思春 期 の お 勉強。 中学生の反抗期で勉強しない、屁理屈ばかり…親の対応を臨床心理士が解説

思春期のセミナー・研究会・勉強会

思春 期 の お 勉強

しかし、それは誤りです。 こう話すのは、日本トゥット協会理事で、神奈川県立こども医療センター・児童思春期精神科の部長を務める新井卓医師だ。 「研究が進んだ今は、脳機能上の問題や生まれながらの素因が関係することがわかっています。 子どもを取り巻く環境や保護者による子どもへの関わり方が、発症の誘因になったり、悪化する場合はあります。 しかし、直接的な原因ではありません」(新井医師 以下同) チックが軽症の場合、医療機関を受診しないケースもあるため、正確な発症率は把握できていない。 だが、トゥレット協会のデータによれば、10~20%の子どもがチックの症状を示すと推定され、ひとクラスに2~3人はチックの子どもがいる計算になる。 多くの子どもが3~10歳の間に発症し、成長するにしたがって落ち着く。 なかには、思春期に症状が悪化することも珍しくない。 たとえば、「15歳で突然発症した」と思われる男の子も、あらためて振り返ると、軽いチックが幼い頃から出ていた、と判明するケースも多い。 症状がごく軽いために、当時は気に留めていなかったに過ぎない。 新井医師が続ける。 「ストレスはチック症状を悪化させる誘因になり得ます。 受験勉強に挑戦する思春期の子どもに、症状が再燃することは珍しい話ではありません。 とくに、小・中学受験にそうしたケースが見られます」 高校受験と違い、挑戦する子もそうでない子もいる。 受験する子が、「なぜ、自分だけが我慢しなくてはいけないのか」と、受験しない子と比較してストレスをためることもあり得えるのだという。 小学校低学年の子どもの場合、1000人に3~8人の割合で発症すると言われる 上記以外にもチックの症状は複雑で多岐に渡る。 そのため家族も気づかないことや周囲に誤解を招いてしまうケースもある。 「チックは、ごく短時間であれば意識的に症状をとめることもできます。 しかし、継続的に抑えることはできません」 ひとクラスに2~3人の割合で発症するチックは、珍しい症状ではない。 まずは、チックについての知識が広く共有され、理解が深まることが何より大切だ。 (取材・文/永井貴子) お話を聞いた人.

次の

【思春期チック】チックの原因は躾けではない

思春 期 の お 勉強

最初に怒るのはどっち?衝突の原因は? まず、たびたび起こる親子喧嘩の、事の発端を思い出してみましょう。 どちらが先に怒ってる? おそらくそれは親の方。 穏やかな日常の中で、子供から親に向かって、急に文句を言ってくることがあるでしょうか? この問を投げてみて、改めて私も実感しましたが、いつも私から。 子供から何かを言われるとすれば、弁当が油っぽかったとか、体操服が綺麗になっていなかったとか、たまにそんなことを言われるくらい。 その他99%は私からだったのです。 子供に叱る原因はなに? 思春期の定義は、で書きましたが、年齢的には11歳~17歳くらいまで。 この頃は、ちょうど勉強を頑張らなければならない時期。 親の関心も、一気に勉強に向きます。 我が子には勉強を頑張ってもらわないと、と焦る気持ちになりがちです。 一方、子供は、学校からも親からも、勉強をしなければならないという話は何度も聞かされています。 自立した子は話をしっかりと受け止め、宿題や家庭学習を真面目にこなします。 しかしそれはほんの一部であり、多くの子はそううまくは行きません。 ほとんどの中学生は、 ・頑張らなきゃと思ってはいるけど、勉強の仕方が分からない。 ・勉強は好きではないし、やる気もない。 大雑把に分けるとこんな感じになると思います。 また、中学生は忙しい時期でもあり、家に帰ってくると、どっと疲れが出ます。 倒れこむように寝ます。 そして体が著しく成長していることもあって、心身のバランスも崩れがち。 それを調整するかのように寝ます。 とにかくよく寝ると思いませんか? 理由はどうであれ、寝てばかりで勉強しない我が子の姿にいらだちを覚え、「勉強しなさい!」をつい言ってしまうのです。 疲れているのにかわいそう…、と心の中で思いながらも口に出してしまうのです。 子供自信にやる気を出してもらう方法 思春期の時期だからといって勉強は避けて通れません。 本人が勉強したい、勉強しなきゃ、と思わなければ、親がなにを言おうと難しいでしょう。 ではどのようにやる気を持たせるか? どうして生活に必要ないことまで覚えなきゃいけないの? とか、 数学ではどうして関数の問題を解く必要があるの? というように、きっと誰にでも、どうして勉強しなくてはいけないのかと、疑問に思ったことはあると思います。 私はそういう時に、よくこのように伝えます。 体は運動しないと筋肉がつかないよね。 筋肉がつかないと上手に運動できないよね。 脳も同じで、勉強しないと脳が成長しないんだよ。 脳を鍛えれば頭が良くなるの。 勉強することは、脳にとってはトレーニングすることと同じなんだよ。 だから勉強して頭を悩ませることは、脳が成長するためにとてもいいことなんだよ。 筋肉は使わなければ痩せていくのと同じように、脳も、使わない回路は衰えていくのです。 逆に、 脳もトレーニングすればするほど回路は太くなり、頭がよくなるのです。 だから、生きていく上では関係ないと予想されるような勉強も、どんどん覚えて脳に負荷をかければ、全く役に立たないということにはならないのでは? 歴史の登場人物を覚えることも、因数分解を解いてみることも、すべて脳のトレーニングになるのです。 良い頭を作るために勉強する、と考えるのも、勉強のモチベーションを上げるための、いい方法の一つではないでしょうか。 脳に負荷をかけた方が良い頭は作れるでしょう。 とはいっても、日本の教育がまだまだ詰め込み教育なので、このように考えざるをえない部分も大きいのですが…。 長い人生、良い頭は必要 これから生きていく上で、頭を使い、悩むことがたくさん出てきます。 社会に出ても、問題解決能力が必要だと言われています。 それらを解決していくためには、自分の持っているもの全てを集結し、解決する能力が必要です。 解決していく為には、脳を発達させ、太くて流れの良い回路をできるだけたくさん作っておくべきです。 脳科学の事をふまえながら、子供と向き合ってみてはいかがでしょうか。 勉強の必要性を理解してもらえれば、素直に勉強に打ち込むようにななれるかもしれません。 そうすれば親がイライラすることもなくなり、思春期も恐れることなく、穏やかに過ごせるのではないでしょうか。 現在、中1の長女はうまく波に乗ってくれていて、素直に勉強に取り組めているようです。 引き続き、こちらは応援団として頑張りたいと思います。 ココロとカラダをつなぐカウンセラーおのころ心平の「ここ一番の言葉」、参考になります。 子供に言葉をかけてあげること、大事です。 言葉を知っていれば適切な言葉をかけてあげられます。 忙しいからこそ、思い切って何か行動を起こさなければ、何も変えることはできません。 私はそんな生活ばかりでは満足できず、いろいろなことにチャレンジしています。 家族のことで、自分のことがどうにもならない時期もあるけれど、それはずっと続くことではありません。 忙しくても、時間がなくても、少しの時間で楽しめることを、生活の中にたくさん取り入れています。 特にブログは、私の生きがいにもなっています。

次の

「思春期の中学生」vs.「勉強させたい親」!解決策を考える

思春 期 の お 勉強

子供が嘘をつく心理と本当の原因は親にある! はっきり言います! 子どもが嘘をつく原因は、 親の子供への接し方にあります! 例えば子供が家に置いてある ガラスのコップを割ってしまったとします。 そこで子供が親に正直に「割ってしまった」 と言ったとします。 ここであるお母さんは、 「そっか仕方ないね。 一緒に片付けようね」 と優しく声を掛けます。 こういった対応をされる子どもは嘘をつきません。 一方あるお母さんは、 「また割ったの!いい加減にしなさい!」 と厳しく叱ります。 こういった対応をされる子どもは嘘をつくようになります。 要するに、 子供が失敗をしたときにすぐに叱ってしまうと、 子供は叱られたくないためにうそをつくようになるのです。 これが嘘をつく子供の心理なのです。 特に思春期の子どもは、 親に対して反抗的になりやすい時期です。 接し方を変えていかないと、 どんどんと反抗的になることがあります。 そこで、次のページに 思春期の子どもの特徴をまとめました。 どのようなことでイライラするのかを 知っておくと子どもと意見がぶつかって、 言い合いになることも減ると思うので、 ストレスを感じなくなると思います。 子供が嘘をつくのは非行へのサイン! 最近のお父さんお母さんたちは、 自分の思い通りに子どもを操ろうとする いわゆる 過干渉タイプの方が多いです。 要するに、 「あれしなさい!こうしなさい!」と言って、 自分が育てたいように子どもを操るのです。 これをすると子どもは毎日 家にいるのが苦痛になってきます。 親と会いたくないと思うようになります。 するとどうなるか!? 家にいるのが辛いので、 家を飛び出して夜遊びに出歩くようになります。 またそれを止めようとする親に対して、 暴力をふるったりするようになるのです。 子どもが嘘をつくというのは、 過干渉になりかけている合図でもあるので、 今のうちに子どもへの接し方を変えていきましょうね! また、子どもの嘘があまりひどいと、 そもそも子育てに疲れてしまうということが起こります。 そこで 頑張りすぎてしまうと、いずれ倒れてしまい、 子育てどころではなくなります。 そこで次のページで、 子育てに疲れてしまった場合の考え方 についてまとめました。 もう限界!と感じている場合、 一度この方法を試してみてください。 すぐに気持ちが楽になると思いますよ! 最後に、思春期の子どもの うつ症状についてご紹介します。 思春期の子どもは毎日学校や塾など 様々な場所でストレスを抱え 心が不安定な状態です。 自分の心の変化に対応できないと イライラしたり無気力状態になり、 それが悪化するとうつ症状が出ます。 そうなる前に少しでも 思春期の子どもの 心理を理解して適切なサポートをしてあげましょう。 子どもがストレスなく過ごせることで、 親との衝突もなくなり良好な親子関係を 築くことができると思うので、 ぜひ参考にしてみてください。 元中学校教師が解説!! 子どもの才能を伸ばす子育て法 子育てがうまくいくようになると、 子どもは親に嘘をつかなくなります。 これが最初のステップです。 そして次のステップは、 子どもの才能を伸ばすことです。 今の時代、 自分の才能にあった生き方をしないと、 食べていくことができないからです。 ではどうしたら、 子どもの才能を伸ばすことができるのでしょうか? 私の経験上、• 思春期の子どもの特徴を理解して接する• 上手に子どもとコミュニケーションを取る• 才能を伸ばすために勉強を頑張らせる という3つのステップが大事です。 この3ステップが上手にできると、 子どもは才能が伸びていくため、 未来もかなり明るくなります。 現在私は、 この3つのステップについて無料で解説する 「思春期の子育て講座」を行っております。 これまでに 2万人以上のお父さんお母さんに 読んでいただいた人気の講座で、 今なら受講特典として、「子どもの問題行動解決マニュアル」 もプレゼントしています。 よかったらこちらも参考にして、 お子さんの才能を伸ばしていただけると嬉しく思います。 動画で解説!! 嘘をつく子供の心理と対処法 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の