函館 記念 2019 予想。 函館記念2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

函館記念 : 専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

函館 記念 2019 予想

NIKKEI賞は、で穴馬候補とした 9番人気マイネルサーパスが2着に。 2019年函館記念出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年函館記念の穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。 「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。 今回は過去函館記念で、人気薄で走った穴馬の特徴をお届けします。 今年の函館記念の出走馬を見ると、重賞2勝でG1レース2着2回のエアスピネルが実績最右翼。 京都新聞杯勝利など重賞実績豊富なステイフーリッシュが続き、メートルダール、マイスタイル、スズカデヴィアスなど重賞で実績のある馬が複数おり悪くないメンバー。 函館記念の過去の結果を見ると、2017年、2016年、2012年、2011年、2007年、2003年、2001年は馬連のオッズが8000円以上の高配当で決着しており、波乱含みのレース。 そのため、今年の函館記念も人気薄を狙いたいところ。 函館記念は過去まずまず人気薄の馬も走っています。 2017年14番人気2着タマモベストプレイ・穴馬推奨 2013年7番人気2着アンコイルド・本命推奨 2013年8番人気3着アスカクリチャン・自信の穴馬推奨 週末の函館は降雨の予報となっており、それにより狙う馬を変える必要があり、予想のポイントとなります。 七夕賞はとでお届けした調教推奨馬 12番人気ロードヴァンドールが3着に。 (波乱がなさそうな場合は予告なくお休みとなります) ブログでは無料穴馬をお届けしていません。 過去函館記念でノーザンテーストの血が入った馬が多く好走しているが、レースの適性を有していたよう。 3走前の万葉Sを勝っており、能力的な衰えは感じられなかった。 過去の好走パターン2点に符合した。 道悪に不安のあった人気上位が崩れたことも追い風に。 2019年函館記念出走馬で、似た特徴の馬をランキングの備考欄へ更新。 道悪巧者で、週末天候が崩れれば。 能力的に劣っており、近走結果が出ていなかった。 ただ、近走はいずれも別定戦でこのレースはハンデ戦となり52キロで出走。 同じハンデ戦の小倉大賞典では勝ち馬と0秒1差と健闘していた。 馬体を見る限り重賞で通用しえ、55キロは有利であった。 他の人気馬が休み明けで状態がよくなく、その点でアドバンテージもあった。 距離はベストで、ペースが上がって決め手が生きる流れとなったことが追い風に。 洋芝で行われる北海道の競馬場が合い、過去の函館記念を勝ち馬と体型も符合。 前残りに近い流れとなったことも追い風に。 2019年函館記念出走馬で、似た特徴の馬をランキングの備考欄へ更新。 父スターリングローズ、母の父ダイナレターというダート色の強い血統などから、時計のかかる馬場の方がよく、洋芝が合った。 前走新潟大賞典で敗れるも、ややペースが厳しく57キロというハンデも堪えていた。 上位を内枠の馬が占める結果になり52キロとともに枠の恩恵もあった。 53キロを味方につけ、2枠3番から先行して残る形に。 前走巴賞は約10カ月振りのレースで、レースをつかわれた上積みもあった。 ただ、前走で10キロ増えていた体重が今回は10キロ減り、斤量も56キロから55キロになって条件も有利に。 開催末期で馬場が悪化したことにより、より持ち味が生きたよう。 54キロも有利で好走の材料が揃っており、2けた人気であったが決してフロックではなかった。 時計のかかる馬場ではあったが、1000m61秒6とペースが落ち着き、早めのスパートも結果を残した要因のひとつ。 休み明け2走目で上積みもあった。 前走、前々走はともに1800mで距離不足。 くわえて52キロが好走の要因。

次の

【函館記念2016】最終見解後の予想発表です

函館 記念 2019 予想

今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。 馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。 人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。 そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。 「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。 だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。 果たして、人気が想定されるエアスピネル、ステイフーリッシュ、レッドローゼス、マイスタイル、ポポカテペトル、ナイトオブナイツらの中で危険なのはどの馬なのか。 しっかり考察していこう。 札幌で開催された2009年を除く、過去10回分のデータを参考にする。 函館記念の人気馬成績 過去10年のデータを見ると、1番人気は1回も勝っておらず、2着2回だけ。 信頼度は重賞の中ではかなり低いと見ていいだろう。 2番人気以降も同じだが、1番人気と違うのは2番人気から5番人気からすべて勝ち馬が出ている点。 また7番人気が複勝率7割と不思議な傾向もある。 ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。 その傾向が強まると逃げた馬が残りやすくなるが、函館記念はその典型例。 それでいて後方にいた馬は壊滅的な戦績。 4コーナー10番手以下で3着以内に来た例は過去10年でわずか1頭のみ。 3コーナーまでは10番手以下だった馬も3コーナーから4コーナーでポジションを上げている。 中山でも同じような競馬が見られるが、小回りコースでの実績のある馬が狙いか。 オープン特別で行われ中1週で臨めるので、たたき台にはふさわしいレースと言えるのだが、戦績は強調できない。 巴賞組で来た馬の傾向を見ると、巴賞を勝った馬はたった1頭しか2着に来ておらず、巴賞で馬券圏内だった馬はもう1頭来ているが、それも本番では3着。 巴賞で人気を背負いながら着外に終わった馬が狙い目だが、もう1つ巴賞組は複数で来る傾向にあり、巴賞組を狙うならセットで狙っておきたい。 2014年2着のダークシャドウは前走エプソムカップを使っているが、エアスピネルは8か月の休み明け、果たして。 狙い目は56キロ、54キロ、55キロ。 それぞれ4勝、3勝、2勝となっている。 複勝率では55キロか。 重いハンデを背負うなら勢いを、軽いハンデなら前走人気を背負って敗れたような馬が狙いということになりそう。 2019年の危険な人気馬は? エアスピネルは人気になる見込みだが、斤量58キロで8か月の休み明け、鉄砲はきかないとなれば無理に狙わなくていいか。 実績はあるがいくらなんでも強調はしにくい。 函館記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。 また、ナイトオブナイツは2つ目の消しデータに合致している。 洋芝はハービンジャー産駒、今年もそれは健在だが、去年は巴賞1着で函館記念は8着。 久しぶりの連対が翌年の巴賞では、ちょっと厳しいのではないか。 反対にマイスタイルは危険なデータに一つも当てはまらない。 逃げれば強く、函館記念ともマッチする。 巴賞は58キロで、ここでは56キロと斤量減も味方するはず。 去年は条件馬だったが函館2000メートルで危なげなく2連勝。 小回りコースでも一定の力は見せた。 ここは勝負だろう。 人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、マイスタイルと言えそうだ。

次の

【函館記念2019】予想と出走馬考察等々~波乱必至の名物重賞!今年も波乱ある~

函館 記念 2019 予想

この一言に尽きるでしょう。 海も見えて、パドックでの騎手との距離も近いですし、本馬場入場の際に武豊騎手やルメール騎手もすぐ近くに見えるような距離も近いですし、端から端まで10分あれば見渡せます。 非常に面白い競馬場でしたので、また機会があれば行ってみたいと思います。 そして、そんな函館記念のフィナーレといってもいいでしょう、最大のレースが 函館記念です! この函館記念は指定席をとるのも非常に難しく、動員数は桁違いです。 ターフシートでも座るのが難しいくらいと聞いたことがあるので、地元の方にとっても非常に楽しみなレースなのだと思います。 そんな函館記念をしっかりと的中する為に、絶対にしっておきたい3つのことを紹介したいと思います。 函館競馬場のコース分析は、下記で紹介しておりますので、こちらもどうぞ! Contents• 函館記念2019 特別登録 アメリカズカップ 〇〇 アーバンキッド 横山武 エアスピネル 福永 カルヴァリオ 吉田隼 ゴールドギア 〇〇 スズカデヴィアス 勝浦 ステイフーリッシュ 中谷 ドレッドノータス 菱田 ナイトオブナイツ 池添 ブラックバゴ 斎藤新 ポポカテペトル 岩田 マイスタイル 田中勝 マイネルサージュ 国分恭 マイネルファンロン 丹内 メートルダール 武藤 レッドローゼス 蛯名 絶対に知っておきたい3つのこと 2400m以上のレース実績を信頼 函館2000mは、2コーナーまでの距離が長く、4コーナーまで上り坂が続き、高低差は3. 4mと小回り平坦のイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、タフなコースです。 さらに、函館開催もラストということで洋芝特有の現象ですが、開催が進むにつれて馬場がボコボコで足を取られるタフなレースになります。 さらに、過去10年のラップを見てみます。 上り坂が続く前半が前傾ラップであり、中間ラップも緩まない非常にタフなレース。 どうしても直線が短いことから早めのスパートになる為、緩急の少ない淀みのないペースになりがちです。 上がりは35秒以上になるレースであることからも、タフな持続力勝負になると想定した方がいいでしょう。 そのような函館記念で重視したいのは、2400m以上の実績です。 過去5年で2400m以上のレースで実績のある馬を紹介します。 2018年 2着サクラアンプルール 2017年 1着ルミナスウォーリアー 2着タマモベストプレイ 3着ヤマカツライデン 2016年 3着ツクバアズマオー 2015年 1着ダービーフィズ 2着ハギノハイブリット 3着ヤマカツエース 2014年 1着ラブイズブーシェ 3着ステラウインド 特に有馬記念や日経賞といった中山の長距離レースやジャパンカップといった超一流レースで掲示板に乗ったような馬については、目立った活躍をしておりますので注目してみましょう。 ラブイズブーシェの有馬記念4着は今でも悔しいですね。 外枠は割引 まずは改修以降、過去9回分の枠順別の成績をご覧ください。 一目に2・3・4枠が圧倒的に優秀ですね!一方7・8枠は連対率・複勝率だけで言うと苦戦を強いられています。 また参考までに2010年以降の函館2000m全レースの枠別成績も調べてみました。 最短を回れそうな1枠が有利そうな感じがしますが、意外にも4枠が突出していますねw内枠は馬場が荒れて、外枠は物理的に小回りで厳しいということがもろに影響しているのかもしれません。 4枠に注目してみたいと思います。 ロベルトに注目! このレースはタフな持続力勝負で、サンデー系が得意とする切れ味は不要です。 その為、ロベルトが大活躍するレースとしても有名なレースです。 ロベルト持ちの活躍馬を過去5年で見てみましょう! 2018年 エアアンセム、エテルナミノル 2017年 ヤマカツライデン 2016年 マイネルミラノ 2015年 ハギノハイブリッド ヤマカツエース この通りで、近年の函館記念はロベルトに注目したいレースであることがわかります。 函館記念2019 外厩分析 メートルダールがノーザンファーム天栄仕上げです! 他のレースで外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料でにて配信されております。 競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますとというコンテンツがありますので是非ご参照ください。 また、外厩とはあまり関係ありませんが、このレースはマイネル軍団が非常に得意としております。 まずは2010年以降の馬主別成績をご覧ください。 今更ですが、函館記念に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。 私はマイネルが毎年出走してくるイメージがあるんですよね。 そこで馬主別の成績を調べてみると、勝利数・出走数共に最多なんですよね。 これは偶然ではなく、マイネル陣営による戦略でしょう。 例えば京都・阪神・東京の1600~1800mあたりのコースはノーザンFで育成された瞬発力に長けた馬の土壇場となっていますよね。 そこで昨今のマイネル陣営が力を入れているのが函館・札幌開催の中距離と中山2500m戦。 函館記念2019 事前予想 このレースはタフな持続力勝負になりますので、ロベルトが重要といいました。 今年のロベルト持ちは下記です。 ・ステイフーリッシュ ・ポポカテペトル ・マイネルファンロン ・メートルダール これらロベルトの血統を持つ中で、2400m以上の距離実績を持つ馬は、菊花賞で3着と好走し、長い距離でオープン入りを果たしたポポカテペトル1頭だけでした。 ポポカテペトルは確かにこのような上がりのかかる展開の方が明らかに良さそうですよね!•

次の