春よ来い 意味。 春よ、来い (松任谷由実の曲)

春よ、来い (松任谷由実の曲)

春よ来い 意味

作詞:相馬御風、作曲:弘田龍太郎 1 春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが 赤い鼻緒 (はなお)の じょじょはいて おんもへ出たいと 待っている 2 春よ来い 早く来い おうちのまえの 桃の木の 蕾 (つぼみ)もみんな ふくらんで はよ咲きたいと 待っている 《蛇足》 児童誌『金の鳥』の大正12年(1923) 3月号に発表されました。 童謡とはいうものの、歌詞は幼い子のすこやかな成長を願う親の気持ちがテーマになっています。 みいちゃんは、相馬御風の長女・文子がモデルだといわれています。 曲が作られたのは大正12年1月20日という記録が残っていますから、作詞はその前、おそらく1月初めか前年の末でしょう。 文子が生まれたのは大正10年(1921) 2月20日なので、詞が書かれたのはたぶん1歳数か月、歩き始めて間もないころです。 よちよち歩きの愛らしい姿が作詞のヒントになったのでしょう。 文子は、御風の生地・新潟県糸魚川で生まれました。 雪国では、春を待つ人びとの気持ちはとりわけ強く、それが詞にも表れています。 「じょじょ」は草履、「おんも」は外・表の幼児語です。 相馬御風は、早大校歌『都の西北』や島村抱月との合作『』の作詞者として知られています。 野口雨情・三木露風らと「早稲田詩社」を設立し、口語自由詩運動を進めたのち、大正5年(1916)、 33歳のとき帰郷し、良寛の研究や詩・童話の創作に携わりました。 弘田龍太郎については多言を要しません。 高知県安芸市の出身で、『』『』『』『叱られて』『靴が鳴る』『雀の学校』など数多くの童謡を作曲しました。 (二木紘三) 寒い日が続いていますね。 この歌がふっと口から出てきます。 今の子にじょじょと言ってもわかりませんが、可愛い幼児語が昔はありましたね。 人間が優しかった気がします。 靴下のことを私はついタータと言ってしまいます。 戦後すぐ、靴下も靴もなかったので、母が帯をほどいて足袋底にし、7文半の足袋を作ってくれました。 幼児語でタータと言っていました。 下駄しかなくてタータにカッコ 下駄 をはいて、オンモで遊んでいたのです。 靴下が出回っても靴下もタータとよんでいました。 今でもたまにタータと言って笑われています。 霜焼けがひどくて、崩れ、足袋に張り付き脱げなくなり、お風呂にそのまま入り、少しずつ剥がして脱いだものです。 栄養過多の現在では考えられないことですね。 ここしばらくは浜松も本当に寒かったのですが、畳1畳分の私用の花壇に、チューリップの芽が出ています。 どうした訳か昨秋から紅色の撫子が咲き続けています。 忘れな草も寒さに耐えて空色の花をつけています。 今年は春が早いかも。 優しい歌が少なくなった現在、お母さんが幼い子に歌ってやってほしい歌ですね。 戦時中,疎開先の認知症になったおばあちゃんが、私に赤い鼻緒の藁草履を作ってくれたのを思い出しました。 このおばあちゃん普段は、溜め込んだ布ボロと一緒に階段下の小さな押し入れに閉じこもっていました。 私は赤い鼻緒がとても嬉しかったですね。 投稿: ハコベの花 2017年1月22日 日 11時37分 こどもの頃、この歌の作詞家 相馬御風 そうまぎょふう と小川未明 童話作家 は、わたしの郷土 新潟上越地方 が生んだ文学者として有名でした。 御風は《蛇足》にあるように、早稲田の校歌を作詞して世に広く知られたこともあって、新潟県下のみならず多くの学校で、かれの作詞による校歌が歌われています。 かれは先日大火に見舞われた糸魚川市の生まれで、良寛の研究でも有名です。 かれの生家 昭和3年再建のもの は、今度の火災では幸い類焼を免れたとのことです。 かれの筆名の「御風」も、たびたびの火災に悩まされた糸魚川らしく、「風を御す」という意味があるとも言われています。 この歌は、長女 文子 あやこ)が生まれて1歳半くらいのときに作られたようです。 したがって、最初の歌詞は「あるきはじめた あやちゃんが」になっていたものを、作曲家の弘田龍太郎が「あやちゃん」では唄いにくいので「みいちゃん」に変えたようです 「なっとく童謡・唱歌」より。 あの格調の高い、早稲田の建学精神を高らかに謳い上げた御仁と、この歌を作った家庭人の御風が同一人物とはとても思えませんが、男児2人の後に生まれた女児の文子がやはり可愛いかったのでしょうね。 しかし、文子の述懐によると、躾けはかなり厳しかったとのことです。 昔の父親は「厳父」と言われたように、内心はいざ知らず、その言動はどの家庭でも厳しかったものです。 昔だったら、今の「軟 やわ 」なわたしは、父親失格ですね。 投稿: ひろし 2017年1月23日 月 14時47分 『春よ来い』の歌を聴いたり口ずさんだりするたびに、私は決まって思い出す俳句があります。 小林一茶の 雪とけて 村いっぱいの こどもかな という句です。 雪の降らないところで生まれ育った私ですが、冬の寒さの厳しさ辛さは身に沁みています。 昭和30年代の頃、近所のどの家でも暖房器具といえば火鉢ぐらいでした。 冬の朝は、起きたら火鉢を抱きかかえることがルーティンでした。 通った小学校は男児は半ズボンが原則でした。 風邪をひいてる子は、モモヒキに半ズボンという恰好でした。 教室は冷たいすきま風が吹き込むし、手はかじかんで鉛筆が思うように握れません。 北国のダルマストーブのことを羨ましく思いました。 「あかぎれ」や「しもやけ」も、しっかりこさえました。 防寒着も防寒具も充実している子供達は幸せです。 でも冬の日に外遊びをしない子が増えていると聞くと、ちと複雑な気持ちにもなります。 現在では朝礼時に「乾布摩擦」をする小学校なんて皆無でしょうね—。 「春よ来い 早く来い!」ですね。 投稿: かせい 2018年2月22日 木 23時38分.

次の

春と桜のことわざ 意味・由来

春よ来い 意味

春よ来い、 春よ、来い(はるよこい)• 春よ来い - 作詞、作曲の。 春よ来い - の楽曲。 春よ、こい - 作詞、作曲の楽曲。 - の楽曲。 下記NHKドラマの主題歌。 テレビドラマ• - 1969年にTBS系列で放送されたテレビドラマ。 池内淳子・主演。 - 1982年から1983年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。 - 1994年放送の。 その他の作品• - の。 - 2008年公開の日本の映画作品。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

東日本大震災チャリティー企画 ユーミン × SONGS「(みんなの)春よ、来い」 第三弾【完成版】本日より配信スタート!

春よ来い 意味

春宵一刻値千金 とは、春の夜は花が香り月夜も趣があり、わずかな時間でも千金の値打ちがあるという意味の。 中国の故事に由来する。 の最後の歌詞で、「げに一刻も千金の ながめを何にたとふべき」とあるのは、このことわざを踏まえた内容となっている。 春眠暁を覚えず 春眠暁を覚えず(しゅんみん あかつきをおぼえず)とは、春の夜は寝心地がよく、朝が来たことにも気付かずに、つい寝過ごしてしまう、といった意味のことわざ。 由来は、唐の時代に活躍した中国の詩人・孟 浩然(もう こうねん/こうぜん/689-740)による五言絶句「春暁(しゅんぎょう)」。 書き下し文は次のとおり。 春眠 曉(あかつき)を覺(おぼ)えず 處處(しょしょ) 啼鳥(ていちょう)を聞く 夜來(やらい) 風雨(ふうう)の聲(こえ) 花落つること 多少なるを知らんや 2行目以降の意味は、「あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえる。 昨夜は風雨であったが、花がたくさん散ったことだろう」といった内容。 暑さ寒さも彼岸まで 「」とは、お彼岸にあたる春分の日や秋分の日を境に、それまでの暑さや寒さが和らいで過ごしやすくなるという意味の日本の。 「彼岸 ひがん」とは、「到達・達成」を意味するインドのサンスクリット語「波羅蜜」(はらみた、はらみった、パーラミター)に由来する。 関連ページ: 三寒四温 三寒四温(さんかんしおん)とは、冬の寒い日が3日ほど続くと、その後に4日ほど暖かい日が続くという、春先の気候を意味することわざ。 もともとは中国北東部に由来することわざで、シベリア高気圧の勢力がほぼ7日周期で盛衰する地域に当てはまる気象現象。 ただ、日本列島は太平洋高気圧の影響も強くなるので、三寒四温をはっきりと観測できる頻度はそれほど多くないようだ。 春の晩飯後三里 春の晩飯後三里(はるのばんめし あとさんり)は、春の日の長さをたとえたことわざ。 春のお彼岸・春分の日を過ぎると、昼の時間の方が夜よりも長くなる。 春は明るい時間が長く、なかなか日が暮れないので、晩飯後でもあと三里(約12㎞)は歩けるとその長さを表現している。 世の中は三日見ぬ間の桜かな 「世の中は三日見ぬ間の桜かな」は、世の中の移り変わりが激しい様を、桜の花が短期間で散ってしまう様子にたとえたことわざ。 由来は、江戸中期の俳人、大島蓼太による次のような俳句から。 世の中は三日見ぬ間に桜かな ただ、この俳句は桜がいつの間にか「咲き揃っていた」という驚きを示すもので、あっという間に「散ってしまった」とは正反対の内容となっている。 明日ありと思う心の仇桜 明日ありと思う心の仇桜(あだざくら)とは、浄土真宗の開祖である親鸞聖人の言葉(伝説)。 親鸞は幼くして父母を亡くし、剃髪して出家しようとしたが、周囲から「時間も遅いし明日にしてはどうか」と情けをかけられた。 幼いながらも覚悟を決めていた後の親鸞は、次のように述べてその覚悟を示した。 明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは 明日もまだ咲いていると思っている桜も、夜中に嵐が来て散ってしまうかもしれない。 つまり、出家の決意も朝になったら薄れてしまうかもしれない、という親鸞の覚悟が表現されている(という伝説)。 桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿 「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」とは、桜の木は下手に切るとそこから腐って枯れてしまうので切らない方がいいが、梅の木は適当に切らないと枝が込み合ってしまうので切った方がよい、という意味のことわざ。 ただ、適切な時期に適切な方法で実施すれば、桜の木を切った方が良い状況になる場合も少なくないようで、必ずしもこのことわざが当てはまるわけではないが、思い付きで不用意に切らない方が良いという戒めとしては意義があるように思われる。 春海秋山 春海秋山(はるうみあきやま)とは、春は朝に海の方が晴れていればその日は一日良い天気で、秋は山の方が晴れならその日は良い天気になる、という意味のことわざ・生活の知恵。 春に三日の晴れ無し 「春に三日の晴れ無し」とは、動きの速い移動性高気圧による春の晴天は長続きせず、3日と続かずに天気が変化してしまうという意味のことわざ。 花より団子 花より団子(だんご)とは、桜などの花を眺めて楽しむより、花見団子を食べて食欲を満たそうとするように、見るだけの風流や外観よりも、実利や実質を重んじることを例えたことわざ。 小春日和 小春日和(こはるびより)とは、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天のこと。 「小春」とは陰暦十月の別名で、現在の十一月頃にあたる。 春のように穏やかな晴れの気候を指すが、冬から春にかけての暖かい日に使うのは誤り。 四季・季節のことわざ 太陽が照り付ける暑い夏に関連する有名なことわざ 秋の気候や自然の特徴を織り込んだ有名な秋のことわざ 寒い冬や冷たい雪に関連する有名なことわざ 先人たちが経験から学び伝えた有名なことわざ・故事成語まとめ 関連ページ 『春が来た』、『春よ来い』など、春をテーマとした民謡・童謡、春に関連する日本のうた・世界の歌.

次の