ピクサーのツムで25チェーン。 ピクサー の 仲間 で 550 万 点

ツムツム ピクサーのツムとは誰?ビンゴカード徹底攻略!

ピクサーのツムで25チェーン

おすすめツム一覧 - 上記のツムがおすすめ で25チェーンするミッションは、上記のツムがおすすめです。 上記のツムはスキルでロングチェーンを作りやすいツムなので、25チェーンであれば簡単に作ることができます。 ピクサーの仲間で25チェーンするには? ブーでロングチェーンを作る方法 ブーは、スキルで青色の扉を選ぶことで簡単に25チェーン以上することが可能です。 画面にブーがたくさんいる状態で青色の扉を選択すると、大量の大ツムサリーが出現するので、あとはそれを繋ぐだけで容易ミッションをクリアすることができます。 変化系スキルでロングチェーンを作る方法 変化系スキルを持つサリー、ジェットパックエイリアン、フリックは、どのツムもまずはスキルを溜めていき、スキルが溜まったらマイツム以外のツムを消していきましょう。 ある程度画面がマイツムでいっぱいになったら、スキルを発動しマイツムを繋ぐことで簡単に25チェーン以上作ることができます。 メリダでロングチェーンを作る方法 メリダはツムを鬼火に変化させてまとめるスキルを持っています。 鬼火はチェーン扱いにされるので、スキルを重ねがけすることで容易に25チェーン以上作ることが可能です。 スペースレンジャーバズでロングチェーンを作る方法 スペースレンジャーバズはスキル発動で大ツムを2個生成することができます。 スペースレンジャーのスキル発動後、邪魔なツムを極力消した後にまとめて繋ぐことで簡単に25チェーン以上達成することが可能です。 リトルグリーンメンでロングチェーンを作る方法 リトルグリーンメンのスキルはチェーンを繋げやすくするスキルで、このミッションの適正ツムです。 まずはリトルグリーンメンのスキルを貯めましょう。 スキルが貯まったらサブツムとリトルグリーンメンだけ残し、他のサブツムを限界まで消します。 ある程度消えたらスキルを発動し、更に残っているサブツムと、リトルグリーンメンを消しましょう。 限界まで消したら再度スキルを使い、ツムを揃えて残してたツムを一気に消せば最大で37チェーン程はつなげることができます。 ツムが繋がらなくなってしまったら、を使ってツムの位置を変え、さらに余計なツムを消しましょう。 扇風機(シャッフルボタン)を使ってもこれ以上ツムが消せない!という状態になったら、残していたツムを繋げましょう。 この方法なら、ツムの スキルに頼らなくても25チェーン以上は繋げることができます。 ロングチェーンを作る基本の方法ですので覚えておきましょう。

次の

ツムツム ビンゴ9枚目No3ピクサーツムで25チェーン!

ピクサーのツムで25チェーン

この記事の目次• どのようなミッションなの? ビンゴ9枚目のミッション、「ピクサーの仲間を使いなぞって25チェーンしよう」は、ロングチェーンと、ツムの見た目からでは分からない「ピクサーの仲間」のツムを見分ける必要があります。 ピクサーの仲間とは、「トイ・ストーリー」シリーズ、「モンスターズ・インク」、「カーズ」などがありますが、これらのツムを使い、25チェーンをしなければなりません。 裏技的な使い方ができるエルサやラプンツェルは該当しませんが、いったいどのようにしてクリアしていけばいいのでしょうか。 ピクサーの仲間を使いなぞって25チェーンするための攻略方法 ピクサーの仲間とは、1986年創業のピクサー・アニメーション・スタジオで製作された映画やアニメの作品のツムのことを言います。 俗にいうピクサー映画として登場した前述の3作品が該当ツムとして使うことが可能です。 ただし、今回は25チェーン以上を達成しなければならず、該当するツムは自然と決まってくるでしょう。 ロングチェーン狙いの場合は自身、あるいは相方(友達、恋人など)を生成するスキルがあるとツムをそろえやすいです。 ピクサーの仲間でいうと、青サリーがこれに該当します。 青サリーは自身の大きなツムを生成するので、ロングチェーンの補助に最適です。 あとは、得点を稼いだりコインを稼いだりすることを一切考えず、ロングチェーンだけに照準を絞ってプレイするようにしましょう! このミッションをクリアするのに該当するツムは? 前述のように、青サリーが一番ミッションをクリアしやすいですが、その他のピクサーの仲間についてもチェックしておきましょう。 (1)「トイ・ストーリー」シリーズ ・ウッディ ウッディは中央消去スキルで、スキルレベルの上昇に合わせて、消せるツムの数が増えるのが目に見える成長タイプのツムです。 ウッディは、この他、茶色いツム、まゆ毛が見えるツムの他、帽子をかぶったツムなど、複数のミッションに対応できます。 ・バズ・ライトイヤー バズ・ライトイヤーは十字状にツムを消すスキルを持っていて、スキルレベル1からのスキルの威力が高くなっているのが特徴的です。 スキルレベル4まではあまり伸びが感じられませんが、それ以降、急に威力が伸びてくるでしょう。 この他、イニシャルがBのツム、まゆ毛のあるツムなどでの活躍が期待できます。 ・ジェシー ジェシーはウッディと同じ中央消去のスキルで、その消去範囲を自由に広げられるのが魅力的です。 その範囲には限界こそありますが、スキルレベル1からかなりの広範囲を消してくれるでしょう。 この他、帽子をかぶったツム、赤いツム、リボンをつけたツムなどでの活躍が期待できます。 ・リトル・グリーン・メン リトル・グリーン・メンは、ツムをまとめて画面上に積み上げるスキルを持っています。 そろえられるツムは、基本的に画面上のツム数が多い種類ですので、意図的に揃えておいてからスキルを発動するとロングチェーンがしやすいです。 スキルレベル3になると、全部で3種類のツムをまとめるので、得点も稼ぎやすくなるでしょう。 この他、イニシャルがAのツム、緑色のツム、ツノのあるツム、耳がとがったツムなどとしての活躍が期待できます。 ・ロッツォ ロッツォは画面下をまとめて消してくれる消去系スキルを持ったツムです。 スキルレベルの割にはツム数をたくさん消してくれるのが特徴的で、コイン稼ぎがしやすいのが特徴となっています。 ロッツォはこの他、耳が丸いツム、まゆ毛があるツムなどに該当しているので、状況に合わせて使い分けていくようにしましょう。 ・レックス レックスはまとめてツムを消してくれるスキルを持っていて、消去ツム数を稼ぐのに最適です。 通常の消去系スキルと違い、かたまりごとにチェーンとなるため、コイン稼ぎはあまり得意ではないので注意しましょう。 この他、緑色のツム、口が見えるツムなどでの活躍が期待できます。 (2)モンスターズ・インク ・マイク マイクは縦ライン消去スキルで、スキルレベルの上昇とともに成長がはっきりと分かるのがうれしい特徴です。 この他、イニシャルがMのツム、ツノのあるツム、緑色のツムなどでの活躍が期待できます。 ・青サリー 青サリーはビンゴ9枚目3において、クリア最有力候補のツムです。 自身の大きなツムを作り出す能力はロングチェーンの大きな手助けとなります。 この他、青いツム、ツノのあるツム、まゆ毛のあるツムなどでも活躍してくれるでしょう。 ・ランドール ランドールは一定時間、自分を画面上から消してしまう特殊なスキルを持っています。 自身が消えるため、ツムの種類が減るため、ロングチェーンがしやすい特別な環境を作ることが可能です。 この他、毛のはねたツム、口が見えるツムなどでの活躍が期待できます。 (3)カーズ ・マックィーン マックィーンは自分で立てた旗に向かって突き進み、壁でクッションしながら走っていく軌跡のツムを消去します。 スキルレベルの上昇とともにその範囲と走行距離は伸び、たくさんのツムを消せるでしょう。 その他、赤いツム、イニシャルがMのツム、ほっぺが赤いツムとしても該当しています。 ・メーター メーターはランダム消去スキルで、他のランダム消去のツムと比べると、消去数がダントツで多くなっています。 しっぽを振るスキルにも該当していて、その使い道は多彩になるでしょう。 この他、イニシャルがMのツム、茶色いツム、口が見えるツムなどでの活躍が期待できます。 まとめ ツムツムビンゴ9枚目3の「ピクサーの仲間を使いなぞって25チェーンしよう」は、自身の大きなツムを生成できる青サリーがおすすめです。 ピクサーの仲間は、「トイ・ストーリー」シリーズや「モンスターズ・インク」シリーズ、「カーズ」となりますので、合わせて覚えておきましょう。

次の

ツムツム3月ピクサーストーリーブックス5冊目攻略とオススメツム【インサイドヘッド】

ピクサーのツムで25チェーン

この記事の目次• どのようなミッションなの? ビンゴ9枚目のミッション、「ピクサーの仲間を使いなぞって25チェーンしよう」は、ロングチェーンと、ツムの見た目からでは分からない「ピクサーの仲間」のツムを見分ける必要があります。 ピクサーの仲間とは、「トイ・ストーリー」シリーズ、「モンスターズ・インク」、「カーズ」などがありますが、これらのツムを使い、25チェーンをしなければなりません。 裏技的な使い方ができるエルサやラプンツェルは該当しませんが、いったいどのようにしてクリアしていけばいいのでしょうか。 ピクサーの仲間を使いなぞって25チェーンするための攻略方法 ピクサーの仲間とは、1986年創業のピクサー・アニメーション・スタジオで製作された映画やアニメの作品のツムのことを言います。 俗にいうピクサー映画として登場した前述の3作品が該当ツムとして使うことが可能です。 ただし、今回は25チェーン以上を達成しなければならず、該当するツムは自然と決まってくるでしょう。 ロングチェーン狙いの場合は自身、あるいは相方(友達、恋人など)を生成するスキルがあるとツムをそろえやすいです。 ピクサーの仲間でいうと、青サリーがこれに該当します。 青サリーは自身の大きなツムを生成するので、ロングチェーンの補助に最適です。 あとは、得点を稼いだりコインを稼いだりすることを一切考えず、ロングチェーンだけに照準を絞ってプレイするようにしましょう! このミッションをクリアするのに該当するツムは? 前述のように、青サリーが一番ミッションをクリアしやすいですが、その他のピクサーの仲間についてもチェックしておきましょう。 (1)「トイ・ストーリー」シリーズ ・ウッディ ウッディは中央消去スキルで、スキルレベルの上昇に合わせて、消せるツムの数が増えるのが目に見える成長タイプのツムです。 ウッディは、この他、茶色いツム、まゆ毛が見えるツムの他、帽子をかぶったツムなど、複数のミッションに対応できます。 ・バズ・ライトイヤー バズ・ライトイヤーは十字状にツムを消すスキルを持っていて、スキルレベル1からのスキルの威力が高くなっているのが特徴的です。 スキルレベル4まではあまり伸びが感じられませんが、それ以降、急に威力が伸びてくるでしょう。 この他、イニシャルがBのツム、まゆ毛のあるツムなどでの活躍が期待できます。 ・ジェシー ジェシーはウッディと同じ中央消去のスキルで、その消去範囲を自由に広げられるのが魅力的です。 その範囲には限界こそありますが、スキルレベル1からかなりの広範囲を消してくれるでしょう。 この他、帽子をかぶったツム、赤いツム、リボンをつけたツムなどでの活躍が期待できます。 ・リトル・グリーン・メン リトル・グリーン・メンは、ツムをまとめて画面上に積み上げるスキルを持っています。 そろえられるツムは、基本的に画面上のツム数が多い種類ですので、意図的に揃えておいてからスキルを発動するとロングチェーンがしやすいです。 スキルレベル3になると、全部で3種類のツムをまとめるので、得点も稼ぎやすくなるでしょう。 この他、イニシャルがAのツム、緑色のツム、ツノのあるツム、耳がとがったツムなどとしての活躍が期待できます。 ・ロッツォ ロッツォは画面下をまとめて消してくれる消去系スキルを持ったツムです。 スキルレベルの割にはツム数をたくさん消してくれるのが特徴的で、コイン稼ぎがしやすいのが特徴となっています。 ロッツォはこの他、耳が丸いツム、まゆ毛があるツムなどに該当しているので、状況に合わせて使い分けていくようにしましょう。 ・レックス レックスはまとめてツムを消してくれるスキルを持っていて、消去ツム数を稼ぐのに最適です。 通常の消去系スキルと違い、かたまりごとにチェーンとなるため、コイン稼ぎはあまり得意ではないので注意しましょう。 この他、緑色のツム、口が見えるツムなどでの活躍が期待できます。 (2)モンスターズ・インク ・マイク マイクは縦ライン消去スキルで、スキルレベルの上昇とともに成長がはっきりと分かるのがうれしい特徴です。 この他、イニシャルがMのツム、ツノのあるツム、緑色のツムなどでの活躍が期待できます。 ・青サリー 青サリーはビンゴ9枚目3において、クリア最有力候補のツムです。 自身の大きなツムを作り出す能力はロングチェーンの大きな手助けとなります。 この他、青いツム、ツノのあるツム、まゆ毛のあるツムなどでも活躍してくれるでしょう。 ・ランドール ランドールは一定時間、自分を画面上から消してしまう特殊なスキルを持っています。 自身が消えるため、ツムの種類が減るため、ロングチェーンがしやすい特別な環境を作ることが可能です。 この他、毛のはねたツム、口が見えるツムなどでの活躍が期待できます。 (3)カーズ ・マックィーン マックィーンは自分で立てた旗に向かって突き進み、壁でクッションしながら走っていく軌跡のツムを消去します。 スキルレベルの上昇とともにその範囲と走行距離は伸び、たくさんのツムを消せるでしょう。 その他、赤いツム、イニシャルがMのツム、ほっぺが赤いツムとしても該当しています。 ・メーター メーターはランダム消去スキルで、他のランダム消去のツムと比べると、消去数がダントツで多くなっています。 しっぽを振るスキルにも該当していて、その使い道は多彩になるでしょう。 この他、イニシャルがMのツム、茶色いツム、口が見えるツムなどでの活躍が期待できます。 まとめ ツムツムビンゴ9枚目3の「ピクサーの仲間を使いなぞって25チェーンしよう」は、自身の大きなツムを生成できる青サリーがおすすめです。 ピクサーの仲間は、「トイ・ストーリー」シリーズや「モンスターズ・インク」シリーズ、「カーズ」となりますので、合わせて覚えておきましょう。

次の