新型 ハスラー mt。 ハスラー MTの中古車を探すなら【グーネット中古車】|スズキの中古車情報

ハスラーは事故に強い?万が一のための耐久性や安全装備は大丈夫なの?

新型 ハスラー mt

メーカーに問い合わせてわかった各モデルのMT比率。 参考で載せている、スポーツカーのマツダ「ロードスター」と比べると、趣味性の低いクルマはMTの設定があっても、コアなファン向けとわかる。 ちなみに旧型ハスラーの数値は非公表だった ATのほうが運転が楽なことに加え、省燃費性能の高いハイブリッド車の増加などが要因となり年々その数が減少。 そして、減少を続けるMT車にさらに追い打ちをかけるかもしれない、2021年からの新車への衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)装着義務化も決定した。 停止する際に、ドライバーがクラッチを操作する必要があるMT車。 自動ブレーキで急停止した場合に、クラッチ操作ができずエンストするという安全面での懸念から、メーカーが先進安全装備を搭載するモデルのMT設定をなくしていると考えられている。 そうなると、先進安全装備の装着率が上がれば、MT車は淘汰されることになってしまうのか!? ファンとしては、そんな寂しいことにはなってほしくないと願うだろう。 そこで今回は、先進安全装備の普及でMT車が絶滅する恐れがあるのか!? クルマ好きとしては大いに気になる問題を、松田秀士氏に考察してもらった。 スズキ「旧型ハスラー」にはMTの設定がありコアなファンのハートを掴んでいたが、新型からはマイルドハイブリッドが標準装備となり全モデル CVTのみの設定となった。 またスバルも、「旧型フォレスター」に設定していたMTをアイサイトとの兼ね合いから新型で廃止したのだ。 旧型ハスラーにはMT車の設定があったが、新型は全グレードがマイルドハイブリッドになったためその姿を消した。 スズキは趣味性の高いジムニーやアルトワークスでMTを設定。 マニアックすぎて知っている人は少ないかもしれないが、ワゴンR(自動ブレーキなし)にも設定されている ただMT車の減少は今に始まったことではない。 渋滞の多い日本の交通環境を考えるとMT車が嫌気されるのは理解できるところ。 しかし車好きにとってこの問題は大きく、なんとかMTモデルを残してもらえないかとメーカーに懇願したくなるもの。 デザインもフットワークもあんなにスポーツに振り、今やどのメーカーもモータースポーツとの関連を前面に押し出してきているのに。 その裏で、こんなふうにMTモデルを消し去っているのはどうにも納得がいかない、というファンも多いのではないだろうか。 まあ考えてみればF1も然り、GTも然り、トップカテゴリーの世界でもHパターンのMTモデルなんてほとんど見ないのも現実。 この現象は致し方ないのだろうか。 ところで、MTモデルがこのように減少していく裏にはもうひとつ理由がある。 いよいよ2021年から、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の装着が義務化されるのだ。 確かに高齢ドライバーの事故の問題がクローズアップされているからね。 そうなると、ますますMT車の数が減っていくのではないだろうか? と危惧されている。 ではなぜ自動ブレーキが義務化されるとMT車の数が減るのかについて説明しよう。 MT車でエンストで止まってもクルマへのダメージは軽微 ご存じとは思うが、自動ブレーキとは車や人に衝突しそうになった時にドライバーに代わってブレーキをかけ、衝突を回避あるいは衝突を軽減する装置のこと。 テレビコマーシャルでも見たことがあると思うけれども、障害物に見立てた風船などに飛び込んで行くクルマのCMを。 つまり自動ブレーキは車が停止するまでを自動で行うのだ。 この場合、MT車だとドライバーがクラッチを切らない限りエンストを起こす。 しかしATであれば機械が自動的にクラッチを切るのでエンストはしない。 では、MT車で自動ブレーキが作動してエンストすることはいけないこと? 機械的に何かダメージがあるのだろうか? もしあなたが高速道路でMT車を運転していたとして、前方の渋滞に気付かず慌てて急ブレーキを踏んだとしよう。 ほとんど余裕などない状態。 必死でブレーキを踏み込んで幸運にも追突せずに止まったとする。 ボクらのようなプロのドライバーであればシフトダウンも試み、止まる直前でクラッチを切ることもできるだろう。 しかし普通のドライバーにそんなことができるかな? きっとできないと思います。 現在自動ブレーキを搭載しているMT車はすべて、システム作動時にはエンストする(クラッチ操作なしの場合) そして幸運にも停止した時、そのMT車はエンストしているはず。 だけど、これは悪いことでも何でもないのだ。 とにかく最短距離で止まれたのだから、エンストさせていい。 このようにエンストさせたからといって、エンジンやトランスミッションが壊れることは、今のクルマほとんどない。 そりゃ、1万回やったらわかりませんが。 だいたいボクがSUPER GTを走っていた頃、ドライバー交替&給油&タイヤ交換のためにピットインして停止する時はエンストで止めていたのだ。 ギアを1速に入れたまま、ブレーキを踏みクラッチを切らずにエンストさせて止めるのですよ。 ピットインして止まったらエンジンを停止させないといけないというルールがあるから、エンストは好都合。 もしクラッチを切ってニュートラルにしてエンジンを止めていたのではメニューが多く時間がかかります。 また交代したらドライバーがマシンに乗り込み発進する時も、すでに1速に入っているわけだから、クラッチを踏んでエンジンをスタートさせればすぐに発進できる。 つまり第一ドライバーが1速に入れたままエンストさせて止めれば、第2ドライバーはクラッチを踏んでエンジンをかけて、すぐクラッチを繋げばそのままピットアウトすることができるのだ。 何のことはない、何もエンジンにもトランスミッションにも悪いことは起きません。 つまりMT車にエンスト前提の自動ブレーキがあってもまったく問題ない話なのだ。 なんかムカつかない? 我々クルマエンスーとしては。 MT車は不滅です しかしマツダはやっているのです。 ま、そんなことはさておいて、マツダのMTの自動ブレーキはATとほとんど変わらないロジックで作動するようだ。 つまりエンストさせる(ギクシャクする過渡領域は保証せず)。 そう、別にMT車にだって自動ブレーキは付けられるということ。 また、「MAZDA2 15MB」というモータースポーツベースグレード(スペシャルチューンのハイオク仕様)には自動ブレーキのOFFスイッチが付いている。 これは競技中にドライバーの意思に反して自動ブレーキが作動しないようにするため。 こう考えると、自動ブレーキの装着義務化はサーキット走行族にとっては嬉しくない法規制だね。 ほかにマツダは「CX-5」にもMTモデルを設定している。 いまやマツダぐらいだろうか? こんなにMTのことを思っているのは。 確かに「ロードスター」といえばMT比率が高いからね。 輸入車ではポルシェ「ケイマン」にはMTモデルがラインアップされている。 趣味性の低いSUVモデルにMT車を設定しているのはマツダのみ。 しかも、自動ブレーキの性能もかなり頑張っており、サポカーSワイドのモデルとして認められている ほかに国産では「トヨタ 86/スバル BRZ」といったところで、とりあえずスポーツモデルにはMTが設定されているのだ。 と一安心してはいけない。 スバル「WRX STI」は受注生産の受付をすでに終了してしまっている。 日産「ノート」に至っては、NISMOバージョンにMTが設定されているのみ。 MTモデルは構造がシンプルなのだから、本来価格も廉価にできるはずなのだが、台数が出ないから安くできないのだ。 燃費のデータにしても走り方ひとつで、カタログに記載されている数値よりもいいデータを引き出すこともできる。 各自動車メーカーには、MTモデル継続を懇願するのみなのである。

次の

スズキ の新型ハスラーかスペーシアギアのどちらがオススメでしょうか...

新型 ハスラー mt

メーカーに問い合わせてわかった各モデルのMT比率。 参考で載せている、スポーツカーのマツダ「ロードスター」と比べると、趣味性の低いクルマはMTの設定があっても、コアなファン向けとわかる。 ちなみに旧型ハスラーの数値は非公表だった ATのほうが運転が楽なことに加え、省燃費性能の高いハイブリッド車の増加などが要因となり年々その数が減少。 そして、減少を続けるMT車にさらに追い打ちをかけるかもしれない、2021年からの新車への衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)装着義務化も決定した。 停止する際に、ドライバーがクラッチを操作する必要があるMT車。 自動ブレーキで急停止した場合に、クラッチ操作ができずエンストするという安全面での懸念から、メーカーが先進安全装備を搭載するモデルのMT設定をなくしていると考えられている。 そうなると、先進安全装備の装着率が上がれば、MT車は淘汰されることになってしまうのか!? ファンとしては、そんな寂しいことにはなってほしくないと願うだろう。 そこで今回は、先進安全装備の普及でMT車が絶滅する恐れがあるのか!? クルマ好きとしては大いに気になる問題を、松田秀士氏に考察してもらった。 スズキ「旧型ハスラー」にはMTの設定がありコアなファンのハートを掴んでいたが、新型からはマイルドハイブリッドが標準装備となり全モデル CVTのみの設定となった。 またスバルも、「旧型フォレスター」に設定していたMTをアイサイトとの兼ね合いから新型で廃止したのだ。 旧型ハスラーにはMT車の設定があったが、新型は全グレードがマイルドハイブリッドになったためその姿を消した。 スズキは趣味性の高いジムニーやアルトワークスでMTを設定。 マニアックすぎて知っている人は少ないかもしれないが、ワゴンR(自動ブレーキなし)にも設定されている ただMT車の減少は今に始まったことではない。 渋滞の多い日本の交通環境を考えるとMT車が嫌気されるのは理解できるところ。 しかし車好きにとってこの問題は大きく、なんとかMTモデルを残してもらえないかとメーカーに懇願したくなるもの。 デザインもフットワークもあんなにスポーツに振り、今やどのメーカーもモータースポーツとの関連を前面に押し出してきているのに。 その裏で、こんなふうにMTモデルを消し去っているのはどうにも納得がいかない、というファンも多いのではないだろうか。 まあ考えてみればF1も然り、GTも然り、トップカテゴリーの世界でもHパターンのMTモデルなんてほとんど見ないのも現実。 この現象は致し方ないのだろうか。 ところで、MTモデルがこのように減少していく裏にはもうひとつ理由がある。 いよいよ2021年から、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の装着が義務化されるのだ。 確かに高齢ドライバーの事故の問題がクローズアップされているからね。 そうなると、ますますMT車の数が減っていくのではないだろうか? と危惧されている。 ではなぜ自動ブレーキが義務化されるとMT車の数が減るのかについて説明しよう。 MT車でエンストで止まってもクルマへのダメージは軽微 ご存じとは思うが、自動ブレーキとは車や人に衝突しそうになった時にドライバーに代わってブレーキをかけ、衝突を回避あるいは衝突を軽減する装置のこと。 テレビコマーシャルでも見たことがあると思うけれども、障害物に見立てた風船などに飛び込んで行くクルマのCMを。 つまり自動ブレーキは車が停止するまでを自動で行うのだ。 この場合、MT車だとドライバーがクラッチを切らない限りエンストを起こす。 しかしATであれば機械が自動的にクラッチを切るのでエンストはしない。 では、MT車で自動ブレーキが作動してエンストすることはいけないこと? 機械的に何かダメージがあるのだろうか? もしあなたが高速道路でMT車を運転していたとして、前方の渋滞に気付かず慌てて急ブレーキを踏んだとしよう。 ほとんど余裕などない状態。 必死でブレーキを踏み込んで幸運にも追突せずに止まったとする。 ボクらのようなプロのドライバーであればシフトダウンも試み、止まる直前でクラッチを切ることもできるだろう。 しかし普通のドライバーにそんなことができるかな? きっとできないと思います。 現在自動ブレーキを搭載しているMT車はすべて、システム作動時にはエンストする(クラッチ操作なしの場合) そして幸運にも停止した時、そのMT車はエンストしているはず。 だけど、これは悪いことでも何でもないのだ。 とにかく最短距離で止まれたのだから、エンストさせていい。 このようにエンストさせたからといって、エンジンやトランスミッションが壊れることは、今のクルマほとんどない。 そりゃ、1万回やったらわかりませんが。 だいたいボクがSUPER GTを走っていた頃、ドライバー交替&給油&タイヤ交換のためにピットインして停止する時はエンストで止めていたのだ。 ギアを1速に入れたまま、ブレーキを踏みクラッチを切らずにエンストさせて止めるのですよ。 ピットインして止まったらエンジンを停止させないといけないというルールがあるから、エンストは好都合。 もしクラッチを切ってニュートラルにしてエンジンを止めていたのではメニューが多く時間がかかります。 また交代したらドライバーがマシンに乗り込み発進する時も、すでに1速に入っているわけだから、クラッチを踏んでエンジンをスタートさせればすぐに発進できる。 つまり第一ドライバーが1速に入れたままエンストさせて止めれば、第2ドライバーはクラッチを踏んでエンジンをかけて、すぐクラッチを繋げばそのままピットアウトすることができるのだ。 何のことはない、何もエンジンにもトランスミッションにも悪いことは起きません。 つまりMT車にエンスト前提の自動ブレーキがあってもまったく問題ない話なのだ。 なんかムカつかない? 我々クルマエンスーとしては。 MT車は不滅です しかしマツダはやっているのです。 ま、そんなことはさておいて、マツダのMTの自動ブレーキはATとほとんど変わらないロジックで作動するようだ。 つまりエンストさせる(ギクシャクする過渡領域は保証せず)。 そう、別にMT車にだって自動ブレーキは付けられるということ。 また、「MAZDA2 15MB」というモータースポーツベースグレード(スペシャルチューンのハイオク仕様)には自動ブレーキのOFFスイッチが付いている。 これは競技中にドライバーの意思に反して自動ブレーキが作動しないようにするため。 こう考えると、自動ブレーキの装着義務化はサーキット走行族にとっては嬉しくない法規制だね。 ほかにマツダは「CX-5」にもMTモデルを設定している。 いまやマツダぐらいだろうか? こんなにMTのことを思っているのは。 確かに「ロードスター」といえばMT比率が高いからね。 輸入車ではポルシェ「ケイマン」にはMTモデルがラインアップされている。 趣味性の低いSUVモデルにMT車を設定しているのはマツダのみ。 しかも、自動ブレーキの性能もかなり頑張っており、サポカーSワイドのモデルとして認められている ほかに国産では「トヨタ 86/スバル BRZ」といったところで、とりあえずスポーツモデルにはMTが設定されているのだ。 と一安心してはいけない。 スバル「WRX STI」は受注生産の受付をすでに終了してしまっている。 日産「ノート」に至っては、NISMOバージョンにMTが設定されているのみ。 MTモデルは構造がシンプルなのだから、本来価格も廉価にできるはずなのだが、台数が出ないから安くできないのだ。 燃費のデータにしても走り方ひとつで、カタログに記載されている数値よりもいいデータを引き出すこともできる。 各自動車メーカーには、MTモデル継続を懇願するのみなのである。

次の

【新型ハスラーからも消滅!!】自動ブレーキ義務化でMT車消滅の危機!?

新型 ハスラー mt

スズキハスラーのMTにはターボはない まず、現行のハスラーにはMTはありますが、 ターボが付いていないエントリーグレードのGとAにしか備わっていません。 しかし、もうすぐフルモデルチェンジされるハスラーなので肝心なのは新型の方です。 でも 新型の方もワゴンRをベース車両にしている事から ハスラーのMTターボの搭載と言うのは望み薄なのかなと考えています。 ただ、ワゴンRとハスラーではハスラーの方が遊び心が多い車なのは間違いないですし、現行のハスラーにターボが付いているグレードがあるだけに完全に一緒かと言われると疑問が残ります。 あくまでもワゴンRってベース車両にするだけですからそこからアレンジをしてターボにしたりMTを増やしたりという可能性は0ではありません。 新型ハスラーのMTの搭載グレードに関しては下記の記事でもお伝えしているので良かったらそちらも読んでみて下さい。 参考記事: アルトワークスみたいな実績はある可能性は0じゃない それを裏付けるようにスズキにはアルトワークスがあります。 アルトワークスエンジンスペックはR06A型のターボ車で 基本をMTで設計している珍しいタイプの車です。 エンジンスペックに関してはハスラーのGターボやJターボと同じ形式なんですよね。 つまり同じエンジンを搭載しているだけに スズキの車内ではMTにするノウハウは確立されているという事です。 新しく型を作る費用もいらないですからMTを作ること自体はそこまで大変ではありません。 後は需要の有無によってMTターボ車のハスラーが販売されるかどうかが決まるという事です。 ハスラーとアルトワークスの特性の差のせいでハスラーのMTターボは厳しい? しかし、需要があるとはいえハスラーがMTターボ車を搭載するのはちょっと厳しいのかなと思います。 それがハスラーとアルトワークスの特性の差です。 ハスラーというのはあくまでもキャンプとか海水浴などの遊びに行く時の足というイメージ。 対してアルトワークスは走りの良さや運動性能と言ったドライビングを楽しむための車と言うイメージです。 ハスラーが単純に道具として見ているのに対してアルトワークスは走りを目的としている為の車なんですよね。 この差がそのままユーザーの購入層に反映されます。 ハスラーの場合は道具としてしか見ていないから運転が面倒なMTを必要としないユーザーが多くなるのは自明の理です。 だからスズキとしても沢山作ろうという感じにはならないのだと考えられます。 メーカーも売れなければ作りませんからニッチなMTターボというのは最初から作るつもりなないのだと考えられます。 スポンサードリンク ハスラーのmtターボは需要がかなりある!口コミ評価を紹介 ハスラーのMTターボってかなり需要があります。 実際、口コミ評価を見てみるとこんな感じです。 まあ、そうは言ってもAT全盛の時代ですし、これから自動運転車になろうかっていうこの時代にまだMTの選択肢があるだけでもありがたいのかなーなんて思ったりもしています。 ただ、スズキの場合はアルトワークスがそうであるようにモータースポーツの需要も一定数あるという事を理解している節が見られるので今後訪れるであろうマイナーチェンジのタイミングでMTターボが出たらいいなとも思っています。 MTのターボが欲しい!代替になる車はコレ かなり需要のあるハスラーのMTターボですが、ターボがない事実は動かせません。 そこで代わりとなる車をいくつかピックアップしてみました。 アルトワークス まずは先ほど上記でも比較対象にしたアルトワークスです。 エンジンはハスラーと同じR06A型のインタークーラーターボとなっています。 全長、全幅も変わらないので取り回しのしやすさはどちらも同じです。 ただ、アルトワークスは走りに特化しているので専用にチューニングされていて走りが更に良くなり、加速が向上しています。 走りに関してはアルトワークスの方が断然気持ちよく走れるのは間違いありません。 しかし、室内の広さ、Sエネチャージによる燃費などはハスラーの方が上になるので日常生活の足として見たらハスラーの方に軍配が上がります。 走りのアルトワークス、使い勝手のハスラーとメリットデメリットがハッキリとしているので選ぶ基準は決めやすいでしょう。 ジムニー アルトワークスがアスファルト路面の走りを重視した車ならジムニーは悪路での走りを重視したモデルです。 エンジンはハスラーと同じくR06A型のインタークーラーターボですが、フレーム、サスペンション、ステアリングダンパーなどとにかく悪路を走る為の装備がこれでもかと充実しています。 国内でも屈指の悪路走破性を誇る硬派な車だけにハスラーとは同じSUVでもその性格はまるで違う物です。 思い切り男性ウケする車で女性ウケはイマイチなので、ハスラーと比べてもいいもんかな?とは思いましたがまあ同じスズキのSUVなんで勘弁してください。 ハスラーのMTターボまとめ ハスラーのMTターボに関しては残念ながら無いという事なので、どうしてもMTターボが良いのであれば代わりの車を選ぶというのが選択肢の1つかなと思います。 他のメーカーを見てもなかなかMTターボが少なくなってきていますし、ましてや軽自動車のMTターボ車なんて絶滅危惧種です。 しかし、それでもMTを作ってくれていますし、スズキはMTに理解のあるメーカーなので今後、ハスラーのMTターボ化に期待したいと思います。 他にもハスラー関係の記事を書いているので良かったらそちらもどうぞ! 参考記事: 参考記事: 車の値引きを成功させるいちばんの方法 新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。 車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには 賢い方法と、損をする方法があります。 たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。 車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。 いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。 しかし 「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。 下取りに比べると 数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。 まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。 きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。

次の