空も飛べるはず コード。 空も飛べるはず(スピッツ) / コード譜 / ギター

セーハなし!スピッツの空も飛べるはずを簡単にギターで弾き語りしよう

空も飛べるはず コード

おまたせしました!ジャンジャカジャカジャカ習得レッスン動画第4弾!の紹介です。 今回も不朽の名曲です。 「空も飛べるはず」の伴奏をジャンジャカジャカジャカのみで弾いて練習しましょう。 「ジャンジャカジャカジャカ」を制する者は世界を制す! コード譜です。 使うコードはこの7つ しっかり憶えましょう! 「F」は度々出てきますし、1小節に2つのコードのパターンも多く 左手のコードチェンジはこの曲がクリアできれば 初級者卒業です。 おめでとうございます。 使うコードが一般に出ているコード譜と違ってるように見えるかもしれません。 この記事の後半でそれは説明しますので、私を信じてこのコード譜で伴奏の練習をしてください。 では動画です。 少しずつ動画編集もうまくなって来てるでしょう?そちらもお楽しみください。 容赦なく出てくる「F」。 大変でしょうが、歌の伴奏ができるようになると気づきます、 これが「普通」なんだと。 セーハ(一本の指で複数弦を押さえる)コードは当たり前のように普通にバンバン出てきます。 ですから怖がらず早いうちから慣れておきましょう。 この「空も飛べるはず」は Fよりもやはり右手の「ジャンジャカジャカジャカ」が難しいです。 出だし、歌の終わりから間奏へのつながりなど、とにかく1小節「ジャンジャカジャカジャカ」をキープしていくのみです。 この曲を「ジャンジャカジャカジャカ」で通して伴奏できれば、もう「ジャンジャカジャカジャカ」をものにできてると自信をもってください。 そしてどんどん新しい曲に挑戦していきましょう。 Bmもすらすらできるようになります。 ・3拍子、6拍子に応用。 「ジャンジャカジャカ」で伴奏する歌を1曲。 ・8拍子のアルペジオで1曲 ・6拍子のアルペジオで1曲 ・16拍子のアルペジオつまりスリーフィンガーで1曲 の習得レッスン用動画を作っていきたいと考えています。 今後もよろしくお願いします。 基本のコードの基本の話 さて前半で触れた、今回の「空も飛べるはず」のコード譜が一般のコード譜のコードと違う、という問題について説明します。 基本の「コード」(和音)の概念は1度と3度と5度の3つの音が同時になることです。 例えば「C調」つまりハ長調、Cから始まりCで終わる歌(例外あり)で出てくるコードは C Dm Em F G Am の6つでたいていの自然な流れの歌なら伴奏できます。 ) この基本の3音構成のコードで伴奏していくことで、 メロディに対する和音の位置付けや 曲の流れ、構成、展開が分かるようになります。 (D7はちょっと例外。 今は「例外」を思っておいて問題ないです) そして一般的なコード譜には上記のコードにプラスして以下のコードネームが並んでますよね。 CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 これは下の音符を見れば分かるように4つの音のコードなのです。 でも 4つのうち3つは基本の3音構成と同じです。 つまり4つ目の音を足しただけなのです。 メロディのカラーや広がりを出す アレンジ的な要素をこの4つめの音にはあるのです。 ただ初心者のうちから4音構成に手を出すのは、掛け算の九九の暗記に10の位を足すようなものなのです。 しっかりと一桁の基本の九九ができれば、10の位の掛け算もできるでしょう。 3声和音と4声和音はそんな関係です。 まずはしっかり基本の3声和音で伴奏の練習をして耳を鍛えましょう。 左手もコードの種類を減らすことでコードチェンジをスムーズにすることができます。 とにかく1回でも多くこの動画に合わせて繰り返し練習することです。 ギターに関しては 「練習」は裏切りません。 やればやるだけ上達するのです。 がんばりましょう!.

次の

スピッツ「空も飛べるはず」のイントロをアコギ一本で弾く

空も飛べるはず コード

ギターで弾き語りしたい曲があってネットでコードを調べてみたけど、セーハコードが出てきてスムーズに弾けるようにならない、、、分数コードや複雑な押さえ方のコードがあって難しい、、、。 これらのコード進行はCD音源通りで多くの場合で正しいのですが、セーハコードが苦手な初心者が弾くにはなかなかハードルが高い曲も多いと思います。 実は、弾き語りする目的であれば、セーハや難しいコードを失くし簡単に演奏することが多くの曲で可能です。 詳しく言うと、 『1. 装飾的なコードをいくつか省略』 『2. シンプルな響きのコードに変更』 『3. コードの押さえ方を簡単にする』 『4. 押さえ方が簡単なコードを代用する』 などの方法を使えば、(CD音源のコード進行とは異なりますが)弾き語りのハードルはぐっと下げられるのです。 これらの方法を使ったアレンジは音楽理論の知識を根拠としているわけですが、そのあたりの理屈は抜きにして、今回はスピッツの空も飛べるはずのコード進行を簡単にアレンジしたものとその押さえ方について解説します。 演奏例はこちら この記事はの解説記事です。 カポは何フレットにつける? この曲は、 カポを5フレットにつけ、以下に出てくるコード進行を弾くと原曲のキーになります。 男性の弾き語りで、原曲のキーが少し高いという場合は、1フレット~3フレットにつけると良いと思います。 声が低めの人はカポなしでも良いと思います。 女性の弾き語りの場合は、YouTubeでカバーしている人を見ると、5フレット~8フレットのキーで歌っている方が多いようです。 2.使用するコード一覧 この曲で使用するコードは全部で9つです。 2-1.コードの押さえ方のコツ Bm7はあまり見ない押さえ方かもしれません。 2-2.もっと楽にコードを押さえる方法 この曲の『C』『CM7』の部分を、『CM7』に統一します。 また『D』『D7』の部分は『D』に統一することができます。 そうすれば、覚えるコードは7つで済みます。 また『G』も、もっと楽に押さえられる方法があります。 ストロークの方法 右手のストロークは、1小節につきコードが一つなのか二つなのかによって、パターンが変わります。 1小節につきコード一つの場合は、 『たんたたーたたた』 1小節につきコード二つの場合は、 『たんたた、たんたた』 4. 曲を弾く前に大事なこと 最初から曲を弾こうとするのではなく、右手の動作と左手の動作を それぞれしっかり 把握しましょう。 また、 コードネームを見ただけでさっと押さえられるようにしておきましょう。 下記がコード譜になります。 とても大事な、コードチェンジの考え方 多くの人が間違いやすい点で、ここの考え方を間違うとギターは弾けません。 それは、 右手を左手に合わせるのではなく、左手を右手に合わせます もう少し具体的に言うと、 左手のコードの移動に合わせてストロークするのではなく、右手のストロークに合わせて左手を移動させます。 左手の移動に合わせて弾いていると、すべての指をきっちりを押さえるまで右手が止まってしまうことになります。 音楽というのは常に川の水のように流れているものです。 右手が止まってしまうと、音楽の流れを止めてしまうことになります。 右手のストロークに合わせて左手を移動させること、これがとても大事です。 このようにすると、最初は指をすべて押さえるのが間に合わなかったり、間違ったところを押さえてしまったりすると思います。 それで大丈夫です。 なぜなら、こういった左手の指の移動や、間違いなどは何度も繰り返すことで上達していくからです。 しかし、音楽の流れを止めてしまう弾き方だと、演奏者にとってもストレスになるので、継続的に練習すること 何度も繰り返すこと がなかなか出来ません。 そちらの方がよっぽど問題なのです。 左手は早めに移動してよいし、不慣れなうちは間に合わなくてもよいので、とにかく、 『右手のストロークは止めない』 ことが大事です。 まとめ このように、カポを使ってセーハの必要ないコード進行にすることによって難易度はぐっと下がったと思います。 この曲が弾ければ、出来る曲の幅もぐっと広がるので、ぜひいろいろチャレンジしてみてください!.

次の

空も飛べるはず / スピッツ【コード進行分析】

空も飛べるはず コード

そのオープニングの映像がこちらです。 20年も前の曲になるわけですが、何度聴いても飽きません。 当時はコード進行など知りませんでしたし、なんとなくいい歌だな〜と思いながら聴いていただけでした。 しかし、こうして改めてコードなどを分析するといろいろと感心させられますし、まったく聴き方が変わります。 新たな魅力を発見できたりもします。 こんなにシンプルなコード進行でこんな奥深い曲がつくれるものか?信じられません。 そして、素晴らしいのは曲や詞だけではありません。 サウンドや演奏にもじっくりと耳を傾けてしまいます。 アレンジも簡素でスッキリしていて聴き心地が良く、サビに入るまでの流れも美しい。 本当に素晴らしいです。 僭越ながら分析させていただきます。 このことは、 「1発目のコードがいかに印象や雰囲気を決定づけるか」ということを表しています。 着地点のコードよりも、むしろ出だしのコードのほうが印象を左右するのかもしれません。 このようにコードを展開・拡張する方法として「ひとつのコードを分割する」という手法はよく用いられますが、その場合の多くはこの曲の例のように「4度下のコードを手前に置く」のが一般的です。 なぜ手前に置くコードが4度下なのかと言うと、そうすることによって「4度上昇」する進行をつくることができるからです。 つまり「強進行」と呼ばれるドミナントとトニックの関係になり、なめらかに音がつながるようになるのです。 それでも4度進行であることに変わりはないので、十分になめらかな進行を感じさせます。 セカンダリードミナントのD7で浮遊感 続いてAメロの後半、5〜8小節目です。 ファに がついているのでノンダイアトニックコードであり、一瞬フワっと浮いたような感じがします。 この8小節の進行を、もう一度繰り返してBに移ります。 メジャーコードから始まっていたAメロとはうって変わって、暗〜い印象です。 メロディーラインだけを見ればメジャーっぽいんですが、コードの動きの少なさと歌詞の内容も手伝ってか、どんより沈み込む感じがします。 しかし色褪せてひび割れたのもつかの間、輝くすべを求めて前へ進んでいきます。 Bメロ前半との対比がじつに効果的ですね。 停滞していたコードの動きが活発に動き始め、しかも階段を登っていくように上昇していく。 まさにくすぶっていた人が立ち上がり、上を向いて歩き出していくような感じです。

次の