私の少年 最新話 ネタバレ。 『私の少年』第37話のネタバレ&最新話。真修の父に謝罪したと言う聡子

【さよなら私のクラマー】最新話ネタバレまとめ【随時更新中】|漫画キャッスル

私の少年 最新話 ネタバレ

もくじ• ゴミ屋敷とトイプードルと私のあらすじまとめ 広告代理店勤務の25歳OLのサヤ。 素敵な恋人にロマンチックなプロポーズ。 到着したチエは最悪な想像をしてマナミを探す。 しかしそのマナミはすぐチエの前に現れた。 遅いと平然とした顔で言うマナミに、チエはきょとんとする。 マナミは楽しそうな顔で、自分を陥れようとした男の写真を見せた。 それは男が下着姿でベッドに伸びている写真だった。 マナミは痴漢対策用に持っていたスタンガンで、男を気絶させたらしかった。 フロントには連絡済みだった。 マナミは前もってこの男のことを調べていたという。 名刺は偽物だった。 恐らく今まで何人もの女子を騙し、Hなことをしてきたのだろう。 だからマナミは今後そんなことが出来ないよう、ネットに撮った写真を晒した。 黙って聞いていたチエは、そんな男のことは正直どうでもよかった。 それより、そのことを知っていながら、大騒ぎをしたマナミに腹が立っていた。 チエは本当は翼とデートだったが、マナミの危機と知って慌てて来たのだ。 ひどいとマナミを怒鳴りつけ、慌てて翼の元に急いだ。 「あの男もクズだよ」というマナミの言葉を聞きながら。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

カッコウの許嫁【14話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

私の少年 最新話 ネタバレ

カッコウの許嫁【第14話】最新話のネタバレ・内容 海野君なら背負ってくれそう、というひろからの言葉を思い出して凪はニヤニヤしていました。 ひろの家の事情を背負うと決めた凪は気合を入れます。 (そのためにもっと瀬川さんのことが知りたい) 秘密を打ち明けてもらったり、朝活に誘ってもらったりとこのままひろからアプローチさればかりではいけないと凪は考えるのでした。 喝を入れて立ち上がった凪の後ろからエリカが部屋に入ってきます。 遠足のお知らせのプリントを見せてきたエリカ。 凪はひろのことを考えていたからか、知らなかった様子です。 そんな凪にエリカはそっけなく言います。 「だって私、行かないし」 お金持ちの娘であるエリカは学校行事には警備上の理由でいけないのだ、と言うのでした。 そもそも、そういうのは興味ないという背を向けるエリカを凪は引き止めます。 「俺もいかないから返すよ」 学校行事は時間の無駄だと切り捨てる凪。 一年の時もそうしていた、という凪にエリカは一拍置いて友達いないもんねと笑うのでした。 しかし今回は行ったほうがいい、とエリカは勧めます。 瀬川と同じ班になればいいのだ、とエリカは言っているのでした。 次の日の朝、凪は朝活の図書館でひろを迎えます。 人気者のひろはもう班が決まっているだろう、と思いながらも凪は切り出します。 「俺と・・・一緒の班になってほしいんですが」 ひろは笑顔でいいよ、と答えます。 むしろ凪のほうがびっくりしてしまうのでした。 放課後、遠足のプリントを記入していた凪にひろが声を掛けます。 当日の行程表に悩んでいた凪。 「そこは御朱印集めでしょ!?」 美術館や海は興味がないときっぱり言うひろ。 「言っておきますが、私の方が多く集めるからね」 負けず嫌いのひろはそう言いつつも微笑んで、楽しみだと言うのでした。 帰り道、並んで歩きながらひろは言います。 エリカも誘うつもりだったが断られたのだ、と。 しばらくたわいのない会話して、一瞬の沈黙の後に凪は切り出します。 「と、ところでさ。 告白の件なんだけど」 先を行くひろに、自分がテストで十回勝ったら受理してくれるでいいのかと凪は問いかけるのでした。 「許嫁がいるって言ったじゃん」 少し迷惑そうに振り返ったひろに凪は戸惑います。 ひろが望んだことではないのでは、という凪の言葉にもひろは前を向いて続けるのでした。 「許嫁っていうのは親に決められた結婚相手のことだから、どうにもできないんだよ」 「私は生まれた時から運命の奴隷みたいなものだから」 寂しそうに笑って振り返るひろに凪は言葉を失います。 傘を傾けて濡れる凪にひろは一言ずつ、つぶやくのでした。 今まで負けたことがなかった自分が、いつか負けた時が来たとして、と。 「そんな凄い人が現れたら、私の運命変わっちゃうのかな?」 水たまりを踏んで歩き出したひろは、凪に顔を向けずに言います。 「海野君、私の運命変えてみせてよ」 家に帰った凪はエリカにうるさいと言われるほど、勉強に気合いを入れていました。 エリカは凪にチャラい感じの男の写メを見せます。 「この人、凪君と同じ班らしいよ?」 誘っていないし、友達になりたくないタイプだ、と慌てる凪。 瀬川と二人きりの班だったはず、という凪にエリカはうなずいてこう提案するのでした。 「だから私も遠足、行くことにしたわ」 最新話の掲載されている週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む 『カッコウの許嫁』【第14話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!! U-NEXTを使えば最新話の掲載されている週刊少年マガジンも、今すぐ無料で読めます。 また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。 カッコウの許嫁【第14話】最新話の感想 自分の運命を変えてみてほしい、というひろの言葉は凪の事が少しでも好きだという気持ちの表れではないかと思いました。 凪に顔を向けずに、ひろが赤くなっているのも可愛かったです。 凪の恋も一歩前進という感じでしたね。 また、いきなり現れた新キャラの存在も気になります。 もしかしてチャラ男がひろの許嫁という展開もあるのでしょうか!? まとめ 以上、カッコウの許嫁【第14話】のネタバレ・感想をご紹介しました。 次回が早く読みたいですね! カッコウの許嫁【第15話】は2020年5月13日発売の週刊少年マガジン2020年24号に掲載予定です。

次の

私の正しいお兄ちゃん【16話】最新話のネタバレと感想!最終回 家族

私の少年 最新話 ネタバレ

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:67話】最新話ネタバレ スミレの首元にある「封」じるしの御札を見た寧々に対し、何を考えているか彼女は察して、自分の出自を明らかにしました。 それは六番目の依代。 そして、続けて寧々のことを当代の巫であると見抜いて、自分のちからを上回るものを持っていると見抜きます。 ただ、彼女は争う姿勢を見せず、寧々に1日だけ待ってほしいと告げてきたんです。 明日はスミレにとって、どんなことよりも大切な日になる結婚式が控えているからです。 寧々は依代について花子くんに話すか悩む 明るい笑顔で頼んできたスミレのことを思うと、花子くんに依代であることを打ち明けるのは寧々にとって重いことでした。 さらに、最近の行動を考えると確実に派手な行動をやると感じていた寧々は、彼に相談することを先延ばしにして眠りにつきます。 朝、目が覚めた時に寧々の顔を凍りつかせる出来事が起こります。 目の前には能面をつけた女性が覗き込んでおり、寧々の意識が目覚めたとわかったら、数人が三指をついて頭を下げていました。 そして、同時に彼女たちは寧々にお祝いをし、寝間着を剥がして着替えさせはじめていきます。 おめかしをされていく寧々に対し、彼女たちの中のリーダー格から「スミレ」と呼びます。 何かおかしいと思う寧々なのですが、彼女たちはあなたのほうがおかしいことを言っていると告げ、鏡の前で再び「スミレ」と呼んだのでした。 寧々が運ばれる先は・・・ 自分はスミレではないというのだが、周囲の人間たちは一切信用しません。 神輿を降りてスミレ本人を呼び出しに行こうとしたのですが、女の子ひとりと何十人といる大人たちでは力の差も歴然です。 寧々は足止めを食らい、彼らのひとりから何か飲み薬を強引に飲まされるのでした。 考えることができなくなった寧々は、自分が何をしているのかわからなくなっていきます。 自分がどこへ行くかわからないような状況でしたが、ふと横に目を向けると小さな女の子が泣いていました。 その子は泣いており、自分の名前を「スミレ」と名乗り、その横にいたのは六番です。 彼女に対し表情を変えずも、自分自身の考えにより、彼女の想いを肯定していました。 その中で、スミレはいずれお嫁にいく、つまり自分の命が六番のところに行くことについて話題にしました。 彼から言われた言葉は嫁に向かえるという言葉だった。 だが、彼はその後にすぐにウソであると否定したため、小さなスミレは怒ったフリをしてどこかへ駆け出していく。 それでも、彼女の顔は微笑を示しており、彼からの好意を受け入れるものだったのだ。 助けを読んだ寧々の前には・・・ 誰かの夢か、幻を見ていた寧々は、儀式を進める祠の門の前で立ち止まっていました。 村人たちは彼女のことを偽物ではないかと疑い始め、儀式の遂行を止めるか進めるか議論をし始めます。 しかし、結果は変わらず、スミレではなく寧々を生贄に捧げると決定させました。 集団のリーダー格に手を引かれ、門の前に連れて行かれる寧々は、恐怖で表情を凍らせています。 恐怖に耐えきれなくなり、ついに「あの名前」を呼ぶのでした。 呼ばれた彼は、お面を外し、泣き叫ぶ寧々を抱き寄せて遅くなったことを謝罪します。 村人たちから包囲される寧々と彼でしたが、怒号を向けるひとりに対して、彼は被っていたお面を投げつけました。 そして、寧々の肩を抱き寄せ、結婚式は中止だし、大事な助手を嫁がせるわけにはいかないと啖呵を切ります。 もちろん、これをやったのは花子くんでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 ああ、やはり寧々が生贄にさせられてしまったのね。 数珠の腕輪を渡された時に怪しいとは感じたのですが、思ったとおりの展開になってくれました。 そして、ヒロインのピンチに駆けつけるのはヒーローです。 最後の最後で花子くんがやってきたのは、めっちゃカッコいいです。 しかも、その見開きのページのかっこよさ。 泣き叫ぶお姫様のリクエストにお答えしてやってきました感です。 このページだけは電子書籍の見開きで目にしたほうがいいです。 正直、この部分だけでもいいのでカラーにしてほしいくらいです。 次回は生贄からの脱出と、依代であるスミレと花子くんの対決だと思います。 早く読みたいなぁ。

次の