グリーゼ 581。 グリーゼ581g

experience-ccra-in.ctb.com

グリーゼ 581

グリーゼ581 Gliese 581 V 10. 56 10. 56 - 10. 000031 Rv -9. 62 ミリ秒 距離 20. 33 6. 1 MV 11. 03 物理的性質 0. 29 0. 02 表面 4. 恒星 [ ] 大きさの比較 太陽 グリーゼ581 「グリーゼ581」という名称は、の、によってに編纂された、から20以内に位置する956の恒星を収録したでの番号である。 「グリーズ581」と表記されることもあるほか、「ウォルフ562」とも呼ばれる。 やのような固有名は付けられていない。 この恒星はがM3V型ので、地球から20. 3離れた場所に存在する。 で最も明るいからは2度ほど北に位置する。 その質量は太陽の三分の一程度と見積もられており、既知のの中では太陽から89番目に近い星系である。 グリーゼ581のようなM型のは太陽に比べて質量が大幅に小さく、でのの速度も大幅に遅い。 その結果、表面温度は推定3500、は太陽の僅か0. しかし、グリーゼ581のような赤色矮星の放射は主にに近い830付近をピークとする領域で行われており(による推定)、恒星のトータルの光度は過小評価されている可能性もある(太陽の放射のピークは530ナノメートル付近であり、これはの中心に位置する)。 また、放射線を含めた場合のは、の1. この星系のが地球と同程度のエネルギーを受け取るには、より恒星の近くに位置する必要がある。 こうした地球と同じようなエネルギーを受け取れる恒星の周りの領域はと呼ばれている。 その範囲がどの程度かは議論が分かれており、また各ごとにその条件も大きく異なっている。 グリーゼ581はのとしても分類されており、「てんびん座HO星」という名称が与えられている。 これは、星の自転に伴いが移動することなどにより明るさが変化するタイプの変光星である。 しかし、観測された変化は誤差に近いレベルであり、仮に変化しているとしてももっと長期においてのものだと考えられている。 グリーゼ581はを放出している。 惑星系 [ ] 2010年までに、の2倍から程度の質量を持つが6個発見されている(ただしfとgについては後に存在を否定する研究結果が出されている。 また、2014年にはグリーゼ581dに関しても恒星活動に由来するアーティファクトの可能性が高いとの指摘がなされ、その存在が疑問視されている )。 惑星には発見順にb以降のアルファベットが振られている。 以下では恒星に近い順に説明する。 質量が地球の1. 86倍以上。 2009年現在確認されているの中では最小の質量。 公転周期3. 15日。 質量が地球の16倍以上。 グリーゼ581の既知の惑星の中では最も質量が大きい。 質量が地球の5. 3倍以上。 水が存在するには主星に近すぎるという研究があるが、雲が大量に存在し惑星のが高い状態にあれば適切な気温に保たれるという反論もある。 質量は地球の2. 242倍以上。 公転周期は32日でハビタブルゾーン内に存在する。 常に同じ面を恒星に向けて公転している。 前述の通り、存在の可能性は低いとみられる。 質量が地球の5. 94倍以上で、公転周期は67日。 楕円軌道で公転しているが、ではハビタブルゾーンの範囲を通過している。 2014年の研究により、その存在に疑問符が付けられている。 質量が地球の約7倍で、公転周期は433日(約1. 2年)。 前述の通り、存在の可能性は低いとみられる。 グリーゼ581の惑星系の観測にはが用いられている。 視線速度法には惑星の質量を下限値としてしか定めることができない性質があるため、実際の質量は上記の値より大きくなる可能性がある。 ただし、シミュレーションを用いた検証では、それぞれの惑星が下限値の2倍程度を超える質量を持つと軌道が安定しなくなることが示されているため、惑星の真の質量はそれ以下と考えられている。 なお、このシミュレーションは各惑星が太陽系の惑星と同じように共通の平面上を公転していることを前提とする。 に、グリーゼ581から遠く離れた位置にが発見された。 406 0. 000177 3. 17 0. 0000609 5. 881 0. 000226 12. 0591 0. 644 0. 00173 32. 05 0. 00198 66. 948 0. 0 0. Result for BD-07 4003. 2017年5月24日閲覧。 Result for Gl 581. 2017年5月24日閲覧。 ; Bonfils, X. ; Delfosse, X. ; et al. 2011-09-12. "The HARPS search for southern extra-solar planets XXXII. : []. Our dataset therefore has strong diagnostic power for planets with the parameters of Gl 581f and Gl 581g, and we conclude that the Gl 581 system is unlikely to contain planets with those characteristics. L; Benedict, G. ; Endl, M. 2006. 653 1 : L65—L68. ; Rebolo, R. ; Esposito, M. ; et al. 2005. () 443 3 : L15-L18. The Extrasolar Planet Encyclopedia. 2017年5月24日閲覧。 2011年11月28日閲覧。 (), () 2009年1月1日. 2010年6月4日閲覧。 2007. () 469 3 : L43-L47. Selsis, F. ; et al. 2007. () 476 3 : 1373-1387. Schmitt, J. M; Fleming, T. A; Giampapa, M. 1995. 450 9 : 392-400. Grefory, P. 2011. Mon. Nat. Astron. Soc. 415: 2523-2545. Baluev, R. 2013. Mon. Nat. Astron. Soc. 429: 2052-2068. Hatzes, A. 2013. Astron. Nachr. 334: 616-624. ; Mahadevan, S. ; Endl, M; Roy, A.. Science. Beust H. et al.. Astronomy and Astrophysics 479: 277-282. 2009. Astronomy and Astrophysics 507 1 : 487-494. Lestrade 2012. Astronomy and Astrophysics 548: A86. Steven S. Vogt; R. Paul Butler; Nader Haghighipour 2012-07-18. "GJ 581 update: additional evidence for a Super-Earth in the habitable zone". : []。 フィクション [ ].

次の

宇宙人はいるのか?NASAが存在を否定できない地球に良く似た惑星の発見

グリーゼ 581

恒星グリーゼ581のフィルター処理写真。 中央付近の黒点の影響を、恒星を周回する惑星の証拠と読み間違えた可能性があるという。 PHOTOGRAPH BY ALAN FRIEDMAN サイズも温度も地球そっくりで、生命存在の可能性が期待されていた太陽系外惑星グリーゼ581g。 2010年の発見当時は大きな話題になった。 しかし、今週発表された論文によると、その期待は的外れだったようだ。 「グリーゼ581gは存在しない」と、研究責任者でペンシルベニア州ステートカレッジにあるペンシルバニア州立大学のポール・ロバートソン(Paul Robertson)氏は断言する。 薄暗い赤色矮星で、質量は太陽の3分の1程度、太陽系から約22光年の距離にある。 ほとんどの系外惑星は主星に近すぎて光学観測は不可能なため、間接的な手掛かりが確認手段となる。 グリーゼ581gの場合、視線速度法(ドップラー法)が採用された。 周回する惑星の重力によって、恒星が規則的なパターンで地球から見て前後に揺らぐ現象を探す方法だ。 ワシントンD. にあるカーネギー研究所のポール・バトラー(Paul Butler)氏と、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)のスティーブン・フォクト(Steven Vogt)氏がグリーゼ581gの発見を発表した当時も、観測したと考えていたのはその揺らぎだった。 「表面に液体の水を保持するのに、ちょうどよい距離だ」とバトラー氏は語っていた。 また、重力の強さから、質量は地球の約3倍と推定された。 ドップラー効果は光のスペクトル変化に現れるが、あまりにも小さかったため、前後にふらつくパターンを見つけるために統計解析を行う必要があった。 系外惑星の専門家でフロリダ大学(現ペンシルバニア州立大学)のエリック・フォード(Eric Ford)氏をはじめとする批判的な立場の天文学者は、バトラー氏とフォクト氏の分析には説得力がなく、パターンが存在するかどうかも疑わしいと主張。 しかし、ロバートソン氏のチームは、当時の解析結果は間違いないと反論。 「実際の物理的なシグナルがあった。 しかし、恒星自体に由来するパターンで、惑星dやgの重力の影響ではない」。 グリーゼ581の表面で起きる磁場の揺らぎ(恒星黒点)によって恒星のスペクトルが変化し、その様子が惑星の重力が引き起こす揺らぎによく似ているのだという。 グリーゼ581の自転周期は130日で、表面の黒点も同期して回る。 問題の2つの惑星の公転周期はそれぞれ130日の2分の1と4分の1とされている。 フロリダ大学のフォード氏は今回の研究には関与していないが、「グリーゼ581の揺らぎは、惑星の存在ではなく恒星の活動に起因する事実が極めて明確になった」と支持を表明。 バトラー氏はこの件についてコメントを控えており、フォクト氏にもコメントを求めたがメールへの返信はない。 「すべて幻だったというのが結論だ」と、共同研究者でペンシルバニア州立大学のスブラス・マハデバン(Suvrath Mahadevan)氏は言う。 「残念な結果だが、重要な教訓が得られた。 恒星活動はデータに悪影響を及ぼす大きな要因になる。 今後は無視できなくなるだろう」。 ロバートソン氏も同意する。 「明確になって良かった。 より確実な証拠を基に惑星の存在を解明できるからね」。 今回の研究成果は「Science」誌オンライン版に7月3日付けで発表された。 PHOTOGRAPH BY ALAN FRIEDMAN 文=Michael D. Lemonick.

次の

宇宙人はいるのか?NASAが存在を否定できない地球に良く似た惑星の発見

グリーゼ 581

グリーゼ581dと推定される惑星の想像図 と性質 a 0. 22 (33 ) 距離 q 0. 14 au(21 Gm) 距離 Q 0. 30 au(49 Gm) e 0. 09 P 66. 32 の惑星 近点通過日時 2,454,603. 2 主星 10. 5 M3V 0. 31 0. 3 (6. 1 ) 物理的性質 6. 98 発見 発見日 発見者 ()他 発見場所 ・ 発見方法 視線速度法 現況 公表 Template (ノート 解説) グリーゼ581d Gliese 581d, Gl 581d はをするの1つである。 グリーゼ581星系の中では第4惑星(または第5惑星)にあたり、軌道が内にある可能性がある。 質量はの約8倍、公転周期は67日。 (地球)からはの方向に約20離れている。 2014年に発表された研究により、恒星の自転に由来する周波数の周期変動を惑星によるドップラー効果と誤認していた可能性が指摘され、その実在に疑問が持たれている。 一方、2015年に発表された研究では、2014年の研究で用いられた手法は適当でなく、グリーゼ581dは存在の可能性があるとしている。 この惑星はいわゆる(巨大地球型惑星)に属するものであり、今後の地球外生命探査を行うための重要な惑星の1つとなる。 しかし、現在の観測技術ではこの惑星を直接観測することは困難であり、また現在の探査機でこの星に行くには10万年以上かかってしまう。 6m望遠鏡で発見した。 Udryの探査チームは主星が惑星の重力により引き起こされる僅かな動きを検出する(ドップラー分光法)を利用して質量を8. 発見当初は、3つある惑星の内ハビタブルゾーン内を公転しているのはグリーゼ581dの1つ内側を公転していると思われていたが 、その後のフランスとドイツの研究グループが独自に発表した2つの論文によると、ハビタブルゾーンの外側を公転していることが判明した。 存在性の論争 [ ] 2012年9月、Roman BaluevはKeckのデータにあったを除去し、この惑星の存在性を示す標準偏差は2. 2しかないと結論づけた。 しかし、同年、(USNO)は存在可能性がもっと高いことを裏付けた。 2014年の研究ではグリーゼ581dは恒星の活動の産物であり、の誤りの発見を引き起こしたと結論づけられた。 最終的には、2007年の研究に基づき、に存在する太陽系外惑星で初めて検出された太陽系外惑星であるとみなされている。 軌道の特徴 [ ] グリーゼ581dはグリーゼ581から0. 21847 au離れた所を公転しており、太陽・地球間の距離の約5分の1に相当する。 は今のところ確認されていない。 今のところ地球のようなほぼ円軌道のモデルや水星のような楕円軌道のモデルが考えられている。 この2大モデルは惑星系の惑星が4つの場合と6つの場合のモデルにそれぞれ基づいている。 4つの場合のモデルでは2:1のを引き起こすとも考えられている。 そうなるとグリーゼ581dは1日の長さが地球で換算すると67日になる。 楕円軌道と共鳴のどちらの解釈が正しいのかは、観測が不十分なため2010年の時点では明らかではない。 グリーゼ581dの軌道は水が惑星表面に存在するとされるハビタブルゾーンの外側の境界付近である。 発見当初はこれよりも外側にあったと考えられていた。 しかし、2009年4月後半頃、グリーゼ581dを発見したチームは惑星の軌道要素の推定を修正し、最初の推定よりも恒星側に近く、公転周期は66. 87日に及ぶことが分かった。 彼らは当惑星がハビタブルゾーンにあると結論づけた。 さらに、データ から少なくとも1つは海があると提案した。 物理的特徴 [ ] 主星グリーゼ581の運動によりグリーゼ581dは最小質量が5. 6であると分かっている。 グリーゼ581惑星系の天体力学シミュレーションでは3つの惑星がであることを前提にしているため、もし質量が最小質量の1. 6 - 2倍であったときは不安定である。 最小質量の値を使ってグリーゼ581dの質量の上限を求めると13. 8になる。 グリーゼ581dの組成はまだ分かっていない。 気候と居住可能性 [ ] グリーゼ581惑星系とのハビタブルゾーンの比較。 グリーゼ581dはハビタブルゾーンの遠方の端に近い。 グリーゼ581dは地球からのが確認されておらず、大気の状況も現在まで確認されていない。 このような気候の状況は軌道やコンピュータのモデルによる理論上の推測に基づいている。 グリーゼ581dはハビタブルゾーンの端にあるので当初は水が液体で存在するには寒冷すぎると考えられていた。 2009年に軌道が訂正されたことにより、2011年、フランスで行われたシミュレーションでは、十分な大気圧の下では表面に水が液体でいられるのに適しているとされた。 これを考えるとグリーゼ581dは寒すぎて人間がすむのに適さないと考えられる。 しかし、の影響で、天体の温度はかなり上がっている。 もし、グリーゼ581dが十分な温室効果を生み出し、二酸化炭素を安定できたら、表面温度が水が液体になるために十分になり、考える限りでは生命を維持するのも可能であると考えられている。 Barnesらによる計算によると放射による加熱が予測よりいくぶん多くない限り、 ()が低いため、グリーゼ581dのが活発にならない。 グリーゼ581dは質量が大きいので岩石のみからなる可能性がある。 元々は凍った惑星であったが、だんだん恒星に近づいた可能性もある。 平衡温度は181K。 グリーゼ581dは変光星なので人が住むには適さない可能性もある。 Hello from Earth [ ] 2009年、オーストラリアで開催されたNational Science Weekにおいてはグリーゼ581dとの交信メッセージを収集するために"Hello from Earth"というウェブサイトを開いた。 文字の長さは最大で160字、英語に限定した。 全世界195ヶ国から25880ものメッセージが収集され、のDSS-43 70m電波望遠鏡を用いて2009年8月28日に交信を開始した。 フィクション [ ] グリーゼ581dはの第2エピソードSmileにおける舞台となっている。 また、Into the Universe with Stephen Hawking のエピソード3においても見られる。 脚注 [ ]• Mayor, X. Bonfils, T. Forveille, X. Delfosse, S. Udry, J. Bertaux, H. Beust, F. Bouchy, C. Lovis, F. Pepe, C. Perrier, D. Queloz, N. Santos 2009. "The HARPS search for southern extra-solar planets,XVIII. An Earth-mass planet in the GJ 581 planetary system". : []。 SIMBAD Astronomical Database. 2020年3月20日閲覧。 Udry, S. ; Bonfils, X. ; Delfosse, X. ; Forveille, T. ; Mayor, M. ; Perrier, C. ; Bouchy, F. ; Lovis, C. ; Pepe, F. ; Queloz, D. ; Bertaux, J. 2007. Astronomy and Astrophysics 469 3 : L43 — L47. 2020年3月20日閲覧。. ; Mahadevan, S. ; Endl, M; Roy, A.. Science. Science 347: 1080-b. 2017年8月29日閲覧。. Astronomy Now. 2015年3月9日. 2020年3月20日閲覧。 2010-10-08 at the. , S. Udry. Bonfils. Delfosse. Forveille. Mayor. Perrier. Bouchy. Lovis. Pepe. Queloz. Bertaux. The Extrasolar Planets Encyclopaedia. April 4, 2007. Udry et al. 2007 Astronomy and Astrophysics 469, L43• Roman Baluev 2012. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 429 3 : 2052—2068. et al. 2012. The Astrophysical Journal 761 2 : 83. Robertson, Paul; Mahadevan, Suvrath; Endl, Michael; Roy, Arpita 3 July 2014. Science 345 6195 : 440—444. Quenqua, Douglas 2014年7月7日. New York Times. 2020年3月20日閲覧。 CBC News. 2017年1月7日閲覧。 ; Bounama, C. ; Cuntz, M. ; Franck, S. 2007. Selsis, F. ; Kasting, J. ; Levrard, B. ; Paillet, J. ; Ribas, I. ; Delfosse, X. 2007. August 2011. Origins of Life and Evolution of Biospheres Onlinefirst 6 : 539—543. et al. 2010. The Astrophysical Journal 709 1 : 168-178. eso. org 2009年4月21日. 2020年3月20日閲覧。 Stewart, 2013. " First View of Gliese-581 d; A preliminary Surface Survey Part-1. Publisher- IJAAR , Issue 2013. At-• STEWART, R. , CELEBONOVIC, V. , AGUIAR, O. ,CHATZITHEODORIDIS, E. , ACKERMAN, J. , ROMAN, M. ,ARTUSO, G. , TRENTADUE, W. , SAMADI, A. , ARISTIZABAL,C. and others. Gliese 581d; Views of Its atmospheric, topographical, geological, and oceanic conditions Part 2. Journal of The International Society of Peer Reviewers. 2013年8月30日時点のよりアーカイブ。 2020年3月20日閲覧。 AGUIAR, O. , STEWART, R. , ARTUSO, G. , SAMADI, A. , ARISTIZABAL, C. , ACKERMAN, J. , TRENTADUE, W. The possible conrmation of the First exo-oceans. Pluralidade 1: 82—95, 2013. At-. Vogt, S. 2010. The Astrophysical Journal 723 1 : 954—965. 2011. The Astrophysical Journal 733 2 : L48. , European Southern Observatory. April 21, 2009. Accessed June 10, 2011• von Bloh, W. et al. 2008. Proceedings of the International Astronomical Union 3: 503—506. Centauri-dreams. org 2007年12月13日. 2020年3月20日閲覧。 Dailygalaxy. com 2007年6月15日. 2009年1月18日閲覧。 [ ]• The Astrophysical Journal 733 2 : L48. Barnes, Rory; Jackson, Brian; Greenberg, Richard; Raymond, Sean N. 2009-06-09. The Astrophysical Journal 700 1 : L30—L33. Space. com. 2020年3月20日閲覧。 Jenkins, Simon 2009年8月28日. Brisbane Times. 2020年3月20日閲覧。 2020年3月20日閲覧。 英語版ウィキニュースに本記事に関連した記事があります。

次の