パート 健康診断 助成金。 パートタイマーに健康診断を受診させる

健康診断・人間ドックは福利厚生費で経費で落とせるか?

パート 健康診断 助成金

助成金を活用して健康診断を実施しよう 1.業種や規模を問わず、事業主には健康診断を行なう義務があります 労働者が1人でもいれば、健康診断の義務が生じます。 健康診断には、雇い入れ時の健康診断、定期健康診断などがあります。 2.常時使用する労働者に、健康診断を行なわなければなりません 常時使用する労働者には、正社員だけではなく、アルバイトやパートも含まれます。 常時使用する労働者とは、次の1と2の両方を満たす労働者をいいます。 3.健康診断の費用は事業主が負担しなければなりません 事業主(会社)の健康診断実施義務は、法律で定められているため、事業主が負担が負担すべきものとなっております。 なお、健康診断を受けている時間の給与については、支払わなくても差し支えございません。 4.定期健康診断は、1年以内毎に1回、実施しなければなりません 定期健康診断で代替することにより、雇い入れ時の健康診断を省略することはできません。 6.事業主は、記録の作成・通知、報告義務があります [記録] 健康診断を実施したときは、健康診断個人票を作成し、5年間保管しなければなりません。 [通知] 労働者には結果を通知しなければなりません。 [報告] 常時50人以上の労働者を使用する事業主は、労働基準監督署に定期健康診断結果報告書を提出しなければなりません。 7.労働者は拒否できません 労働者は、健康診断を受ける義務がございます。 事業者が行なう健康診断を受けたくない場合は、自分で健康診断を受け、その結果を事業主に提出することは可能です。 その他、健康診断には、上記以外にも特殊なものがございます 特定業務従事者(深夜業など)、海外派遣労働者、給食従業員、歯科医師による健康診断、二次健康診断、長時間労働者など 社会保険労務士オフィス結いは、顧問契約により事業主が実施するべき健康診断についてサポートいたします。 神戸・大阪の顧問社労士は、社会保険労務士オフィス結いにお任せください。 労働保険・社会保険の各種手続き、給与計算、助成金申請、就業規則作成など、顧問契約によりサポートさせていただきます。

次の

パート・アルバイトを活用した時にもらえる助成金

パート 健康診断 助成金

「パートタイマー均衡待遇推進助成金(事業主向け)」とは パートタイマーと正社員の共通の評価・資格制度や短時間正社員制度の導入、パートタイマーの能力開発などといった均衡待遇に向けた取組に努められる事業主の皆様を支援する助成金です。 労働保険適用事業主(規模は問いません)であれば、申請ができます。 支給対象メニュー 1. 正社員と共通の処遇制度の導入 2. パートタイマーの能力・職務に応じた処遇制度の導入 3. 正社員への転換制度の導入 4. 短時間正社員制度の導入 5. 教育訓練制度の導入 6. 健康診断制度の導入 支給の条件 1. 2 労働契約期間の定めがないこと。 3 時間当たりの基本給が、同様の業務に従事する正社員と同等以上であること。 その他の詳しい支給要件は、お問合せ下さい。 支給の対象となる「パートタイマー」とは 1週間の所定労働時間が、同じ事業所に雇用される正社員に比べ短い労働者です。 「パート」「アルバイト」「嘱託」「契約社員」「準社員」といった呼び方によって取扱は変わりません。 厳しい経済情勢が長引き、パートタイマーは多くの企業で雇用が増大するとともに、これまで正社員が担当していた企業の基幹的な業務までを担うようになり、職場の欠かせない戦力となってきました。 最近では人材確保が重要な課題となる中、優秀なパートタイマーの定着率を高め、できるだけ長く活躍してもらうため、パートタイマーの正社員化を図ったり、多様な働き方の選択肢を設けたりする企業も増え始めています。 これからわが国は労働力が不足する時代を迎え、優秀なパートタイマーの人材を確保するとともに、その能力と「やる気」を引き出し、企業の活性化につなげていくための取組みが、ますます重要性を増していくものと思われます。 (2008年4月からは改正パートタイム労働法が施行) 人事制度の見直しやその他様々な工夫により、パートタイマーの意欲、能力、経験、成果などを的確に評価するとともに、正社員とのバランスを考慮した待遇の推進を図ることが必要です。 企業はより透明性・納得性の高いパートタイマーの待遇システムや、正社員とのバランスに考慮した賃金、教育訓練、福利厚生などへの取組み、正社員への転換を推進する仕組みづくりなどを進めることが求められるようになります。

次の

キャリアアップ助成金

パート 健康診断 助成金

原則、費用は会社負担。 解説 定期健康診断について、正社員には実施をしていても、パートやアルバイトにまでは行なっていないという企業もあるのではないでしょうか。 一般的に、パートやアルバイトは、正社員と比べて勤務時間や勤務日数が少ないですが、正社員と同様に働いている場合など、一定の要件に該当するパート等に対しては定期健康診断を実施しなくてはなりません。 具体的には、次のいずれかに該当し、週の所定労働時間が同様の業務に従事する正社員の4分の3以上であるパート、アルバイトが対象です。 (1)労働契約期間の定めのない者 (2)労働契約期間の定めがあり、契約更新により1年以上雇用される予定の者 (3)労働契約期間の定めがあり、契約更新により1年以上引き続き雇用されている者 なお、週の所定労働時間がおおむね2分の1以上である場合には、定期健康診断の実施が望ましいとされています。 貴社で働くパート社員の労働時間や労働契約期間を確認し、この要件に該当するスタッフがいる場合には、健康診断の手配をするようにしましょう。 これにあわせて、就業規則にもパート社員の健康診断についての条文を整備します。 次に費用についてですが、健康診断の受診義務があるパート社員の費用については、原則として会社負担となります。 要件を満たしていないパート社員が健康診断の受診を希望する場合には、その費用を本人に負担させても違法ではありませんが、公的助成金を活用するなどして、多くのパート社員が健康診断を受けることができるよう努力をしていただけたらと思います。 お持ちでない方は、下記URLから無償でダウンロードできます。 Adobe Reader:.

次の