成田 帰国 検疫。 【コロナで帰国】成田空港に到着してからの当日の流れ

海外から成田空港を使って帰国。待機場所や自主隔離場所について不安でしかない。

成田 帰国 検疫

問1 具体的に、入国の前後でどのようなことが求められることになりますか。 全ての国・地域から入国される方には、入国の前後で以下の対応をお願いします。 帰国を検討される場合には、上記のような空港の混雑状況や待機時間について十分ご留意いただくようお願いいたします。 また、現在、外国から日本へ到着する航空旅客便の数が減便等により抑制されていますが、すべての航空便が直ちに運休するわけではありませんので、航空便の運航状況についてご利用予定の航空会社のウェブサイト等でご確認の上、適切な時期をご検討ください。 なお、検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、入国の次の日から起算して14日間は、ご自宅やご自身で確保された宿泊施設等で不要不急の外出を避け、待機することが要請されるとともに、保健所等による健康確認の対象となります。 なお、 検査結果が判明するまで、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 問2 日本に居所のない場合は、 入国した次の日から数えて 14 日間、どこで待機することになるのですか。 ホテルや旅館など、出国前にご自身で確保した宿泊施設を指定することを想定しています。 その際、宿泊にかかる費用についてはご自身で負担いただくこととなります。 また、御自身で確保した宿泊施設への移動に際しては、電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用しないようお願いいたします。 なお、入国拒否対象地域から入国された方は、検査結果が出るまで、公共交通機関を使用しないで移動できる場合には自宅など国内の居所で、移動できない場合は空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくこととなります(検査結果が判明するまで、不特定の方と接触の機会が想定される、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 現在、入国拒否対象地域の拡大に伴い、検査対象となる方が増加しており、空港等において、到着から入国まで数時間、結果判明まで1日~2日程度待機いただく状況が続いています。 詳しくは「1 検疫について」の問1をご確認ください。 ) 問3 日本に居所がなく、滞在場所が出発前に確保できなかった場合、どうすれば良いですか。 万が一確保できていない場合、空港内で探していただくことになりますが、空港内の混雑につながることから、出国前に確保いただくようご協力をお願いします。 なお、入国拒否対象地域から入国された方は、検査結果が出るまで、公共交通機関を使用しないで移動できる場合には自宅など国内の居所で、移動できない場合は空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくこととなります(検査結果が判明するまで、不特定の方と接触の機会が想定される、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 現在、入国拒否対象地域の拡大に伴い、検査対象となる方が増加しており、空港等において、到着から入国まで数時間、結果判明まで1日~2日程度待機いただく状況が続いています。 詳しくは「1 検疫について」の問1をご確認ください。 ) 問4 自宅で待機する場合、入国者本人やその家族等が気をつけるべきことはありますか。 入国時にお渡ししている健康カードに記載のとおり、 ・こまめに手洗いを行う ・十分な睡眠や栄養をとるようにする ・咳や発熱などの症状が出た場合は、事前に帰国者・接触者相談センターに電話連絡し、指定された医療機関を受診する 等のことを徹底してください。 また、ご家族等、待機している方の身近でお過ごしになる方におかれても、 ・こまめに手洗いを行う ・家庭内で体調が悪い方が発生した場合は、マスクを装着し、接触する方を限定する 等のことを徹底してください。 (下記ホームページも併せて参考にしてください。 ) ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~.

次の

【コロナで帰国】成田空港に到着してから二週間の自己隔離までの流れ

成田 帰国 検疫

問1 具体的に、入国の前後でどのようなことが求められることになりますか。 全ての国・地域から入国される方には、入国の前後で以下の対応をお願いします。 帰国を検討される場合には、上記のような空港の混雑状況や待機時間について十分ご留意いただくようお願いいたします。 また、現在、外国から日本へ到着する航空旅客便の数が減便等により抑制されていますが、すべての航空便が直ちに運休するわけではありませんので、航空便の運航状況についてご利用予定の航空会社のウェブサイト等でご確認の上、適切な時期をご検討ください。 なお、検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、入国の次の日から起算して14日間は、ご自宅やご自身で確保された宿泊施設等で不要不急の外出を避け、待機することが要請されるとともに、保健所等による健康確認の対象となります。 なお、 検査結果が判明するまで、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 問2 日本に居所のない場合は、 入国した次の日から数えて 14 日間、どこで待機することになるのですか。 ホテルや旅館など、出国前にご自身で確保した宿泊施設を指定することを想定しています。 その際、宿泊にかかる費用についてはご自身で負担いただくこととなります。 また、御自身で確保した宿泊施設への移動に際しては、電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用しないようお願いいたします。 なお、入国拒否対象地域から入国された方は、検査結果が出るまで、公共交通機関を使用しないで移動できる場合には自宅など国内の居所で、移動できない場合は空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくこととなります(検査結果が判明するまで、不特定の方と接触の機会が想定される、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 現在、入国拒否対象地域の拡大に伴い、検査対象となる方が増加しており、空港等において、到着から入国まで数時間、結果判明まで1日~2日程度待機いただく状況が続いています。 詳しくは「1 検疫について」の問1をご確認ください。 ) 問3 日本に居所がなく、滞在場所が出発前に確保できなかった場合、どうすれば良いですか。 万が一確保できていない場合、空港内で探していただくことになりますが、空港内の混雑につながることから、出国前に確保いただくようご協力をお願いします。 なお、入国拒否対象地域から入国された方は、検査結果が出るまで、公共交通機関を使用しないで移動できる場合には自宅など国内の居所で、移動できない場合は空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機いただくこととなります(検査結果が判明するまで、不特定の方と接触の機会が想定される、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 現在、入国拒否対象地域の拡大に伴い、検査対象となる方が増加しており、空港等において、到着から入国まで数時間、結果判明まで1日~2日程度待機いただく状況が続いています。 詳しくは「1 検疫について」の問1をご確認ください。 ) 問4 自宅で待機する場合、入国者本人やその家族等が気をつけるべきことはありますか。 入国時にお渡ししている健康カードに記載のとおり、 ・こまめに手洗いを行う ・十分な睡眠や栄養をとるようにする ・咳や発熱などの症状が出た場合は、事前に帰国者・接触者相談センターに電話連絡し、指定された医療機関を受診する 等のことを徹底してください。 また、ご家族等、待機している方の身近でお過ごしになる方におかれても、 ・こまめに手洗いを行う ・家庭内で体調が悪い方が発生した場合は、マスクを装着し、接触する方を限定する 等のことを徹底してください。 (下記ホームページも併せて参考にしてください。 ) ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~.

次の

コロナ禍での帰国!成田空港での検疫&PCR検査について【2020年6月29日】

成田 帰国 検疫

成田空港に臨時で設けられたPCR検査場。 鼻咽頭をぬぐう検査はくしゃみで飛沫が飛び散る恐れがあるため、担当の検疫官は重装備。 「今の季節は暑いです」(検疫官)(記者撮影) しばらくすると、検疫所職員に付き添われ、車椅子の患者がやって来た。 日本人と見られ、ぐったりとしている。 新型コロナ対策用に特別に拡張した検疫所のエリアで健康状態や入国後の滞在先などを書類に記入した後は、ついたてで仕切られたブースでPCR検査を実施。 それが終わると、車椅子で検疫所をあとにした。 コロナの疑いのある患者は「陰圧室」と呼ばれる感染を防止する部屋に隔離され、検査結果を待つことになる。 結局、一般の乗客が飛行機を降り、検疫所へとやって来たのは着陸から1時間半近く経ってからのことだった。 世界で感染爆発が続く中、日本が感染の第1波を乗り切った「日本モデル」の内実を検証。 7月に入り、東京都の感染者数が過去最多となるなど感染再拡大が続く中、第2波に備えてすべきことは何かを追った。 成田空港からの入国で陽性者が増加傾向 足元で海外との往来を再開する動きがある中、難しい舵取りを迫られるのが、政府の水際対策だ。 日本では現在、入国規制、空港でのPCR検査、陰性者の自己隔離の3つを実施している。 その中のPCR検査の結果について、成田空港検疫所の担当者は「最近、また(陽性者が)増えている」と語る。 なぜか。 厚生労働省の検疫所業務管理室は「日本の感染拡大を受けて一度母国に帰った外国人の在住者が、感染の収まりを受けて再来日しているのではないか」と推測する。 7月10日の時点で、日本は世界の国の7割弱にあたる129カ国を入国拒否の対象にしている。 結果、2019年の12月に406万人いた入国者は、5月に1万人まで減った。 ただ、入国拒否地域からであっても、日本人と、外国人でも「特段の事情」が認められた永住者や日本人の配偶者などであれば、入国が可能だ。 こうした入国者の陽性者数が急増したのは、政府が欧州の主要国やアメリカ、中国全土などを入国拒否地域に指定した3月末から4月上旬のこと。 「仕事などでアメリカなどに滞在していた日本人が『戻れるうちに』と大量に帰国してきた」(成田空港検疫所)。 3月25日~4月25日までの陽性者数は1日平均で4. 3人に上り、「検疫所の対応が追いつかず、機内に長時間待たせてしまったお客様が心身共に疲弊し、不満の声が寄せられることもあった」(同)。

次の