全労済 車両 保険。 【教えて!自動車保険】全労済「マイカー共済」の特徴やデメリット、保険料はどう?

全労済マイカー共済の評判。安いけど事故対応やロードサービスはどう?

全労済 車両 保険

自動車保険会社はたくさんあるんだ。 同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。 私はこういった人をたちを救いたいんだ! ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それはの 無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ! 運営チームも数名試した結果、 同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。 中には5,0000円以上も安くなった人まで。 同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません! なら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。 電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。 激しく繰り広げられる損害保険業界の競争に対抗するためです。 それでも共同組合として、相互扶助の理念に基づきマイカー共済を運営していることは注目に値します。 加入者数も増加傾向にあり、示談交渉サービスも付帯されるようになったため、 全労済のマイカー共済は検討する価値があるものと考えてよいでしょう。 もしかしたら全労済という組織に対して不安を抱いている人もいるかもしれませんが、健全な運営を行っている共済団体ですから、経営面でも不安を抱く必要はありません。 むしろ民間の自動車保険よりも安定性が高い場合さえあります。 それでも近年全労済は加入者へのサービス体制を充実させる傾向がみられます。 かつての掛け金主義から少しずつ変わっているというのが現状です。 顧客満足度という観点から考えると、全労済が概して評価を得ているのが コストパフォーマンスの高さです。 ダイレクト型自動車保険よりも条件次第では割安な掛け金になるため、特に 割安な自動車保険を求めるユーザーから好評を得ています。 その他の補償面や示談交渉サービスに関しては、損保と比較するとどうしても低い評価になってしまうというのが実情です。 全労済はいわゆる自動車保険とは異なる位置づけになっています。 かつては全労済への等級の引継ぎ、もしくは全労済から一般の自動車保険への等級引継ぎはできませんでした。 今ではいくつかの制限が撤廃され、他の自動車保険と変わらなくなっています。 そのため自動車保険と比較すると、マイカー共済は 掛け金 保険料 重視の人に向いている補償といえるでしょう。 基本的な補償である対人、対物、人身傷害、車両共済はすべてセットできますし、示談交渉サービスも相手のいる事故に限りますがセットされます。 あとは全労済というブランドが気にならなければ大丈夫ではないでしょうか。 zenrosai. 非営利団体というのは一般的な企業のように利潤を追求しない、相互扶助を真の目的とした団体を指します。 ボランティアとは性格が異なりますが、必要経費を最低限に抑え、加入者への還元を行います。 全労済は他の損保と比較して経営安定性などは信頼できるのでしょうか。 全労済が公開する資料 2018年9月月 によると、総資産は3兆8千億円、支払余力は1768%となっています。 支払い余力は生命共済も含む内容になっているため、純粋に損害保険会社との比較はできませんが、 非常に高い経営安定性を保っていることが分かるでしょう。 特約部分• 他車運転危険補償• 無共済者傷害補償 無保険車傷害保険に相当• 弁護士費用等補償特約• 搭乗者傷害特約 マイカー共済のデメリットとは? 全労済の自動車保険に相当するマイカー共済にはデメリットはあるのでしょうか。 補償内容を分析してみるとそのことがわかります。 まず基本補償を見てみると、 対人、対物補償は無制限まで契約可能です。 人身傷害補償は最高5000万円までとなっています。 一般の自動車保険は1億円もしくはそれ以上の補償を設定できるため、この部分の補償額は少なくなっています。 車両保険部分は特に遜色ありません。 他の部分としては、等級などの実績を引き継ぐ際に問題が生じる可能性がないとも言い切れません。 現在のところ、等級の引継ぎは可能だといわれていますが、厳密に等級が相互で引き継げるかどうかについては問い合わせたほうがよいでしょう。 全労済に加入する場合は大丈夫でも、 全労済から引き継ぐ場合に問題が生じる可能性が有ります。 全労済限定の特約 全労済の自動車保険に相当するのはマイカー共済です。 マイカー共済には基本補償を充実させる特約が付帯できるようになっています。 主な特約は次の通りで、特約によって自動付帯のものとそうでないものとがあります。 全労済限定の主な特約• 自転車賠償責任特約• マイバイク特約 ファミリーバイク特約に相当• 交通事故危険補償特約• 弁護士費用特約• 搭乗者傷害特約• 自損事故傷害補償特約• 対物超過修理費用補償特約 自動付帯• 運転者限定割引特約 対物超過修理費用補償特約が自動付帯 全労済の自動車保険にあたるマイカー共済には、対物補償が無制限で付帯することが可能です。 対物補償をさらに充実させるため、マイカー共済には 対物超過修理費用特約が自動的に付帯されるようになっています。 この特約を付帯することで補償をよりワイドにできるでしょう。 対物超過修理費用特約とはいったいどんな特約なのでしょうか。 この特約は、交通事故で相手の自動車が破損し修理することになった場合、 本来であれば時価総額までしか補償されない賠償額を増額 最高50万円 して補償します。 例えば時価総額が50万円で修理費用が60万円だとした場合、本来は50万円までしか補償されませんが、この特約により、10万円がさらに補償されるため、修理分が全額補償されるのです。 自転車賠償責任補償特約 全労済のマイカー共済 自動車保険に相当 では自転車賠償責任補償特約を付帯できます。 この特約は自動付帯ではないため、契約時に加入します。 自転車賠償責任補償特約とは、 自転車を走行中に歩行者や他の自転車などと衝突し、相手にけがなどを負わせ賠償責任が生じた場合の費用を補償します。 この特約の特徴として、補償額が1事故当たり最大1億円までと高額な補償が設定されています。 しかも示談交渉サービスがセットされているため、相手との示談交渉はプロのスタッフが代わりに行ってくれます。 月払い掛け金はわずか120円と割安です。 近年、自転車による衝突事故が相次いでいて、後遺障害や死亡事故も多発しています。 そのような場合に備えられるのがこの特約です。 全労済の車両損害補償の補償範囲 全労済の自動車保険で付帯できる車両損害補償の補償範囲は、それぞれ次の通りです。 zenrosai. 一昔前までは示談交渉サービスが付帯されていなかったため、万一交通事故を起こしてしまった場合、自分で相手との示談交渉を行わなければいけませんでした。 これが大きなデメリットで全労済はやめておこう、と考える人が多くいたのです。 今では 示談交渉サービスを含め、事故対応サービスが充実しています。 交通事故が発生した場合、コールセンターに連絡をすることで、初期対応を含めたサポートをしてもらえますし、その後の事故対応についても専任のスタッフが割り当てられ示談交渉を行います。 注意! 事故の初期対応については平日のみ24時間対応になっていて、土日祝日は午前9時~午後9時までと時間が限られています。 コールセンターは24時間体制となっていますが、事故対応との差があるため注意が必要です。 全労済の自動車保険に付帯されている『ロードサービス』 全労済のマイカー共済 自動車保険に相当 には、緊急時や故障時の修理やレッカー移動などをしてもらえるロードサービスが付帯されています。 これもかつてはなかったサービスですが、近年ロードサービスが追加され、補償が充実しています。 主な補償は次の通りです。 レッカーもしくはけん引サービス 30キロまで無料• 30分以内の修理サービス キーのとじ込みなども対応。 ただし油脂類などは実費• 燃料切れ時のガソリン給油サービス 1共済年度につき10リットルを一回まで これらのサービスは すべて無料で行われますが、ロードサービス付帯の条件として人身傷害補償もしくは車両損害補償を契約する必要があります。 全労済の保険料の割引制度 全労済のマイカー共済 自動車保険に相当 には一般の自動車保険と同じように掛け金 保険料 の割引制度があります。 これもかつてと比較すると充実しています。 割引制度は次の通りです。 運転者限定割引特約 本人・家族 運転者を限定することで保険料を割引 ハイブリッドカー割引 ハイブリッドカーは契約期間中無期限で割引 盗難防止装置装備車割引 所定の盗難防止装置が装着されている場合に割引 新車割引 新車登録時から一定期間以内は割引 複数契約割引 複数台の契約がある場合、掛け金を割引 全労済のマイカー共済は保険料がかなり割安になっていますが、そこからさらに割引が適用されるため、 掛け金 保険料 の節約効果はさらに大きくなります。 全労済に加入した方の口コミ&リアルな評判 全労済のマイカー共済 自動車保険相当 の口コミはどうなっているのでしょうか。 これでかなり家計が楽になりそうです」 「代理店経由での契約ができないということで不安でしたが、パンフレットがわかりやすかったので、契約もスムーズでした。 保険料をお安いのでとてもうれしいです。 もっと早く契約しておけばよかったと思っています」 「事故対応は思っていたよりも良かったです。 示談交渉もスタッフの方がすべて代わりにしてくれたので助かりました。 とても不安で本当に大丈夫なのかと思いました」 「補償内容は悪くないと思っていたのですが、事故対応があまりよくありませんでした。 示談交渉はしてくれたのですが、連絡があまりなかったので不安になりました。 次回は少し考えたほうが良いように思っています」 「車両保険に地震や津波の補償がないことが気になりました。 日本は地震が起きやすいのでいつ被害に遭うかわかりません。 一括見積サービスとは複数の自動車保険をまとめて見積もり、補償内容などを比較して決定できるサービスのことです。 これを使えば 様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。 それも時間はたった5分ほど。 以下が、実際に保険スクエアbang! を試した時の結果です。 自動車保険一括見積もりについて• 一括見積もりサイトで入力するだけ• すべて無料• 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど• たった5分ほどの入力• 見積もり結果は入力後わずか1分• 結果はメール ハガキ のみで、電話のやり取り不要 「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。 『』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。 安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。 無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。 普段忙しくてなかなかいくつもの自動車保険を比較する時間がない、そのような方でも一括見積を活用すれば、仕事の合間や、帰宅してから申し込みをすれば大丈夫です。 後は送られてくる資料を比較して、自分に合った自動車保険を選ぶだけです。 全労済に加入前には必ず一括見積もりで比較することをおすすめします。 どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入しましょう。 最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。 どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。 【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang! 』 一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表 参加保険会社 保険スクエアBang! 』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。 保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。 当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。 ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang! の方が信頼感は上です。 どちらか迷っている方は、保険スクエアbang! を選択すれば間違いありません。 みんな気になる自動車保険『全労済』のQ&A一覧• 契約を取り消したい (クーリングオフ)。 既にお申込みいただいた契約について、申込日を含めてその日から 8 営業日以内であれば、お取り消しいただけます。 クーリングオフの書類をお送りしますので、全労済お客様サービスセンターまでご連絡ください。 職場の労働組合や社員会などの団体を通してご加入の方は、所属団体の窓口にお問い合わせください。 マイカー共済の掛金が上がっていたので引き落としが出来ていません。 補償はどうなりますか? 口座振替月払契約の場合、翌月2か月分を引き落としさせていただきます。 口座振替年払契約の場合、翌月の掛金引き落とし応答日に再度引き落としさせていただきます。 月払・年払同様に3回目の請求で引き落としが出来ない場合には失効となります。 失効とならない限り補償は受けられますが、引き落としできなかった掛金をお支払いいただく必要がございます。 zenrosai. html 全労済のマイカー共済は自動車保険と異なる部分がいくつかあり、契約をしたいと考えている人にとって、もしかしたら戸惑いのもとになってしまうかもしれません。 それでも補償部分は一般の自動車保険と遜色ありませんし、ロードサービスも充実しています。 かつての全労済と今とでは大きく変わっているのです。 交通事故時の事故対応に加えて、特約類も充実しています。 補償内容を見る限り、基本的な補償は十分ありますし、 いざというときにも心強いパートナーとなってくれるでしょう。 顧客満足度など一般の自動車保険と比較すると弱い部分がありますが、それでもコストに見合った十分な補償が得られると考えられます。

次の

全労済は保険料が安くてお得?デメリットについても知っておきたい

全労済 車両 保険

全労済の自動車保険とは? 全労済と保険会社の違い 全労済は「全国労働者共済生活協同組合連合会」の略称で、生協のひとつになります。 全労済は非営利団体となっています。 全労済では共済を提供しています。 共済は組合員同士で助け合うことを目的としており、万が一の際には組合員によって積み立てられたお金から保障を受けることもできます。 万が一に備える、という意味では保険と似た性質がありますが、細かい部分で異なっており、例えば「保険料」という言い方も全労済では「掛金」という言い方になります。 全労済のマイカー共済の概要 マイカー共済とは、保険会社の「自動車保険」に当たるものです。 申し込みは全労済の窓口で直接手続きのほか、郵送・インターネットで受け付けています。 全労済は組合ですが、加入時に組合員でなくても利用は可能で、共済に加入することで組合員となります。 また、組合員となっても何かの活動などに拘束されることもありません。 マイカー共済のロードサービス 四輪自動車での契約で、人身傷害補償または車両損害補償を契約している場合であれば、24時間365日、車のトラブルや故障に対応します。 サービス内容は以下の通りです。 自走できない場合にレッカー車にてけん引または積載車で対象車両を運びます。 けん引距離30㎞までは無料です。 現場で30分以内で実施できるクイックサービスが無料です。 バッテリー上がりの対応や鍵の開錠作業、パンク時のタイヤ交換などに対応しています。 燃料切れの際、ガソリンなどを届けます。 10リットルまでは無料となっています。 全労済の自動車保険の等級とは? マイカー共済の等級制度 自動車保険の保険料を決める要素に等級制度がありますが、全労済でも等級制度が採用されています。 等級制度は、新規契約時には6等級から始まり、その後1年無事故が続くと1等級ずつ上がっていきます。 一般的な保険会社では等級は20等級までとなっていますが、全労済では22等級までとなっています。 事故の有無によって割引率が異なる 2016年1月に新規契約・更新についての制度が改定され、「事故あり」「事故なし」の区分でそれぞれ異なる割引率が適応されるようになりました。 7等級以上の契約について区分による割引率が変わります。 契約中事故があった場合、継続後の契約に割増引率(事故有係数)が一定期間適用されます。 事故による共済金の支払いがあったとき、3等級ダウン事故1件につき3年、1等級ダウン事故につき1年の事故有係数を適応する期間が加算されます。 全労済の自動車保険の補償内容 主な補償内容は3種類 1. 人身傷害補償 過失割合に関わらず、事故によるけがの実損害額(全労災の基準)が全額補償されます。 単独事故による死傷の補償や契約車両に搭乗していた人も補償します。 さらに、被共済者の家族が歩行者として遭った自動車事故も補償の対象です。 対人・対物賠償 他人を死傷させてしまったときや他人の財物に損害を与えてしまったときなどの相手方への賠償補償です。 対物賠償には「対物超過修理費用補償」が付加されています。 「対物超過修理費用補償」により、事故を起こした際相手方の自動車修理費が時価額を超えてしまったときも、全労済が50万円を限度に補償します。 ただし、事故から6ケ月以内の修理に限るなど全労済の基準があります。 車両損害補償 契約車両の様々な事故による損害を補償します。 補償範囲によって一般補償タイプ、エコノミーワイド、エコノミーの3タイプから選択できます。 特約は6種類 1. 自転車賠償責任補償特約 自転車による事故で法律上の損害賠償責任を負ったとき、対人・対物あわせて1億円まで補償されます。 家族で複数台所有していてもすべて補償されます。 ただし原付自転車は対象外です。 マイバイク特約 排気量125㏄以下または定格出力1KW以下の原付自転車が対象です。 被共済者とその家族(配偶者・同居の親族・別居の未婚の子)の原付自転車の事故を補償します。 借りた原付自転車での事故でも補償対象になることがあります。 交通事故危険補償特約 自動車(二輪・原付含む)以外の交通事故、例えば電車や自転車に乗っているときなどで損害を受けた場合に実損害額を補償します。 弁護士費用等補償特約 弁護士依頼費用が発生した際に被共済者1名につき300万円を限度に支払いを受けることができます。 ただし、自動車(二輪・原付含む)や自転車の事故など、交通事故による損害が発生し、全労済の同意がある場合に限ります。 また、法律相談費用として10万円を限度に受け取りができます。 搭乗者傷害特約・自損事故障害特約 人身傷害補償の契約がない場合に自動的にセットされる特約です。 搭乗者傷害特約とは契約車両の運転者や同乗者が自動車事故によって死傷したときの補償です。 搭乗者傷害特約は、人身傷害補償とは別枠で補償されます。 ただし、補償には限度額があります。 自損事故障害特約とは単独事故での死傷の際、自賠責共済の対象とならない事故の補償となります。 搭乗者傷害特約家族限定補償型 搭乗者傷害特約の対象者を主たる被共済者とその家族(配偶者・同居の親族・別居の未婚の子)に限定すると、搭乗者傷害特約の掛金が10%割引されます。 割引制度は5種類 1. 無事故割引等級に応じた割引 前述したように、安全運転による無事故が続けば1年毎に等級が上がり、割引率も上がっていきます。 運転者の年齢や補償範囲による割引 運転する人の年齢を限定することで、割引率が変わってきます。 1) 運転者年齢条件 契約される車両1台毎の適用になります。 年齢区分は、年齢問わず補償・21歳以上補償・26歳以上補償・35歳以上補償があります。 家族以外の人が運転の場合(友人・知人・別居の既婚の子など)運転者年齢条件に関係なく補償されます。 2) 子供特約 指定している運転者年齢条件を変更しなくても、子供を補償の対象にできます。 年齢条件の区分は、年齢問わず補償・21歳以上補償・26歳以上補償の3つです。 例えば、35歳以上補償の契約に子供特約として21歳以上補償を付加するなど、加入している契約の年齢条件よりも低い年齢条件を設定したい時に利用できます。 3) 運転者本人・配偶者限特約 契約車両の運転者を夫婦に限定することで掛金が7%割引になります。 4) 運転者家族限定特約 契約車両の運転者を主たる被共済者の家族に限定すると掛金が3%割引になります。 家族とは、被共済者の配偶者と、被共済者と同居の親族、そして被共済者と別居している未婚の子供です。 車の仕様・構造による割引 1) 新車割引 契約の効力開始日が契約車両の初年度登録年月の翌月から25ヵ月以内の車が対象です。 普通・小型乗用車は9%、軽四輪乗用車は3%の割引になります。 2) 福祉車両割引 契約車両が福祉車両で、かつ消費税非課税措置の自動車、もしくは車いす移動車と車検証に記載されている場合、掛金が7%割引になります。 3) ハイブリッド車割引 電気自動車やハリブリッド自動車など低公害車は掛金が7%割引になります。 4) 盗難防止装置装備車割引 イモビライザー(メーカー純正に限る)またはGPSなどの車両追跡装置を装備している場合、車両損害補償の掛金の5%割引となります。 2)セカンドカー割引 新規加入時、他車の契約を含め11等級以上の契約がある場合に7等級から契約できます。 補償内容の限定による割引 人身傷害補償の契約(他社の契約も含む)がある場合、2台目以降の契約で人身傷害補償の掛金が四輪自動車で15%、二輪自動車・原付自転車で2%の割引があります。 まとめ 全労済のマイカー共済には、等級は22等級まであるなど様々な割引制度があります。 自動車保険を検討する際は、全労済の「マイカー共済」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

全労済 自動車保険の評判と内容(辛口評価)

全労済 車両 保険

対物賠償の基本対物賠償額の計算は時価が基準! 時価が低くなっている年式の古い車などとの事故では、修理費用が時価を超えるケースも珍しくありません。 こうしたケースでは、示談において対物賠償で揉める事もしばしば・・・。 この特約が 自動付帯になっている点は、マイカー共済の特徴と言えますね。 ちなみに、通常の保険会社では自動付帯ではなく、任意で特約を追加することが多いです。 マイカー共済と同様に対物超過修理費用補償特約を自動付帯にしているのは、以下の保険会社ぐらいですね。 24時間365日対応の事故受付• 土日祝も初期対応サポート有り• 示談交渉サービス付き• そこで事故受付の連絡時に依頼をするとスタッフが駆けつけて来てサポートをしてくれます。 交通事故はいつ起こるか分からないので、24時間365日いつでも駆けつけて来てくれるというのは嬉しいですね。 ただし以下の3点には注意が必要です。 現時点で出動拠点は全国79箇所しか無いので、それらの場所から30分の距離となると、かなりサービス提供範囲が限定されるはずです。 「原則」としているので例外もあるのでしょうが、あまり期待しない方が良いかもしれません。 また、交通事故が発生した場合に限らず、点検整備や車検等を割引価格で受ける事が出来るのが嬉しいですね(地域や工場によりサービス内容が異なるので事前に確認が必要です)。 例えば東京都では、車検整備および修理工賃の10~20%割引、車両引取と納車の無料サービス、代車無料(車検整備の場合)といった特典があります。 マイカー共済のロードサービス マイカー共済のロードサービスについて見ていきましょう。 レッカー無料距離:30km(全労済の指定修理工場までなら無制限)• (基本補償である人身傷害補償特約に加入せずに、搭乗者補償特約に加入している場合は有料となります。 他社と違い、事細かに何ができるかという説明はホームページではされていません。 しかし難解な作業で無いかぎり、通常は30分以内の作業で終わるものが多いので、広く対応してもらえると考えて問題ないでしょうね。 マイカー共済の保険料の割引制度 マイカー共済には主として自動車の仕様・構造による割引制度+補償内容を限定する場合の割引制度+複数台の所有・契約がある場合の割引制度が存在しています。 全労済においても、一般の自動車保険と同様に「」による割増引率が採用されています。 全労済の等級制度の特徴は 22等級まで設定されている点です。 その割引率は 64%。 優良運転者にとっては嬉しい等級制度となっていますね。 ただし、自動車保険の20等級の割引率は63%なので、その差が1%しか有りません。 全労済の等級制度だけ大幅な割引を受けられるわけではない点に注意して下さいね。 ・営業のしつこい売り込みがないのがいいです。 保険の営業マンが自動車保険の加入を強引に勧めてくることはよくあります。 一方、共済は性質上儲けを追及していませんから、売り込みも控えめになります。 その点はいいことですね。 まとめ 全労済の自動車保険「マイカー共済」の特徴は、やはりその保険料(掛け金)の安さです。 口コミでも多かったように、保険料に関しては満足している人が多いようですね。 ただし、事故対応が今一つな点やロードサービスが全契約者に付帯されていない点などを見ると、ややサービス面で劣るのかな、という印象です。 自動車保険を選ぶ際の選択肢の1つとなってくると思いますが、その他の保険料が安い自動車保険と見積・比較して加入の是非を検討するようにして下さいね。

次の