チャレンジタッチ スマイルゼミ。 スマイルゼミの危険な要注意事項とタブレット学習の強み|チャレンジタッチとの違いは!?

小学生比較「チャレンジタッチ」「スマイルゼミ」2019年度版

チャレンジタッチ スマイルゼミ

スマイルゼミ中学生コースの資料請求をしてみた 我が家では、これまで通信教育 「進研ゼミ」をメインに家庭学習を進めてきました。 比較的勉強が好きな 息子は 小学生のころからずっと通信教育で学力向上を図ってきました。 かたや 娘はというと、あまり勉強が好きではないのか、通信教育が家庭学習に結びつくのはなかなか難しいものがあります。 そこで 娘の通信教育を比較検討するため、各社から資料を取り寄せました。 息子の通信教育についても、本当にこのまま でいいのか確認するため、中学生コースがあるものは資料を取り寄せました。 スマイルゼミの内容を確認してみた感想 「 」について小学生コースの内容を確認した時は、なかなかいい通信教育だと感心しました。 「 」の封筒を開ける前に、小学生コースのイメージがあったため、とても楽しみにしていたのですが、結論から言ってしまえば特に目新しいものもなく 小学生コースに比べると影が薄れてしまいました。 「 」の口コミや評判を見ると、 タブレットで勉強するのが好評みたいですが、小学生コースから比べると他社との 差別化がなかなか図れていないようにも思います。 小学生のように、英語や新聞と言ったものは中学生になると特に目新しい材料でもなく、なかなか差別化を図るのも難しいのかな~と思います。 「 」はまだまだ教育産業に参入してきてからは、新しいサービスです。 特に、中学生コースは2013年から始まったコースのため、まだ 6年しか経過していません。 小学生のコースとは違って、中学生の場合は必ず クリアしなければいけない目標が存在します。 受験であり、定期テストでありと小学生とは違った、ノウハウが必要になります。 そういった意味で、「 」はまだまだこれからの展開次第となるのではないでしょうか。 しかし、歴史は浅いものの、 使い勝手は満足できるものとなっています。 また、 全額返金保証制度があるので、試してみてよくなかったら、 期間内であれば返金してもらえるのは嬉しいですよね。 資料請求も無料で、頻繁にセールスも来ることもありませんので、試しに中身を確認するためにもカタログで確認してみることをお薦めします。 進研ゼミ中学講座について 「進研ゼミ中学講座」の特徴 進研ゼミ中学講座は、通信教育の老舗であるベネッセコーポレーションが提供している強みが売りですね。 会員数も昔からシェアを占めている教材なので情報が豊富です。 また、中学3年生で行われる、 学力テストの問題を作成しているところも今のところはベネッセコーポレーションが独占している状態です。 そういった面で問題の質はいいと思います。 また、 は「 」より 歴史が古く1972年から名称は違うものの、ベネッセコーポレーションで出しているサービスです。 そのため、情報量は豊富で電話でのサポートサービスは、高校入試情報のみならず、日ごろの授業についての対策など 多岐多様にわたって情報を聞き出すことが可能です。 この情報は昔からシェアが高い ベネッセコーポレーションならではの質と量だと思います。 塾に通わなくとも、塾で得られる情報はほとんど得られますので、利用の仕方では受験対策など有利に進められると思います。 進研ゼミはノウハウが多く蓄積されているため、 主要5教科以外の副教科の体育や美術、技術の対策にも力を入れてくれます。 高校受験は、定期テストの点数はもちろんですが、内申書の点数も上げなくてはいけません。 そのため、副教科の内心対策も必要になります。 これは、 学習塾に行っても上がるものではありません。 しかし、進研ゼミでは電話サポートで、どういった点に注意をしたらいいのか、 先生にどう接するといいのかしっかりとアドバイスが貰えます。 歴史が長く、全国の公立学校の学力テストなどをベネッセコーポレーションが担当しているということもあり、 多くのノウハウを持っているというのは進研ゼミの強みではないでしょうか。 進研ゼミも資料請求は無料となっていますので、一度は目をとおしてみることをおすすめします。 「進研ゼミ中学講座」の会費 まず、ジャストシステムの「 」の検討をする前に、まずは についておさらいをしておきます。 一番気になる会費からみていきましょう。 は、 テキストのみのオリジナルスタイル、 専用タブレットとテキストを使用するハイブリットスタイルの2種類の学習方法から選択することができますが、受講料はどちらも同じ金額が設定されています。 通信教育では専用タブレットやiPadなどを使用し、デジタル教材を使う学習スタイルを取り入れるところが増えてきました。 進研ゼミも同じで、 専用タブレットを使用した学習スタイルを選ぶことができます。 またiPadを保有しているのであれば、そのiPadを利用して学習することも可能です。 ハイブリッドスタイルではタブレットを使用したデジタル授業ですが、定期テスト対策の暗記ブックや厳選予想問題は従来通りテキストで送付されてきます。 デジタル授業は講義や演習をiPadで行い、学習計画や赤ペンもすべてiPadで行います。 また、定期テスト対策で出る順・ニガテ度で優先順位をiPadが選択してくれて、復習するところを効率よくできるようにしています。 スマイルゼミ中学生コースについて スマイルゼミ中学生コースの会費 「 」はジャストシステムが作っている教材です。 ジャストシステムと言うと、わたしは一太郎でしょとしか思えないのです。 わたしの学生のころは、ワープロと言えばジャストシステムの一太郎で、漢字変換ソフトはATOKでしょって感じでした。 ですので初めて「 」を知った時は、何でジャストシステムなのよ!と思いました。 一括払い 9,980円• そのため、12カ月未満で途中退会した場合はタブレットについて差額代を支払うことになります。 「 」を継続する場合は最低9,980円で購入できます。 「 」を継続する場合は最低9,980円で購入できます。 なお、「 」のタブレットは専用タブレットです。 あんしんサポートを付けると年額3,600円(月額300円)(税抜)で修理交換費が6,000円となっており、サポート期間中、1回まで修理、交換が可能であります。 安心サポートは万が一のためつけておいた方がよさそうです。 タブレットの保証の他、セキュリティ(ウィルスバスター)が付いています。 「スマイルゼミ中学生コース」の特徴 と「 」を比較検討しはたしてどっちを選ぶかはタブレットの機能だけではありません。 やはり小学講座同様に教材そのものがどういったものであるかがどっちを選ぶかのメインとなります。 中学講座は小学講座と違い受験を見据えなければいけません。 小学生で受験をする子は、小学生で受験を見据えた教材を選ばなければいけませんが、小学生は主に家庭学習の習慣をつけるための教材選びになるので、そこが大きな違いとなります。 あるドラマではありませんが、「受験は情報をいかに得るかだ」だと思います。 だから塾と言う存在があり、塾ではその情報を売っているのです。 塾に通っていない子供は、 その点でハンデがあります。 まあ、ハンデと言ってもテストでしっかりと点数さえ取れる学力があれば問題はないのですが、希望する高校によってはこの情報と言うのはとても大事になると思います。 ですので、教材の内容の良し悪しも大事ですが情報の良し悪しも大事だと思います。 内容についてはどの通信教育を使ってもしっかりと勉強さえしていれば、学力は伸びると思います。 ですので情報という点で言えば「 」は、出来て日も浅いため弱点と言えます。 また、「 スマイルゼミ小学生コース」のよにジャストシステムならではの情報技術を生かしきれていないと感じます。 やはり、この点は受験対策についてまだまだ発展途上であることがうかがえる教材と思います。 勉強をすると、親の携帯電話にメールが届き、親がそこから子供の勉強の進捗などをチェックできて、なおかつ返信ができるので「みまもるトーク」機能は健在です。 しかし、これは小学生コースだからこそとてもいい機能だと思ったものの、どっちかというと中学生コースでは特別にいい機能だとは思いませんでした。 思春期の時期の子供であるため、関わりに個人差があると思うからです。 最後に と「 」の毎月払いの比較を記載しておきます。 教材名 スマイルゼミ チャレンジ 受講費 1年生 6,980円 1年生 6,336円 2年生 6,980円 2年生 6,336円 3年生 7,980円 3年生 6,665円 料金も のほうが安く、情報の質量も がノウハウが蓄積されているでしょう。 やはり、一朝一夕で得たノウハウではないので、中学生の通信教育は は料金の割にはしっかりとしたサービスだと思います。 しかしながら、タブレットを使った教材と言うことでは「 」はおススメです。 資料請求は無料ですので、一度「 」の資料を請求してその内容をご自身で確認してみてください。 に資料請求をしてみる。 やはり、 は歴史が古く、「 」同様に頭一つ出ている感じがします。 なお、イード社のアワードでは中学生部門の顧客満足度を「 」がほぼ総なめにしています。

次の

2020年度「スマイルゼミ」×「チャレンジタッチ」比較

チャレンジタッチ スマイルゼミ

進研ゼミの専用タブレット 引用: 1台目• 6ヶ月以上継続受講の場合、 0円 (税込)• 6ヵ月未満の場合、 9,900円請求される (税込)• それ以外は、2台目を自分で購入 2台目• 19,800円 (税込)• ただし、故障保険に入ると、負担額が約5,000円で済む スマイルゼミの専用タブレット 引用: 1台目• 1年間継続受講の場合、 10,978円 (税込)• 6ヶ月以上12ヶ月未満の場合、 7,678円請求される (税込)• 6ヵ月未満の場合、 32,802円請求される (税込)• それ以外は、2台目を自分で購入 2台目• 43,780円 (税込)• 専用のタブレットで動画やアニメーションなどの解説を見ながら勉強。 (タブレット専用ペン付き)• で、紙テキストの問題を解いたり、 添削問題を解いたりする。 (赤ペン先生の添削)• タブレットが 自分に合った学習内容を提案。 (カスタマイズ機能)• 保護者が子供の学習状況をチェックできる機能あり。 1教科ずつの受講はできない。 授業動画や問題などの学習教材が 全部つまっている専用タブレットを使って、勉強。 (タブレット専用ペン付き)• つまり、 紙とシャーペンがなくても勉強できる。 ソファに座りながら勉強できちゃう。 タブレットが 自分に合った学習内容を提案。 (カスタマイズ機能)• 保護者が子供の学習状況をチェックできる機能あり。 1教科ずつの受講はできない。 添削指導がないところが、進研ゼミとの大きな違い。 (保護者が設定できる).

次の

【2019年】Z会 vs まなびwith vs チャレンジタッチ vs スマイルゼミで比較 2 ~Z会とZ会タブレット~

チャレンジタッチ スマイルゼミ

スマイルゼミとチャレンジタッチ。 うちの子に合うのはどっちなんだろう? 子供に合う学習方法を探しているママ達からもよく聞かれる悩みです。 我が家の兄妹も悩みどちらも試してみました。 受講料の差も少額、子供が頑張れるコンテンツも充実。 目次から最後の『チャレンジタッチとスマイルゼミどっち?』の飛んでもらうと、我が家の兄妹の性格や教材のツボってるトコなど追記してます。 問題に入る前の解説もとても分かりやすく無駄のない解説です。 標準クラスの問題量も多くしっかり学習できますし、解きなおし問題で苦手を克服する喜びを感じられます。 タブレット内ですべての学習が完結するので、ママに横についてもらうよりは1人でじっくり勉強したいって子にはピッタリです。 チャレンジタッチは、進んで勉強する事は少ないけど楽しく教えてもらえたり、褒めてもらえるともっと頑張れる『 飽きっぽいけどハマったら長いスキル』をもつお子さんに合っていると思います。 キャラの表現豊かな解説で子供の興味を集中させ、子供の間違いに応じて解説が違います。 遊びを取り入れた問題も多く飽きさせません。 学習に繋がるアプリも豊富で、問題を解くのは嫌だけどアプリで遊びたい!ってお子さんも自然と学習が身につきます。 チャレンジタッチの効果 今回のコロナ休校中も子ども達は、毎日チャレンジタッチを開いてコツコツお勉強しています。 1年間の復習と3月に授業で学ぶはずだった単元。 そして新学年の予習。 学校の課題だけでは不安のなかチャレンジタッチは我が家では大きな安心材料になっています。 また、学習アプリ・電子図書館・学習付録に加え、毎日取り組むとキャラが成長したり、ジュエルと交換したり、子ども達は飽きることなく楽しく学習に取り組んでいます。 進研ゼミチャレンジタッチの大きな効果は『 自分から進んで教材に取り組める力が身につく』事にあります。 勉強への苦手意識の克服にもつながります。 チャレンジタッチの口コミで『キャラクターがいらない』と見かけますが、学習習慣が身につくきっかけ作りになっています。 抑揚のある語り掛けが子供の励ましになる• 複数キャラの会話で自分に語り掛けている気持ちになり集中している• タブレットを開くのが楽しいのできっかけ作りが定着する タブレットでも家庭でも学校でも子供の勉強をみる上で大事なのは「できたら褒めてあげること」「間違っていたら優しく促しあげること」だと思うんです。 まぁ実際は怒る事もあるんですけど・・・。 チャレンジタッチは『よくできたね!せいかい!がんばったね!』と回答する度にコラショやニャッチが声掛けをしてくれます。 初めてできた問題・難しかった問題。 解けた時に一緒に分かち合ってくれると次のやる気に繋がります。 タブレット学習は親がそばにいなくても1人で取り組めるのが特徴ですが、 ママがいなくても頑張りを理解してくれる何かがあるのはとても大きいと思います。 問題の解説は複数のキャラクターが物語形式で分かりやすく解説してくれます。 学年に合わせた設定ですので問題を身近に感じ物語の中で集中し問題を解いていきます。 坦々と解説されるより理解しやすいのです。 そして、 賑やかなホーム画面と学習アプリ・デジタル図書館で毎日タブレットを開くのが楽しくなる!ホーム画面にはイベントやキャラ育成・ニュース配信がされ「今日は何があるかな?」と楽しみの一つに。 どーしても勉強したくない日は学習アプリ。 ゲームをしながら算数・国語の反復練習ができたり、英語の発音・聞き取りの練習・プログラミングもできます。 休みの日は「まなびライブラリ」で図書館気分。 絵本・単行本・図鑑が1000冊以上!動画も選べます。 子供たちは休みの日に寝転がりながら読書して楽しんでいます。 進研ゼミは、学習だけではなく子供の日常を楽しくタメになるコンテンツがたくさんです! スマイルゼミの効果• AIと会話!楽しく話して英語力をアップ• 例えば【積み木のような四角の体積を求める場合どこで切って考えるのか?】色々方歩はありますよね?子供が考えに合わせ最適な考え方で指導されます。 また、今まで学期に1度だった 赤ペン先生の添削課題が毎月に。 記述式問題に担当の先生の言葉で回答してくれるので、自らの考えを表現する力を大いに伸ばせます。 タブレットで提出し返却されて手間もかかりません。 AIを使った英語学習がスタート ここにボックスタイトルを入力• 小学3,4年生 年間35単位時間 週1コマ程度 の英語授業が本格的に開始。 「聞く・話す」を中心に英語の音声や表現に慣れ親しむ授業内容• 小学5,6年生 年間70単位時間 週2コマ程度 の英語の授業で成績もつくように 小学3年生以上では話す英語力をスタートラインにAIとの会話を通して英語を話したくなる意欲を高め英語での会話に慣れ親しんで自信がもてます。 授業で習った単語や表現を使ってAIと楽しく会話。 自分なりに考えて発話する力や発音のチカラが伸ばせます。 レベル別なので子供の英語力に合わせて学習ができます。 いよいよ始まるプログラミング プログラミング的思考だけでなく、目的に合わせたデジタル機器の活用スキルや安全に運用する知識を身に付けていきます。 各学年に合わせたテーマ・教科のプログラミング学習はもちろん、情報を安全に活用する力をつける【 個人情報・友達とのSNSの繋がり方・フィッシングサイトのリスク】を子供の目線で伝え学べます。 タイピングの練習ができるアプリも登場! 2020年4月スマイルゼミのリニューアル内容• 教科ごとの学力到達度診断 テスト結果を分析し学力がスマイルゼミの定める学力到達目安に達しているか教科ごとに診断• 単元単位で得意・不得意を診断 テスト結果と問題の難易度や正答率などを分析し得意不得意を単元にまで落とし込んで分析• テスト結果を蓄積し、成長を見える化 テスト結果はすべて記録しグラフ化。 学力到達度の推移を視覚的に確認し今後の学習につなげる 全国学力診断テスト後の復習問題は、学力到達目安に達している単元は、応用レベルの講座を配信し、未達の場合は基本レベル講座が配信され基礎力の向上を求められます。 学校で習う順番で英語を学習 2020年4月から5,6年生では英語が教科となり教科書を使った授業がスタートします。 英語は他の教科と比べて、教科書によって習う順番が大きく異なる教科です。 スマイルゼミは7社の教科書出版社発行のすべての教科書に準拠。 子供が通う学校の進度に合わせて英語が学習できます。 ただでさえ初めての英語の授業。 【 Where do you want to go? 【 What would you like? 1人で解くのが難しい問題は動画やアニメーション・音声などでわかりやすく説明する『チェックポイント式解き方動画』で要所でポイントを押さえながら進められるため、動画解説にありがちな「みているだけ」を防ぎ能動的に学習できます。 赤ペン先生の添削課題• 実力診断テスト• テスト問題集• 実験教材 星座調べ・ひまわり栽培etc 赤ペン先生は記述問題を担当先生に添削してもらえます。 人がみてるから細かい解説や子供の特徴を掴んだコメントが書かれています。 テスト問題集は教科書準拠で実際のテスト問題に近い出題形式です。 出題範囲が広くなる高学年はテスト対策に活用できます。 実験教材は、子ども達がとても楽しみにしています。 おもに『生活科・理科・社会』の単元にあわせた教材が送られてきます。 4年生では月の観察が宿題でだされたのでさっそく付録を使い、周りの子ども達より深く観察することが出来たと思います。 日常会話を中心にコラショと学び進めていきます。 【全2600レッスンを収録】 1年生は楽しい歌や物語で身近な単語や表現を学びます。 4年生は耳から聞いて話せる英語をどんどん増やしていきます。 録音して自分の声を聞いたり、紙教材で書き取りの練習ができます。 また『12段階習熟度別トレーニング』が新登場し、1人ひとりの今できるレベルからはじめて基礎から高校レベルまで、学年を超えた英語力を目指せます。 小学校で必修化されるプログラミングも受講費内です。 言語を学ぶわけではなく、新しい教科ができるわけではありません。 課題解決力を身につけるため教科の中に組み込まれプログラミング的思考を身につける学習になります。 チャレンジタッチでは、学年に合うカリキュラムでプログラミング学習を進めていきます。 レベル1 メインレッスン【授業を理解する基礎固め】• レベル2 もっと演習コース【よりしっかりと基礎固めをするためのコースです。 教科書レベルの演習問題が増えます】• レベル3 もっと発展コース【基礎固めに加え、教科書レベルを超えた発展的な力を伸ばすためのコースです。 国語・算数では「もっと演習コース」の内容を含みます。 】 中学受験レベルの学習を必要とする場合は、オプション教材から選べます。 4年生の息子は、メインレッスンだけではもの足りないので自主的にもっと発展コースへ難度を上げたいと申し出てきました。 授業中の発言が増えたりディスカッションの場で中心となってまとめていく事ができているのが、とても嬉しいようです。 学期末 1. 2年生は年2回 の実力診断テストで学習到達度をチェックできます。 全国レベルと比較する事でやる気に繋がりますし、結果に合わせた「個別復習ドリル」も配信されるので、テストで終わりではなくしっかり苦手を克服できます。 特に6ヶ月未満で退会する可能性があるなら、チャレンジタッチが断然お得です。 チャレンジタッチのデメリット タブレットが楽しい分、自分から進んで紙教材を勉強してくれないのが弱点です。 赤ペン先生と実力診断テストは努力賞ポイントが加算されるため、声掛けをすると頑張ってくれます。 テスト100点問題集はご褒美なしです。 「漫画で読む漢字辞典」「challengeEnglishワーク」も興味がないのかパラっとみて終わり。 タブレット教材以外をどうやらせていくかが今後の課題だと感じています。 子供とのメッセージのやり取りがスムーズにできるので、LINEのように使っています。 お留守番をさせる時の連絡ツールに活用していて、専用アプリで通知が届くのですぐに返信できますし、グループLINEのように使えるので、ママ・パパ・子供でやりとり。 留守番が心配でスマホを持たせるか悩んでいるのなら、低学年のうちは便利に活用できます。 もちろん、学習報告もしてくれて「学習を開始しました」「学習を終了しました」とリアルタイムの通知。 在宅の確認もできます。 子供って袖が画面についても気づかないのでイチイチ「袖あげてー」なんて言わずにすみます。 またペンの先が三角になっていて正しい持ち方の習慣付けが可能です。 毎月の単元10個中1,2個の割合です。 息抜きになりますしゲーム感覚なので楽しみながら反復練習ができます。 標準クラス 教科書の内容や学習習慣を定着させるクラス。 1日20分程度の学習量。 まずは家庭学習の定着や学校の予習復習、テストの点数を上げたい! 発展クラス 教科書の範囲を超えた問題を解く力を養う。 標準クラスと比べ学習時間約1. 2020年春からはさらに学習量・難易度がアップするそうです。 学年問わず進められますし、受験料をスマイルゼミが全額負担してくれる!漢検合格率96. 一方では2週間お試しや体験会も開催されているのでじっくり試してから入会すれば損はないと思います。 チャレンジタッチは会話で解説しています。 一方スマイルゼミは実際のカレンダーで説明しています。 『なんで読み方が違うの?数の数え方が違うの?』疑問を1つずつクリアして理解する子はチャレンジタッチ。 『カレンダーってこんな仕組みなんだ!』と理解できる子はスマイルゼミが合っていると思います。 このように同じ単元でも教え方のアプローチが違いますね。 授業に近い教え方はチャレンジタッチですね。 タブレット代金とサポート比較 チャレンジタッチとスマイルゼミではタブレット代金や故障サポートも大きく違います。 チャレンジタッチ新一年生4月号入会限定で受講月数に関わらずタブレット代0円。 しかも返却不要です。 チャレンジタッチ スマイルゼミ 基本本体代 14,800円 32,802円 12ヶ月以上 0円 10,978円 12か月未満 0円 18,656円 6か月未満 9900円 32,802円 サポート代 年 1860円 6,600円 加入申込 タブレット到着前 入会時 修理交換代 毎回3300円 1回のみ無料 保証期間 1年間 12ヶ月目の月末 保証対象内 自然故障1年目のみ 自然故障 保証対象外 自己破損 有料 紛失・盗難・自然災害・対象内以外の原因 タブレット学習を 始めやすいのは断然チャレンジタッチだと思います。 6ヵ月以上受講すればタブレット代金は無料です。 年間サポート料金を比較しても進研ゼミの方が安い。 ただ、 保証内容はスマイルゼミの方が手厚いようです。 4年間チャレンジタッチを使用していますが、問題なく使えています。 手が滑って落としたり、ペンでカンカン叩いたり、ドンっと片づけたり、小学生の行動の範疇であればそう簡単には壊れないと思います。 兄は授業を受ければだいたい理解できるタイプ。 妹は授業を理解できないまま帰宅し泣いちゃうタイプ。 2人ともチャレンジタッチ・スマイルゼミを経験しましたが、チャレンジタッチで落ち着いています。 兄は本が好きでまなびライブラリで様々な本を読んでいます。 実験も好きで体験教材で黙々と実験し理科の授業で役に立っているようです。 妹は褒められる事が大好きで、答え合わせの度にコラショが褒めてくれるとニコッと満足気です。 集中力がなくドリルが苦手ですが、学習アプリは楽しいようで計算問題・漢字の練習もアプリなら頑張れます。 結果我が家の子ども達にはチャレンジタッチが合っていたようです。

次の