さくら ねこ 動物 病院。 富山犬猫統合医療クリニック|富山県黒部市の犬猫(いぬねこ)専門病院

栃木県さくら市

さくら ねこ 動物 病院

ここ数年で少しずつ浸透してきている言葉ですが、まだまだご存知ない方も多いですよね。 このさくらねことは、野良猫や地域の方が世話をしている猫たちに避妊手術や去勢手術をし、その手術が済んでいる目印がついている猫の事を指しています。 というのも、ネコちゃん達は繁殖能力も高いため、放っておくとどんどん増えてしまいます。 増えたがために交通事故が増えたり、地域の方々のお宅や庭先で問題となる行動をしてしまうことも目立ってしまいます。 自治体や保護団体が協力し合い、こういた猫ちゃん達を保護し、協力してくれる動物病院に頼んで手術をしてもらいます。 手術後は再度野に放つのですが、目印が無いとまた捕まってしまい、また麻酔をかけられてしまうという問題もありました。 さくらねこの由来 そこでわかりやすく目印を付けるため、手術中に耳の先を数ミリV字に切除することが広まってきたのです。 このV字に切った後の耳の形が、桜の花びらに似ているため「さくらねこ」と呼ぶようになったそうです。 当時はその目印やネコちゃん達自体に名前が付けられていることはありませんでしたが、保護活動が活発になるにつれ「さくらねこ」と名付けられるようになったそうです。 実際にどのようなかたちでさくらねこちゃんは手術されるのでしょうか? 野良猫たちの手術って? 自治体や保護団体によって違いはあると思いますが、ネコ専用の「捕獲器」を設置して捕獲します。 ステンレスの網でてきた箱状の仕掛けで、中にエサを置いておきます。 中に猫が入ったとたん、入り口が閉まる仕掛けになっており、猫を傷つけずに捕獲することができます。 捕獲した後は、近隣で活動に協力してくれる動物病院へ連れていき、手術を行ってもらいます。 ネコちゃんはいつ捕まるかわからないので、事前に連絡はしておきいつ連れていっても手術が可能な動物病院と連絡を取り合っておきましょう。 手術の方法や使いう器具は通常の手術と変わりありません。 手術の最後に耳の先端をV字に切除し、止血をして終了です。 手術後は麻酔が覚め、問題ないと判断された時点で退院となります。 抜糸が必要ない縫合の仕方で縫ってあるので、後日病院に連れてきて抜糸をする必要もありません。 地域の住民と動物達のよりよい関係を 当院の本院がある練馬区ではかなり前からこの活動が活発で、保護団体の方が当院にも良く出入りしています。 数年ほど前から手術する件数も少なくなり、野良猫の数も少なくなってきたのだと思います。 さくらねこが増え、近隣の住民とよりよい関係が作れるといいですね。

次の

口コミ・評判 4件: さくらねこ動物病院

さくら ねこ 動物 病院

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 🌸 保護猫カフェさくらについて 「オトナ猫の魅力を発信!猫も人も幸せになれるご縁を結ぶ〝参加型〟保護猫カフェ」 不妊手術が施された野良猫ちゃんを「さくら猫」と呼びます。 さくら猫をもっと知ってもらいたい、そんな思いでカフェを名づけました。 成猫の譲渡には時間がかかります。 保護猫カフェさくらから成猫の魅力を発信してたくさんのご縁を結びたい。 今まで保護猫活動に興味はあったが参加できなかった方も多くいます。 活動の敷居を下げることで、よりたくさんの方に参加してもらいたい。 保護猫たちと遊ぶだけでも猫たちへの支援となります。 家族として保護猫を迎えることができない方も大歓迎です。 お気軽にお立ち寄り下さい。 当施設で受け入れる猫は、いながき動物病院で野良猫の不妊手術に尽力するボランティアさんの猫を対象としています。 多数の不妊手術を行うと保護する猫が増えてしまうため、その問題を緩和するために当施設を開業しました。 現在、一般家庭からの野良猫や保護猫の受け入れを行っておりません。 参加可能な譲渡会の紹介や里親探しのやり方の相談受付を行っています。 相談をご希望の方は、ご来店前にお電話でご連絡下さい。 活動支援のお願い 当カフェは保護主さんから保護猫をお預かりしています。 毎日のご飯やトイレにかかる費用などは保護主さんからは一切いただいておりません。 保護猫をお預かりすることで保護主さんの負担が増えないようにするためです。 カフェに来店していただくことで、もちろん支援になります。 また来店いただけない方も、猫のご飯やトイレの支援ができます。 事業が1日でも長く続けられるようにご支援をよろしくお願いします。 また当カフェのボランティアスタッフさんたちも多数の保護猫を抱えています。 自宅バックヤードとも呼べるスタッフさんたちの保護猫たちのためにも、いただいた物資を使わせていただきます。 ホームページを一読していただいた上でお問い合わせ下さい。 お電話に出られないことも多いため、 からのお問い合わせをおすすめします。 再開できることを心から嬉しく思います。 休業中も応援いただいた皆さんや、猫のお世話やライブ配信していただいたスタッフさんには感謝の気持ちでいっぱいです。 しかし来店の自粛をお願いしなくてはなりません。 お客様、スタッフ、保護猫の安全を守るために入店制限を設定します。 当面は6人までとします。 その他のルールは をご確認下さい。 安全に配慮しながら成猫譲渡活動を続けたいと思います。 保護猫たちのためにも、今はまだ里親希望のお客様優先の入店となります。 応援していただいた皆さんにこんなお願いは心苦しい。 もちろん経営的にも苦しい。 しかし皆様の安全のためにご協力をよろしくお願いします。 ライブ動画の配信しています 入店制限のため里親希望者様や猫たちと遊ぶことを楽しみにしているお客様には大変ご迷惑をお掛けしています。 カフェに来店できなくても保護猫の魅力を知ってほしい、保護猫と遊んだ気分を楽しんでほしい、どんな時も譲渡活動を継続したいと考えています。 なお営業再開に伴い、ライブ配信時間が短縮となっていますのでご了承ください。 ライブ時間表 月曜 不定期配信 火曜 19:30 水曜 14:00 木曜 10:00 16:30 金曜 11:30 土曜 20:00 日曜 11:30 18:00 里親希望者様限定の入店予約を承ります 現在、保護猫カフェさくらは新型コロナウイルスの影響で入店制限をしています。 感染症のリスクを最小限に抑えながら、譲渡活動を継続していこうと考えています。 里親希望者様は入店予約ができます。 ご希望の方はお電話、申し込みフォーム、公式LINEアカウントからのご予約下さい。 里親希望以外での来店の場合はご予約できません。 予約なしでご来店下さい。 日時は カフェバックヤードから 毎週土曜日曜の14:00〜と、保護主のご自宅から不定期。 でライブ配信します。 配信時間は保護主さんによって異なりますが、10分から1時間程度を予定しています。 里親希望の方は14:00前には準備してお待ちください。 保護主さんによって譲渡条件や譲渡できる日程は異なりますので、里親希望の方は保護猫カフェさくらホームページのお電話、 、公式アカウントからご連絡下さい。 オンライン譲渡会への参加を希望される方へ に、 「オンライン譲渡会参加希望」と明記の上、 1)お名前 2)ご住所 3)連絡先(電話番号) を書いてお送りください。 追って、参加条件などの詳細をお送りいたします。 ご支援のお願い 多大なご協力をいただき営業再開を迎えることができたことを心から感謝申し上げます。 しかし現在も入店制限しながらの営業となりますため、資金的には厳しい状況が続くと予想されます。 引き続きご支援とご協力をいただければ幸いです。 すみません、カフェという店名ですがお茶は出していません。 自動販売機あります!(難病の子供たちへの寄付型) 営業時間 12:00から19:00まで(最終入店18:00) 定休日は金曜日 営業時間内16:00からもぐもぐタイム(フォトジェニック間違いなし!) 譲渡会(新型コロナウイルスのため現在中止) 保護猫カフェのバックヤードで毎週末開催! 毎週土曜日曜の13:00から16:00まで 譲渡会は入場料無料 スタッフ以外の方の猫ちゃんも参加可能です! 参加条件などはお電話でご相談ください。 アンケートに記入していただき、カフェスタッフから猫の保護主さんへ連絡させていただきます。 保護主さんと条件が合いましたら、お届け日時等の打ち合わせとなります。 猫ちゃんのおうちでの様子や、先住猫ちゃんやわんちゃんとの相性をみたりする期間です。 譲渡負担金 正式譲渡の際、お約束事項を記載した書面にサインをいただき、医療費とカフェ運営費として、1匹につき4万円(別途猫のお届けの交通費実費分)をいただきます。 負担金の内訳:不妊手術、混合ワクチン接種、ウイルス検査、便検査、寄生虫駆虫、その他医療処置費用 ボランティアスタッフ募集 野良猫の問題緩和や成猫の譲渡活動に興味がある、将来保護猫カフェを運営してみたい、たくさんの猫に囲まれてお世話がしたい、など意欲のある方をお待ちしています。 欠員がでましたら、Instagram、Facebook、ブログなどで募集いたします。 応募は、下記メールフォーム、またはお電話ください! 電話番号:080-4438-8875 取材 第一種動物取扱業者標識 氏名 株式会社いながき動物病院 登録の年月日 令和元年5月15日 有効期間の末日 令和6年5月14日 登録番号 第064号 事業所の名称 保護猫カフェさくら 事業所の所在地 越谷市弥生町3-43PLAZA City 越谷4階 登録に係る動物取扱業の種別 展示 動物取責任者の氏名 稲垣桃子 越谷本院(毎週金土) 〒343-0023 埼玉県越谷市東越谷(詳細な住所はお電話でお伝えします) TEL:080-7715-7321 土浦分院(毎月第3木) 〒300-4107 茨城県土浦市東城寺(寺院ではなく町名、詳細な住所はお電話でお伝えします) TEL:080-8033-7819 いわき分院(毎月第4木) 〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町天王崎1-56保護猫サロンOhana1階 TEL:070-2028-3838 伊勢崎分院(奇数月第2木) 〒372 群馬県伊勢崎市(詳細な住所はお電話でお伝えします) TEL:070-4353-8736 桐生分院(奇数月第2木) 〒376-0035 群馬県桐生市仲町3-14-5里親募集型猫カフェ猫のへや1階 TEL:0277-22-0778 代表 TEL:070-4353-8736 TEL:090-9301-0142 横芝光分院(毎月第1木) 〒289-1739 千葉県横芝光町喰新田(詳細な住所はお電話でお伝えします) TEL:090-8871-0134.

次の

富山犬猫統合医療クリニック|富山県黒部市の犬猫(いぬねこ)専門病院

さくら ねこ 動物 病院

行政枠の登録から申請、実施、報告までの流れ 行政枠登録対象者 1、地方公共団体 2、地方公共団体が運営している施設 公園等 の管理を委託されている方(指定管理者) どうぶつ基金では、全国の行政と協働してさくらねこTNRを実施しています。 協働する行政は、どうぶつ基金が発行する無料不妊手術チケットを管内の市民ボランティアの方に、再分配しています。 詳細は各協働行政にお問合せください。 協働行政一覧は 1、この事業をよく理解する。 チケットとは:全国の協力病院で使用できる無料不妊手術チケットです。 どうぶつ基金では、さまざまな形で行政と協働してさくらねこ無料不妊手術を行っています。 ・どうぶつ基金から受け取ったチケットを調整して市民ボランティアの皆さんに分配をしていただくという簡易な形から、 ・ねこの捕獲、出張手術、リリース後の管理まで含めて協働するなど、 それぞれの地域にあったオリジナルプランを作成して実施しています。 2、さくらねこ無料不妊手術事業に新規登録をする。 行政枠での新規登録はから 3、当サイトのマイページからチケット申請がご利用頂けます。 4、行政枠専用のフォームから必要事項を入力しチケットを申請する。 上記最新版をご使用ください。 有効期間内でできる範囲でお申し込みください。 他の方の迷惑になりますので多めに申請することはお控えください。 チケットを使い切った場合は有効期限内であっても新たな申請ができます。 5、事業(TNR)を実施する 事業計画に基づいて事業を実施します。 6、マイページから実施報告をする TNRは、1か所のコロニーの猫に集中的に不妊手術を施すことによって大きな効果をあげますが、 一度ですべての猫のTNRを行うことは難しく、また他の地域から流れてくる猫、新たに捨てられる猫がいることから、 継続した管理が必要です。 7、新たな申請をする(さらにチケットが必要な場合) 想定以上の猫がいた、新たなコロニーが発見された、継続の必要があるなど、さらにチケットが必要な場合は、 新たなチケットの申請ができます。 チケットを使い切った場合は有効期限内であっても新たな申請ができます。 8、事業終了後の「さくらねこ無料不妊手術事業」アンケートに答える。 終了後、個別の報告とは別に1年間の報告(アンケート)を提出していただきます。 チケットの有効期限内に報告がない場合は、次回の申請はできません。 団体枠の登録から申請、実施、報告までの流れ 団体枠登録対象者 団体枠A=【公益財団法人、公益社団法人、NPO法人、認定NPO法人、一般財団法人、一般社団法人】のうち、 どうぶつ基金の地域相談窓口として紹介される事、相談者に対応することに同意した方。 1、この事業をよく理解する。 チケットとは:全国の協力病院で使用できる無料不妊手術チケットです。 申請者は自身の運営するウエブサイト、SNS等に本事業の活動を掲載する際、不妊手術費用が全てどうぶつ基金の費用負担によって支払われていることを明記する義務を負います。 2、さくらねこ無料不妊手術事業に新規登録をする。 団体枠での新規登録はから 3、当サイトのマイページからチケット申請がご利用頂けます。 4、団体枠専用のフォームから必要事項を入力しチケットを申請する。 有効期間内でできる範囲でお申し込みください。 5、事業(TNR)を実施する 事業計画に基づいて事業を実施します。 6、マイページから実施報告をする チケットを使用したら、有効月の翌月5日までにマイページより必ずさくらねこ無料不妊手術完了報告を行ってください。 報告が無い場合、翌月からチケットを発行されません。 7、新たな申請をする(さらにチケットが必要な場合) 想定以上の猫がいた、新たなコロニーが発見された、継続の必要があるなど、さらにチケットが必要な場合は、 新たなチケットの申請ができます。 8、事業終了後の「さくらねこ無料不妊手術事業」アンケートに答える。 終了後、個別の報告とは別に1年間の報告を提出していただきます。 チケットの有効期限内に報告がない場合は、次回の申請はできません。 一般枠の登録から申請、実施、報告までの流れ 一般枠登録対象者 行政枠・団体枠にあてはまらない場合は すべて個人名での登録になります。 1、この事業をよく理解する。 チケットとは:全国の協力病院で使用できる無料不妊手術チケットです。 申請者は自身の運営するウエブサイト、SNS等に本事業の活動を掲載する際、不妊手術費用が全てどうぶつ基金の費用負担によって支払われていることを明記する義務を負います。 2、さくらねこ無料不妊手術事業に新規登録をする。 一般枠での新規登録はから 3、当サイトのマイページからチケット申請がご利用頂けます。 4、一般枠専用のフォームから必要事項を入力しチケットを申請する。 有効期間内でできる範囲でお申し込みください。 同一家族からのチケット申請は無効になります。 5、事業(TNR)を実施する 事業計画に基づいて事業を実施します。 6、マイページから実施報告をする チケットを使用したら、有効月の翌月5日までにマイページより必ずさくらねこ無料不妊手術完了報告を行ってください。 報告が無い場合、翌月からチケットを発行されません。 7、新たな申請をする(さらにチケットが必要な場合) 想定以上の猫がいた、新たなコロニーが発見された、継続の必要があるなど、さらにチケットが必要な場合は、 新たなチケットの申請ができます。 8、事業終了後の「さくらねこ無料不妊手術事業」アンケートに答える。 終了後、個別の報告とは別に1年間の報告を提出していただきます。 チケットの有効期限内に報告がない場合は、次回の申請はできません。

次の