オルト プラス ヒプマイ。 オルトプラス、新作ゲーム『ヒプマイARB』のヒットで赤字縮小 営業損失3億円 2020年9月期第2四半期決算

ヒプノシスマイクとA3を比較してみました。[オルトプラス(3672)]

オルト プラス ヒプマイ

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

オルトはヒプマイで1500円

オルト プラス ヒプマイ

最新の見通しはこちら この秋本命のオルトプラス! バイオの秋、ゲームの秋。 毎年秋になる新興市場をけん引するバイオやゲーム銘柄があります。 今年の本命はオルトプラス。 キングレコードから発表されている声優によるラッププロジェクト。 アニメがあるわけではないのですが、とにかく配信等で爆発的に売れています。 そんなヒプノシスマイクのゲームを手掛けることになったオルトプラス。 発表後の株価は3倍。 株価は850円ほどを頂点に現在は700円台前半。 ではこれからの株価を予想していきたいと思います。 11月1日更新 まもなく増し担保解除 予想の振り返りをします。 おそらく600円~650円で買える気がします。 700円が精いっぱいでした。 しかし、ほぼ日程はあっています! 11月上旬:増担保解除 ここはドンピシャでしょう。 順調なら11月7日に解除します。 素直に増し担保を解除するのか、しないのかを見守りましょう。 解除しなかった場合、一時的に株価が下がる可能性がありますが、ここは拾いどころです。 また下記の証券会社の空売り状況を確認しましょう。 ひどい空売りの量です。 信用で買っている人は700円台がほとんど。 この価格を割ると一気に投げが始まる可能性があります。 そんな暴落があるのか、ないのかはわかりません。 一応、想定して余力を残しておきましょう。 オルトプラスの株価推移を予想 10月5日に記載しています。 おそらく600円~650円で買える気がします。 どちらかといえば下がります。 個人的には増し担保になって株価の上昇が落ち着いてから購入したいと思っています。 ただ、10月中に事前登録も始まることも予想され・・・さてどうしたものか。 といったところです。 15は800円になりません。 そして、増し担保を解除させようとする動きは上値を抑えることになります。 できれば、増し担保解除をしてから事前登録が始まってほしいものです。 11月14日:決算発表 ここで安くなるようでしたらチャンス。 ひどい決算が出ることは織り込み済み。 何も知らない人がPTSで投げるのを拾うこともオススメ。 11月下旬:事前登録者が30万人超え 12月中旬:ゲーム発表 このころには株価は4桁でしょう。 あとは増し担保期間にどれだけ安く集められるか、といったところですね! その他注意事項 ヒプノシスマイクの株価に反応するのはゲームの進捗に加えて、配信した歌がどれだけ売れたか、ということです。 舞台が~~新しいグループが~~とか無視してOK。 材料にはなりません。 配信スケジュールだけはチェックしておきましょう! 配信翌日は上位を獲得して、株価は上昇すると思います。 短期の売買をして日銭を稼ぎましょう。

次の

ヒプマイを考察する無花果様の女

オルト プラス ヒプマイ

筆者の独り言 「LINEのアイコン、洗濯物が干してある自分の部屋で自撮りした写真の人、メンヘラ」 オルトプラスを取引される方は、備忘録としてお読みくださいませ。 2019年9月29日(日)投稿 【3672 オルトプラス】の株価が、数日のストップ高を含む急騰で一気に2倍になりました。 理由としては『ヒプノシスマイク』という、多人数の声優によるイケメンキャラの超人気ラッププロジェクトのスマホアプリ開発への参加が発表された事に起因します。 オルトプラスはもちろん、ガンホー・コロプラ等この手の銘柄はIR次第で仕手化して暴騰する事がザラで、株価2倍はまだ初動に過ぎません。 オルトプラスの株価は低迷中で、時価総額が73億円程度(投稿日時点)である事から伸びしろは大きく、これからテンバーガーの可能性が大いに有ります。 発行済株式数がたった1400万株未満と 非常に少ない事も気になる点で、これからプラチナチケットの取り合いになりそうです。 私は昔からオルトプラスやガンホーなどゲーム株のチャートを見てますが、大型株には無い派手な値動きで、上がる時はムチャクチャ上がります。 上手く上昇トレンドに乗れれば一気に資産を増やせるチャンスですので、心して爆上げ相場に臨みましょう。 オルトプラス 途中経過 2019年10月2日(水)の株価は、あと1円上がるだけでストップ高という場面が10時半頃ありました。 この日は高値圏でヨコヨコな相場でした。 旬なオルトは 『ストップ高するのが当たり前』みたいな感覚になり、S高付近から剥がれると不安になるものです。 オルトプラスはストップ高を2013年に連発 オルトプラスは2010年5月6日に設立された会社で、2013年3月14日にマザーズで上場しました。 そして約1年後の 2014年3月28日に東証一部へ昇格しました。 会社が設立されてから10年ほどの比較的若い会社です。 2013年のマザーズ上場当時はIPO(新規公開株)ブームとも言える勢いがあって、ほとんどのIPO銘柄が爆上げしてた時代です。 最近でこそ新興株の勢いは衰えましたが、当時はIPOなら何でも上がる様な状況でした。 オルトプラス最盛期の2013年春の日足チャートです。 オルトプラスが上場した2013年3月当時の日足チャートで、写真最後のローソクは7月3日分です。 この時の 安値は4月10日の1351円で、 未だに破られてない上場来高値は5月15日の 8285円です。 現在は2分割された株価なので、当時の表記はこの2倍の数値でした。 写真中央のチャートで分かる通り、この時はストップ高が連発してました。 この急激に上がって急激に下がるジェットコースター型のチャートは、当時の 『1発屋銘柄(8721 ベンチャーリヴァイタライズなど)』でよく見られた形です。 私は3000円台前半で100株だけ買って、ストップ高が連発して日に日に激増してく含み益にドキドキしてました! そして5月15日に 含み益が+100万円を突破して、その日のPTSで+107万円なったのがピークだった事を今でも鮮明に覚えてます。 その時点で利確すれば税引き80万円くらいの儲けになりましたが、その後急落してから利確しました。 オルトプラスの株価は長らく低迷気味 オルトプラスは2013年にストップ高が連チャンした後は株価が一気に暴落して、1ヵ月ちょっとでなんと 80%以上も下落しました! かなりひどい大暴落で、最高値付近で買っちゃった人はとてつもない爆損です・・ 当時は株価が1万円を超える勢いで、誰もが1万円は通過点だと信じて疑わない超強気相場でした。 私も実際そう思ってましたが、結果は大暴落して悲惨な状況です。 最高値8285円を付けた2013. オルトプラスの上場時から2019年9月までの週足チャートです。 2013年の6月に1550円まで一気に下がり、 8月に4880円まで回復しました。 この後は高値更新する勢いは無く、再び暴落します。 そんなこんなで下落がズルズル続き、気付いた時にはゴミみたいな株価に落ちてて、この時は出すゲームがどれもいちいち不発で、会社の存続が本気で危ぶまれてた苦しい時期でした。 8000円以上で思いっきり高値掴みした人で地獄ホールドを余儀無くされた方は、 マイナス95%以上の評価損が出たハズで、チーンです。。 助かる為にはナンピン買いが絶対必要ですが、ヘタすれば上場廃止も有り得るこんな訳の分からないゴミみたいな銘柄を買うのはイヤだったかと思います。 底練りは何年も続きましたが、 2017年6月にストップ高が頻発して株価が一時 1826円まで急騰しました。 「もしやこのまま上場来高値を更新するのか!?」という様な勢いでしたが失速してしまい、 2019年6月3日に上場来安値222円を付けて現在に至ります。 ヒプノシスマイク(ヒプマイ)はオタク女子から熱狂的人気 ヒプノシスマイクというラッププロジェクトのスマホアプリの開発をオルトプラスが手掛ける事になり、今回の株価爆上げになりました。 ヒプマイと呼ばれてるこのプロジェクトは2017年9月に始動して、YOUTUBEで公開されたMVの再生回数が急激に増えて当時注目されました。 声優がヒプマイのキャラクターになり切って、多人数でラップを歌います。 私もYOUTUBEで人気曲と思しき再生回数が多い曲を聴きましたが、あまり好きではないです。。 ヒプノシスマイクのどこがイイのか分かんないけど、株価が上がれば何でも良いです 笑 ヒプマイはいわゆるオタク女子に超人気で、 想像以上に人気が有ってCDもかなり売れてます。 アニメ調に書かれたキャラクターはかなりのイケメン揃いで、女性はいつの時代もイケメンがお好きな様です。 うーん、2次元にそこまで感情移入出来る感覚が解せません。 YOUTUBEのヒプマイ再生回数が多いモノでは3千万回を越えてて、スマホアプリの予想される経済効果が巨額になる事を物語ってます。 それだけに今回のオルトプラスのIRには、かなりプレミアムな価値が有ります。 オルトプラスの上場来安値222円から、株価10倍達成の可能性 株価が10倍になる銘柄の事を 「テンバーガー」と称しますが、今回のオルトプラスはテンバーガーになる可能性がけっこう有り得ます。 2019年6月3日に付けた 222円が上場来安値ですから、 これの10倍は2220円です。 本記事投稿日時点の株価は519円なので、これからあと4倍ちょっと上がれば2220円に到達します。 オルトプラスはかなり瞬発力がある銘柄なので、過去の値動きを鑑みて充分射程距離内だと言えます。 テンバーガー銘柄の特徴として ・時価総額が低い ・低位株 ・社会現象を引き起こすほどの製品、サービスを手掛ける企業 これらの要素が主に挙げられます。 オルトプラスは発行済株式数が少ない株価222円のボロ株で必然的に時価総額が低く、熱狂的なファンが多いヒプマイのアプリを手掛けます。 一応テンバーガー銘柄の条件に当て嵌まり、株価10倍への期待が膨らみます。 2013年の上場来高値8285円に比べれば、株価2000円は現実的で妥当な数字だと言えます。 オルトプラスを買うなら、株の掲示板は見たいけど見ない事 株の掲示板って見てますか? ヤフーファイナンス掲示板などのアレです。 以前「株の掲示板、見ちゃダメ」という記事を書きましたが、こちらもお読みください。 トレードをするにあたって個別銘柄の状況が気になり、情報収集の為に掲示板を利用される方も多いかと思います。 実際色んな情報が書いてあるので便利なのですが、これがかなりの曲者で 自分の投資判断に影響する様な内容がちらほら書いてあります。 自分にとってポジティブな事が書いてあれば気持ちが良いんですが、ネガティブな事が書いてあると不安になるものです。 「ここで買うヤツは養分」 「ストップ安磔の刑」 自分が買いポジションを持ってる時にこれらの様な事が書いてあると、どうしても気になって 「損切りするべきか・・」とかリアルにちょっとだけでも思ってしまいます。 これらは株価を意図する方向に動かしたい人が発言する 買い煽り・売り煽りで、あまり真に受けない方が良いです。 グサッと突き刺さる様な内容の物も有りますが、基本的には無視して自分が直感的に思ったトレードをするのが正解です。 むしろ掲示板に書いてある内容の 逆を 数日後に実行すると、トレードにおけるパフォーマンスが良くなる可能性が高いです。 株価は生き物みたいなモノですから、掲示板に書かれた 「暴落して、この先も上がる事は無い」みたいな総悲観な状況はいつまでも持続せず、トレンドは反転してくものです。 私も株初心者の頃は気になりよく見てましたが、掲示板は見ない方が精神衛生的にも絶対良いです。 掲示板を見るとその銘柄の現在状況が分かるので便利ですが、売買判断に少なからず影響を及ぼしてしまうデメリットが大きいです。 特にオルトプラスの様なお祭り銘柄では過激な事が書かれる傾向にあるので、鉄の心を持って利益が出せる様に 自分の意思100%でトレードしましょう。 最後までお読み頂き、ありがとうございます。 貴方様の爆益を祈願してます!.

次の