楽天 宝くじ 当たらない。 「ロト7」当せん者が持つ共通点 楽天銀行がデータを初公開

宝くじのネット購入は当たらない?当たった人の数や当選確率は?

楽天 宝くじ 当たらない

こんにちは。 楽天会員のダイヤモンド会員キープの為に、楽天totoで100円BIGを継続購入してたんですが、一向に当選する気配が無いので、とうとうやめてしまいました。 それと同時に、週に千円を1年以上投資してたのがとても悲しく思えてきたので、誰かを 救済したいと思い、この記事を執筆する次第でございます。 どちらの宝くじも、一発当てれればドカンと1億円が非課税で入ってくる可能性があるすんごいクジ。 「当たるわけないけど」なんて言いつつ、億万長者を夢みて買うわけですが、大抵の人は3,000円を300円の紙くずに変え、公共福祉に使われるから、と自分を慰めることになります。 それもそのはずで、有名どころの宝くじはおおよそ現実的な確率では当たりません。 隕石が直撃する確率とか、雷に当たって死ぬ確率より低い、というような無謀な表現がされています。 一番高い確率で億越えが狙えそうなのは『totoBIG』。 ギャンブルをあまりしない人には「いけんじゃね?」なんて思っちゃうかもしれませんね。 そんな人は、財布の中から10円玉を出して表が連続で出る確率でチャレンジしてみましょう。 それなりに近い数字になります。 多くの人が買う年末ジャンボはそれ以上のエグさ。 自分が当たらないのはもちろん、周りに当たってる人がいないのも当然の話なのです。 無謀な確率を米で例えてみる 宝くじで1億円以上を狙う為には、 500万分の1くらいの数字を掴み取る必要があります。 日本人に馴染み深い米で例えてみましょう。 精米の仕方にもよりますが、炊く前の米は1粒 約0. 02g。 1キロあたり50,000粒の米が入っている計算になります。 この中から一つの米粒をチョイス、ってだけでも大変そうですが、億越えの配当金を得る為には 100kg近い米の中から一粒を引き当てる豪運が無ければいけません。 年末ジャンボの一等を引き当てるにはさらに倍の 200kgです。 年末ジャンボやロト6等の確率なら、下記サイトのシミュレーターを使った方がピンと来るかもしれません。 1等が出てスクショを撮るまで粘ろうと思ったんですが、一千万近くクジを買っても100万円以上の配当は一つも出なかったので諦めました。 どうしても一発当てたい方はtotoがオススメ 年末だけ夢を買うのもいいですが、どうせ買うなら少しでも確率が高く、配当金が大きいものがオススメです。 totoBIGは、Jリーグのホーム勝ち・負け・引き分けの3パターンを最大14通り当てる、一口300円のシンプルな宝くじ。 このクジのいいところは、 何らかの影響で試合中止になった場合、当選確率が高まるところにあります。 ( その分当選口数も多くなるので配当は下がりますが) 狙い目はもちろん、 台風の多いシーズンで、キャリーオーバーが発生している回。 通常開催の回に比べ、期待値が格段に上がっています。 もちろん、霞みがかった確率には違いないですが……。 楽天会員で、ダイヤモンドを目指している方は例外的にオススメです。 スーパーポイントが100円につき1回つきますからね。 楽天toto公式サイト: 回数稼ぎの為に100円BIGを定期購入すると、あとはポイント数のみ気をつけていれば楽にダイヤモンド会員になることが可能です。

次の

ロト6のクイックピックは当たらない?当たる買い方ってあるの?

楽天 宝くじ 当たらない

アナタは、 まことしやかに囁かれる 『 宝くじは実は絶対に当たらない仕組みやからくりが存在する!!』という噂をご存知ですか? これから宝くじで億万長者になろう!と考えている方にとっては、 ビックリ仰天のお話ですし、ちょっとその真相が気にならないですか? ということで、 この絶対に当たらない!とか関係者しか当たらない!というお話の真相を追及してみたいと思います。 知恵袋で 定期的に質問されていたりしますが、アナタも気になりますか? 『宝くじには当選しないような何か仕組みやカラクリが存在するのでは?』という噂を。 結論からお話してしまえば、 宝くじ自体に当たらない仕組みがあるのではなく、 当選する確率を上げる方法はほぼ無い。 というだけのお話です。 後述しますが、 宝くじの運営元サイドの考えを考えてみると そもそも不正をしてまで当選させないようにする必要がないのです。 ロト6/ロト7、ナンバーズなどの数字選択式宝くじはちょっと違いますが、 年末ジャンボ宝くじやスクラッチなどは、基本的に自分自身でコントロールできることはほぼなく、宝くじ売り場のおばちゃんに購入枚数等を伝えて、渡される券を受け取るだけですよね? 後は、 出来ることと言えば神頼みくらいなわけです。 つまり、 自分自身の努力でコントロールできる部分が少なすぎる!!!というよりほぼ無い!!! 野球で例えれば、 監督になったにも関わらず 選手を選べないし・バットやグローブなどの道具も選べない どこで試合をするか?も自分で決めることが出来ない。 そんな感じです。 先程の話とかぶりますが 当選しないような仕組みがあるのではなく、 『当選するような仕組みを作ることが出来ない』というのが正解でしょう。 例えば、 ジャンボ宝くじで1等5億円の当選金額を100%得るためには、 1000万枚ジャンボ宝くじを購入する必要があります。 問題なのは、 その売上における当選金額の占める割合です。 1枚300円の宝くじですが・・・ なんと 当選金額の割合は・・・ 【45%】 あれ?残りの55%は?と言いますと・・・• 40%は税金 住民税• 15%は販売店の手数料等 これってどういう事か分かりますよね? つまり、 1枚300円の宝くじを購入した時点で、 55%は吸い取れられている。 ということです。 もっと言うと、 55%は手数料!!!と言っても過言ではないのです。 既に上で説明しましたが、 宝くじは売上の40%が税金となり15%が販売店の手数料となるなど 既に数字が決められています。 最も宝くじの関係者が儲かるようになるのは、 不正をすることではなく、宝くじを1枚でも多く売りさばくことです。 宝くじが1枚でも多く売れれば売れるほど 運営サイドの胴元は儲かるわけです。 不正をすれば すれが噂となり宝くじの売上減少に繋がってしまうわけですから、 わざわざ儲かっている土俵でインチキをしますかね? そんなことをせずに、 当選した人を表に露出させたり 当選しそうに錯覚させたり、華やかなCMを放送することで 宝くじに夢を見させて、皆さんのサイフの紐を緩めるほうが 宝くじの販売サイドは賢い儲け方なのですよ? ということで、 宝くじには見えない部分があるので 不正しているのでは?と勘ぐってしまいますが 運営元の状況を考えると、不正をすることによるメリットはそこまでないので インチキなどせずに、正々堂々と儲けていることでしょう。 個人的には、 購入した時点で既に55%も手数料を払っているような宝くじよりも リスクが低く、リターンが大きなFX投資をオススメしたいと思います。 例えば、 宝くじで3万円購入したとします。 1枚300円と考えると100枚ですよね。 100枚買うと、 住民税と手数料等で16500円 =12000円+4500円 が見事に引かれてしまっています。 一方、 FXの場合は 3万円もあれば300万円持っているかのように取引することができ 逆に、損失は3万円をMAXとして制限することも出来ます。 つまり、3万円もあれば 手数料1%以下で取引することが可能で 勝てば10万円、負けても1万円というような勝負をすることが出来ます。 ハッキリ言って、 どう考えても宝くじよりもFX投資の方が賢い選択です。 ドバイに移住して富豪生活を満喫している与沢翼氏が ゼロから億を超える資産を築いたFX口座で我々も億万長者になりませんか? そのFX口座は多くの日本人に です。 国内のFX口座はレバレッジ規制が入ることで より一層稼ぎにくくなりますので今のうちに海外FX口座を開設しておきましょう! >>.

次の

宝くじは当たらない?|それでも私は宝くじを買い続ける

楽天 宝くじ 当たらない

一般的に宝くじとして広くイメージされるのは、年に5回のジャンボ宝くじでしょう。 バレンタインジャンボ(2月頃)、ドリームジャンボ(4月頃)、サマージャンボ(7月頃)、ハロウィンジャンボ(10月頃)、年末ジャンボ(12月頃)があります。 これらの宝くじは100000~199999の10万通りの数字の組み合わせがあり、さらにそれぞれの組があります。 学校に例えると、1クラスに出席番号100000番~199999番の生徒がいて、それが100組まであるというイメージです。 つまり、1等が当たる確率は1,000万分の1。 身近な例えでいうと、精米200kgが1,000万粒と言われています。 この中から1粒だけが当たりということです。 年末ジャンボだけは特別で、200組まであります。 1ユニットが2,000万枚あるため、1等が当たる確率は2,000万分の1です。 売り出されるユニット数はくじによって異なります。 たとえば2018年のサマージャンボ宝くじは21ユニット、2018年の年末ジャンボ宝くじは24ユニットが想定されていました。 1等は1ユニットにつき1枚ですから、1等本数は21本、24本など変動しますが、1等の当選確率は1,000万分の1あるいは2,000万分の1で一定です。 「この売り場から1等が出ました!」という売り場にはついつい惹かれてしまいますが、1ユニットの売上がある売り場なら必ず1枚は1等が出るようになっています。 その1枚が自分に回ってくるかどうかは運次第です。 「笑顔の販売員から買うといい」というアドバイスもありますが、あくまで願掛けの一種でしょう。 連番で買うか、バラで買うかというのも人によって判断が分かれるところです。 1等と前後賞まで当てたいなら連番で買う必要がありますが、前後賞だけでもいいから当てたいという場合はバラのほうが有利です。 前後賞は1ユニットにつき2枚あるため、1等と比べたら当選確率が2倍になります。 言うまでもなく、たくさん購入したほうが当選確率を上げることができます。 しかし、1万枚買ったとしても1等の当選確率は1,000分の1(=0. 1%)です。 元を取れる保証はありません。 当選額が低くても当選確率を上げたいなら、ジャンボ宝くじと一緒に発売される「ジャンボ宝くじミニ」や「ジャンボ宝くじプチ」を狙うのもよいでしょう。 1ユニットを意識して当選本数を見てみると、宝くじの当たりやすさがわかるようになります。 宝くじが当たった人のその後がよくテレビや本などで取り上げられますが、ジャンボ宝くじで高額当選する人は年に100人以上いるわけですから、いろいろなケースがあります。 成功例もあれば失敗例もあることでしょう。 失敗例のほうが需要があるため、多く出回っているような印象ですが、実際のところ「当選金は貯めておいて、あまり変わらない生活を送っている」という人も多いようです。 1,000万円以上の高額当選者には「その日から読む本」という小冊子が配布されるといいます。 当選金の受け取り方やこれからのスケジュール、お金の使いみちについてのアドバイスが書かれているようですが、詳しい内容は当選者にしかわかりません。 一度お目にかかりたいものですね。

次の