ページワン ノーサイ。 ページワンの遊び方(トランプゲームのルール)

ジョンブル JOHNBULL ダメージ加工 ワンサイデット ポケット デニム カーゴパンツ 片ポケット L ダークインディゴ メンズ 019

ページワン ノーサイ

ページワンのルール・進め方 1. カードのくばり方 ジャンケンで決めた親は、よくきったカードを1人4枚ずつ裏(うら)向きにしてくばります。 残りのカードは裏向きにつんだまま場において、積み札にします。 ジョーカーもふくみます。 親がカードを1枚だす カードが4枚ずつくばったら、親は手札の中から1枚を表(おもて)向きにしてだします。 これが台札となります。 同じマークのカードをだす 親の左となりの人から順番に、台札と同じマークのカードを自分の手札からさがして、表向きにして自分の前に出します。 同じマークのカードがない場合 自分の手札に同じマークの手札がない場合、積み札から1枚ずつとっていき、同じマークがでたら自分の前に表向きにして出します。 このとき、積み札からとったカードは、すべて手札にくわえます。 強いカードを出した人が次のマークを決める みんながカードを出し終わったら、だしたカードを比べて、1番大きな数を出した人が、次の台札を出すことができます。 終わったカードはよけておく みんなが出したカードは捨て札としてはじの方によけておき、積み札がなくなったとき、よくカードをきって新しい積み札にします。 手札を早くなくした人が勝ち 自分の手札が残り2枚になって、そのどちらかをだすときには「ページワン」と宣言(せんげん)します。 この宣言を忘れてしまうと、その回のカードをすべて引き取らなければなりません。 こうして1番早く手札をなくした人が勝ちになります。

次の

ページワンの遊び方(トランプゲームのルール)

ページワン ノーサイ

場に出されたものと同じマークのカードを捨てて行き,手札を早くなくした人が勝ちというゲームです。 手札が残り1枚になった時に「ページワン」と宣言しなければならないというルールがあります。 ババ抜きや七ならべと並ぶトランプ遊びの定番なので,子どもの頃に遊んだことがある人も多いのではないかと思います。 このゲーム,「ページワン」というフレーズはほぼ全国共通のようですが,最後の1枚を場に出してあがる時のかけ声に地域差があります。 以前仙台で生活していた時に「ノームサイ」と言わなければならないというルールがあることを知って驚いたことがありました。 年配の人だと「ノーサイ」とも言うそうなので,もともとはノーサイだったものがノームサイというかけ声に変化したようです。 子どもの遊びに関することばは各地にさまざまな方言が生まれやすいといわれています。 たとえば「お手玉」の名称は,福島県内に限ってもチャック,イシナゴ,ナンコなどさまざまな言い方があります。 パッチ,パッタ,ペッタといった「めんこ」をさす県内各地のことばは遊びの時に生じる「音」にもとづいてそれぞれの地区で生まれたものでしょう。 子ども集団の交流圏は非常に狭く,通常は学区(校区)内に限られます。 新しい言い方が生まれてもその狭い範囲にしか広まらないため,方言が生じやすいのです。 他地区の人と接触する機会が増える大人になる頃には,そうしたことばは話題にのぼりにくくなるため,地域差があることになかなか気づかれずに地域社会に受け継がれて行きます。 さてページワンのノームサイですが,福島に戻ってから県内各地の方言調査を行ったところ,郡山市や三春町,田村市でもよく使われているらしいことが分かってきました。 なぜ宮城県に近い福島市を飛び越えて県中部にノームサイが広がっているのか。 仙台から郡山へ伝播したのか,あるいはその逆か。 そもそもノームサイとはどういう意味なのか。 なかなか謎は尽きません。 もう少し調査を続けてみようと思います。 (「読売新聞福島版」 06.

次の

カードゲーム「ページワン」の「ノームサイ」って方言だったの?!

ページワン ノーサイ

概要 [ ] 多人数で対戦する、トランプのゲームの一種。 ゲームのルールはに似るが、台札と同じスートのカードがないときは山札からカードを引かなければならないため、各人の手札の数が一致しなくなる。 また、ゲームの目的はトリックに勝つことではなく、自分の手札を早く無くすことにある。 混同されがちだが「」とは異なるゲームである。 アメリカンページワンと区別するために「ヨーロピアンページワン」と呼ぶこともあるが、ヨーロッパのゲームではない。 同じようなルールのゲームに「 芋掘り」と呼ばれるゲームもあり、下記であわせて説明する。 基本ルール [ ]• 2~8人程度のプレイヤーとジョーカーを含む53枚のを用意する。 ジョーカーを含まない52枚でプレイする場合もある。 プレイヤー全員に、同数枚(主に4枚)のカードを配る。 残りのカードは山札として場に伏せる。 ジャンケン等で最初の「親」やカードを出す順番を決めておく。 「親」は手札から好きなカードを1枚選び、表にして場に出す。 このカードを台札とする。 他のプレイヤーは順に、台札と同じのカードを手札から1枚選び、表にして場に出していく。 手札に台札と同じスートのカードがない場合、台札と同じスートのカードが出てくるまで山札を引き、手札に加えていく。 同じスートのカードが引けたら表にして場に出す(台札と同じスートのカードが引けた後も、強いカードが出るまで引き続けてはならない)。 全員がカードを出し終えたら、場に出たカードの強さを比べ、一番強いカードを出したプレイヤーが次の「親」となる。 ジョーカーはどのスートにも使用できる。 親が台札としてジョーカーを出した場合、次のプレーヤーは好きなスートを出すことができる。 上記の流れを繰り返し、手札を誰よりも早く無くすことを競う。 山札がなくなった場合、この山札を取ろうとしたプレイヤーは場に出された全てのカードを手札に加える。 そして、このプレイヤーが「親」となり、次のターンを始める。 残り2枚目のカードを出すときは「ページワン」、最後のカードを出すときは「ストップ」と宣言しなければならない。 宣言を忘れた場合は、ペナルティとして山札から5枚カードを引き手札に加えなければならない。 最後に出すカードでジョーカーを使用することはできない(手札にジョーカー1枚しかない場合は山札から1枚引き「ページワン」を宣言しながら出す)。 誰かの手札がなくなると、この回のゲームは終了となる。 勝利したプレイヤーには、残ったプレイヤーの手札から計算された点数が与えられる。 バリエーション [ ] 芋掘り [ ] 「芋掘り」という名称の由来は、台札と同じスートのカードが出てくるまで山札を引き続ける姿の形容からきている。 明治初年の書物に「だしあがり」という名前で記されているゲームとほぼ同じである。 「ページワン」「ストップ」の宣言はしなくてよい。 1ゲームは誰かが最初に上がった時点では打ちきられず、最下位が決まるまで続行される。 山札がなくなった場合、場にあるカードをシャッフルし伏せて、山札の補充分とする。 オンリーワン [ ] 「ページワン」のルールを基本に上記の「芋掘り」に近いルールで、「 オンリーワン」と呼ばれる。 残り2枚目のカードを出すときは「オンリーワン」と宣言する。 宣言を忘れた場合、手札を5枚追加する。 「ストップ」の宣言はしなくて良い。 その他、山札がなくなった場合やゲームの終了方法は、「芋掘り」と同じである。 掛け声のバリエーション [ ] 「ページワン」はおそらくである。 でも最後の1枚になったことを宣言しなければならないゲームはあるが(「」など)、そのときは「Last card」などというのが普通である。 東日本(とくに・など)では、最後のカードを出す時に「ノームサイ(ノーサイ・ノールサイ)」と宣言する。 ラグビーの「」が語源であるという説がある。 東京など一部地域でも「ノームサイ」を使うという説もある。 では「ページバン」に近い発音をする地域がある。 脚注 [ ].

次の