コロナテロ。 【新型コロナウイルス】自爆テロも恐れないISが距離を置き始めた欧州と新型コロナ|日刊ゲンダイDIGITAL

インドネシア、コロナ禍の隙つくイスラム系テロ組織 コロナとテロ組織、2つの脅威で緊迫するインドネシア社会(1/4)

コロナテロ

スポンサーリンク ポカホンタス女の現在がコロナに感染していた? 栃木のポカホンタス女さん、結局コロナ陽性じゃねえか マジで日本に拡散しに来ただけかよ・・・ — える lTfC8qI4PATLiaC 2週間ほど前にニューヨークに留学中だった女性が発熱していたにも関わらず日本に帰国して炎上したのですがコロナに感染していた可能性が高いと再び炎上しています。 細井郁代さんはロックダウンされたニューヨークで発熱し、病院で受診出来ないことから帰国を決断していました。 コロナ感染の可能性が高い状態で帰国した事で大炎上した細井郁代さんですが、やっぱり感染していたと再び大炎上しているのです。 空港検疫の表でアメリカ滞在歴のある栃木県の30代女性がコロナに感染しているとの記載が。 細井郁代さんについては• 30代• 栃木県出身• ニューヨーク滞在歴• 3月末から4月始めに帰国 と検疫表に記載されている情報と一致している事で、細井郁代さんはコロナ感染者だった可能性が高いと言われているのです。 空港の検疫で陽性が確認されたという事は千葉県内で隔離されているかもしれませんね。 スポンサーリンク インスタやブログは? ネット上では細井郁代さんのインスタやブログについて注目が集まっています。 引用:Twitter また、友人のブログに細井郁代さんの写真が沢山投稿されていたそうですが4月3日に細井さんに関する記述や写真は削除されています。 ちなみにブログやネット上の書き込みから 現在は34歳で佐野日大高校出身との情報も。 また、大学は大東文化大学でアルペンスキーの国体選手だった経歴をお持ちのようです。 その他の詳しい情報が入り次第追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。 スポンサーリンク ネット上の反応とは? うんこがでかそう というレスで爆笑した 【悲報】ニューヨークから栃木に帰ってきたポカホンタス女、やっぱり新型コロナに感染してた — Yutaka Iwahara IwaharaYutaka 【悲報】ニューヨークから栃木に帰ってきたポカホンタス女、やっぱり新型コロナに感染してた — taku0824 taku08243 雷に撃たれて死ねよ自意識過剰ブサイクゴリラ — 安倍下痢ぞう AcIR2MhK1wCPL7y ポカホンタス女は自己顕示欲に勝てていれば袋叩きにあうことはなかったのに。 エゴ以前にバカ全開。

次の

新型コロナは生物兵器として使用されるか チュニジアでは2人逮捕

コロナテロ

米国の国家安全保障省の「ホームランド・セキュリティ・トゥデイ」誌は13日、過激派組織イスラム国(IS)がその機関紙「アル・ナバー(ニュース)」の中で、メンバーたちに対してコロナウイルスの感染拡大があるヨーロッパへ渡航しないように呼びかけたことを報じた。 またISは、すでにヨーロッパで感染しているメンバーにはヨーロッパに留まり、感染を拡大させることを促している。 同記事によれば、ISは中国から感染が拡大したのは、中国政府のウイグル人への人権侵害に対して与えられた神罰であることを強調し、コロナウイルスが神の人間に対する責め苦であるとも述べた。 その一方で、中国のウイグル人メンバーが組織の活動地域にウイルスをもち込む懸念も明らかにしている。 ISがヨーロッパをテロの標的としてきたことは周知の通りである。 2015年11月にはフランス・パリで同時多発テロを起こして130人が死亡し、300人以上の負傷者が出た。 16年3月にはベルギー・ブリュッセルの国際空港と地下鉄で同時多発テロがあり、32人が死亡したが、ISが犯行声明を出した。 ヨーロッパでISによるテロが発生してきた背景には、ヨーロッパ諸国のシリアやイラクなど中東イスラム世界への軍事介入や、経済的に恵まれないヨーロッパのムスリム青年たちが疎外感を覚え、社会に恨みをもったことなどがある。 フランスやベルギーなどヨーロッパ諸国は、2014年8月から始まったISへの軍事行動である「生来の決意作戦」にも参加した。 ISの機関紙では、コロナウイルスの予防方法も説明されるようになった。 ISという組織が誕生したイラクでもコロナウイルスの感染が懸念されている。 イラクでは、1990年代の湾岸戦争後の経済制裁、またイラク戦争後の混乱で医療体制が崩壊した。 医療従事者に対する攻撃、無能な行政機構、腐敗の横行、慢性的な医師、看護師、また医薬品の不足、きわめて不十分な福祉予算の問題などが、コロナウイルスの感染拡大をもたらしている。 2019年は国家予算のわずかに2. 5%が保健省に割り当てられたに過ぎない。 イラクでは、医師に対する暴力は敵対する勢力に医療行為を施したとか、あるいは経済的な妬み、異なる宗教や宗派に属しているなどの理由で行われてきた。 2014年にISがイラク北部のモースルを席巻した時、クリスチャンの医師たちの多くがクルド自治区に逃れた。 米国が2003年にイラク戦争を開始してから少なくとも320人余りの医師たちが殺害されたと見積もられている。 このように劣悪な医療事情の下、イラクでは3月16日現在で、コロナウイルスに133人が感染し、10人が亡くなった。 イラクは2月25日、日本からの入国禁止の措置もとっている。 コロナウイルスの感染拡大は政府に対する不満を増幅させ、イラク社会が混乱して荒廃し、ISが再び台頭する背景をも与えかねない。 IS制圧に対する任務が終了したというのが表向きの口実だが、実際のところは、これらの基地に対するロケット弾による攻撃などの脅威が高まっている。 同じく3月17日、米国務省は昨年10月に米軍に包囲されて自爆して亡くなったISのバグダーディ容疑者の後継の指導者となったアミール・ムハンマド・サイード・アブドゥル・ラフマーン・アル・マウラーを「特別に指定されたグローバル・テロリスト」と認定した。 国務省の声明では、アル・マウラーはヤジディ教徒を拉致殺害するなど多くの犯罪に手を染め、またISの世界的規模の活動を統括している。 ポンペオ国務長官は、17日の会見でアル・マウラーが「イラクのアルカイダ」のメンバーであったことを明らかにし、ISを完全に消滅させるまで、米国はこの組織の制圧に関与していくという考えを示した。 イラクではISは4000人のメンバーを依然として抱え、政府と協力してISと戦ったイラク人に対する報復を誓い、また刑務所に拘留されているメンバーたちの逃亡させることを考えている(「エルサレム・ポスト」3月19日)。 米国はISに対する勝利を宣言したものの、その活動が継続する限りイラクから米軍を撤退させることは国際社会の手前上難しい。 米国にはISの活動をもたらしたイラクの混乱を作り出したという道義的責任があるし、対立するイランににらみを利かせる戦略的価値としても隣国イラクは重要だ。 シリアでも、トランプ政権が米軍のシリアからの撤退の意向を表明し、トルコの軍事介入を招いたことがISの再びの台頭を招くのではないかと見られている。 シリアでISと主に戦っていたのは、クルド人を主体とする「シリア民主軍(SDF)」だが、SDFはトルコ軍のシリア侵攻に抵抗する意思を明確にしている。 トルコは、SDFなどシリアのクルド人武装勢力がトルコ国内のクルド人分離独立組織と連携していると見て、クルド人武装集団の弱体化を目指している。 SDFなどの活動の重点がトルコへの抵抗に移行すれば、ISが息を吹き返す可能性を高めることになる。 元々、米軍の協力があって、SDFの対IS作戦も可能であったし、トルコとシリア軍、またロシアの三つ巴の戦闘の激化によるシリアの混乱はIS再台頭の絶好の機会を与えている。 ISはシリアやイラクでその復活の機会をうかがって根強く活動していくに違いない。 米国やテロの標的となってきたヨーロッパに求められるのは、軍事的制圧一辺倒ではなく、新型コロナウイルス対策も十分にできないこれら中東諸国の人々の社会福利の向上など民生の安定への支援だろう。 それが実現しなければ、イラクやシリアの混乱をもたらした主体として欧米への怨嗟の思いは継続し、ISなど過激派の活動の背景は根強く定着していくに違いない。 【動画】•

次の

経済悪化による自殺者、新型コロナの死者を上回る恐れ…GDP2割減、自殺者5千人の試算も

コロナテロ

これまでの経緯 コロナ女として騒動の渦中にいる女性ですが、まずこの女性は、コロナウイルスの症状を自覚しておきながら、山梨県富士吉田市に帰省。 山梨では友人とバーベキューなどをして過ごしたようです。 この女、感染させてやると近くのパブヘ行った男よりもさらに悪質。 断罪できないおかしな日本 — aprilaegeansea aprilaegeansea その後、職場の同僚がコロナウイルスの陽性反応が出た為、女性もPCR検査をした結果、陽性反応であることが発覚。 そして、当初この女性は、PCR検査の結果が出る前に、自宅がある東京に帰宅したと発言。 これもこれで問題だとは思いますが、その後この女性が嘘をついていたことが発覚しました。 当初この女性は陽性反応が出る前の5月1日の金曜日に、夜行バスに乗り、帰京したと発言。 しかし、実際は帰京する為にバスに乗ったのは5月2日 陽性反応が出た後 だったことが発覚。 このテロとも言える信じられないような一連の経緯により、ネット上で大炎上してしまう事態になっています。 山梨コロナ女と同乗した女性が陽性反応で怒りのツイート!「絶対許さない」 そんな中、コロナ女と騒がれている女性が乗ったバスに偶然乗り合わせてしまった女性が自身のTwitterで、陽性反応が出たと報告。 こちらがそのツイートです。 このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 — まな pogy156 まなさんという女性の方のようです。 また、山梨コロナ女が乗車していたバス会社が文書を発表し、「当該バスにご乗車になったお客様におかれましては、健康状態に不安のある場合には、最寄りの保健所にお問い合わせください」と言っています。 同乗して感染してしまったこの女性は、この文書を記載したうえで、「このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 」と投稿。 アカウントをよく見ると、フォロー0でフォロワーしかいないので、なりすましか?とも思いますが、どうやら怒りのツイートをする為だけにアカウントを作成したとのことです。 優しい言葉、励ましの言葉かけていただきありがとうございます。 お一人お一人お返事したいのですが、かなりの量になってしまうのと呼吸が苦しいのでこちらツイートをお返事の代わりとさせてください。 感染してしまい本当に悔しいです。 皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします — まな pogy156 May 6, 2020 「皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします」と、その恨みは尋常ではない模様です。 山梨コロナ女と同乗で陽性反応が出た女性の感染ルートや行動歴は? コロナ女と同乗して陽性反応が出てしまったまなさんという女性ですが、気になるのはその感染ルートや行動歴ですよね。 しかし、現時点で詳細なルートや行動歴は明らかになっていません。 ただ、コロナ女と同じバスに乗っていたということなので、既に発表されているコロナ女が乗っていたバスの時間を調べてみます。 まず、東京から山梨県富士吉田市にある実家に向かったのは4月29日の水曜日です。 行きか帰りのどちらかのバスにこの女性が乗っていたということです。 どのタイミングで乗ったのかは現時点では分かっていませんが、Twitterではこの女性に対するバッシングも多くありました。 それがこちら このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 このような投稿に関して、まなさんはこう返信しています。 あなたは友達が死んでも見送らないで自粛するんですね… — まな pogy156 このことから、まなさんは友人のお葬式に参列する目的で、やむをえずバスに乗っていたと主張。 お葬式もクラスター発生リスクにより、中々人が集まって出来ない状況ではありますが、友人の葬式に出席する為にということを考えると、非難出来る余地はあまりないような気もします。 元はと言えばコロナ女の身勝手な行動が原因であり、この女性が非難されるのはあまり理解出来ません。 スポンサーリンク 山梨コロナ女に対するネット上反応!爆サイでビッチがバレる! 山梨コロナ女 爆サイでありとあらゆる個人情報プライベートが晒されている。 こういう女こそ重症化してほしい。 ウイルスをばらまいたこの女性が罪に問われることはないようですが、その誤った身勝手な行動により、名前や住所、職場などがネット上に晒されてしまう事態となっています。 その代償はあまりにも大きく、今後はそのようなことがないように、一人一人自覚を持ち、人を殺すウイルスをばらまかないようにしていきましょう。

次の