オバケイドロ 値段。 Switch用ソフト『オバケイドロ!』が2019年夏に発売決定!ケイドロを基にした対戦型のアクションゲーム

【楽天市場】オバケイドロ! Nintendo Switch HAC

オバケイドロ 値段

このふたつのチームに分かれて、警察は泥棒を全員捕まえれば勝ち。 泥棒は警察の追跡をかいくぐって逃げ切れば勝ち……なんてルールで遊ばれていた。 でもこの遊び、地方によって呼び方が違うんだよね。 しかし…… チンって、なんだ? どう考えても よからぬワードしか思い浮かばないんだけど……まあいいか。 このほか地方によっては、ドロタ(泥棒と探偵)、ドロジュン(泥棒と巡査)、ヌスタン(盗人と探偵)なんて呼ばれ方もするらしい。 オバケの世界へ迷い込んでしまったこどもたち。 ゲームのルールは至ってシンプルだ。 まず、 ニンゲンチーム(3人)とオバケ(1人)に分かれて追いかけっこスタート。 オバケは3分以内に全員を捕まえれば勝ち。 逆にニンゲンチームは、ひとりでも3分間逃げ切れれば勝ちとなる。 もちろん、マップにはいろいろなギミックが用意されていて、たとえば 沼地だと水に足を取られてニンゲンの動きが鈍くなったり、 時間ごとにマップが狭くなってきてオバケに見つかりやすくなったり……。 基本的にオバケのほうが主導権を握っている設定なので、 逃げるニンゲン側は非常にスリリングな逃走劇を味わえるようになっている。 とはいえ、ニンゲンのほうもまったくの無力というわけでもなく。 たとえば、捕まりそうになった瞬間にランタンの光を発してオバケの足止めをしたり。 また 仲間が捕まっても、ろうやのボタンを押すことで逃がしてあげることもできる。 もちろん、ろうやのまわりはオバケも重点的に見張っているので、その目をかいくぐるのは至難の業……。 でも、この リスクと隣り合わせの状態であえて危険を犯し、その上で仲間を開放できたときのカタルシスたるや筆舌に尽くしがたいものがある。 このへんの手触りは完全に、遠き日に遊んだケイドロの感動そのもので、ついつい、 「……ひさしぶりに、幼馴染に連絡してみよっかなw」 なんて思わされてしまった(マジです)。 『オバケイドロ』は、40代、50代のおっさんを数十年前にタイムスリップさせてしまう、不思議なパワーがある。 対戦がメチャクチャ熱い!! ここまで読んで来られたらわかると思うが、 『オバケイドロ』のゲーム性はとにかく、対人プレイにジャストフィットしている! しかも、 インターネットの通信プレイはもちろん、Nintendo Switchを持ち寄ってのローカル通信プレイ、さらにJoy-Conを分け合っての複数人プレイにも対応。 気の合う仲間とはもちろん、不特定多数のゲーム好きと遊ぶのもたまらなく楽しいので、ぜひとも積極的に対人戦に臨んでもらいたい。 我が事務所では速攻で2台のNintendo Switchで『オバケイドロ』を購入し、ローカル通信で対戦を行っている。 これがもう…… おもしろいったらないんだな!!w たった3分の試合ながら、すごく濃密なドラマがこの中に詰まっていて、毎回毎回、 「いまの、名勝負だったな!!www」 「伝説の一番だったわ……www」 なんて言い合っている。 ニンゲンチームになったときに感じる……オバケの怖さ。 オバケになってニンゲンを追い回す恍惚と……時間への焦り(苦笑)。 どちらのチームになっても、まったく違う喜びと楽しみが息づいていて、ついつい、 「もうひと勝負!! つぎは俺がオバケな!!!」 とか、 「ラスト、あと1回だけ!! ……わしが勝つまでな!!」 なんて、ぜんぜんラストにならずにいつまでも遊び続けてしまう。 『オバケイドロ』をワイワイギャアギャアとわめきながら遊んでいて、つくづくつぎの言葉の意味を再認識したわ。 シンプル・イズ・ベスト かわいらしいキャラクター、臨場感抜群の音楽、そして対戦プレイの興奮と感動……。 これが1980円(税込)で堪能できるんだから、オススメしないわけにいかないわ。 しばらくこのゲームにハマりまくると思うので、 ネットで出会ったら……どうかお手柔らかにお願いしますwww おしまい。

次の

『オバケイドロ!』を8月1日に配信決定!!

オバケイドロ 値段

このふたつのチームに分かれて、警察は泥棒を全員捕まえれば勝ち。 泥棒は警察の追跡をかいくぐって逃げ切れば勝ち……なんてルールで遊ばれていた。 でもこの遊び、地方によって呼び方が違うんだよね。 しかし…… チンって、なんだ? どう考えても よからぬワードしか思い浮かばないんだけど……まあいいか。 このほか地方によっては、ドロタ(泥棒と探偵)、ドロジュン(泥棒と巡査)、ヌスタン(盗人と探偵)なんて呼ばれ方もするらしい。 オバケの世界へ迷い込んでしまったこどもたち。 ゲームのルールは至ってシンプルだ。 まず、 ニンゲンチーム(3人)とオバケ(1人)に分かれて追いかけっこスタート。 オバケは3分以内に全員を捕まえれば勝ち。 逆にニンゲンチームは、ひとりでも3分間逃げ切れれば勝ちとなる。 もちろん、マップにはいろいろなギミックが用意されていて、たとえば 沼地だと水に足を取られてニンゲンの動きが鈍くなったり、 時間ごとにマップが狭くなってきてオバケに見つかりやすくなったり……。 基本的にオバケのほうが主導権を握っている設定なので、 逃げるニンゲン側は非常にスリリングな逃走劇を味わえるようになっている。 とはいえ、ニンゲンのほうもまったくの無力というわけでもなく。 たとえば、捕まりそうになった瞬間にランタンの光を発してオバケの足止めをしたり。 また 仲間が捕まっても、ろうやのボタンを押すことで逃がしてあげることもできる。 もちろん、ろうやのまわりはオバケも重点的に見張っているので、その目をかいくぐるのは至難の業……。 でも、この リスクと隣り合わせの状態であえて危険を犯し、その上で仲間を開放できたときのカタルシスたるや筆舌に尽くしがたいものがある。 このへんの手触りは完全に、遠き日に遊んだケイドロの感動そのもので、ついつい、 「……ひさしぶりに、幼馴染に連絡してみよっかなw」 なんて思わされてしまった(マジです)。 『オバケイドロ』は、40代、50代のおっさんを数十年前にタイムスリップさせてしまう、不思議なパワーがある。 対戦がメチャクチャ熱い!! ここまで読んで来られたらわかると思うが、 『オバケイドロ』のゲーム性はとにかく、対人プレイにジャストフィットしている! しかも、 インターネットの通信プレイはもちろん、Nintendo Switchを持ち寄ってのローカル通信プレイ、さらにJoy-Conを分け合っての複数人プレイにも対応。 気の合う仲間とはもちろん、不特定多数のゲーム好きと遊ぶのもたまらなく楽しいので、ぜひとも積極的に対人戦に臨んでもらいたい。 我が事務所では速攻で2台のNintendo Switchで『オバケイドロ』を購入し、ローカル通信で対戦を行っている。 これがもう…… おもしろいったらないんだな!!w たった3分の試合ながら、すごく濃密なドラマがこの中に詰まっていて、毎回毎回、 「いまの、名勝負だったな!!www」 「伝説の一番だったわ……www」 なんて言い合っている。 ニンゲンチームになったときに感じる……オバケの怖さ。 オバケになってニンゲンを追い回す恍惚と……時間への焦り(苦笑)。 どちらのチームになっても、まったく違う喜びと楽しみが息づいていて、ついつい、 「もうひと勝負!! つぎは俺がオバケな!!!」 とか、 「ラスト、あと1回だけ!! ……わしが勝つまでな!!」 なんて、ぜんぜんラストにならずにいつまでも遊び続けてしまう。 『オバケイドロ』をワイワイギャアギャアとわめきながら遊んでいて、つくづくつぎの言葉の意味を再認識したわ。 シンプル・イズ・ベスト かわいらしいキャラクター、臨場感抜群の音楽、そして対戦プレイの興奮と感動……。 これが1980円(税込)で堪能できるんだから、オススメしないわけにいかないわ。 しばらくこのゲームにハマりまくると思うので、 ネットで出会ったら……どうかお手柔らかにお願いしますwww おしまい。

次の

【楽天市場】オバケイドロ! Nintendo Switch HAC

オバケイドロ 値段

Nintendo Switch用ソフト 『オバケイドロ!』が、2019年夏に発売されることが株式会社フリースタイルから発表されました。 販売価格は発表されていません。 本作は、シンプル操作と馴染みのあるケイドロを基にした、対戦型のアクションゲームです。 ニンゲンチーム(3人)とオバケ(1人)にわかれてケイドロで対戦するのが目的となります。 どちら側になってもルールはとてもシンプルなので、子供から大人まで楽しめます。 大型モニタにプレイ画面を投影しながら、1人のオバケ VS 3人のニンゲンチームの4人対戦を会場で観戦したり、実際に遊べたりできます。 是非、お立ち寄りください。 ゲームのルールとしては、オバケ側(1人)とニンゲン側(3人)とに分かれてケイドロを行う内容となっております。 オバケ側は3分以内に全員を捕まえて牢屋の中に入れれば勝ちとなり、ニンゲン側は3分間ひとりでも逃げ切れば勝ちとなります。 このゲームの特徴は、「大人から子供までいっしょに楽しめるケイドロゲーム」という点。 ホラー要素が苦手な人でも安心して遊ぶことができる世界観となっております。 また海外版も同時に発売し、オンライン対戦が可能なため老若男女・国籍関係なく世界中でケイドロゲームを楽しむことができます。 2018年夏には岐阜駅周辺で行われた『全国エンタメまつり』に出展して、2日間で600人近い方々に遊んでいただき、大盛況で終えることが出来ました。 アンケートからは「見つける」「追いかける」「待ち伏せる」「逃げる」「隠れる」「仲間を助ける」といった、オバケ側とニンゲン側の「かけひき」が遊んでいてドキドキ・ワクワクしたという意見を数多くいただきました。 その他『オバケイドロ!』に関する詳しいお知らせは、YoutubeチャンネルやTwitter、HPなどで更新していきます。 チャンネル登録やフォローの程をよろしくお願いいたします。

次の