いつも遊ぶ本体 セーブデータ。 【画像】【Nintendo Switch】1つのソフトを2台で同時に起動する裏技│セーブデータの同期やソフトの再ダウンロード方法など

「いつもあそぶ本体」について|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

Nintendo Switchのダウンロード版の中古の取り扱いについてご説明しますね。 まずNintendo Switch自体アカウントが必要になります。 そしてダウンロード版というのはインターネット上で同一のアカウントを使用してNintendoのサイト内で購入し、Switch場でそのアカウントを使用してダウンロードするという形になっています。 そのため、Switchの使用アカウントしかダウンロードコンテンツで遊ぶことはできません。 もしダウンロード版を含めて売却する場合には、売却相手にアカウントを教えなければいけません。 しかしアカウントには住所や電話番号、最悪はクレジットカード情報なども記載している場合があります。 かなり重要な個人情報を載せているものですので、気軽にアカウントごと売却するのは得策ではありません。 もし、ダウンロード版を含めて売却する場合には、アカウント情報の住所や年齢や名前などをあらかじめ売却相手の物にしたうえで行う方が良いでしょう。 ただし、この方法が使えるのはブックオフなどの仲介業者が入ってしまうと成り立ちませんので、お店に売却するのであればアカウントは消すか消されるかすると思います。 またご自身のアカウントをお持ちであれば、他のSwitchで遊ぶときに再度ダウンロードが出来ますので、そういったところがダウンロード版の魅力ですね。 また、通常は本体に保存されるセーブデータがインターネット上に保存できるサービスも昨年から始まったようなので、インターネット回線とSwitchさえあればいつでも遊ぶこともできるようですね。 一方パッケージ版はソフトも売却できるので、お金に換えられるメリットがありますので、売却を考えているのであれば、パッケージ版を購入することをおすすめします。 以上参考になさってください。 Nintendo Switchのダウンロード版ソフトは、Nintendo Switchではなく、あなたの個人アカウントにひも付けされています。 なので本体を売ってしまっても、またあたらしく本体を購入すれば、そちらに同じアカウントで登録することで、ダウンロードしなおして遊ぶことができます。 しかしセーブデータの方は、そのまま消えてしまいます。 いちおうNintendo Switchオンラインに加入していればセーブデータがオンライン上に自動でバックアップされているので、大丈夫なのですが。 ちなみに個人アカウントにひも付いているんだったら、Nintendo Switchを何個も買ってそれぞれにダウンロード版ソフトを買ったものと同じアカウントを登録すればどれでも遊べるのかと言うと、ちょっと話が複雑になります。 どのNintendo Switchにもダウンロードすること自体は可能なのですが、本Nintendo Switch本体に個人アカウントを「いつもあそぶ本体」として登録しておかないと、オフライン上ではそのソフトを遊ぶことができません。 そして個人アカウントはひとつのNintendo Switchにしか「いつも遊ぶ本体」登録することができません。 登録していないNintendo Switchでダウンロード版ソフトを遊ぶには、オンラインに繋いでいないといけません。 そしてふたつのNintendo Switchで同時にゲームを遊ぶことはできません。 ゲームをプレイする優先権は常に「いつも遊ぶ本体」の方にあり、そちらでゲームが開始されると、もうひとつのほうはプレイできなくなってしまいます。 これがNintendo Switchのアカウントのひも付けの仕組みと言うわけです。 基本的にゲーム機本体を売却する時は、一度本体のデータを全て削除して初期化しない限り売ることは出来ないと思います。 ですがゲーム自体はニンテンドーアカウントに紐付けられているので、また新しいSwitchに買い替えた場合はまたそのゲームをダウンロードして遊ぶことが出来ます。 ニンテンドーSwitchを初期化する際は、ホームにある設定から初期化を選んで、本体の初期化を選ぶことで全てのデータの削除が可能です。 ただし、あくまでこれはSwitch本体のデータだけであって、その本体とリンクされていたニンテンドーアカウントが消えることはありません。 パスワードとID、もしくは登録メールアドレスさえあれば新しいSwitchに買い替えても簡単な手続きをすることで、また同じゲームを遊ぶことが出来ます。 セーブデータについては、月額サービスのニンテンドーSwitchオンラインに加入している場合としていない場合で移行方法が異なります。 オンラインに加入している場合は、「セーブデータお預かり」という機能があるので、ネットに繋がっていれば自動でセーブデータがクラウドに保存されています。 後は新しい本体を購入した時に、同じニンテンドーアカウントでユーザー登録を行い、セーブデータのダウンロードを行うだけです。 セーブデータがバックアップされているかの確認や、新しい本体でのダウンロードは、全て「設定」の「データ管理」から行うことが出来ます。 加入していない場合は二台のSwitchを同時にネットに繋がなければいけません。 この場合は両方の本体から「ユーザーとセーブデータの引っ越し」という項目を操作することでセーブデータの移行が出来ます。 注意点として、二台目はこの場合、ニンテンドーアカウント側の「いつも遊ぶ本体」に登録されていないため、二台目でダウンロードゲームを遊ぶことが出来るのはそのままではネットに接続したときだけとなります。 移行後に一台目の初期化を行って、改めて二台目をいつも遊ぶ本体に登録しなければなりません。 総じて、かなり煩雑で制限と手間の多い移行方法のため、素直にオンラインに加入してセーブデータお預かりサービスを使うのが一番だと思います。 月額も税込み300円とかなり安いです。 まあ、スプラトゥーンやスマブラなどを所持していた場合大半はすでにオンラインに加入しておられるとは思いますが…… ただし、どちらの場合でも写真や動画はmicroSDカードに保存しなければなりません。 これは単に登録した新しい本体にmicroSDカードを差し替えるだけなので手間はかかりません。 実は以前は一度同じ本体で購入したダウンロードソフトは、本体を買い替えた場合は移行不可能でしたが、アップデートにより移行が可能になりました。 セーブデータお預かりサービスと合わせて、売却やダウンロードゲームの削除などがより容易になったということですね。 もちろん、ニンテンドーアカウントとニンテンドースイッチオンラインは別のサービスなので、新しい本体を買い替えた時に改めてオンラインに加入する、という形式も可能です。

次の

現在スイッチ本体が1台あり、どうぶつの森パッケージ版をひと...

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

コンテンツ• 購入済みダウンロードソフトを別のSwitch本体で遊ぶ方法 「ダウンロードできる本体」から「いつもあそぶ本体」へ変更 これまでの「ダウンロードできる本体」という設定項目は、バージョン6. 0への更新で「いつもあそぶ本体」に変更されました。 これはただ名称が変わっただけでなく、2台目以降のスイッチ本体でも一部条件付きで、購入済ダウンロードソフトを遊べるようになった、結構大きな仕様の変更。 「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウント」を複数本体のユーザーと連携している場合、一定の条件の下で、「いつもあそぶ本体」以外の本体でも遊ぶことができます。 詳しい情報は任天堂サポートページにされています。 「いつもあそぶ本体」ではない別の本体で遊ぶまでの手順 仮に『 デラックス』を別の本体で遊ぶ場合の設定手順は次の通りです。 本体(A)のユーザーが、ニンテンドーアカウント(a)と連携し、さらにニンテンドーアカウント(a)で『マリオカート8 デラックス』を購入している場合。 【本体(B)側の操作】本体(B)のユーザーとも、本体(A)と同じニンテンドーアカウント(a)と連携します。 【本体(B)側の操作】手順1でニンテンドーアカウント(a)と連携したユーザーでニンテンドーeショップを起動し、「アカウント情報」から『マリオカート8 デラックス』を再ダウンロードします。 ここまでで遊ぶ準備は完了します。 購入済ダウンロードソフトを遊べる条件 遊ぶ本体が「いつもあそぶ本体」に登録されているかどうかによって、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツが遊べるタイミング、ユーザーが異なります。 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体 「いつもあそぶ本体」(A)に設定してあるスイッチ本体では、これまで通りいつでもソフトを開始することができます。 遊べるユーザーは、本体に登録されているすべてのユーザー。 ユーザーとニンテンドーアカウントの連携解除ができなくなった以外は何も変わりません。 「いつもあそぶ本体」ではない本体 「いつもあそぶ本体」に設定されていない別の本体(B)で、ダウンロードしたソフトを遊びたい場合は、一定の条件付きで遊ぶことができます。 本体(B)のユーザーがニンテンドーアカウント(a)と連携を行ってダウンロードしたソフトは「インターネットに接続している間のみ」遊ぶことができます。 またソフトを遊べるユーザーも、ニンテンドーアカウント(a)の連携を行ったユーザーのみとなります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶ際の注意点 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶときは、常時インターネット接続が必要 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶとき、その本体がインターネットに接続されていないと、ダウンロードソフトを起動できません。 起動時だけインターネットに接続されていればいいんでしょうと、起動時のみインターネットに接続して、その後インターネット接続がない環境でプレイし続けていると、一定時間経過後にゲームソフトが中断されます(再度インターネットに接続してプレイを再開すると、中断したところから遊べます)。 同時に遊べるのは1台だけ Nintendo Switch はバージョン6. 0で、「いつもあそぶ本体」ではない本体でもダウンロードソフトを遊べるようになりました。 ただし、同時に遊べる台数が1台までというのはこれまで通り変わっておらず、1つのニンテンドーアカウントから購入したダウンロードソフトを複数本体で同時に遊ぶことはできません。 複数の本体で同時にソフトを起動するとどうなるのかというと、後から遊ぼうとした本体でのプレイが優先されます。 そして最優先されるのは「いつもあそぶ本体」に設定されているメインのスイッチ本体です。 ダウンロードソフトを起動できるのは、「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携しているユーザー」のみ 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体は、購入ソフトを本体に登録してあるすべてのユーザーで共有し遊ぶことができます。 これまで通りの仕様です。 「いつもあそぶ本体」でない本体の場合、ダウンロードソフトや追加コンテンツを利用できるユーザーは、その「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携されているユーザー」のみとなります。 他のユーザーは遊ぶことはできません。 同一のニンテンドーアカウントで購入したデジタルコンテンツを複数のNintendo Switch本体にダウンロードできるようになったとはいえ、1つのニンテンドーアカウントを利用するのは原則1人(1ユーザー)という考え方は変わらず。 同時起動台数は1台に限られます。 まとめ Nintendo Switch「ダウンロードできる本体」が「いつもあそぶ本体」へと変更され、条件付きですけれど、ニンテンドーアカウントを連携しておけば別の本体でも購入済ダウンロードソフトを遊べるようになりました。 同時に利用できるのは1台までという点は変わりません。 別本体で、購入済みDLソフトを遊ぶ際の利用条件 ざっくり• もともと使用していた本体のユーザーに連携したニンテンドーアカウントを、新しい本体のユーザーに連携させる• そのアカウントで購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを、複数の本体で遊ぶことができる。 同時に遊べるのは1台(最優先は「いつもあそぶ本体」に設定してある本体)• 「いつもあそぶ本体」でない本体で遊ぶときはインターネット接続が必要(ソフト起動時も起動後も)• 別の本体でソフトを起動できるのは、ニンテンドーアカウントを連携しているユーザーのみ.

次の

あつまれ どうぶつの森のセーブ引越し・バックアップは年内提供。当初は始めた本体に固定

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

つまり通常モデルのニンテンドースイッチと携帯用のLiteを持っている場合など、自宅ではテレビにつなげて皆で遊びやすい通常モデルで、出先では持ち歩きやすいLiteでといったように、 本体を使い分けて同じデータで遊ぶことはできません。 また本体を買い替えても、どうぶつの森は 最初に決めた古い本体でしか遊べないことになります。 任天堂はこの点について従来、製品ページで「本体の故障・紛失・盗難に備えて、本ソフト独自の形で、セーブデータをバックアップする機能を検討しています」「Nintendo Switch Online加入者に限られます」「対応時期は未定です」としていました。 今回のニンテンドーダイレクトでは後半のFAQ部分で、ごくわずかではありますがこのバックアップ機能について言及がありました。 いわく、「サーバーにバックアップしたセーブデータを復旧できるサービス」「後日提供予定」。 時期はあいかわらず未定ですが、少なくとも「検討しています」から「提供予定」になりました。 またオンラインサービス Nintendo Switch Online加入必須とされていたことから当然ではあるものの、「サーバにバックアップ」する方式であることも改めて明言されました。 ダイレクトと同時に更新された製品ページFAQではこうした点について、 「Nintendo Switch Online加入者向けに、本ソフト独自の形で、セーブデータをバックアップする機能を検討しています。 対応時期は年内を予定しています。 対応内容や時期の詳細は、改めてご案内いたします。 」と説明しています。 また別項目では、ユーザーの引っ越しやセーブデータ引っ越しに対応しない点について、 「本ソフト独自の形で、ユーザーやセーブデータを他の本体に引っ越しさせる機能を検討しています。 対応時期は年内を予定しています。 対応内容や時期の詳細は、改めてご案内いたします。 」との回答もありました。 つまり標準の「引っ越し」や「お預かり」には対応しないものの、いずれも年内には何らかの手段で利用できることになります。 「あつまれ どうぶつの森」は任天堂の看板シリーズとして、ニンテンドースイッチのさらなる普及に重要な役割を持つため、特別デザインの本体同梱版も用意されます。 この同梱版は当初2月8日から予約を受け付ける予定だったものが、新型感染症の発生でニンテンドースイッチの供給が影響を受けることから、3月7日からの受付に延期していました。 数量限定版ではなく、継続的に生産・出荷するモデルではあるものの、ただでさえこれを気にスイッチデビューを考えるファンも多い人気タイトルであることや、通常版も含めて世界的にニンテンドースイッチの品薄が予想されるなかで、この特別デザインの同梱版も熾烈な獲得競争になっても不思議はありません。 もし仮に予約はできても出荷見込みがゲームの発売日3月20日よりかなり先になるとしたら、周囲が遊んでいるなかで自分は我慢するか、あるいは別のスイッチ本体で始めて、「年内予定」の独自引っ越しサービスの提供を待って乗り換えることになりそうです。

次の