アダム ユーリエフ コンパス。 997 Best コンパス 戦闘摂理解析システム images in 2020

##コンパス #ソーン=ユーリエフ アダム「ソーン?ただの天使でしょう?」

アダム ユーリエフ コンパス

ソーンのHAの射程は、アタックリング(緑色の曲線)ほどまで。 アダムのHAは、写真の位置からが最大射程となり、明らかに違うことがわかる 相違点2:発生時間と硬直時間 「発生時間」とは、長押しを始めてから、実際にHAが撃てるようになるまでの時間のことである。 アダムの場合は、この時間が少しかかるのに対して、ソーンは長押しを始めた瞬間といっていいほど、すぐにHAを撃つことができる。 つまり、 発生時間がアダムより短いというメリットがある。 「硬直時間」とは、HAを発動してから、動けるようになるまでの時間のこと。 アダムの場合は、この時間が長く、HAが当たって敵が着地するまで動けないが、ソーンはHAが当たって敵が上空に舞っている途中から動くことができる。 つまり、 硬直時間もアダムより短いのだ。 アダムのHAよりも、小回りがきくのがソーンのHAとなる。 広い通常攻撃範囲と少ないスキを生かして、敵がHAで宙に浮いている間に、通常攻撃で追撃可能だ! 相違点3:威力 アダムよりも小回りがきき、リスクが少ないぶん、威力は低め。 アダムのHAの威力が、攻撃力の約1. 8倍もあるのに対して、ソーンのHAの威力は、 攻撃力の約1. 4倍と大きな差がある。 しかし、HAで敵を宙に浮いているときに通常攻撃で追撃することにより、その穴を埋めることができる。 強力なHAを使いこなすことが、ソーン使いへの登竜門となるだろう。 ヒーロースキル:アイシクル ロード ヒーロースキル(以下、HS)は、効果時間中ソーンの足元に、敵を凍結させるエリアを展開するというもの。 歩くと「アイシクル ロード」という名の通り、氷の道を設置できる。 ガードブレイク(【破】)効果のある【周】カードは、こちらの2枚。 【周】カードの発動がトップクラスに速いソーンには相性がいい。 「【超高校級の幸運】狛枝 凪斗(写真右)」は、コラボ限定カードとなっている デッキ例の代用カード カード名 代用カード名 楽団姫 ディーバ 【SR】帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー 【R】アイちゃんのオススメ防弾パーカー 【N】警備ロボ Guardoll-4771 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK 【UR】究極系ノーガード戦法 魂を司る聖天使 ガブリエル 【SR】聖女の守り手 黒猫リリィ 【SR】楽団員 アルプ 【R】雨霊の加護 ウィネバ 【R】保健室の救急セット ソーンのおすすめメダル• ソーンは、相手に近づかれることを苦手とするが、HAや【周】カードを使いこなせば、回避せずとも相手を遠ざけたり、返り討ちにしたりできる。 しかし、まだ『 コンパス』に慣れていなかったり、HAを使いこなせなかったりしていたら、「 移動速度アップ」を付けよう。 HAや【周】カードを使いこなせるようになったら、「 攻撃力アップ」がおすすめだ。 メダル おすすめポイント 攻撃力アップ• 通常攻撃の威力が上がり、相手を倒しやすくする 移動速度アップ• 初心者におすすめ• 接近してくる相手から逃げやすくなる.

次の

##コンパス #ソーン=ユーリエフ アダム「ソーン?ただの天使でしょう?」

アダム ユーリエフ コンパス

・出てくるメンバー少ないです。 ・小説というより小噺です。 どうか許して下さい。 何でもしますから(なんでもするとは言ってない) ・初投稿なので色々ヤバイ(語彙力) ・(書きたいとこだけ書いた為)場面が飛び飛び。 繋ぎってなんですか?? ・あくまで弊パスのヒーローのみに適合する内容になります。 キャラ崩壊注意。 そんな風景にも慣れ、気に止める事も無く蒼王宮の騎士団長である『アダム=ユーリエフ』は、騎士の名に恥じぬ端麗な所作で歩く。 女王陛下の権威を示すが如く絢爛豪華な城内でも、その姿が霞む事は無い。 そこへドタドタと大きな、しかし軽快な足音が近付いて来る。 ソーン「兄様!」 アダムに声を掛けたのはアダム実の弟である『ソーン=ユーリエフ』であった。 アダム「ソーン、廊下を走るな。 端ないですよ。 」 ソ「す、すみません…あのっ!これを…兄様に…。 」 静かに叱責するとソーンは申し訳なさそうに謝り、怖じ怖じと小さな紙袋を差し出した。 ア「?…この髪留めは?」 不思議そうに受け取り中身を確認すると、中には何の飾り気も無いブラックのヘアピンが入っていた。 ソ「こんな簡素な物ですみません…でもどうしても戦場へ赴く兄様に何か贈り物をしたくて…でも高価な物が買えず…こんな物しか…」 よく見るとソーンの髪や服、靴等にも雪の結晶がちらほらと残っており、鼻先も少し赤味がかっている。 ア「………ソーン。 」 アダムは片膝を着き、ソーンと目線を合わせようとする。 ソ「…はい。 」 しかしソーンはアダムを直視する事など出来なかった。 憧れでもある兄にこんな安物は似合わない。 そんな事は最初から気付いていた。 しかしまだ働く事も出来ないソーンはジェニトやリョーフキーに頼み、仕事や身の回りの手伝いをしてお小遣い程度の駄賃を貰い、少しづつ資金を貯めていた。 このヘアピンも飾り気こそ無いものの、何度か町を訪ね強度や機能性を考慮した、子供であるソーンの手が届くギリギリの代物、寧ろ高価な物であった。 しかし兄に、騎士団長に贈る物としては不釣り合いである事は確かだ。 どうしても女王陛下の髪飾りと比べてしまうのも要因ではあるが。 要らないと、こんな物は付けられないと、陛下の髪飾りがあれば充分だと、そう言って返される気がした。 そんな気がしてならない。 ソーンはそれが怖くてギュッと目を瞑った。 ア「贈り物に大切な事は値段ではなく、気持ちだ。凄く嬉しい。 ありがとう。 大切に使わせて頂く。 」 大きく目を開けた。 目の前の兄はとても嬉しそうに 笑っていた。 返されなかった。 受け取ってくれた。 ソ「!!…はい、兄様!」 嬉しくて泣きそうになりながらも、ソーンは満面の笑顔を返した。 [newpage] [chapter:出陣直前] 城内のとある一室の椅子に腰掛けているアダムの表情は、険しい。 周りには武装した兵士や多くの武器が並び、話し声は聞こえるものの、神や陛下に祈りを捧げる者や、布陣の確認する声が殆どである。 紅薔薇が攻めて来たのだ。 張り詰めた空間を、たった今上がった狼煙が撃ち破った。 第1陣が紅薔薇と対峙したのだ。 全員の集中力がより高まった。 何時もは戯けた態度のリョーフキーもこの時ばっかりは凄まじい覇気を纏っている。 リョーフキー「そろそろか。 アダム、行く…って髪留めは置いてくのか?」 ア「勿論だ。 この髪留めには陛下の髪飾りのように魔力が込められていない。 壊れたら大変だ。 」 丁重にヘアピンを外すと予め自室から持ち出してした重々しい小型ケースに丁寧に仕舞い、金庫に入れ厳重なロックを操作し、施錠できた事を確認した。 リ(で、いつも就寝時に陛下の髪飾りを入れる『高魔力防衛函(ケース)』に仕舞うのか…) リョーフキーの脳裏には、何時もは優雅に行動するアダムが凄まじい勢いで自室のドアを開け、ソーンから贈り物を貰ったと慌ただしく押し掛けてきた時の事を思い出した。 その時の饒舌は今でも忘れられない。 聞き手のリョーフキーの事などお構い無しにマシンガントークを繰り出し、子供っぽい所もあるんだなと微笑ましく思えた。 しかし、散々贈り物の話をしたというのに、そこからソーンがどれだけ素晴らしい人間か、子供の頃の話、ソーンをどれだけ愛しているか、など話は拡がり宥めるのが大変で、夜遅くまで付き合わされた。 リ「ソーンの事大好きかよ〜!」 クスクスと茶々を入れるとアダムは少し頬を赤らめそっぽを向いた。 ア「…煩い。 早く行くぞ。 」 察しの良いアダムはリョーフキーのニヤニヤとした顔を見て、あの日散々ソーンを褒め称え、惚気話を聴かせ、寝不足気味にさせてしまったあの失態を思い返している事に気が付いていた。 何時もなら氷柱の一つや二つ当てている所だが、こればっかりはアダムに非がある為反撃など出来る筈が無かった。 あの日アダムは翌日業務を消化する積りであったとはいえ休みだった。 それも相まって熱が入ってしまったのだが、リョーフキーは通常業務があり、その日1日欠伸が止まらなかったと聞いていて、非常に申し訳無く思っていた。 ランチをご馳走したりしたが責任感が人一倍強いアダムからしたら友人とはいえ無礼が過ぎたと思っている。 しかしアダムは話す事に夢中で気付いていなかったが、リョーフキーはずっと笑顔でアダムの話に耳を傾けて居た。 アダムはこの若さで騎士団長に登り詰めた。 そして若さを理由に舐められないように常日頃から気を張り詰めていた。 アダムを一番近くで見てきたリョーフキーは、その努力をよく知っている。 だからこそ子供のように興奮して声を荒げて話すアダムが見れて、嬉しかった。 戦友として隣に居るのではなく、ただの友人として隣に居れる事が嬉しかった。 突然押し掛けてきて驚きはしたものの、夜遅くまで付き合わされてうんざりした、等とは微塵にも思っていない。 話を聞いている時のリョーフキーの顔は終始幸せそうだった。 [newpage] [chapter:コンパス実装前] 目の前のAIロボは巨大なスクリーン端末を巧みに操作し、登録を完了させていく。 スクリーンには2つの姿が映し出される。 後の『「コンサート」フォーム』と『「写真集」フォーム』だ。 ボイドール「特殊コスチュームハコノ2ツデ、宜シイデスカ?」 ア「 遊び心と意外性も持って選べと言われたがこれでいいのか? はい。 」 ボ「ワカリマシタ。 ソレデハ。 」 少し不安もあったが特に駄目出しをされる事も無く採用され一安心したが、アダムには一つ心残りがあった。 サーティーン「うっわ…寒そうだな…。」 サーティーンはアダムを見るや否や挨拶も無しに辛辣な言葉を言い放つが、アダムも最初こそ無礼だと感じていたが今はもう慣れた。 ア「私の故郷はずっと吹雪いていましたからね、問題無いですよ。 」 アダムからすれば貴方の姿も大概では?だと思ったが、彼は人外、死神だと聞いている。 人間とは認識が少しズレているのだろうと納得した。 サ「へ〜そうかい。 ところでよぉ、なんでそのコスチュームだけヘアピン付けてんだよ?魔力は込められてねぇし、陛下サマからの物じゃねぇだろ?」 この死神は何時もは巫山戯た態度をとっているが、案外周りをよく見ている。 そして戯けた態度や激しいスキンシップ等の狭過ぎるパーソナルスペースとは裏腹に本心は全く明かそうとしない。 謎の多い男だが、触らぬ神に祟りなし。 何かしない限りは何もして来ない。 と思う。 サーティーンからの質問を自分の中で反芻したアダムは軽くヘアピンに触れ思い出す。 ア「これは…」 〜〜 ア『…あの、一つ宜しいですか?戦闘で装飾品が壊れる心配は無いのですか?』 ボ『データ上デノ戦闘デスカラ、心配アリマセンヨ。 』 ア『でしたら、このコスチュームにこの髪留めを付けて貰う事は可能ですか?』 ボ『エェ、デキマス。 』 ア『本当ですか!宜しいお願いします!』 〜〜 ア「これは……大切な人からの、大切な贈り物です。 」 サ「お、おぅ…そっか… えぇ?騎士サマめっちゃ笑顔じゃん…へぇ〜恋人なんて居たのか〜お熱いねぇ〜 」 アダムの幸せそうな顔を見た死神は、真実の斜め上を行く解答へと行き着いた。 ア「なんです?」 予想以上に驚いた様子の死神に素直に疑問をぶつけるが、死神はヒラリと身を翻した。 サ「べっつにー?まぁご馳走さん!お幸せに〜。 」 ア「は?」 最後まで噛み合う事なく上機嫌で遠ざかって行くサーティーンに、アダムは首を傾げた。 [newpage] [chapter:ソーン実装後] ソーンは今日のミッション内容の確認をしに、掲示板を見上げていた。 今日はタンクでベストプレイヤーになるミッションの様だ。 自分の出番は来ないかもしれない。 少し残念がっていると、そこへツカツカと優雅な、聞き慣れた足音が聞こえた。 ふとそちらを向くと予想通り実の兄であるアダムを見つけ、挨拶を交わそうとして駆け寄り、ある事に気が付いた。 ソ「あっ!兄様…その髪留め…」 アダムはいつもは足メダルが揃っているオリジナルの服でアリーナへ向う。 しかし今日は気分転換に『「写真集」フォーム』を身に纏っていた。 その様なバリエーションがある事は知っていたが、見るのは初めてだった。 ア「あぁ。 ソーンからの物だ。 ここでは壊れる心配が無いからな。」 優しくヘアピンを撫でるその姿にソーンは思わずアダムに飛び付いた。 ソ「〜ッ!兄様!大好きです!!」 アダムはその場にしゃがみ込み両腕でしっかりとソーンを包み込んだ。 ア「俺も大好きだよ。 たった一人の大切なソーン。 」 その二人の姿を一つの影が扉の奥から覗いていた。 サ うわぁ…たまたま通り掛かったけど…何だよ騎士サマ…抱き合っちゃって… スッと身を引き溜息を一つ付くが、すぐにいつもの様に口角を上げた。 サ「ブラコンかよ〜w」 二人に聞こえない様に小さな声でクスクスと笑う。 ア「想ってくれる人が居ないなんて惨めだな。 」 サ「うわっ!? 」 サーティーンの気配に気付いていたアダムは扉から顔だけ覗かせ、静かに言う。 気付かれているとは思っていなかったサーティーンは身体を仰け反らせ、目を見開いた。 ソ「兄様!そんな言い方酷いです!」 サーティーンの存在に驚きながらも兄を叱責する。 サ「そうだぞ!おにーちゃん!」 ア「貴様の兄ではない。 」 ソ「兄様は僕だけの兄様です!!」 味方をしてくれたソーンの優しさに調子に乗って冗談を交えるが、見事に清い兄弟愛のカウンターを喰らった。 あまりの息の合ったコメントにげんなりとし、頭を抱えた。 サ「うわぁ…ソーンもブラコンかよ…それに結局女からの貰い物じゃねぇし…拍子抜けだな、マジで…」 ア「貴方…何か勘違いしていたのですか?」 ここで先日の噛み合わない会話の全貌が見え、勝手に妄想され勝手に幻滅されたアダムは少しムッとした顔をする。 サ「もう良いもんね!あっコクリコ!!ちょっとこっち来い!!」 同じく掲示板の確認に来たのか、突然呼ばれたコクリコは声に反応し振り向くと、白のスカートとフワフワと揺らしながらこちらへ駆け寄って来る。 コクリコ「えぇ〜?なぁに?サーティーンおにーちゃん。 」 サ「はい、ぎゅ〜!」 サーティーンは両膝を着き、コクリコを抱きしめた。 コ「うわぁ!!コクリコもコクリコも!!ぎゅ〜!!」 にこやかに笑い少女も抱きしめ返す。 コクリコの素直で無垢な反応に気を良くしたサーティーンは頭を撫でた。 コクリコも嬉しそうに頬を寄せた。 サ「おい!ソーンも来いよ!!仲直りのぎゅ〜!だ!!」 片手はコクリコを抱きしめたまま、膝を外側へ大きく広げスペースを作ると、空いた片手でソーンを手招く。 ソ「へっ!?あっはっはい!!ぎゅ、ぎゅ〜!!」 突然呼ばれたソーンは困惑しながらもサーティーンの方へ駆け寄り、コクリコの隣のスペースへ飛び込む。 勢い良く飛び込んだソーンも抱きしめ、満足げに頭を撫でた。 騎士は深く大きな溜息をつく。 ア「はぁ……行く訳な「兄様!!」い……………………………ぎゅー。 」 弟に言われては兄として行かない訳にも行かず、長考の末、ソーンとコクリコ、そして2人を抱きしめるサーティーンを包み込む様に抱きしめた。 どうにも態度をコロコロ変えるこの死神や、愛する弟、そして純粋無垢な少女の前では、幾千の戦場を駆け巡り踏破した騎士団長であっても敵わない。 どれだけの戦術や力を身につけても、彼等の前では無意味であった。 騎士はまた溜息を吐いたが、頭の中では蒼王宮で友人や仲間と他愛のない雑談をしていた時の事を思い出していた。 きっとこの関係もやり取りも満更では無いのだろう。 楽しんでいるに違い無い。 そんな事を考えていると頭にポンと大きな掌が乗せられた。 サ「たまにはこんなのも悪かねぇだろ?」 大きな掌は頭を優しく撫でた。 ア「………まぁ、たまには、な。 」 頭を撫でられるなんて何年ぶりだろうか。 非常に久々な感じがする。 存外悪く無くて、ゆっくりと目を瞑った。 思えばアダムはヒーロー達が和気藹々としている場でも必要以上に近付く事は無かった。 その度に死神は「おーい騎士サマも来いよ〜!」とか「なぁなぁ、彼処にヒマそうな奴が居るぞ〜??」などと言っていた気がする。 どうやらサーティーンはずっと気にしていたらしい。 それでもここまで近付く事は無かった。 今までと決定的に違う事は、やはりソーンの存在だろう。 本当にソーンには頭が上がらない。 無意識に熱い視線を送っていたのか、ふとソーンが此方を向いた。 ソ「?何ですか?兄様?」 ア「……いつもありがとう。 」 ソーンはキョトンと呆けた顔をしたが、すぐに笑顔に戻り、大きく頷いた。

次の

#コンパス ミニサイン帳(ver.休息)

アダム ユーリエフ コンパス

ソーンのHAの射程は、アタックリング(緑色の曲線)ほどまで。 アダムのHAは、写真の位置からが最大射程となり、明らかに違うことがわかる 相違点2:発生時間と硬直時間 「発生時間」とは、長押しを始めてから、実際にHAが撃てるようになるまでの時間のことである。 アダムの場合は、この時間が少しかかるのに対して、ソーンは長押しを始めた瞬間といっていいほど、すぐにHAを撃つことができる。 つまり、 発生時間がアダムより短いというメリットがある。 「硬直時間」とは、HAを発動してから、動けるようになるまでの時間のこと。 アダムの場合は、この時間が長く、HAが当たって敵が着地するまで動けないが、ソーンはHAが当たって敵が上空に舞っている途中から動くことができる。 つまり、 硬直時間もアダムより短いのだ。 アダムのHAよりも、小回りがきくのがソーンのHAとなる。 広い通常攻撃範囲と少ないスキを生かして、敵がHAで宙に浮いている間に、通常攻撃で追撃可能だ! 相違点3:威力 アダムよりも小回りがきき、リスクが少ないぶん、威力は低め。 アダムのHAの威力が、攻撃力の約1. 8倍もあるのに対して、ソーンのHAの威力は、 攻撃力の約1. 4倍と大きな差がある。 しかし、HAで敵を宙に浮いているときに通常攻撃で追撃することにより、その穴を埋めることができる。 強力なHAを使いこなすことが、ソーン使いへの登竜門となるだろう。 ヒーロースキル:アイシクル ロード ヒーロースキル(以下、HS)は、効果時間中ソーンの足元に、敵を凍結させるエリアを展開するというもの。 歩くと「アイシクル ロード」という名の通り、氷の道を設置できる。 ガードブレイク(【破】)効果のある【周】カードは、こちらの2枚。 【周】カードの発動がトップクラスに速いソーンには相性がいい。 「【超高校級の幸運】狛枝 凪斗(写真右)」は、コラボ限定カードとなっている デッキ例の代用カード カード名 代用カード名 楽団姫 ディーバ 【SR】帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー 【R】アイちゃんのオススメ防弾パーカー 【N】警備ロボ Guardoll-4771 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK 【UR】究極系ノーガード戦法 魂を司る聖天使 ガブリエル 【SR】聖女の守り手 黒猫リリィ 【SR】楽団員 アルプ 【R】雨霊の加護 ウィネバ 【R】保健室の救急セット ソーンのおすすめメダル• ソーンは、相手に近づかれることを苦手とするが、HAや【周】カードを使いこなせば、回避せずとも相手を遠ざけたり、返り討ちにしたりできる。 しかし、まだ『 コンパス』に慣れていなかったり、HAを使いこなせなかったりしていたら、「 移動速度アップ」を付けよう。 HAや【周】カードを使いこなせるようになったら、「 攻撃力アップ」がおすすめだ。 メダル おすすめポイント 攻撃力アップ• 通常攻撃の威力が上がり、相手を倒しやすくする 移動速度アップ• 初心者におすすめ• 接近してくる相手から逃げやすくなる.

次の