セデス 成分。 セデスの成分や4つの副作用!めまいがしたら危険?

セデス|知りたい!市販薬

セデス 成分

セデスにはが主成分の ピリン系の製品・ ACE処方の製品・が主成分の製品の3種類があります。 それぞれの特徴について順番に解説していきます。 イソプロピルアンチピリンが主成分、ピリン系の『セデスハイ』 セデス・ハイは,鎮痛作用の強いをはじめ4種類の成分を配合することにより,強い痛みにもすぐれた鎮痛効果をあらわします。 しかし、イソプロピルアンチピリンは、「 ピリン系」とよばれる成分で、副作用として 発疹(ピリン疹)ができることがあります。 アレルギー体質の人や、服薬によってアレルギーを起 こしたことのある人は注意が必要です。 楽天で購入:• アマゾンで購入:? 楽天で購入:• アマゾンで購入: 上記2商品に共通する特徴 ・両方とも、配合されている成分は同じで、錠剤か粉末かの違いです。 ・15歳未満は服用できません。 楽天で購入:• 肩こり痛やコリからくる頭痛などに。 楽天で購入:• アマゾンで購入:? 胃酸を中和する成分も配合しているので、胃にやさしい処方です。 楽天で購入:• アマゾンで購入:? 上記3つは、7歳から服用可能ですが、エテンザミドはアスピリンと同じサリチル酸系の成分のため、高熱が出た時など、インフルエンザや水疱瘡などウィルス感染症が疑われる時には使用しないようにしましょう。 イブプロフェンが主成分の『セデスキュア』 生理痛や頭痛、発熱などにすぐれた効果を発揮するが主成分です。 セデスキュアは、成分の種類・配合量が エスエス製薬のイブA錠と同じ処方になっています。 楽天で購入:• アマゾンで購入:.

次の

【痛み止め市販薬】「セデス」シリーズの違いと選び方~1番効くセデスを選ぶ~

セデス 成分

2錠中 新セデス錠 セデス・ハイ G セデスキュア セデスv セデス・ファースト アセトアミノフェン 解熱鎮痛薬 160mg 250mg — 160mg 160mg エテンザミド 解熱鎮痛薬 400mg — — 400mg 400mg イソプロピル アンチピリン 解熱鎮痛薬 — 150mg — — — イブプロフェン 解熱鎮痛薬 — — 150mg — — アリルイソプロピル アセチル尿素 60mg 60mg 60mg 60mg — 無水カフェイン 80mg 80mg 80mg 80mg 80mg ジセチアミン — — — 8mg — 酸化マグネシウム — — — — 100mg 「新セデス錠」を基準に、その他の商品を比較してみると、比較的違いが分かりやすくなるのではないかと考えます。 服用上の注意点 使用上の注意で把握しておかないといけない点は、アスピリン喘息、胃・十二指腸潰瘍、腎障害がある方、妊娠中期以降の方は服用NGという点です。 アスピリン喘息、胃・十二指腸潰瘍の症状を悪化させる可能性と腎機能低下を助長する可能性があります。 女性で頭痛持ちの方は多いと思います。 女性の方に注意してもらいたいのが、妊娠中期以降の方は服用NGという点です。 動脈管収縮等を起こして、胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているからです。 さらに、イソプロピルアンチピリンというピリン系薬剤を含んだ商品があります。 ピリン系薬剤にアレルギーがある方は服用NGです。 使用上の注意に該当する方は、医師・薬剤師に相談の上、服用の判断をした方が良いかと思います。 該当しない方は、比較的安全に使用出来る薬です。 薬物乱用頭痛に注意 「セデス」に限らず、鎮痛薬全般に言えることですが、鎮痛薬の連用による、薬物乱用頭痛の問題も指摘されています。 セデスを服用しても頭痛が治まらないことが続いてきたら、病院を受診することが重要です。 「セデス」シリーズまとめ ここまで、セデスシリーズの違いや選び方・選ぶポイントなどについて紹介してきました。 セデスシリーズに配合されている有効成分を踏まえると、鎮痛効果は次のようになるかと考えられます。 「セデス」シリーズ基本情報 最後になりましたが、「セデス」シリーズの有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。 新セデス錠 <有効成分 2錠中 > ・エテンザミド:400mg 解熱鎮痛薬 ・アセトアミノフェン:160mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:80mg <効能・効果> 頭痛、生理痛、歯痛、抜歯後疼痛、腰痛、関節痛、咽喉痛など <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠 ・7歳以上15歳未満:1回1錠 それぞれ1日3回まで <主な使用上の注意> アスピリン喘息、胃・十二指腸潰瘍、腎障害がある方、妊娠中期以降の方は服用NG セデス・ハイ <有効成分 2錠中 > ・イソプロピルアンチピリン:150mg 解熱鎮痛薬、ピリン系薬剤 ・アセトアミノフェン:250mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:50mg <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠、1日3回まで 効能・効果、使用上の注意などは、「新セデス錠」と同じ セデス・ハイには顆粒 粉薬 の商品もあります。 セデスキュア <有効成分 2錠中 > ・イブプロフェン:150mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:80mg <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠、1日3回まで 効能・効果、使用上の注意などは、「新セデス錠」と同じ セデスV <有効成分 2錠中 > ・エテンザミド:400mg 解熱鎮痛薬 ・アセトアミノフェン:160mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:80mg ・ジセチアミン:8mg <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠 ・7歳以上15歳未満:1回1錠 それぞれ1日3回まで セデス・ファースト <有効成分 2錠中 > ・エテンザミド:400mg 解熱鎮痛薬 ・アセトアミノフェン:160mg 解熱鎮痛薬 ・無水カフェイン:80mg ・酸化マグネシウム:100mg 制酸剤 <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠 ・7歳以上15歳未満:1回1錠 それぞれ1日3回まで カテゴリー•

次の

【痛み止め市販薬】「セデス」シリーズの違いと選び方~1番効くセデスを選ぶ~

セデス 成分

2錠中 新セデス錠 セデス・ハイ G セデスキュア セデスv セデス・ファースト アセトアミノフェン 解熱鎮痛薬 160mg 250mg — 160mg 160mg エテンザミド 解熱鎮痛薬 400mg — — 400mg 400mg イソプロピル アンチピリン 解熱鎮痛薬 — 150mg — — — イブプロフェン 解熱鎮痛薬 — — 150mg — — アリルイソプロピル アセチル尿素 60mg 60mg 60mg 60mg — 無水カフェイン 80mg 80mg 80mg 80mg 80mg ジセチアミン — — — 8mg — 酸化マグネシウム — — — — 100mg 「新セデス錠」を基準に、その他の商品を比較してみると、比較的違いが分かりやすくなるのではないかと考えます。 服用上の注意点 使用上の注意で把握しておかないといけない点は、アスピリン喘息、胃・十二指腸潰瘍、腎障害がある方、妊娠中期以降の方は服用NGという点です。 アスピリン喘息、胃・十二指腸潰瘍の症状を悪化させる可能性と腎機能低下を助長する可能性があります。 女性で頭痛持ちの方は多いと思います。 女性の方に注意してもらいたいのが、妊娠中期以降の方は服用NGという点です。 動脈管収縮等を起こして、胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているからです。 さらに、イソプロピルアンチピリンというピリン系薬剤を含んだ商品があります。 ピリン系薬剤にアレルギーがある方は服用NGです。 使用上の注意に該当する方は、医師・薬剤師に相談の上、服用の判断をした方が良いかと思います。 該当しない方は、比較的安全に使用出来る薬です。 薬物乱用頭痛に注意 「セデス」に限らず、鎮痛薬全般に言えることですが、鎮痛薬の連用による、薬物乱用頭痛の問題も指摘されています。 セデスを服用しても頭痛が治まらないことが続いてきたら、病院を受診することが重要です。 「セデス」シリーズまとめ ここまで、セデスシリーズの違いや選び方・選ぶポイントなどについて紹介してきました。 セデスシリーズに配合されている有効成分を踏まえると、鎮痛効果は次のようになるかと考えられます。 「セデス」シリーズ基本情報 最後になりましたが、「セデス」シリーズの有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。 新セデス錠 <有効成分 2錠中 > ・エテンザミド:400mg 解熱鎮痛薬 ・アセトアミノフェン:160mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:80mg <効能・効果> 頭痛、生理痛、歯痛、抜歯後疼痛、腰痛、関節痛、咽喉痛など <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠 ・7歳以上15歳未満:1回1錠 それぞれ1日3回まで <主な使用上の注意> アスピリン喘息、胃・十二指腸潰瘍、腎障害がある方、妊娠中期以降の方は服用NG セデス・ハイ <有効成分 2錠中 > ・イソプロピルアンチピリン:150mg 解熱鎮痛薬、ピリン系薬剤 ・アセトアミノフェン:250mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:50mg <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠、1日3回まで 効能・効果、使用上の注意などは、「新セデス錠」と同じ セデス・ハイには顆粒 粉薬 の商品もあります。 セデスキュア <有効成分 2錠中 > ・イブプロフェン:150mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:80mg <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠、1日3回まで 効能・効果、使用上の注意などは、「新セデス錠」と同じ セデスV <有効成分 2錠中 > ・エテンザミド:400mg 解熱鎮痛薬 ・アセトアミノフェン:160mg 解熱鎮痛薬 ・アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg ・無水カフェイン:80mg ・ジセチアミン:8mg <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠 ・7歳以上15歳未満:1回1錠 それぞれ1日3回まで セデス・ファースト <有効成分 2錠中 > ・エテンザミド:400mg 解熱鎮痛薬 ・アセトアミノフェン:160mg 解熱鎮痛薬 ・無水カフェイン:80mg ・酸化マグネシウム:100mg 制酸剤 <用法・用量> ・15歳以上:1回2錠 ・7歳以上15歳未満:1回1錠 それぞれ1日3回まで カテゴリー•

次の