東京 エレクトロン 熊本。 東京エレクトロン九州株式会社の求人情報

東京エレクトロンの年収偏差値:69 年収ランキング:4位

東京 エレクトロン 熊本

沿革 1993年• アイシン九州 株 操業(4,600平方メートル) 1994年• ドアチェック生産開始 1996年• 樹脂成形・プレス・溶接工程追加 1997年• パワーシート生産開始• 工場増設(2,300平方メートル)• ドアフレーム生産開始 1998年• ドアチェック試作工程取り組み• アウトサイドハンドル生産開始 1999年• 東京エレクトロン九州 株 液晶生産設備組立開始(大津)• 液晶生産設備組立工場増設(620平方メートル)• サンルーフ生産開始 2000年• 自動車部品工場増設(1,020平方メートル)• 東京エレクトロン九州 株 LCD加工・板金部品の受注(合志)• 東京エレクトロン九州 株 半導体生産設備の部品加工~組立までの一貫生産受注• 半導体装置受注拡大による工場拡張(624平方メートル)• 半導体装置の開発・設計スタート• 自動車部品工場拡張(2,640平方メートル)• ISO9001認証取得 2001年• シートアジャスタAssy生産開始• ドアロック生産開始• 東京エレクトロン九州 株 向けホットプレート・クールプレート納入開始 2002年• 昭和機器工業 株 向け型・部品納入開始• シリコンファクトリー増設(925平方メートル)• 東京エレクトロン九州 株 LCD「コーター」装置納入開始• ISO14001認証取得 2003年• マツダ 株 ドアチェック納入開始• シリコンファクトリー第3期増設(930平方メートル)• 自動車部品工場増設(5,400平方メートル)• ダイハツ工業 株 よりプレス・樹脂部品受注 2004年• 株 神菱よりバックドアハンドル受注• 事業部制を導入• 京セラ 株 国分工場より生産設備の受注 2005年• 自動車部品工場増設(9,200平方メートル) 2006年• エンジン商品(TCC・オイルパン)の加工・組立開始• 1200トンプレス稼働• 東京エレクトロン九州 株 受注拡大で第4期増設(520平方メートル) 2007年• 東京エレクトロン九州 株 受注拡大で第5期増設計画(720平方メートル)• 生産子会社アイシン九州キャスティング 株 設立 2008年• アイシン九州キャスティング 株 操業開始(工場面積14,400平方メートル) 2011年• 葵機械工業 株 取引開始 2012年• 日産自動車 株 向けキャラバン用シート部品生産開始• トヨタ自動車九州 株 向けES車体商品生産開始 2013年• 創立20周年 2014年• CT用アウタースライドサンルーフ生産開始• セレナ用パワースライドドア駆動ユニット生産開始• ES、CT用ロックストライカー生産開始• トヨタ自動車九州 株 向けNX車両商品生産開始• ダイハツ九州 株 向けハイゼット(トラック)ドアロック生産開始• RX、NX用バックドアクローザーユニット生産開始 2015年• トヨタ自動車九州 株 向けRX車両商品生産開始 2016年• 熊本地震発生(愛知・九州拠点での代替生産を実施)• パワーバックドア駆動ユニット生産開始• ルーフレール生産開始• FPD製造装置生産開始(大型パネル向けG10. 半導体洗浄装置生産開始• 第一種無災害記録達成 2018年• トヨタ自動車九州 株 向けUX・ES車両商品生産開始• 半導体製造装置特殊OVENユニット生産開始 2019年• 第二種無災害記録達成• アイシン九州キャスティング 株 の管理・営業部門を分割し、アイシン九州に吸収• 半導体製造装置本体組立開始.

次の

東京エレクトロン九州株式会社の求人情報

東京 エレクトロン 熊本

沿革 1993年• アイシン九州 株 操業(4,600平方メートル) 1994年• ドアチェック生産開始 1996年• 樹脂成形・プレス・溶接工程追加 1997年• パワーシート生産開始• 工場増設(2,300平方メートル)• ドアフレーム生産開始 1998年• ドアチェック試作工程取り組み• アウトサイドハンドル生産開始 1999年• 東京エレクトロン九州 株 液晶生産設備組立開始(大津)• 液晶生産設備組立工場増設(620平方メートル)• サンルーフ生産開始 2000年• 自動車部品工場増設(1,020平方メートル)• 東京エレクトロン九州 株 LCD加工・板金部品の受注(合志)• 東京エレクトロン九州 株 半導体生産設備の部品加工~組立までの一貫生産受注• 半導体装置受注拡大による工場拡張(624平方メートル)• 半導体装置の開発・設計スタート• 自動車部品工場拡張(2,640平方メートル)• ISO9001認証取得 2001年• シートアジャスタAssy生産開始• ドアロック生産開始• 東京エレクトロン九州 株 向けホットプレート・クールプレート納入開始 2002年• 昭和機器工業 株 向け型・部品納入開始• シリコンファクトリー増設(925平方メートル)• 東京エレクトロン九州 株 LCD「コーター」装置納入開始• ISO14001認証取得 2003年• マツダ 株 ドアチェック納入開始• シリコンファクトリー第3期増設(930平方メートル)• 自動車部品工場増設(5,400平方メートル)• ダイハツ工業 株 よりプレス・樹脂部品受注 2004年• 株 神菱よりバックドアハンドル受注• 事業部制を導入• 京セラ 株 国分工場より生産設備の受注 2005年• 自動車部品工場増設(9,200平方メートル) 2006年• エンジン商品(TCC・オイルパン)の加工・組立開始• 1200トンプレス稼働• 東京エレクトロン九州 株 受注拡大で第4期増設(520平方メートル) 2007年• 東京エレクトロン九州 株 受注拡大で第5期増設計画(720平方メートル)• 生産子会社アイシン九州キャスティング 株 設立 2008年• アイシン九州キャスティング 株 操業開始(工場面積14,400平方メートル) 2011年• 葵機械工業 株 取引開始 2012年• 日産自動車 株 向けキャラバン用シート部品生産開始• トヨタ自動車九州 株 向けES車体商品生産開始 2013年• 創立20周年 2014年• CT用アウタースライドサンルーフ生産開始• セレナ用パワースライドドア駆動ユニット生産開始• ES、CT用ロックストライカー生産開始• トヨタ自動車九州 株 向けNX車両商品生産開始• ダイハツ九州 株 向けハイゼット(トラック)ドアロック生産開始• RX、NX用バックドアクローザーユニット生産開始 2015年• トヨタ自動車九州 株 向けRX車両商品生産開始 2016年• 熊本地震発生(愛知・九州拠点での代替生産を実施)• パワーバックドア駆動ユニット生産開始• ルーフレール生産開始• FPD製造装置生産開始(大型パネル向けG10. 半導体洗浄装置生産開始• 第一種無災害記録達成 2018年• トヨタ自動車九州 株 向けUX・ES車両商品生産開始• 半導体製造装置特殊OVENユニット生産開始 2019年• 第二種無災害記録達成• アイシン九州キャスティング 株 の管理・営業部門を分割し、アイシン九州に吸収• 半導体製造装置本体組立開始.

次の

東京エレクトロン九州

東京 エレクトロン 熊本

回答者 3. 0 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 700万円 24万円 7万円 300万円 18万円 給与制度: 基本給+地域手当+残業代+賞与 残業代は申請分は全額出る。 昇給は年1回、賞与は年2回。 昇給は、評価に基づいて上下し、同期内であっても差がつく。 賞与は、業績連動型。 ただし、業績が他業界に比べて景気に大きく左右されるため金額のアップダウンが非常に激しい。 そのため、記入している額は賞与が多いがそれは一時的なものであることは注意して欲しい。 福利厚生については、特別いいわけではないが大企業なりに必要十分 大企業勤務の各友人との比較 スタートアップやテック企業にありがちな、カンファレンスの参加や技術書の購入に対する補助等はない。 評価制度: クラス制 相対評価のみ から、レベル制 絶対評価+相対評価 に最近変更された。 絶対評価は、半期ごとに目標を掲げ、その達成度合いで評価する。 相対評価は、半期ごとにそのレベルに見合った行動を取ったかで評価する。 評価制度自体には納得感はあるものの、まだまだ適切に運用はされていない。 この評価を行うために必要な「レベルに見合った目標と行動」を定義する必要があるものの、定義されていない課 グループ が多いため。

次の