちゃんのあせもにステロイド薬を使うときは、使い方に注意してください。 決められた期間塗り続けないと症状が戻ってしまうこともあります。 赤ちゃんの肌はデリケートです。 特に市販のステロイド薬は注意が必要なので、自己判断せず、医師など専門家に診てもらってから、適切な使い方をするようにしましょう。

次の

特に夏は注意!汗っかきな赤ちゃんの「あせも」予防と対策

赤ちゃん あせも 治し 方

白いあせもと赤いあせも 白いあせもは、1mm程度の小さな水泡の状態で、赤ちゃんは特にかゆそうにもしていないし赤くもなっていないという特徴があります。 この場合は、清潔にして保湿をするというケアで自然と治っていくのが一般的です。 でも、これを機に赤ちゃんの洗い方や保湿方法を見直し、お部屋の室温調整にも気を配りながらあせもの予防をしましょう。 これに対し赤いあせもは、かゆくてヒリヒリします。 これはご自身でも経験のある方が多いのではないでしょうか。 かゆみを我慢できないから掻いてしまうのですが、掻いてしまうとますます炎症を起こして悪化してしまうんですよね。 とびひのようになってひろがっていくこともあります。 赤いあせもも、症状が軽いのであれば、病院へ行かなくても市販の薬で対応しながら自宅ケアして構わないものの、かゆいものはかゆいので、赤ちゃんはどうしても掻いてしまいます。 そうすると結局悪化してしまいますので、ひどくなる前に病院へ連れて行った方が早く治ります。 あせもを予防するには? あせもができるのは、汗をかいて汗腺が詰まってしまうことが大きな原因ですので、あせをかかなければあせもはできません。 しかし、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、大人よりずっと汗っかきです。 赤ちゃんが快適に過ごせるよう、まずは日頃から 室温に気を配りましょう。 そして、赤ちゃんの洗い方や保湿ケアについても、改めて見直してみるといいですね。 赤ちゃんの洗い方 赤ちゃんの洗い方のコツは、 「隅々まで泡で優しく手洗い」です。 石鹸を泡立てながら洗うよりも、ポンプ式の泡のボディソープが簡単に洗えておすすめです。 首やひじ裏、ひざ裏のシワの間は汚れが残りやすくてあせもになりやすいので、指を滑らせてシワの間までよく洗い、よく流すのも忘れずに! お顔もガーゼ等で拭くだけとか水で流すだけではなく、泡で優しく洗います。 目や鼻、口に入らないように気を付けながらさっと洗えば大丈夫ですよ。 泡を流すときは、手でやさしく内から外へとぬぐい取るように流せば、目に入る心配もありません。 あせもを予防する保湿ケア 赤ちゃんを洗った後は、ふかふかのタオルで水分を吸い取ります。 こすらずにタオルで赤ちゃんをくるみながら優しく拭きましょう。 そして最後に保湿で仕上げます。 汗をかく季節でも、赤ちゃんの肌は薄くて乾燥しやすいので、必ず保湿ケアをしてあげてください。 夏場はこの保湿が盲点になりがちなので、べたつかずにサラッと使える保湿ケアアイテムを選んであげるといいですね。 まとめ 今回は、赤ちゃんのあせもの治し方や予防方法について解説してみました。 たかがあせもだとも思うけれど、赤ちゃんのきれいなお肌にぶつぶつができたり、かゆそうにしていたら、病院へ連れて行こうかどうしようか悩みますよね。 かゆそうにしているなら迷わず病院へ連れていきましょう。 掻いて悪化する前に治した方がいいです。 そして、普段の赤ちゃんのケアも大切です。 赤ちゃんのバスタイムに、泡で優しく汚れや雑菌を洗い流してあげることであせもを予防することができます。 そして、お風呂上りには保湿も忘れずに! あせも対策の基本は、自宅ケアでしっかりあせもを予防し、できてしまった場合の治し方のポイントは、かゆがるようならすぐに病院へ連れていき、掻いて悪化させないことです。 本当に今年は暑い夏ですが、適切にあせもを予防して乗り切りましょう!.

次の

特に夏は注意!汗っかきな赤ちゃんの「あせも」予防と対策

赤ちゃん あせも 治し 方

スポンサードリンク 赤ちゃんのあせもの原因 赤ちゃんのあせも対策についてお話する前に知っておいて欲しいのですが、 赤ちゃんは、大人に比べてあせもができやすいです。 まず、赤ちゃんの体温は大人よりも高く、 新陳代謝が盛んで汗っかきです。 そして、赤ちゃんはあの小さい体に、 大人と同じ数の汗腺があります。 これだけの条件が揃っているのですから、 赤ちゃんにあせもが出来るのは当然ですね。 赤ちゃんのあせも予防法 赤ちゃんがあせもが出来やすいという事が 分かったところで、まずは予防法です。 赤ちゃんは、汗っかきで、しかも体温が高め。 という事なので、エアコンを活用して なるべく涼しい環境を整えてあげましょう。 もしかしたら、自然派のママさんは、 エアコンは使いたくないかもしれません。 でも、いくらエアコンが体に良くないとしても、 全く使わずに過ごすと赤ちゃんは汗が止まらず 暑苦しいと思います。 ですので、気持ちはわかるのですが、 現代は異常気象も多いですし、エアコンも 上手に利用した方が良いと思います。 最近のエアコンは賢いので、暑くもなく、寒くもなく、 ちょうど良いくらいの温度に調節してくれます。 服装は、夏ですので通気性の良いものにしてあげましょう。 汗をかいたら、まめに取り替えるつもりで。 これで、 ほぼ、あせもは予防できます。

次の